汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    Ryzen

    コメント(13)  
    amd_25x20

    844: Socket774 2020/06/29(月) 11:32:18.06 ID:JF/Kt1LN
     米AMDは25日(現地時間)、同社が2014年に設定したエネルギー効率イニシアチブ「25x20」を達成したと発表した。

    01

     25x20は、2020年までにモバイル向けAPUの電力効率を25倍向上させることを目標に、エネルギー効率の改善を目指した取り組み。バッテリ駆動時間の延長や性能向上、環境負荷の低減などにつながるもので、1月に発表した「Ryzen 7 4800H」では、2014年時点から31.7倍のエネルギー効率を実現したとする。

    02


    (続きはこちら)
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1261715.html

    世界中のPCをこれ系統にすれば原発1基くらい減らせるかな

    848: Socket774 2020/06/29(月) 11:40:11.50 ID:l0Vghccx
    >>844
    火力発電を減らした方が良いのでわ…(´・ω・`)

    画像の説明文

    コメント(8)  
    AMD-Ryzen-4000-APU

    989: Socket774 (ワッチョイ cf48-0Zbq) 2020/06/29(月) 21:20:59.21 ID:QiEYcPkU0
    AMDの 「Ryzen 5000 APU」 に関する新たな情報として、メインストリーム向けの 「Cezanne」 や、低消費電力セグメント向けの 「Van Gogh」 もIgor Labで明らかにされている。次世代の 「Ryzen 5000 APU」 は、大きく異なるアーキテクチャとチップ設計を利用しており、同チップの最初のシリコンはすでにテスト中だ。

    AMD Ryzen 5000 CezanneとVan Gogh APUの詳細-CezanneはZen 3 CPUとVega 20 GPUコアを取得、Van GoghはZen 2 CPUとNavi 21 GPUコアを使用
    AMDのRyzen 5000 CPUファミリは、まったく異なるセグメント向けに設計された3種類のチップで構成される。Ryzen 5000デスクトップ製品ラインアップには、次世代のZen 4ベースのデスクトッププロセッサとZen 3ベースのデスクトップAPUが含まれる。

    AMD-Ryzen-Zen-CPUs_Next-Gen

    ノートPC分野は、「Zen3」 コアを搭載する主流の 「Hシリーズ」 と低TDPの 「Uシリーズ」 で構成されるが、AMDのポートフォリオには 「Zen 2」 コアを利用するとうわさされている低価格のセグメントも含まれる。したがって、Ryzen 5000 CPUファミリは3世代のZenコアで構成されているようですが、これは初期の情報であり、テストされているシリコンはまだ初期のリビジョンであるため、変更される可能性があります。

    AMD Ryzen 5000 「Cezanne」デスクトップ/モバイルAPU、Zen 3 CPUとVega 20 GPUを搭載
    これまでのところ、Ryzen 5000 「セザンヌ 」 APUの設計のみが確認されており、我々が最後のレポートで話したように、Cezanne世代のAPUは、Vega GPUアーキテクチャを再利用しながら、新しいZen 3 CPUアーキテクチャを前進させるだろう。Cezanneファミリは、2020年4月からノートPC向けにリリースされているAMDの 「Renoir Ryzen 4000 APU」 ファミリに代わるもので、今後数カ月のうちにデスクトップ版 「AM 4」 プラットフォーム向けにリリースされる予定だ。

    Cezanneファミリは、新しいコアテクノロジーと強化されたコアテクノロジーの両方を活用しながら、モバイルとデスクトッププラットフォームのFP 6およびAM 4パッケージに依存します。これらの新しいコアはZen 3という形でCPU側に融合され、デスクトップ向けCPU 「Ryzen 4000」 (開発コード名 「Vermeer」 ) にも搭載される。Zen 3 Desktop CPUは、モバイルおよびデスクトッププラットフォーム向けのZen 3 APUよりも早く発売される予定で、CES 2021前後に発表される可能性があり、数カ月以内に正式発売される予定だ。

    (続きはこちら)
    https://wccftech.com/amd-ryzen-5000-cezanne-apus-zen-3-vega-20-van-gogh-apus-zen-2-navi-21-cpu-gpu-cores/

    次世代のRyzen 5000 APUは2タイプ?
    ・Zen3 CPU & Vega 20 GPU
    ・Zen2 CPU & Navi 21 GPU(Mobile用低消費電力モデル)

