汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねる、おーぷん2ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

RADEON

コメント(59)  
AMD-RADEON-RX-7900XTX_l_01

1: 名無しさん必死だな 2024/02/28(水) 12:36:39.53 ID:Dn7jy7pp0
Radeon RX 7900 GRE搭載のグラフィックスカードが一斉に発表。早い物は3月1日発売で税込10万円前後

 2024年2月27日,CFD販売は,AMDのデスクトップPC向け新型GPU「Radeon RX 7900 XT」を搭載するASRock,GIGA-BYTE TECHNOLOGY(以下,GIGABYTE),TulのPowerColorブランド,玄人志向のグラフィックスカードを発表した。税込価格はいずれも10万円前後となっている。

(続きはこちら)
https://www.4gamer.net/games/660/G066019/20240228019/

2: 名無しさん必死だな 2024/02/28(水) 12:37:03.41 ID:Dn7jy7pp0
RTX4070
メモリバス 196bit
VRAM 12GB

RX7900SE
メモリバス 256bit
VRAM 16GB

画像の説明文

コメント(28)  
amd_radeon_fluid_motion_frames_support_l_01

478: Socket774 2024/02/25(日) 16:39:49.28 ID:TiaLv2SD0
そういえばフルイドのことすっかり忘れられたな
なんでメジャーにならなかったんだろう

画像の説明文

コメント(14)  
27UK650-W-front_l_20

953: Socket774 2024/02/17(土) 10:01:45.87 ID:rLQHhsI3d
ラデに相性いい4Kモニターってある?

画像の説明文

コメント(31)  
AMD-Radeon-RX-7600-XT-Graphics-Card_l_01

84: Socket774 2024/01/08(月) 18:44:20.08 ID:kOA4Hqu10
AMD Radeon RX 7600 XT 16GB GPUを発表: より高速な2048コア、RDNA3チップ、RTX 4060の2倍のVRAMを329ドルで提供

1

AMD Radeon RX 7600 XTが正式に発表され、16GBとRTX 4060に挑む超強化RDNA 3 GPUを329米ドルで提供する。

AMD、16GB Radeon RX 7600 XT GPUでNVIDIAのRTX 4060に挑む: 2048コア、高速クロック、価格は329ドル

AMD Radeon RX 7600 XT 16 GB GPUは、GeForce RTX 2060やRadeon RX 5600 XTなどの旧型グラフィックスカードからのアップグレードを検討している1080pゲーマーをターゲットにしている。このグラフィックスカードは、1080pの最大ゲーム用に最適化された最新のRDNA 3グラフィックスコアを提供し、16GBのVRAMを搭載しているため、特定のゲームを1440pで処理することもできます。

2

さらに、AMDは新しいグラフィックス・パッケージで、HYPR-RX、レイトレーシング、AV1、FSR3などの最新のソフトウェア・サポートを提供している。

3

AMD Radeon RX 7600 XT 16 GB GPUの仕様 - 2倍のVRAMでNavi 33を強化
仕様面では、AMD Radeon RX 7600 XT GPUは、同じNavi 33 GPUコアを搭載したRadeon RX 7600と非常によく似ている。このチップは、32個のコンピュート・ユニットまたは2048個のストリーム・プロセッサー、64個のAIアクセラレーター・コア、最大2.47GHz(ゲーム)および2.76GHz(ブースト)のブースト・クロック速度を提供する。RX 7600に比べ、ゲームクロックで10%、ブーストクロックで4%向上している。メモリは、同じ128ビットバスで容量が8GBから16GBに増加し、18Gbpsの速度で288GB/秒の帯域幅を実現しています。また、32MBの第2世代Infinityキャッシュを搭載しています。

4

Radeon RX 7600 8 GB GPUのシングル8ピンMBAデザインとは大きな違いです。同じディスプレイ出力(DP 2.1 & HDMI 2.1)が搭載されています。

(続きはこちら)
https://wccftech.com/amd-radeon-rx-7600-xt-16-gb-rnda-3-gpu-2048-cores-16-gb-vram-tackles-rtx-4060-329-us/

関連記事
https://videocardz.com/newz/amd-radeon-rx-7600-xt-16gb-launches-january-24-at-329-same-core-count-as-non-xt-model
RX7600XTはnavi33なのか・・・
買う価値ないじゃん


