汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

M.2

コメント(29)  
71xcw-JF0FL._AC_SL1500_

1: 石ちゃん(北海道) [US] 2021/10/21(木) 16:42:46.54 ID:JxCksa3J0 BE:422186189-PLT(12015)
CrucialのSATA SSD「MX500」に大容量4TBモデル、価格は45,080円

Crucialブランド(Micron)の2.5インチSSD「MX500」シリーズに新モデルが登場、容量4TBの「CT4000MX500SSD1/JP」が複数のショップに入荷している。店頭価格は45,080円。

MX500は、SATA 6Gbps対応の2.5インチSSD。効率を重視したMicron製3D NANDの採用により、最小限の電力で高パフォーマンスを実現しているという。

(続きはこちら)

2: じゅうじゅう(茸) [ZA] 2021/10/21(木) 16:43:57.97 ID:EpjYIaW30
2.5インチ2本でRAID1組める3.5インチサイズのケースがいいぞ

画像の説明文

コメント(23)  
20210914125017_695_

1: ホスアンプレナビルカルシウム(茸) [JP] 2021/09/26(日) 14:28:23.89 ID:n9a2qMoM0 BE:422186189-PLT(12015)
Corsair、最大7100MB/sを実現したNVMe M.2 SSD「MP600 PRO XT」

アスクは、Corsair製のNVMe M.2 SSD「MP600 PRO XT」の取り扱いを開始。1TB/2TB/4TBモデルをラインアップし、9月23日より発売する。

PCI Express 4.0 x4に対応したNVMe M.2 SSD。放熱効率を高める大型のアルミニウム製ヒートシンクを装備しており、高負荷時にもすぐれたパフォーマンスを保つという。

また、フラッシュメモリーに3D TLC NANDフラッシュを、コントローラーにPhison製「PS5018-E18」を搭載。転送速度は、最大7100MB/sの読込速度、最大6800MB/s(1TBモデルは最大5800MB/s)の書込速度を実現している。


2: イノシンプラノベクス(東京都) [VN] 2021/09/26(日) 14:28:58.04 ID:R5oCHofK0
ランダムアクセス大して変わりません!←これ

画像の説明文

コメント(69)  
m.2_ssd_l_05

1: 名無しさん必死だな 2021/09/11(土) 13:10:23.37 ID:s7IwwHCOM
すまん、これで2.5インチ使ってるアホなんなん?😁

画像の説明文

コメント(12)  
Micron 3400

554: Socket774 (テテンテンテン MM4b-B6Af) 2021/06/02(水) 20:44:21.31 ID:WukTuxdsM
Micron、PCIe 4.0対応の176層TLC NAND採用M.2 SSD

 5月31日~6月30日(台北時間)にオンラインで開催されている「COMPUTEX TAIPEI 2021 Virtual」の分科会「2021 COMPUTEX Forum」のオープニング基調講演にて、Micron Technology(以下Micron) CEOのサンジェイ・メロトラ氏が登壇し、同社のビジョンや新製品などに関しての講演を行なっている。

 フラッシュメモリやDRAMの新製品の量産出荷について発表。前者は176層TLC 3D NANDを採用したSSDで、PCI Express Gen 4/NVMe 1.4に対応している製品となる。ハイエンド向けにM.2 2280フォームファクタで提供する「Micron 3400」(最大2TB)、メインストリーム向けにM.2 2230/2242/2280の3つのフォームファクタで提供する「Micron 2450」(最大1TB)の2つシリーズを用意する。

 後者は、Micron1αノードで製造されたLPDDR4xで、今月にも量産出荷を開始。前世代の1zノードと比較して15%ほど消費電力が下がるという。


(続きはこちら)
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/1328598.html

555: Socket774 (ワッチョイ 0986-SBjg) 2021/06/02(水) 20:50:07.60 ID:y2uOJR920
なんかQLCに関してはどこも他社のブレイクスルー待ちって感じだな
この方式に果たして未来はあるのか

画像の説明文

コメント(27)  
best_ssd_2080_logo_37982_R

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/04/04(日) 16:24:59.364 ID:N1BF3w4O00404
どうよ

画像の説明文

コメント(9)  
MZ-V8V1T0_004_L-Perspective_Black_1600-1024x1024_R

15: Socket774 (ワッチョイ fb58-mkPA) 2021/03/10(水) 00:17:19.61 ID:Z1pxonen0
DRAMレスのコストパフォーマンスNVMe M.2 SSD、Samsung「980」シリーズ発売