    省電力目的でノートに移行中の自分的には後者に期待

    992: Socket774 (ワッチョイ 0f73-htoQ) 2020/06/29(月) 22:04:00.85 ID:GOSCBehN0
    >>989
    セザンヌ = Zen3 CPU & Vega 20 GPU
    ヴァンゴッホ = Zen2 CPU & Navi 21 GPU(Mobile用低消費電力モデル)

    画像の説明文

    コメント(8)  
    amd_ryzen_logo

    969: Socket774 (ワッチョイ 3f73-pPzt) 2020/06/30(火) 21:08:40.28 ID:jXbs4cz50
    AMD RenoirデスクトップAPUがテストされる
    AMDの次期8コアおよび16スレッドAPUはTecLabによってテストされています。Leakerが使用するサンプルのコードネームは100-000000149-40です。つまり、Ryzen 7 4700GEです。APUは、デスクトップAPU Ryzenシリーズの大幅なアップグレードである高周波DDR4-4333メモリでテストされました。

    このサンプルにはAMD ENGineering SAMPLEというラベルが付けられているため、最終製品との違いがどれほどあるかはわかりません。CPUモデルには、4MBのL2キャッシュと8MBのL3キャッシュがあります。4.1 GHzの妥当なベースクロック速度と4.35 GHzのブーストとペアになっています。このデータは、以前のリークからわかっています。ただし、このサンプルのクロック速度はそれぞれ3.0 GHzと4.0 GHzです。

    Ryzen 4000“ Renoir”シリーズのGEバリアントは、統合された第2世代Vegaグラフィックスを搭載したプロセッサーです。この特定のモデルには512のストリーミングプロセッサがあります。SKUコードネームの「E」は、35 WのTDPを特徴とする低電力バージョンを表します。

    AMD-Ryzen-4000-Renoir-APU

    AMD-Ryzen-7-4700G-1
    AMD Ryzen 7 4700GEおよびRyzen 7 4700G

    サンプルは、AIDA64キャッシュとメモリベンチマークを使用してTecLabによってテストされました。このプラットフォームは、ASUS ROG STRIX B550-Eマザーボードと4333 MHz(14-14-13-24)の定格の前述のDDR4スティックを組み合わせたマザーボードを備えていました。

    Infinityファブリックリンククロック速度(FCKL)は2166 MHzに維持されましたが、TecLabは、Renoir APUがFCLKを約2200 MHzに維持できると報告しています。サンプルは4.3 GHzにオーバークロックされました(これがエンジニアリングサンプルであることを考慮して、小売クロック速度で動作するように構成されていました)。

    下記のハードウェア構成で49.1 nsのレイテンシを実現し、4.35 GHzにオーバークロックされ、プラットフォームがROG Crosshair Impact VIIIに変更されると、47.6 nsにまで低下しました。そのような待ち時間は、Ryzen Matisseシリーズよりもさらに低くなっています。9 3900などのマルチダイRyzenプロセッサのレイテンシは約60〜70 nsです。メモリレイテンシの低下は、ルノワールAPUのモノリシックデザインに関連する可能性が高いです。

    AMD-Ryzen-4700GE-AIDA-Memory-Test

    AM4ソケット用のAMD Renoir APUは、来月発売される予定です。

    AMD Ryzen APU AM4 Processors

    978: Socket774 (ワッチョイ 3fb1-x+MM) 2020/06/30(火) 21:42:47.42 ID:nCwH2jzT0
    >>969
    >下記のハードウェア構成で49.1 nsのレイテンシを実現し、4.35 GHzにオーバークロックされ、
    >プラットフォームがROG Crosshair Impact VIIIに変更されると、47.6 nsにまで低下しました。
    >そのような待ち時間は、Ryzen Matisseシリーズよりもさらに低くなっています。
    >>9 3900などのマルチダイRyzenプロセッサのレイテンシは約60〜70 nsです。
    >メモリレイテンシの低下は、ルノワールAPUのモノリシックデザインに関連する可能性が高いです。

    画像の説明文

    コメント(1)  
    b20200526

    365: Socket774 (スプッッ Sd5f-rOMX) 2020/06/25(木) 14:35:09.90 ID:b4sa0jEQd
    BIOSTARのAMD向けmicroATXマザー「B450GT」が発売、保証は最長4年

