汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    Windows10

    コメント(3)  
    Windows 10 October 2018 Update

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/04/09(火) 14:18:40.54 ID:CAP_USER
     「Windows 10」を最新バージョンの「Windows 10 October 2018 Update」にアップデートして使っているユーザーは、USBドライブを取り外すときにまず「安全な取り外し」操作をしなくても済むようになっている。もっとも、面倒がらずにこの操作をしていたユーザーに限っての話だが。

    windows-10-usb-drive-removal-settings

    (続きはこちら)
    https://japan.cnet.com/article/35135473/

    2: 名刺は切らしておりまして 2019/04/09(火) 14:19:27.11 ID:L8SYFqAc
    スマートじゃないもんな

    画像の説明文

    コメント(8)  
    windows10

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [EU] 2019/04/08(月) 13:01:48.26 ID:ghA6QKeh0 BE:422186189-PLT(12015)
    Microsoftは2019年4月4日(米国時間)、Windows Updateプロセスについて重要な変更を発表した。この変更は、Windows Updateエクスペリエンスの向上をはじめ、ユーザーが管理できる範囲の拡大、Windows更新プログラムの品質向上を目的としている。

    Windows更新プロセス自体が破壊的になる可能性があるという明確なフィードバックをMicrosoftが受け取ったため、今回の変更に踏み切ったという。

    Microsoftは2019年4月8日に始まる週から、Windows Insider Programに参加しているユーザー向けにリリースプレビューリングを通じて、Windowsの次期メジャーアップデート「Windows 10 May 2019 Update」の提供を開始する。2019年5月下旬には一般提供を開始する予定だ。

    (中略)

    Windows 10の全てのエディションで、機能更新プログラムと月例更新プログラムの両方について、インストールを最大35日間(1回につき最大7日間、最大5回)、一時的に停止できるようになる。一時停止期間が上限の35日間に達すると、ユーザーは再び一時停止する前に、デバイスを更新する必要がある。

    (続きはこちら)
    https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1904/08/news045.html

    2: 名無しさん@涙目です。(新潟県) [CN] 2019/04/08(月) 13:03:14.61 ID:8jfOKqyH0
    最初からやれや
    ゴミかよ

    画像の説明文

    コメント(13)  
    windows10

    1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [MA] 2019/03/21(木) 18:11:11.50 ID:EmmdVRdn0 BE:194767121-PLT(12001)
    先週のサイバー事件簿 - Windows 7へのゼロデイ攻撃が活発化
    https://news.mynavi.jp/article/20190321-security/

    2: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [DE] 2019/03/21(木) 18:11:44.27 ID:W89p2jfp0
    強制されると拒否反応が働く

    画像の説明文

    コメント(7)  
    windows10

    1: 田杉山脈 ★ 2019/03/13(水) 20:03:20.50 ID:CAP_USER
    Microsoftは、「Windows 10」のアップデートが自動ダウンロードされて、インストールされたデバイスに互換性の問題を生じさせる状況に対し、新たな解決策を用意する。それは、Windows 10が「疑わしいアップデート」をユーザーの許可なく削除できるようにする、というものだ。

     この機能の狙いは、互換性の問題が深刻なアップデート、とりわけWindows 10を搭載するPCの起動を妨げるものに対処することだ。

     Windows 10搭載PCに特定のアップデートをインストールした後で起動に失敗すると、「起動障害からの回復のため、最近インストールされたアップデートを削除しました」という通知が表示される。

     Windows 10は、起動の障害を検知すると、最近インストールされたアップデートをアンインストールすることで障害への対処を試みる。

     Microsoftのサポートのメモによると、この動作は最後の手段であり、ほかの自動回復の試みがすべてうまくいかなかった場合に実行されるという。

     起動障害を引き起こして自動削除される可能性があるアップデートには、デバイスのドライバ、ホットフィックス、システムファイルの更新、サービスパック、Windowsの新機能が含まれる。

    (続きはこちら)
    https://japan.cnet.com/article/35134102/

    2: 名刺は切らしておりまして 2019/03/13(水) 20:07:51.40 ID:MgnZjySC
    無かったことにする機能かよ。

    いい加減に、サスペンド復帰時のUSBデバイス復帰失敗とか、Bluetoothオーディオの接続不安定とか、Wi-Fi接続消失とか、
    再起動時のモッサリ病とかを直してくれ。どうにもならんわ。

    画像の説明文

    コメント(16)  
    windows10

    1: 田杉山脈 ★ 2019/02/28(木) 17:59:43.27 ID:CAP_USER
    Windows 10ではセキュリティ更新プログラムや年2回の大規模アップデートプログラムなどは自動的に更新される仕組みが導入されています。しかし、この自動更新プログラムによって作業に影響が生じたという不満を持つユーザーは多く、特にHomeエディションユーザーは仕組み上、不意のアップデートを回避しづらい状況にあるため、「Microsoftは機能・仕組みを見直すべき」とセキュリティ専門家が指摘してます。

    今回、Windows 10の自動アップデートプログラムによる不具合に関する論文を発表したのはユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのジェイソン・モリス教授らの研究チームです。研究チームは93人のWindows 10 Homeエディションユーザーを対象にWindows 10 バージョン1803以降の更新プログラムの利用実態について調査しました。

    なお、研究者によるとWindows 10の自動アップデートプログラムが適切に機能するかどうかは「ユーザーとシステムの特性」に依存するとのこと。以下のフローチャートはMicrosoftが想定する「普通のユーザー」をベースにして決められた自動アップデートの処理内容ですが、多種多様なユーザーに対してあまりにもシンプルに過ぎると研究者は指摘しています。

    (続きはこちら)
    https://gigazine.net/news/20190228-windows-10-auto-update/

    2: 名刺は切らしておりまして 2019/02/28(木) 18:02:14.91 ID:5kX47bWf
    普通はProにアップグレードして使うよね

    画像の説明文