汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    NAND

    コメント(1)  
    semiconductor

    523: Socket774 2018/11/13(火) 22:00:50.56 ID:LwrA88Nm0
    トランセンド会長の業界見通し(2018年11月13日)
    https://www.digitimes.com/news/a20181112PD217.html

    DRAMとNANDフラッシュメモリの価格は少なくとももう1年下降傾向が続く。チップの価格はQ4以降急速に下がり始めている。DRAMとNANDフラッシュの両方で供給過剰が発生している。

    しかしDRAMメーカーの数はNANDフラッシュメーカーの数より少ないので、DRAM価格の落ち込みはNANDフラッシュより緩やかなレベルになるだろう。3D NANDの歩留まりが大幅に改善されたことがNAND価格の押し下げ圧力になっている。

    512GB SSDの価格はメインストリームHDDの価格に近づいており、1年後には45ドルから50ドルになると予想される。

    中国の新興企業が今後2-3年で世界のDRAM市場に参入する可能性は低い。しかしNANDフラッシュ分野では2019年から2020年の間に中国の新規参入企業が業界に入ってくるだろう。

    524: Socket774 2018/11/13(火) 22:02:34.28 ID:E0s+dGTF0
    >>523
    1T1万が夢ではなくなってきたか・・・

    画像の説明文

    コメント(4)  
    3dnand_l

    1: しじみ ★ 2018/11/09(金) 18:27:02.93 ID:CAP_USER9
    2018年、NANDフラッシュメモリ市場は年間を通して供給過剰状態が継続したままとなる模様だ。TrendForceのDRAMeXchange部門によると、NANDの10月における契約価格は、SSDやeMMC/UFSも下落したが、それ以上にチップ/ウェハの下落が大きくなったという。

    ノートブックやスマートフォンメーカーはすでに十分な在庫を抱えているほか、中国と米国の貿易戦争の混迷、そしてIntelのCPUが不足するという事体が、NANDの供給面での状況を悪化させる要因となっている。

    特にSLC NANDは米中の貿易戦争のあおりを受ける形で在庫の積み増しが進み、結果として第4四半期の契約価格は10~15%下落する見通しとなっている。

    (続きはこちら)
    https://news.mynavi.jp/article/20181109-721074/

    2: 名無しさん@1周年 2018/11/09(金) 18:28:51.33 ID:e1cQWZVt0
    NANDEDA

    画像の説明文

    コメント(6)  
    3dnand_l

    1: ニライカナイφ ★ 2018/11/07(水) 10:24:24.21 ID:CAP_USER9
    データの長期保存に使うNAND型フラッシュメモリーのスポット(随時契約)価格が一段と下落している。指標品種のTLC(トリプル・レベル・セル)の128ギガ(ギガは10億)ビット品は、11月上旬時点で1個1.63ドル前後。1カ月前と比べ2割以上安い。

    NAND型は記憶容量を高められる「3次元品」の量産が進む。一方、需要を支えてきたサーバー市場は「米中摩擦の影響もあり、投資ペースが201…

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37434240W8A101C1QM8000/

    6: 名無しさん@1周年 2018/11/07(水) 10:30:07.74 ID:9F+JT62r0
    もっと安くなれ

    画像の説明文

    コメント(1)  
    p

    1: 田杉山脈 ★ 2018/07/11(水) 19:17:11.52 ID:CAP_USER
    韓国サムスン電子は10日、日本の東芝と競合するNAND型フラッシュメモリーについて、最新の3次元化技術を駆使した量産を開始したと発表した。記憶素子を90層以上、立体的に積み重ねる技術で、生産効率は3割高まった。NANDの世界市場で首位固めを狙うが、市況のリスク要因になる可能性もある。

     スマートフォンやサーバーの記憶媒体として使われるNANDの生産については、3次元化が主流になっている。東芝や韓国SKハイニックスは記憶素子を60~70層程度積む水準にとどまっており、メモリー各社が技術面でサムスンに追随する傾向が強まっている。

     サムスンによると、最新技術で量産されたNANDは、データの伝送速度が4割速くなる一方、動作電圧は3割小さくなる。高性能サーバーやスーパーコンピューターの需要を見込む。

    (続きはこちら)
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3282565010072018FFE000/

    3: 名刺は切らしておりまして 2018/07/11(水) 19:19:00.04 ID:wEAtYaAH
    三割はスゲェな

    画像の説明文

    このページのトップヘ