87: Socket774 2024/01/08(月) 18:55:10.17 ID:/8VBnU5f0
>>84
TSMCの5nmは歩留まり良すぎて、いわゆる「選別落ち」があまり出ないからしゃーない
Navi32で40CUとかの選別落ちになると殆ど出ないし数が出せなくなってしまう
5nmの歩留まりが良すぎる=Navi32で行く場合大方が7800XTに回される事になる

画像の説明文

コメント(24)  
adm_radeon_rx_7600_xt_leak_l_01

1: 名無しさん必死だな 2023/12/30(土) 09:20:10.69 ID:bg8ZMyFI0
米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)は来年1月下旬、デスクトップPC用グラフィックボードの新たなローエンドモデル「Radeon RX 7600 XT」を発売するもようだ。

RX 7600 XTは、既存のRX 7700 XTとRX 7600の中間に位置する製品で、これまで旧世代のグラボに依存していたローエンドPCのパフォーマンスを改善するものとなりそうだ。同時期には、競合のエヌビディアがGeForce RTX 4070、4070 Ti、4080の「Super」モデル3種と、179ドル(約2万5000円)の廉価版RTX 3050を発売するとうわさされている。RTX 4070 Superは、RX 7600 XTと発売日が重なる可能性がある。

RX 7600 XTに関するうわさは、グラボ情報サイトの「VideoCardz」が中国のウェブサイト「BenchLife」からの情報として伝えたもの。BenchLifeは関係筋の話として、発売は1月22日の週になると報道。VideoCardzも独自に入手した情報として、発売予定日を1月24日と伝えている。

amd_radeon_rx_7000_specifications_l_21

(続きはこちら)
https://news.yahoo.co.jp/articles/c35f96339dad904ba27724784953247187c6bfe1

2: 名無しさん必死だな 2023/12/30(土) 09:41:18.06 ID:NM1pcsQS0
20Tflops超えててもローエンドの時代か

画像の説明文

コメント(15)  
amds-new-fsr-3-fluid-motion-frames_l_01

705: Socket774 2023/12/24(日) 10:57:57.45 ID:EPOMzow60
また勝ってしまったか


Bluesky Frame Rate Converter Version 4.6.0
Bluesky Frame Rate Converter Version 4.6.0 を公開しました。

・Radeon RX 6000/7000シリーズで2倍レート変換に対応(Adrenalin Edition 23.12.1が必要)
AMD Fluid Motion Framesに対応したGPUとして6000/7000シリーズに対応としていますが、RX 5000シリーズで利用可能かどうかは確認出来ていません。

https://bluesky-soft.com/BlueskyFRC.html

画像の説明文

コメント(62)  
nvidia-vs-radeon_l_18

366: Socket774 2023/12/11(月) 22:48:15.13 ID:cT94ThQ60
今ってRTXじゃなくてRADEON選ぶメリットってあるんかね?
俺の場合SteamOS用にAMD欲しいんだけど、昔よりNVidiaに対して割安感が薄れてるような…

画像の説明文

コメント(30)  
nvidia_vs_radeon_l_03

479: 既にその名前は使われています (ワッチョイ 71c9-yDrh) 2023/12/02(土) 07:35:10.55 ID:8EVkEIar0
NVIDIAのDLSS 3フレームジェネレーションとAMDのFluid Motion Frameテクノロジーは、決して一緒に動作するものではありませんでしたが、Quasarzoneのスタッフは、どうにか両者をゲームで動作させることに成功し、Cyberpunk 2077などのタイトルで最大3倍の性能向上を確認しました。

NVIDIA DLSS 3 Frame GenとAMD Fluid Motion Frameは、どういうわけか一緒に動作するように作られ、ゲームで最大3倍のパフォーマンスブーストを実現した。

情報源によれば、これは「クレイジーなアイデア」だが、NVIDIAのDLSS 3 Frame GenとAMD Fluid Motion Framesの両テクノロジーを調和させることができた。そのプロセスは非常に単純なものではなかったが、これら2つの技術がゲーム性能に素晴らしいブーストをもたらすのを見るのは、そこにいる99%のゲーマーにとって実用的ではないとしても、良いことだ。

そこで詳細から説明すると、まずNVIDIAのDLSS 3とAMDのFluid Motion Frameテクノロジーについて話さなければならない。NVIDIAのDLSS 3は、PCプラットフォームにおけるフレーム補間の最初の実装でした。この技術は、AIが生成した画像を挿入することで、フレームを実質的に2倍にするもので、ネイティブ画像よりも見栄えが良くなることがあります。DLSS 3は、NVIDIAのDLSS SDKを通じてアクセス可能なソースコードを使用して、ゲーム内に統合されています。