日本サムスン株式会社(本社:東京都港区)販売特約店のITGマーケティング株式会社(本社:東京都港区)は2021年3月10日、DRAMレスのPCI-Express3.0(x4)SSD「980」シリーズについて、新規取り扱い開始を発表した。

MZ-V8V1T0_001_Front_Black_1600_R

MZ-V8V1T0_008_PKG-Fullshot_Black_1600-1024x1024_R

「Intelligent TurboWrite」のバッファ領域を5.5倍に拡張
980シリーズ(3月12日発売)
MZ-V8V250B/IT(250GB) 市場想定売価税込5,480円
MZ-V8V500B/IT(500GB) 市場想定売価税込7,980円
MZ-V8V1T0B/IT(1TB) 市場想定売価税込14,480円
https://www.itgm.co.jp/product/ssd-980.php
(続きはこちら)
https://www.gdm.or.jp/pressrelease/2021/0310/383810
1TBで税込14,480円か
もうちょい価格下がればSN550と同じぐらいの価格になるな


17: Socket774 (ワッチョイ abb1-BTYk) 2021/03/10(水) 00:35:59.38 ID:bjQabqpm0
DRAMレスか、もう少し安くなってくれればありがたい
レビュー見る限りそこまで悪くなさそう

画像の説明文

コメント(8)  
intel_670p_ssd_R

364: Socket774 2021/03/02(火) 05:54:15.32 ID:WfMOHGDJ
インテル 670p:新しいQLCソリューション
現在に至るまで、新しいIntel 670pは、Intelの最新のQLC NANDと、SSDコントローラーの待望のアップデートで展開されています。 665pはすでに市場に出ていないため、670pのIntelのマーケティング資料は、670pを以前の660pと比較し、665pの存在をほとんど無視するという珍しいアプローチを採用しており、Intelは世代の改善をわずかに誇張し、いくつかの進歩を再発表することができます。 (より大きなSLCキャッ​​シュなど)665pによってすでに導入されています。 670pは512GBの容量を取り戻し(場合によってはお勧めできません)、660pのより完全な代替品として意図されているようです。

670pはPCIe3.0 x4ドライブであり、市場に出たばかりです。これは、予算のNVMe市場におけるIntelの位置付けを再考し、より速いものに移行することが今日のプレミアムプレイと見なされているためです。

先月お伝えしたように、インテルの新しい144L QLC NANDは、彼らの96層世代よりもかなり改善されています。密度の向上以外にも、読み取りレーテンシーの若干の低下、書き込みレーテンシーとスループットの大幅な向上、パフォーマンスを向上させるその他の機能が提供されます。密度の増加はさらなるコスト削減に役立つはずだが、Intelはレイヤー数の競争で業界の他の企業に後れを取っており、144レイヤーに到達するためにトリプルデッキストリングスタッキングを採用しなければならなかったため、162~176レイヤーのダブルデッキデザインで同等のQLC密度を達成できるはずの競合他社ほどコスト削減は大きくないだろう。

用語情報:NAND企業は32-96ビット層の「デッキ 」を構築し、その後、層の総数を得るためにデッキを組み合わせる。1つのデッキで複数のレイヤを構築するのは難しいため、複数のデッキを組み合わせるとレイヤの総数が多くなります。一般的に、1つのデッキにより多くのレイヤを配置できる企業は、より高度なプロセスを持つと言われています。ほとんどの企業は150層以上に達するために二層デッキを使用していますが、インテルはこの製品で3層48層デッキを144層に達するために使用しています。

また、新しい144L QLCにより、インテルは書き込み耐久性を再び向上させることができました。670pの書き込み耐久性は、665pよりも23%高く、660pよりも85%高く、書き込みサイクルは約370回です。この容量は5年にわたって使用されており、実際には毎日0.2回のドライブ書き込みが行われています (DWPD) 。さらに重要なのは、0.2DWPDを達成したIntelのQLC SSDが、消費者向けTLC SSDの多くが評価している0.3DWPDを大きく下回っていないことだ。