    BIOSTAR B450GT VER:5.0
     AMD B450チップセットを搭載したmicroATXマザーボード。店頭価格は税込9,988円。

     従来製品の「B450GT3」から電源周りが強化されており、フェーズ数が6フェーズから12フェーズに増強されている。このほか、雷やサージ電流による損傷を防ぐ「Super LAN Surge Protection」や、過電圧発生時にシステムを保護する「OC/OV/OH Protection」などの機能も備える。

    b20200526_1

    b20200526_2

    b20200526_3


    https://www.biostar.com.tw/app/en/mb/introduction.php?S_ID=986
    (続きはこちら)
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1261136.html
    >従来製品の「B450GT3」から電源周りが強化されており、フェーズ数が6フェーズから12フェーズに増強されている。

    税込9,988円で12フェーズは確かに凄い
    ただGT3はUSB3.1 Gen2がType-AとC一つずつあったけどGTは3.1 Gen1しかなくてType-Cもない
    うーんUSBはケチらないで欲しかったな1万円を超えていいから

    497: Socket774 (ワッチョイ 3fe9-Z+WU) 2020/06/25(木) 23:31:55.02 ID:HbwKmaY/0
    だいぶmATX出てきたじゃん
    待ってたやつよかったね

    画像の説明文

    コメント(3)  
    3072_154b644d77b3a9d4268758f2501e896978bec5d5

    155: Socket774 (ワッチョイ 8f33-+bDs) 2020/06/24(水) 11:13:59.49 ID:dUPYAWir0
    BIOSTAR、PCIスロット搭載のAMD B550マザーボード「B550GTA」7月下旬発売

    株式会社アユート(本社:東京都千代田区)は2020年6月24日、BIOSTAR Microtech International Corp.(本社:台湾)のAMD B550搭載ゲーミングマザーボード「B550GTA」など2モデルについて、新規取り扱い開始を発表した。

    3072_80818e6b9c481e5d8a05e06d96ce951d64b99733

    3072_101069d6807faf337f93785ac8d232ca578711d0

    3072_e71ce53fc1393e38ba8d459e9281869e3f7410a3


    B550GTA 市場想定売価税抜17,980円(7月下旬発売予定)
    https://www.aiuto-jp.co.jp/products/product_3072.php
    B550GTQ 市場想定売価税抜16,980円(7月下旬発売予定)
    https://www.aiuto-jp.co.jp/products/product_3071.php
    (続きはこちら)
    PT2おじさんも安心

    169: Socket774 (ワッチョイ 3f5a-Nklq) 2020/06/24(水) 12:01:34.67 ID:wFxv7Aku0
    >>155
    140ドルが税抜その値段はボッタクリでわ?

    画像の説明文

    コメント(13)  
    B550_Steel_Legend

    421: Socket774 (ワッチョイ 0f73-htoQ) 2020/06/25(木) 03:05:03.32 ID:PGFiQzJT0
    AMD B550マザーはASRockの「Steel Legend」やmicroATXマザーが人気
    売れ行きは“ショップの予想以上”

      AMDの新型チップセット「B550」搭載マザーボードですが、売れ行きは順調なようです。

     発売前の時点では、「安価な旧製品が沢山あるので、初回はそんなに売れないのでは」という話が複数のショップから出ていたのですが、上位のX570チップセット搭載モデルよりも安価にPCIe 4.0環境が構築できるからか、一部モデルは早々に売り切れるほどの人気だそうです。


    (続きはこちら)
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/1261280.html

    425: Socket774 (ワッチョイ 3f74-FKcX) 2020/06/25(木) 03:48:03.58 ID:lPB9mWUW0
    >>421
    B550 Steel Legendもトマホも高すぎるんだよなあ・・
    メモリOCはやりやすいと思うけど安いZ490と変わらんやん
    ZEN3出るまでZEN2+B350で頑張るわ

    画像の説明文

    コメント(9)  
    tsmc_logo

    103: Socket774 (ワッチョイ 3fdc-NJGG) 2020/06/24(水) 02:27:02.80 ID:qADukMJP0
    世界最大の半導体製造ファウンドリ「TSMC」が5nmプロセスによる製造を正式に開始

    AppleやAMD、NVIDIAなどの著名なメーカーを顧客に持つ半導体製造ファウンドリのTSMCは、5nmプロセスによる半導体製品の製造を正式に開始しました。5nmプロセスによる製造は、iPhone 12に搭載される見込みの「A14 Bionic」およびQualcommの第3世代5Gモデム「Snapdragon X60」、AMDの「Zen 3 Ryzen 4000」などに採用される予定であるとニュースサイトTechWebが報告しています。