一方、AMDのFluid Motion Frames技術は、DX11/DX12ゲームで動作し、ドライバ側で有効になります。画質の面では、AFMFテクノロジーはディテールの点で欠けているが、より幅広いゲームでアクセスできることを考えれば、利点もある。AMDには、同様のフレーム補間技術を持つFSR 3もあるが、ゲームエンジン内に実装されているため、アップスケーリング品質が向上している。

AMD-Fluid-Motion-Frames-NVIDIA-DLSS-3_1

お分かりのように、両技術はフレームを向上させるという同じような目的を持ちながら、実装の面では互いに大きく異なります。両方を動作させるには、NVIDIAのRTX 40(DLSS 3フレーム Genサポート)とAMDのRX 6000/7000 GPU(AMD Fluid Motionフレームサポート)の両方をサポートするシステムが必要です。システムは、AMD GPUを介してディスプレイを出力する必要がありますが、Windows OS内では、プライマリGPUをNVIDIAグラフィックスカードに設定する必要があります。これにより、Radeon GPUがディスプレイの駆動に使用され、GeForce GPUがゲームの駆動に使用されるようになります。

AMD Fluid Motion Frameテクノロジーを有効にするには、最新のTechnical PreviewまたはBETAドライバーをインストールし、Radeonコントロールパネルから、グローバル設定タブでAFMFテクノロジーを「有効」に設定する必要があります。グローバル設定を使用してもAFMFを有効にしないゲームもあるため、ALT+Rキーを押してコントロールパネルを表示し、手動で機能を有効にすることができます。また、AFMFはゲームがフルスクリーンモードで実行されている場合にのみ実行されることを指摘しておきます。ボーダーレスウィンドウやウィンドウモードなどの他のモードでは、この機能はサポートされていません。

DLSS 3フレーム生成を有効にするには、ゲームの設定からオプションを切り替えるだけで、NVIDIAとAMDの両方のテクノロジーが一緒に動作します。それでは、パフォーマンスについて説明しよう。

NVIDIA DLSS 3 Frame Generation & AMD Fluid Motion Frames Technologies ゲームパフォーマンス(画像ソース:QuasarZone):

NVIDIA-DLSS-3-Frame-Generation-AMD-Fluid-Motion_l_01

NVIDIA-DLSS-3-Frame-Generation-AMD-Fluid-Motion_l_02

NVIDIA-DLSS-3-Frame-Generation-AMD-Fluid-Motion_l_03

NVIDIA-DLSS-3-Frame-Generation-AMD-Fluid-Motion_l_04

4KのCyberpunk 2077のようなゲームでは、両テクノロジーを使用することで、ネイティブ解像度のほぼ3倍のゲインを提供し、AFMFまたはDLSS Frame-Genスタンドアロンと比較しても、大きなブーストが見られました。しかし、COD: MW IIIでは、AFMFおよびDLSS 3 Frame-Genのスタンドアロンプリセットと比較して最低FPSが低下したように、すべてのゲームで同様の向上が見られたわけではありません。Starfield」と「Ratchet & Clank」の両ゲームでは、AFMFとDLSS 3 Frame-Genのスタンドアローンプリセットに対して最低FPSが低下した: Rift Apartもパフォーマンスが向上しましたが、全体的な安定性に関しては、このような組み合わせはゲーマーにお勧めできません。

(続きはこちら)
https://wccftech.com/nvidia-dlss-3-frame-generation-amd-fluid-motion-frame-tech-delivers-up-to-3x-performance-boost-in-games/
GeForceとRadeonが合体

ついに合体する日が来るのか


480: 既にその名前は使われています (ワッチョイ a5cd-qewT) 2023/12/02(土) 08:11:21.95 ID:nAmc3fym0
遂にというよりは再びという方が正しい
https://hothardware.com/reviews/lucid-hydra-200-multigpu-performance-revealed

Hydraは末期には単なるPCIeスイッチとして使われていた思い出

画像の説明文

コメント(11)  
AMD-RX-8000_l_01

18: Socket774 2023/11/30(木) 07:02:35.64 ID:I8YxW4Mt0
 RDNA4やRDNA4グラフィックスチップに関する技術情報はまだ提供されていないが、Linuxパッチでは次のようなスケジュールが示されている。 3DCフォーラムによると、同じ言及があってから最初のRDNA3グラフィックスチップが発売されるまでに8カ月の時間があった。 つまりRDNA4に関しては、2024年7月に発売されることになる。 これは、RDNA4がNVidiaの次のグラフィックスチッププロジェクト 「Blackwell」 よりも明らかに早く発売されるだろうという以前の噂と一致している。