Intel_QLC_SSD_Write_Endurance

670pの新しいNANDは確かに役立つが、性能向上の大部分はアップグレードされたSSDコントローラのおかげである。SM2263コントローラは、660pおよび665pで使用されている低コストの4チャネルコントローラで、エントリレベルの市場セグメントに適していますが、非常に旧式です。特に、コントローラとフラッシュ間のIO速度は667MT/sに制限されています。つまり、最速のフラッシュであっても、PCIe 3.0 x 4ホストインターフェイスが飽和状態に近づくことはなく、約2.4GB/sを超えることは困難です。

(続きはこちら)
https://www.anandtech.com/show/16503/the-intel-ssd-670p-review

Silicon Motion SM2265
144層QLC

TLC SSDより1.5倍も高価なQLC SSD
512 GB89ドル
1 TB154ドル
2 TB329ドル


365: Socket774 (ワッチョイ 4676-NAmc) 2021/03/02(火) 05:56:37.11 ID:ic0d4Gse0
話にならん高く売りたいならTLCにしとけ
QLCは元々TLCの半額、超安価になる!って話だったのに
なんでTLCよりも高いんだよw
Crucial P5 500GBなんか日本ですら7000円だぞ、低速QLCなのに$89(日本で13000円相当)?

画像の説明文

コメント(22)  
wd_SN350_logo_1_R

124: Socket774 (ワッチョイ 1284-GDsi) 2021/02/16(火) 15:11:38.21 ID:xYlDtWWQ0
Western Digitalは、WD Green SN350 SSDの新しいラインで、その手ごわいSSDポートフォリオを拡大しました。 M.2 2280フォームファクタに準拠したドライブは、240GBから960GBの範囲の容量で利用可能になります。

SN350は、PCIe 3.0x4インターフェイスに完全にスロットするエントリーレベルのSSDです。 SSDコントローラーのモデルとSN350に使用されるNANDのタイプは不明のままです。 ただし、これらのドライブの耐久性評価が低いことは、Western DigitalがSN350でQLC(クアッドレベルセル)NANDを使用していることを示しています。

製造元は、SN350 960GB、480GB、および240GBドライブをそれぞれ80TBW、60TBW、および40TBWと評価しています。 参考までに、TLC(トリプルレベルセル)NANDを活用するWD Blue SN550 250GBおよび500GBドライブの定格は、それぞれ150TBWおよび300TBWです。

SN350のパフォーマンスは容量によって異なるため、ドライブが大きいほど最大のパフォーマンスが得られます。 SN350は、それぞれ最大2,400MBpsおよび1,900MBpsのシーケンシャル読み取りおよび書き込み速度を誇示します。 ランダムなパフォーマンスに関しては、SN350がそれぞれ最大340,000IOPSと380,000IOPSのランダムな読み取り速度と書き込み速度を提供することが期待できます。

パフォーマンス面では、SN350はSN550よりもそれほど遅れてはなりません。 ただし、SN350は耐久性が低く、SN550の5年間の保証ではなく、3年間の限定保証しか付いていません。

240GBモデルと480GBモデルはそれぞれ43.99ドルと54.99ドルで販売されていますが、960GBモデルは99.99ドルに戻ります。 SN550と比較して、SN350は、同様の容量で約10ドルから30ドル安価です。

(続きはこちら)
https://www.tomshardware.com/news/western-digital-launches-wd-green-sn350-m2-nvme-ssd

125: Socket774 (ワッチョイ c2d0-dcRn) 2021/02/17(水) 00:21:51.82 ID:vg6V3tH80
960GBでTBW80 $100って買う奴いるのか?

画像の説明文

コメント(39)  
269dfa8f

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/01/20(水) 08:16:20.618 ID:ejwVt3L60
スーパー俺「シャットダウンせずにずっと着けっぱでいいじゃん」