    台积电南科十八厂5nm产能拉升至单月6万片
    http://www.techweb.com.cn/world/2020-06-22/2794668.shtml

    TSMC officially begins 5 nm production; Snapdragon 875 SoC, Snapdragon X60 5G modem, A14 Bionic, and a 5 nm AMD high-end GPU incoming - NotebookCheck.net News
    https://www.notebookcheck.net/TSMC-officially-begins-5-nm-production-Snapdragon-875-SoC-Snapdragon-X60-5G-modem-A14-Bionic-and-a-5-nm-AMD-high-end-GPU-incoming.477119.0.html

    TSMCは2019年4月の時点で5nmプロセスの製造インフラを完成させており、リスクプロダクションのための先行生産を開始していました。

    (続きはこちら)
    https://gigazine.net/news/20200623-tsmc-5nm-semiconductor/

    いつ解禁?(´・ω・`)

    105: Socket774 (ワッチョイ cf11-T8ZO) 2020/06/24(水) 02:29:29.64 ID:jhGV5Cc70
    >>103
    DDR5メモリ解禁後では?

    画像の説明文

    コメント(4)  
    amd_ryzen

    809: Socket774 2020/06/20(土) 14:28:44.82 ID:6rkB01zb
    第3世代Ryzen対応の「AMD B550」マザーが発売、計19モデル入荷
    購入者向け特典もあり

      AMDのメインストリーム向けチップセット「B550」を搭載したマザーボードが各社から発売された。

     20日(土)の発売解禁時点で、ASUS 8モデル、ASRock 5モデル、GIGABYTE 3モデル、MSI 3モデルの計19製品の販売が始まっている。店頭価格は税込13,980~41,800円。


    (続きはこちら)
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1260373.html

    706: Socket774 (オイコラミネオ MM63-k6wC) 2020/06/20(土) 10:58:50.69 ID:OkG/tBt5M
    やっぱ地方は発売日に売ってねーな


    画像の説明文

    コメント(11)  
    B550_VISION_D

    487: Socket774 2020/06/17(水) 14:44:21.35 ID:ixkmzDZd
    ギガバイトも価格発表

    日本ギガバイト株式会社(本社:東京都千代田区)は2020年6月17日、AMD B550チップセットを搭載するSocket AM4マザーボード「B550 VISION D」など計8モデルについて、国内市場向け取り扱い開始を発表。6月20日より順次発売を開始する。


    (続きはこちら)
    https://www.gdm.or.jp/pressrelease/2020/0617/352229

    B550 VISION D 市場想定売価税込33,000円前後
    B550 AORUS MASTER 市場想定売価税込42,000円前後
    B550 AORUS PRO AC 市場想定売価税込24,000円前後
    B550 AORUS ELITE 市場想定売価税込19,000円前後
    B550I AORUS PRO AX 市場想定売価税込22,000円前後
    B550M AORUS PRO 市場想定売価税込16,000円前後
    B550M AORUS ELITE 市場想定売価税込13,000円前後
    B550M S2H 市場想定売価税込12,000円前後

    493: Socket774 2020/06/17(水) 17:15:58.69 ID:/QaqRP63
    >>487
    masterが4万越えるとは思わなかった

    画像の説明文

    コメント(11)  
    amd_zen3_logo

    831: Socket774 2020/06/18(木) 07:28:45.43 0
     AMDはわれわれとの公式会見で、同社の「Zen3」クライアントプロセッサが2020年中の発売に向けて順調に進んでいることを認めたが、これは「Zen3」ベースのRyzenプロセッサが2021年に延期され、Ryzen 3000XTが今年の残りの期間で君臨するという噂を否定するものだ。この電話会議の議長を務めたAMDのクライアントセグメント製品マネージャは、純粋に自社製品セグメントの文脈で発言しており、「Milan」ではなく「Vermeer」を指しているとわれわれは推測している。彼らは「Zen3」が2021年に延期され、AMDは既存の知的財産を更新せざるを得なくなったという憶測に応えている。

     AMDは電話会見の中で、2020年にリリースされる「Zen3」に関する情報は禁止にはなっていないと述べた。AMDの広報担当者によると、「Zen3の遅延に関するうわさは不正確だ。」と語った。AMDは最近、7nmクラスのマイクロアーキテクチャとして「Zen3」を再確認した最近の投資家向けイベントの際にマイクロアーキテクチャロードスライドを発表し、「Zen3」が5nmベースであるといううわさを否定したという。

