汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    Xeon

    コメント(6)  
    Intel-3rd-Gen-Xeon-Scalable-3_R

    1: 少考さん ★ 2021/04/07(水) 22:52:42.64 ID:CAP_USER
    Intelは4月6日(米国太平洋時間)、サーバ/データセンター向けのCPU「第3世代Xeonスケーラブルプロセッサ」の新製品(開発コード名:Ice Lake-SP)を発表した。既存製品と比べて最大コア/スレッド数が増加しただけではなく、IPC(クロック当たりの処理命令数)や暗号/復号に関する処理性能も向上している。

    第3世代Xeonスケーラブルプロセッサ(Ice Lake)の概要
    今回新たに追加された第3世代Xeonスケーラブルプロセッサは、モバイル向け第10世代Coreプロセッサの一部で採用された10nmプロセスの「Ice Lakeアーキテクチャ」を採用している。ただし、PCI Express 4.0バス(最大64レーン)の搭載など、スケーラブルプロセッサに必要な機能を追加している。CPUソケットは、発売済みの「Cooper Lakeアーキテクチャ」を採用する製品と同じく「FCLGA4189」だ。

    第2世代(開発コード名:Cascade Lake-SP)と比べると、IPCは最大で20%向上し、AIの演算パフォーマンスは平均で約1.46倍高速化している(28コア56スレッド製品での比較)。

    CPUのコアとスレッド数は、最大構成で40コア80スレッド、最小構成で8コア16スレッドとなっている。内蔵メモリコントローラはDDR4-3200規格に対応しており、最大8チャンネル構成を構築可能だ。メインメモリの最大容量は、CPUソケット1つ当たり6TB(>>>1)となる。

    (>>>1)DRAMと「Optane Persistent Memory 200」の合算値(一部製品はOptane Persistent Memory 200に非対応)


    (略)
    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。
    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2104/07/news122.html
    関連リンク
    ニュースリリース(英語)
    https://newsroom.intel.com/news-releases/3rd-gen-xeon-scalable-processors/


    10: 名刺は切らしておりまして 2021/04/07(水) 23:33:41.36 ID:QuE7LvqZ
    10nmの第3世代Xeon SP―“Ice Lake-SP”

    画像の説明文

    コメント(0)  
    Intel-Sapphire-Rapids-Xeon-10nm-CPU-1

    404: Socket774 2020/12/19(土) 10:16:34.16 ID:yIFxqvPC
    Intelの次世代CPUであるSapphire Rapids Xeonファミリは、来年後半までに発表される予定だが、大量に発表されるのは2023年まで待たなければならないことが、Chiphell Forumsでリークしたスライドで明らかになった(HXL経由)。
    Intelの次世代Sapphire Rapid Xeon SP CPUファミリ、2023年までは販売されないとのうわさ

    このスライドは、Intelの次期Xeon CPUファミリを示しています。このファミリには、最近発売されたCooper Lake-SPと、Ice Lake-SPおよびSapphire Rapids-SPのラインアップが含まれています。インテルはIce Lake-SPプロセッサーを今年発売する予定でしたが、2020年の発売予定は延期され、2021年前半に発売されることになりました。しかし、インテルの10 nmへの対応を考えると、Ice Lake-SPがフルボリュームで発売されるのか、部分的に発売されるのかは断言できません。

    Intelの既存のロードマップには、Sapphire Rapids Xeon CPUファミリの2021年モデルも示されていたが、Ice Lake-SPの遅延を考慮すると、Sapphire Rapidsファミリも復活するはずだ。また、IntelがSapphire Rapidチップの製造にどのプロセスノードを使用するかは不明だが、Ice Lake-SPが使用する10 nm以上のプロセスノードよりも優れていることは分かっている。インテルは、次世代Xeonラインアップに、Tiger LakeモビリティーCPUラインアップと同様の10 nm SuperFinプロセスノードを使用すると予想されます。しかし、タイガーレイクとサファイアクリピッドはまったく別の商品です。

