汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    OS

    コメント(5)  
    windows10-logo

    1: 田杉山脈 ★ 2019/01/03(木) 19:09:33.00 ID:CAP_USER
    新年にふさわしいニュースかもしれない。Net Marketshareによれば、Windows 10がもっともポピュラーなデスクトップOSの地位を占めた。 Windows 10がリリースされたのは3年半前になるが、OSのシェア首位となったのはこれが最初だ。

    しかし39.22%というWindows 10のシェアは決して一夜にして獲得されたものではない。しかしMicrosoftがこれまでリリースしてきた他のOSのあるものに比べれば苦闘の度合いは少なかった。ともあれWindows 10はWindows 7(36.90%)を抜くことができた。Windows 7より後発のWindows 8.1ははるか引き離された5位で、Windows XPより1ポイントも低い。

    (続きはこちら)
    https://jp.techcrunch.com/2019/01/03/2019-01-02-windows-10-tops-windows-7-as-most-popular-os/

    4: 名刺は切らしておりまして 2019/01/03(木) 19:11:48.66 ID:sMU5HXgd
    あと一年か...。

    画像の説明文

    コメント(1)  
    IBM_PC_5150

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [ニダ] 2019/01/01(火) 20:19:43.95 ID:hFUnFvP80 BE:323057825-PLT(12000)
    Windows 10の次期大型アップデートで現在プレビュー版が提供されている19H1(来年4月にリリース予定)では、コンソールが改良された。具体的には、文字色と背景色で「デフォルトカラー」をサポートした。そのほかにカーソルの形状や色の指定などが可能になっている。ここでは、この文字色と背景色について考えてみる。

    Windowsコンソールの表示色はIBM PC当初のハードウェアの制限を受け続けていた
     そもそもWindowsのコンソールは、Win32アプリケーション(デスクトップアプリケーション)がコンソールAPIを使って出力などをするように作られたもの。コンソールは、文字や背景の色を16個のカラーコードで指定する。つまり全部で16色しか利用できない。

     WindowsアプリケーションはグラフィックスでRGB各8bitのフルカラーを使えるというのに、コンソールの中の文字や背景の色はたった16色しか指定できないのである。

     これは、IBM PCに搭載されたCGAなどのテキストモードの仕様を引き継いだからだ。現在のコンソールは、アプリケーションが指定した文字列をWindowsがフォントのビットパターンとして描画している。しかし、IBM PCが発売された当時は、CPUも高速ではなかったため、現在のような「ビットマップディスプレイ」で文字を扱うと描画速度が遅くなってしまう。

    01_453x


    (続きはこちら)
    進化するWindows 10のターミナル、“色”で30年来の制限から脱却
    http://ascii.jp/elem/000/001/792/1792101/


    4: 名無しさん@涙目です。(茸) [US] 2019/01/01(火) 20:21:29.26 ID:VF6FpDAD0
    そこじゃない

    画像の説明文

    コメント(13)  
    keyboard-70506_960_720

    1: 田杉山脈 ★ 2018/12/26(水) 21:12:28.30 ID:CAP_USER
    Windowsで[かな]と[英数]の入力モードを切り替えるときは[半角/全角]キーを使ってトグルする。これが近々Macと同じ方式に変わりそうだ。

     マイクロソフトWindows Blogの12月20日公開版によれば、Windows 10 Insider Preview 18305では、IMEのオン/オフを切り替える設定を強化しているという。これにより、スペースバーの左右にある[無変換]と[変換]キーの動作が変わる。

     従来は再変換などが割り当てられていたが、今回の変更により[無変換]はIMEオフに、[変換]はIMEオンとなる。つまり、MacやiOSのJISキーボードと同じだ。

     同ブログでは「フィードバックに基づき、[変換] キーを IME オンに [無変換] キーを IME オフにする設定を既定にしています」と説明。Macと同じくスペースバーの左にある[無変換]キー(Macでは[英数])で英数字(IMEオフ)、スペースバー右の[変換]キー(Macでは[かな])でIMEオンが割り当てられる。

    (続きはこちら)
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1812/26/news094.html

    2: 名刺は切らしておりまして 2018/12/26(水) 21:14:53.31 ID:YQOi1PpW
    これ考えたアップルの日本ローカライズ担当者は天才だと思ったわ

    画像の説明文

    コメント(1)  
    windows-lenovo

    1: ムヒタ ★ 2018/12/26(水) 10:47:43.65 ID:CAP_USER
    2018年12月、Microsoftが独自に開発しているウェブブラウザのInternet Explorerで発見されたゼロデイ脆弱性を修正するために、専用の緊急パッチが公開されました。しかし、このパッチを適用すると、一部のLenovo製ノートPCでWindowsが起動しなくなるという不具合が発生しています。