    CeeECJGv6zQwYDbY

    リサ・スーがZen3の今年発売を明言
    zen3は予定通りで延期しない


    832: Socket774 2020/06/18(木) 07:32:36.39 0
    >>831
    Zen3は7NP(DUV)なのか7N+(EUV)なのか早くハッキリしてほしいな

    画像の説明文

    コメント(5)  
    a01

    1: 雷 ★ 2020/06/17(水) 22:31:52.02 ID:58TifG4/9
    ASUSは9日、オンラインでAMDと共同でカンファレンスを開催し、日本では6月20日より順次発売される予定の「B550」チップセット搭載マザー製品について解説を行なった。

     B550チップセットは4月末に、エントリー向けのRyzen 3 3100、Ryzen 3 3300Xとともに発表されたチップセット。Ryzen 3 3100/3300Xは、低価格ながらPCI Express 4.0に対応するという特徴があったが、これまでメインストリームを担うB450チップセットでは対応できなかった。B550チップセットと組み合わせることで、ようやくその特徴を活かせる。

    ROG STRIX B550-F GAMING(WI-FI) (約2.5万円)
    ROG STRIX B550-F GAMING-WI-FI

    https://www.asus.com/jp/News/grijq7zgapgfie7h
    グローバル版商品詳細ページ

    (続きはこちら)
    2: 不要不急の名無しさん 2020/06/17(水) 22:32:36.39 ID:Gbd/ymeA0
    海外だとひらがなもカッコいいんだろうか

    画像の説明文

    コメント(17)  
    amd_zen3_logo

    763: Socket774 (ワッチョイ cf0c-NjyN) 2020/06/16(火) 02:20:50.89 ID:igUp0Fzl0
    zen3延期 理由は3000シリーズの需要がまだ高すぎることと競合他社の製品にそこまで競争力がないとの事

    AMDがZen 3ベースのRyzen 4000 CPUシリーズの発売を2020年9月から2021年初めに延期することを決定したという台湾の噂は、これは技術的な問題のためではなく、単にRyzen 3000シリーズに対する一貫した強い需要とIntelとの競争の欠如のためである。このリークの規模を考慮し、また、これまでの報道と矛盾することから、われわれはこの記事を噂としてマークした。注意してください。とはいえ、Digitimesはテクノロジ業界では台湾で最も信頼できる新聞の1つであり、幅広い業界情報源を持っているため、いずれにしてもこれは事実である可能性がある。

    台湾最大の技術系新聞によると、AMDは7nmプロセスのEUVベースのCPU 「Zen3 」 Ryzen 4000の発売を2021年初めに延期したという。
    以前のレポート(公式ロードマップは)によると、AMDはZen3アーキテクチャを採用したTSMCの7nm EUVプロセスへの移行を年内に計画しているという。これは、x86市場における同社の地位を確実に強固なものにし、市場シェアの大幅な拡大につながっただろう。また、10nm製造プロセスのHEDT部品は今年出荷されないと予想されているため、この提携によってIntelは全く競争力のない(現在の価格で)製品を提供することになっていたかもしれない。興味深いことに、DigitimesはIntelが今年も10 nm製品を出荷できないだろうと考えており、このためAMDは7 nm製品のEUVをCES 2021で発表するのを遅らせている。

    AMD-Ryzen-4000-Zen-3-CPUs

    興味深いことに、CES 2021ではAMDが7nmのEUVをスキップして5nm (これもEUVノードである必要があります。)に移行する可能性も示唆されています。AMDが2021年初めまでに5nmに移行するという話は以前にも聞いたことがあるが、これは7nmのEUVをスキップすることをビジネスの観点からさらに合理化するものだ。

    【ご意見】 すでに動きが発表されており、10月までには発売されるという報道がなされていることを考えると、この報道には納得できません。AMDは世間の認識に非常に敏感であることを示しており、Intel-of-oldeの本から一歩抜き出そうと計画したロードマップに戻っても、最も好意的に受け止められないかもしれない。

    (続きはこちら)
    https://wccftech.com/amd-allegedly-delaying-ryzen-4000-series-zen-3-cpus-to-2021/
    771: Socket774 (ワッチョイ 2380-KWD7) 2020/06/16(火) 02:31:42.22 ID:aSJqid6I0
    >>763
    wccfの記者ですらありえんやろって言ってるけど...

    画像の説明文