    Intel-Sapphire-Rapids-Xeon-SP-CPU-Family-Launch


    Sapphire Rapidsは、Ice Lake-SPや古いXeon CPUが採用しているモノリシック設計よりも高い歩留まりを実現する、キプレット設計を採用しているのではないかという噂がある。それでも、まったく新しいアーキテクチャで拡張されたノードの場合、収率がこれほど高いとは期待できません。Ice Lake-SPはすでに数回遅延しており、そのほとんどは10 nm+の収率に起因しているため、10 nm SuperFin上のSapphire Rapidsと同様のケースが予想されます。Intelはまた、デスクトップ用のAlder Lake、モバイル用のTiger Lake、サーバ用のIce Lake-SPなど、10 nm製造プロセスに重点を置いた製品ラインを2021~2022年には10 nm製造プロセスに移行する予定だ。

    Intel-Sapphire-Rapids

    Intelはまた、10 nmプロセスのSuperFinプロセスでPonte VecchioのようなサーバGPUを製造する計画だが、チップの大部分は外部ソースによって製造される。このスライドは、Sapphire Rapids Xeon SP CPUの販売台数の増加が2023年まで見込めないことを示していると思われます。しかし、Sapphire Rapids-SPが2023年までまったく販売されないということではありません。Aurora (ARNL) など、Intelが契約しているSupercomputer契約など、一部のお客様やパートナーがこれらのCPUを利用できるようになります。

    (続きはこちら)
    https://wccftech.com/intel-sapphire-rapids-xeon-scalable-cpus-volume-ramp-rumored-for-2023/


    411: Socket774 2020/12/19(土) 16:02:39.52 ID:tjhjFiMH
    >>404
    2023年・・・

    画像の説明文

    コメント(15)  
    intel_xeon_logo

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/05/06(水) 17:58:23.282 ID:PfdQpnkZr
    同じintelならCorei7の方がいいか?

    画像の説明文

    コメント(0)  
    Xeon W-3175X

    456: Socket774 2019/02/06(水) 03:14:22.10 ID:2ujcM1F9
    Xeon W-3175Xベンチマーク速報、定格でもCINEBENCHで5500cb超え

      28コア/56スレッドで倍率ロックフリーなモンスターCPU「Xeon W-3175X」。オーバークロック(以下、OC)しやすいメニーコアCPUということで、自作erの中でかなり話題になっている。しかしながら、現在CPUの販売は始まっているものの対応マザーボードは未発売で、その登場が待たれている。

     そんな中、運良くXeon W-3175Xが動くPCを借りることができた。詳細な検証は時間がかかるので後日になるが、まずは速報として少しでもその性能の一端をお伝えできればと思う。

    (続きはこちら)
    https://ascii.jp/elem/000/001/807/1807865/

    threadripper 2990WX
    a01

    469: Socket774 2019/02/06(水) 09:29:52.46 ID:eWdAQrfg
    >>456
    500W対応の12cm 4000rpm爆音ファンを3基備えた簡易水冷に定格でシネベン回してCPUパッケージ温度 70℃とか
    これは実消費電力を記載できない奴だな
    Xeon W-3175Xは伊達じゃない。

    画像の説明文

    コメント(0)  
    W-3175X

    934: Socket774 2019/01/30(水) 23:09:17.11 ID:3G6AC1rG
    28コア/56スレッドの「Xeon W-3175X」が発売、実売49万円越え

     LGA3647プラットフォームを採用したIntel Xeon Wプロセッサの新モデル「Xeon W-3175X」が発売された。パソコン工房 秋葉原BUYMORE店が受注販売を行なっており、店頭価格は税込495,780円。

    (続きはこちら)
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1167363.html

    937: Socket774 2019/01/30(水) 23:42:24.61 ID:+FOlDEod
    AnandtechのW-3175Xレビュー。一応$2,999という価格が設定されているらしい。
    https://www.anandtech.com/show/13748/the-intel-xeon-w-3175x-review-28-unlocked-cores-2999-usd


    画像の説明文

    コメント(11)  
    xeon

    909: Socket774 2019/01/28(月) 12:27:20.35 ID:wIFXCTvO

    画像の説明文