    Microsoftが公開したInternet Explorer向けの緊急パッチが多くのWindowsユーザーに問題を引き起こしています。具体的には、Lenovo製のノートPCを使用しているユーザーが、KB4467691パッチを適用すると、端末が起動できなくなる模様。やっかいなのがこの問題は複数バージョンのWindows、およびInternet Explorerのバージョン9から11にかけて広範囲に影響を及ぼしている点です。

    KB4467691パッチが最初にリリースされたのは2018年11月で、この時点で古いバージョンのWindows 10ではいくつか問題が生じることが報告されていました。例えば、「.NETフレームワーク」や「スタートメニュー上のウェブリンク」に問題が発生していたそうです。

    (続きはこちら)
    https://gigazine.net/news/20181226-microsoft-patch-laptops-unbootable/

    2: 名刺は切らしておりまして 2018/12/26(水) 10:48:21.74 ID:zRi+KKbK
    レノボだけ
    ふーん…?

    画像の説明文

    コメント(1)  
    Windows 10 October 2018 Update

    87: 名無し~3.EXE 2018/12/23(日) 12:25:37.40 ID:Cfa99Z+R
    「Windows 10 October 2018 Update」の提供範囲が拡大、すべての“上級ユーザー”が対象に
    “Windows Update”を手動チェックしたユーザーに開放

    image1_s

     米Microsoftは12月18日(現地時間、以下同)、「Windows 10 October 2018 Update(バージョン 1809)」のロールアウト対象を拡大したことを明らかにした。17日現在、「設定」アプリの[更新とセキュリティ]-[Windows Update]セクションにある[更新プログラムをチェック]ボタンを手動でクリックした“上級ユーザー”すべてに「October 2018 Update」が解放されているという。

    image2_s

    (続きはこちら)
    https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1159118.html

    89: 名無し~3.EXE 2018/12/23(日) 12:53:30.98 ID:aXJosTso
    こちらに任せる気もないくせに…

    画像の説明文

    コメント(0)  
    internet explorer

    709: 名無し~3.EXE 2018/12/20(木) 11:05:14.64 ID:J3quxbJY
    KB4483187はCVE-2018-8653の問題でゼロデイ攻撃が発生してるから緊急リリースか

    MS、IE向けに緊急定例外アップデート - ゼロデイ攻撃が発生

    マイクロソフトは、「Internet Explorer」においてリモートよりコードの実行が可能となる脆弱性に対し、急遽セキュリティアップデートを実施した。すでにゼロデイ攻撃が確認されているという。

    スクリプトエンジンにおいてメモリ破壊が生じる脆弱性「CVE-2018-8653」へ対処したもの。

    細工されたウェブページを閲覧すると、リモートよりコードが実行されるおそれがある。すでに脆弱性の悪用が確認されているという。

    (続きはこちら)
    http://www.security-next.com/101180

    698: 名無し~3.EXE 2018/12/20(木) 07:50:25.34 ID:b4bapoJ4
    なんかきた

    画像の説明文

    コメント(5)  
    Windows10

    1: 田杉山脈 ★ 2018/12/18(火) 18:12:17.91 ID:CAP_USER
    2018年10月のWindows 10アップデートは多くの問題が発生した。ファイルの削除、ZIPファイル展開時の上書き確認の欠如、フォントレンダリングのバグなどだ。fossBytesは12月17日(米国時間)に掲載した記事「Don't Click On "Check For Updates" In Windows 10; Here's Why」で、この問題はユーザーが自発的に設定から「更新プログラムのチェック」をクリックしたことで引き起こされたと指摘した。安定したアップデートを望むのであれば、このボタンは押さないほうがよいとアドバイスしている。

    win10_checkupdate


    記事は、Windows担当のバイスプレジデントである Michael Fortin氏の公式ブログの記事「Windows monthly security and quality updates overview - Windows Experience BlogWindows Experience Blog」を引き合いに出している。

    この記事によると、ユーザーが自発的に「更新プログラムをチェック」をクリックした場合、そのユーザーはシーカー(テスター)と見なされ、プレビューバージョンと位置づけられているアップデートが送られてくるようだと説明している。

    (続きはこちら)
    https://news.mynavi.jp/article/20181218-742419/

    2: 名刺は切らしておりまして 2018/12/18(火) 18:13:53.77 ID:/hxrLxM8
    こんな欠陥つくんな。

    画像の説明文