汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    スポンサードリンク

    Windows

    コメント(6)  
    imac

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/15(月) 12:36:08.383 ID:L9Emx8Zv0
    mac pro→たかすぎ
    i mac→ギリ買えるけどキーボードもモニターも既に持ってるからいらない
    mac mini→グラボがノートPC向けだから新型出ても困る

    ってなってるんだけど何買うのがベストか自分でもわからん

    画像の説明文

    コメント(9)  
    Windows-10-Update-October-2018-update

    1: 名刺は切らしておりまして 2018/10/10(水) 19:23:17.48 ID:CAP_USER
    米Microsoftは9日(現地時間)、3日より配信開始したWindows 10 October 2018 Updateのインストールによりファイルが消失する原因が判明したと発表した。本日よりWindows Insiderコミュニティを更新し、October 2018 Updateの再リリースに向けて作業を継続する。

     この現象は「Known Folder Redirection(KFR)」機能を過去に有効にしたことがあり、リダイレクト先に移動するさいに、オリジナルファイルが移動されず、古いフォルダに取り残された場合に発生する。

     KFRというと若干馴染みのない機能と思われるかもしれないが、じつはWindows上の「デスクトップ」、「ドキュメント」、「ピクチャー」、「スクリーンショット」、「ビデオ」といったフォルダは、どこかのフォルダへリダイレクトするようになっている。

     デフォルトの設定では、C:\users\<ユーザー名>\<フォルダ名>となっているが、C:をシステムドライブとして使い、データは別のドライブやフォルダに保存するユーザーも少なくない。その場合、該当のリダイレクトを右クリックし、「場所」のタブで「移動(M)...」のボタンを押し、好きなドライブとフォルダを設定すれば、自動で移行が行なわれる。

     大半のユーザーであれば移行が終わるまで待つだろうが、何らかの理由で中断したり、完全に移行されなかったりすると、移行されなかったオリジナルはデフォルトのフォルダに残されたままになる。

     ここまでは良いのだが、過去のApril 2018 Updateのフィードバックで、この手順で新しいフォルダにファイルを移動しても、C:ドライブに不要な空フォルダが残ったままになっているという報告があった。そこでOctober 2018 Updateでは、インストール時にこれらの不要なフォルダを削除するというコードが追加された。これが災いし、移動されなかったオリジナルを削除してしまう事態となった。

     同様に、KFRの機能を使いOneDriveにリダイレクトさせる場合、オリジナルのファイルをOneDriveに移動させるかどうかというダイアログで「いいえ」を選んでしまうと、同様にオリジナルが古いフォルダに取り残されたままになるため、これも削除されてしまう。

     さらに、OneDriveクライアントの古いバージョンにも問題がある。OneDriveで「自動保存」機能を使い、ドキュメントやピクチャフォルダを選択すると、C:\users\<ユーザー名>\onedrive\<フォルダ名>という場所にフォルダを生成するのだが、KFRでリダイレクトされるも、以前のファイルはオリジナルフォルダに残り、新しいフォルダにコピーされないままになる。この場合も、October 2018 Updateをインストールするとオリジナルが削除されてしまう事態となる。

    (続きはこちら)
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1147038.html

    4: 名刺は切らしておりまして 2018/10/10(水) 19:28:42.41 ID:fQNwnTHj
    なんの為のUpdateだよ

    画像の説明文

    コメント(4)  
    WS002021

    1: 名刺は切らしておりまして 2018/10/09(火) 18:44:23.79 ID:CAP_USER
    秋のWindows 10大型アップデート「October 2018 Update」は、インストールしたユーザーの一部から「ファイルが勝手に削除された」との苦情が相次ぎ、現在は一時配信停止となっています。

    マイクロソフトの担当者は、そうした影響を受けた人々に向けて、削除ファイルの復旧を約束する趣旨をTwitterにて発表しました。該当するユーザーは、同社のサポート窓口まで連絡を取るように呼びかけています。

    Windows Insider Programの責任者Dona Sarkar氏はTwitterにて、ファイルを削除された人々にサポート窓口への問い合わせを促すとともに「技術サポートに良好な状態に戻すツールがある」として、削除されたファイルが復旧できることを示唆しています。

    その一方で、大手コンピュータヘルプサイトBleeping Computerによると、実際にサポート窓口に電話をかけた人の多くは「バグの調査を待つ必要があり、復旧ツールの存在は知りません」と対応されたとか。Bleeping Computerもサポートに問い合わせ、同じ回答をされたと伝えています。

    (続きはこちら)
    https://japanese.engadget.com/2018/10/08/windows-10/

    2: 名刺は切らしておりまして 2018/10/09(火) 18:46:24.43 ID:A3pZhF7t
    >アップデートで勝手削除されたファイル

    上書きしているのに復元できるのか?