 ただし、RDNA4世代はメインストリームソリューションとミッドレンジソリューションに限定される予定であり、大規模なチッププロジェクトは実現に時間がかかりすぎるために中止されるようです。 したがって、RDNA4は1つの 「中間世代」 にすぎず、AMDは現在、RDNA5にできるだけ早く追随できるようにすることに注力する可能性が高い。2024年夏にRDNA 4がリリースされれば、この計画は間違いなく恩恵を受けるでしょう。

(続きはこちら)
RDNA4は来年夏発売の可能性が高い?

19: Socket774 2023/11/30(木) 07:13:04.06 ID:I8YxW4Mt0
噂通りだとRTX50世代を挟んで、まず先にミドル以下のRDNA4が出て、ついでハイエンド有りのRDNA5がリリースされる事になる。
つまりRDNA4以降からは、RADEONとNVIDIAのローンチ時期は当面被りそうにない。
一方でAMD的にはRDNA4はZen5発売とほぼ同時期になる可能性が高そう。

画像の説明文

コメント(30)  
AMD-Radeon-RX-7000-Graphics-Cards-g-low_res-scale-2_00x

504: Socket774 2023/11/16(木) 14:36:26.87 ID:MNT2mUUc0
RDNA 4では、RX 8800 XTが500ドル前後の最上位SKUになると予想している。RX 8700 XT、8600 XT、そしておそらくそれらの非XTバリアントとエントリーレベルの500クラスのグラフィックカードが付属します。

最速のRDNA 4 GPUはRadeon RX 7900 XTよりも高速になる見込みだと、YouTubeチャンネル "Moore's Law is Dead" が主張している。残念ながら、この情報源はRTX 4080 Superを打ち負かすことができるかどうかについては明確にしていない。我々は、7900 XTが4080に対してかろうじてパフォーマンスを発揮していることを確認しているが、ラスタライズではまともだが、レイトレーシングでは残念だ。強化された(4080)Superバリアントは、800クラスのRadeonには荷が重すぎるかもしれない。

Radeon RX 8800 XT (と思われる) はミッドレンジのグラフィックカードで、RX 7800 XTの後継でありながら、7900 XTに近い、あるいは上回っている。
Navi 43 GPUを活用し、約64のコンピュートユニットと4,096のストリームプロセッサを搭載する。セグメンテーションを考慮すると、価格とリリース日はNVIDIAがその時点で何を提供するかに大きく左右されます。

AMDがFSR 3 (テストしましたが、DLSS 3よりもさらに優れています。)を普及させることができれば、最も高価なものを除くすべての主要な価格帯でNVIDIAと競争することができる。RX 7800 XTの好調ぶりを見ていると、Team Radeonが本当に輝いているのはそこだと思う。

(続きはこちら)
7900GREやFSR3発表リークなど、(他はともかく)RADEON関連リークではピカ一の実績を持つMLIDによるリーク
というかRDNA4関連の具体的な記事としては、これが初になるかも


505: Socket774 2023/11/16(木) 15:06:59.88 ID:bfPxyPul0
ご、ごひゃくどる???やっすw

画像の説明文

コメント(14)  
vega64le_crop_678x452

240: Socket774 2023/11/09(木) 19:02:19.20 ID:Ft+6ZnHV0
AMDは現在、RDNAアーキテクチャGPUの第3世代に突入しており、PolarisとVegaというアーキテクチャ名で知られるAMDの残りのGraphics Core Next(GCN)設計にも徐々に日が傾きつつある。ここ数週間、AMDはオープンソースのVulkan LinuxドライバであるAMDVLKでこれらのGPUアーキテクチャのサポートを停止していたが、今回、Windowsドライバでもこれらのアーキテクチャのサポートを徐々に停止していることが確認された。

AMDのPolarisとVegaに対する拡張ドライバー・サポート・スケジュールの下では、これらのアーキテクチャ用のドライバーはもはやRDNAアーキテクチャと同等の機能を維持することはない。AMDは今後しばらくの間、PolarisとVegaのサポートを継続するが、そのサポートはセキュリティアップデートと "利用可能な機能アップデート "に縮小される。