オタクくん「」
 

画像の説明文

コメント(10)  
m.2_sse_logo_29434

1: 雷 ★ 2021/01/18(月) 09:02:51.00 ID:GclKkHWo9
 ここ数年、CPU、GPU、ストレージと、PCの性能を決定付けるパーツの高性能化が急速に進んでいる。その一方で、PCで取り扱うデータも大型化。とりわけ動画分野においては、カメラの高性能化に伴って4Kや8K解像度のデータが身近になり、加えて撮影後に色調などを柔軟に調整できるRAW形式での収録に対応した機材が増えた結果、動画編集PCに求められる性能も急速にハードルが上がりつつある。
 4K RAWといったリッチな映像コンテンツを20万円台の一眼カメラで撮影できるようになったが(RAWでない4K動画ならスマホでも撮影できる)、編集するPCの性能が足りなくては容易に作品に仕上げることはできない、というわけだ。
 動画編集PCでは、まずCPU性能とメモリサイズに注目するユーザーが多いと思う。もちろんそれは間違っていないのだが、GPUとストレージ、つまりSSDの性能も大事だ。CPU、メモリ、GPU、SSDのどれか一つでも性能が不足すると、とたんに編集作業が重くなることが多い。しかしながら、とくにストレージ性能に関してはスムーズな編集作業を行なうための基準が、なかなか見えてこないのではないだろうか。
 そこで今回は、M.2タイプのSSDでは現在最高クラスの性能を誇る「Samsung SSD 980 PRO」を使って、“ドライブ単体”と、“ドライブ4本を使ってのハードウェアRAID”という環境で、動画編集作業の快適さにどの程度の違いが出るかをテストしてみた。

(略)

RAID 0で最大読み出し速度27,000MB/sオーバーを達成
 ここからは、ベンチマーク結果から4台のSamsung SSD 980 PROでRAID 0アレイを構築した場合の性能を見ていく。
 ベンチマークソフトには、最大速度を計測できる定番の「CrystalDiskMark 8.0.0」とアプリケーションの起動や操作などをシミュレートすることによってストレージの体感性能を計測する「PCMark 10 Full System Drive Benchmark」を使用した。また、Iometer 1.1.0を使用し、読み出し開始位置が40GB単位で異なる複数タスクによる同時読み出し時の速度計測も行なっている。
 最大速度を計測するCrystalDiskMarkの結果は、RAID 0構築時が最大速度読み出し速度(SEQ1M Q8T1)が21,719.2MB/s、書き込み速度が18,745.7MB/sであった。この速度は、Samsung SSD 980 PROを1台で使用したときの読み出し速度の約3倍、書き込み速度の4倍弱である。

 理論値から考えるともう少し読み出し速度が出てもよさそうだが、Blocksizeを初期値の512KBから変更するなどしてテストを繰り返してもこれ以上は伸びなかった。そこで、Iometerを使用して256KB QD32 2タスクのシーケンシャル読み出しを行なってみたところ、ほぼ理論値の「27,804.3MB/s」を計測した。

2012_samsung_hwr00_s

4台のSamsung SSD 980 PROでRAID 0アレイを構築した場合の結果。最大速度は読み出し21719.2MB/s、書き込み18,745.7MB/sと4倍には到達していないが十分速い 

980_RAIDx4_1G_cry3_s

Iometerによるシーケンシャル読み出しの速度。ほぼ理論値の「27804.3MB/s」を計測。TxBENCHを使用して4TBのデータをRAWで書き込み、Iometerで、読み出しサイズ256KB、QD32のタスクを二つ作成して計測 

IOMeter256KBT2_SEQ-Read_s

(続きはこちら)
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/sp/1296662.html

4: ニューノーマルの名無しさん 2021/01/18(月) 09:08:19.65 ID:m3+UDyNw0
動画の処理書き出しは確かにSSDにしたらかなり処理早くなったんでオススメだけど高いよねえ

画像の説明文

コメント(16)  
WD_BLACK_SN850

284: Socket774 2021/01/05(火) 00:10:00.49 ID:xUIX5E0H
ゲーム向きのNVMe SSDはどれだ? 新春最新・人気9製品をベンチマーク一斉調査

まとめとして、SSD 980 PRO、WD_BLACK SN850、KC2500が3強だ。ゲーム性能を求めるなら、ここから選ぶのがよいだろう。その一方で、コストパフォーマンスの面から考えると今回最安のCrucial P1やPCI Express 4.0対応としては低価格のCFD販売のPG3VNDも悪くない。今回の結果がゲーム好きのSSD選びの参考になれば幸いだ。

(続きはこちら)
https://news.mynavi.jp/article/20210104-1622235/

285: Socket774 2021/01/05(火) 00:12:13.89 ID:mSpKgbYr
SSDなんてGen3で十分すぎる

画像の説明文

コメント(21)  
61gu8VEWceL._AC_SL1500_

32: Socket774 2020/12/27(日) 08:24:44.06 ID:N9gYLhuc0
WD SN850 1TB を買ったんだけど、システム用とデータ用のパーティションに分けたい
みんななら何GBずつ分ける?

画像の説明文