    画像の説明文

    コメント(3)  
    windows-10-october-2018-update

    196: 名無し~3.EXE 2018/10/06(土) 09:20:02.14 ID:kbOPtnbR
    https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

    Windows 10 April 2018 Update が利用可能になりました

    メディア作成ツールは1809の配布停止中
    1803でしか作成できないw

    画像の説明文

    コメント(3)  
    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/10/04(木) 12:52:35.19 ID:CAP_USER
     Microsoftは米国時間10月2日に開催したイベントで、すでに発表していた「Windows 10」と「Office 365」の多くの機能を実演してみせた。だが、これまで紹介したことのない今後搭載予定の機能も少し公開した。その機能とは、「Android」アプリのミラーリング機能だ。

    androidappmirroringwin10


     アプリのミラーリングにより、Windows 10ユーザーは、Androidスマートフォンにインストールしているアプリを、直接Windows 10搭載PCに表示して操作できるようになる。Microsoftは2日のイベントで、Windows 10ユーザーが、スマートフォンのSnapchatアプリを利用することなくSnapchatの会話に参加する様子を紹介した。SnapchatはWindows 10 PCにミラーリングされており、ユーザーはPCの会話用ウインドウに直接入力できた。

     「Windows 10 October 2018 Update」(バージョン1809)の提供が2日に始まったばかりであることを考えると、October 2018 Updateではこの機能がサポートされていないようだ。テスターや一般ユーザーにアプリミラーリング機能を提供する時期は明らかにされていない。だが、この機能は、MicrosoftがWindows 10と「Your Phone」アプリで行っている取り組みの延長線上にあるものだと思われる。

    (続きはこちら)
    https://japan.zdnet.com/article/35126548/

    4: 名刺は切らしておりまして 2018/10/04(木) 12:57:42.64 ID:2u2naSFV
    googleのエミュ必須とか言い出すなよ?w

    画像の説明文

    コメント(2)  
    windows-10

    1: 名無しさん@涙目です。 2018/10/03(水) 15:18:46.75 ID:AyRaWfEv0 BE:439992976-PLT(15000)
    マイクロソフトは、Windows 10の10月度アップデートを実施し、DirectXリアルタイムレイトレーシングに正式対応したことを明らかにしました。

    これは『バトルフィールドV』、『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』などに搭載される、リアルタイムレイトレーシングを有効にするためのAPI。「Geforce RTX」シリーズなどの対応ハード上において有効化が可能となります。「Geforce RTX」シリーズが前世代と比べ最も進化した点であるリアルタイムレイトレーシングをついに味わえる日が近づいたことを喜ぶユーザーは多い所でしょう。

    なお、10月度アップデートの自動更新有効時期にはユーザーごとにばらつきがあるため注意が必要です。すぐにでも更新したいユーザーはこちらのリンクより更新が可能となっています。

    また、この10月度アップデートでは、ゲーミング向け機能として、ゲームバーの外見変更・アプリ化などの大幅な更新及び、Windows 10上でのゲーム中アップデート・再起動などの抑制やゲームのfps改善を行う「ゲーム モード」の機能が変更。Windows側の設定から自動で全てのゲームに適応可能になったとのことです。

    https://www.gamespark.jp/article/2018/10/03/84257.html

    2: 名無しさん@涙目です。 2018/10/03(水) 15:19:58.00 ID:+bC8soeI0
    しかし処理するハードが店に無い


    画像の説明文

    コメント(16)  
    win10-1809-update

    1: ムヒタ ★ 2018/10/03(水) 07:58:39.35 ID:CAP_USER
     米Microsoftは10月2日(現地時間)、ニューヨークで開催のイベントで、「Windows 10」の大型アップデート「October 2018 Update」(バージョン1809)を同日から提供開始したと発表した。

     前回同様、AIを使ったローリングアウト方式を採用し、全対象ユーザーに行き渡るには数日かかる見込み。アップデートの準備ができると、プッシュ通知がくる。

     今回のアップデートでは、「Redstone 5」というコードネームの下テストされてきた「クラウドクリップボード」や「エクスプローラー」のダークテーマなどの新機能が追加される。

    (続きはこちら)
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/03/news058.html

    2: 名刺は切らしておりまして 2018/10/03(水) 10:24:38.79 ID:sS5vOmjI
    今回はバグはないのかな?

    画像の説明文

    スポンサードリンク
       

    このページのトップヘ