ドライバのリリースを注視しているAMDユーザーにとっては、AMDが9月にすでにこのプロセスを開始していたことがわかるだろう。AMDの9月Adrenaline 23.9ドライバ・シリーズで、AMDはRDNAとGCNのドライバ・パッケージを分割し、それに伴い2つのアーキテクチャ間のドライバ・ブランチも分割した。その結果、RDNAカードだけがAMDのメインライン・ドライバ・ブランチ(現在23.20)の一部として新機能とアップデートを受け、GCNカードはメンテナンス・ドライバ・ブランチ(23.19)に停まっている。

現在のところ、AMDはこのドライバサポートの変更について何もウェブサイトに公表していない。しかし、AnandTechからのWindowsドライバサポートに関するコメント要求に対して、同社は以下の声明を発表した:

AMD PolarisおよびVegaグラフィックス・アーキテクチャは成熟し、安定しており、パフォーマンスも高いため、定期的なソフトウェア・チューニングによる恩恵はそれほど大きくありません。 今後、AMDは、PolarisおよびVegaベースの製品向けに、重要なセキュリティおよび機能のアップデートを含む重要なアップデートを別個のドライバ・パッケージを通じて提供します。 AMDがレガシーと分類している製品よりもサポートが充実しており、ゲーマーはPolarisおよびVegaベースの製品でお気に入りのゲームを楽しむことができます。

(続きはこちら)
https://www.anandtech.com/show/21126/amd-reduces-ongoing-driver-support-for-polaris-and-vega-gpus
AMD、Polaris と Vega GPU の廃止プロセスを開始し、継続的なドライバーのサポートを削減

241: Socket774 2023/11/09(木) 19:54:37.75 ID:ouWBH51J0
早々に分けたらよかったんだよね
今更感がある

画像の説明文

コメント(5)  
amd-radeon-software-adrenalin-edition-1717456850

222: Socket774 2023/11/03(金) 03:18:42.57 ID:7X3lJ2r60
AMD Software: Adrenalin Edition 23.11.1 Release Notes

新機能ハイライト
新しいゲームへの対応
・Call of Duty®: Modern Warfare® III
・Like a Dragon Gaiden: The Man Who Erased His Name  
・The Invincible
・JX3 Ultimate

新しいRadeon™ Boostサポート
・Alan Wake 2
・For more information on Radeon™ Boost click HERE.

修正された問題
・Performance Metrics Overlayでは、さまざまなゲームでFPSがN/Aと表示されることがあります。
・Radeon™ RX 7600などの一部のAMDグラフィックス製品で、Counter Stike 2のパフォーマンスが予想より低い。
・グラフィックス設定を変更すると、Total War: Pharaohのメニューで断続的なちらつきが発生することがある。
・Alan Wake 2のプレイ中、一部のテクスチャで断続的なちらつきが発生する場合があります。
・Vulkan® APIを使用したBaldur's Gate 3の再起動時に、シェーダーキャッシュの再構築が正しく要求されない場合がある。
・Forza Motorsportの再起動時に、シェーダーキャッシュの再構築が正しく要求されないことがある。
・Forza Motorsportのレース終了後にクレジット画面を表示しているときに、断続的にドライバがクラッシュする。
・Radeon™ RX 6700 XTなどの一部のAMDグラフィックス製品において、再起動後にデバイスマネージャーで断続的に黒い画面またはコード31エラーが表示される。

既知の問題
・AMD Softwareから録画すると、音声がビデオと同期しないことがあります: AV1コーデックを使用したAdrenalin Edition。
・EA Sports WRCのプレイ中、レーストラックで断続的に破損が発生することがある。
・Crysis Remasteredのプレイ中、星が断続的に表示されないことがある。
・Radeon™ RX 7000シリーズGPUとAMD Ryzen™ 7000シリーズプロセッサーに接続されたセカンダリーディスプレイを組み合わせたシステムでChromiumベースのブラウザーを実行すると、断続的にマイクロスタッターが発生することがあります。

(続きはこちら)
https://www.amd.com/en/support/kb/release-notes/rn-rad-win-23-11-1
https://www.amd.com/en/support/kb/release-notes/rn-rad-win-23-11-1-polaris-vega

223: Socket774 2023/11/03(金) 04:27:00.83 ID:1HKNUp030
【朗報】23.1.1はVega/Polarisも更新可能
まだ見捨てられていなかった

画像の説明文