汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

Linux

コメント(13)  
pc-g333c57706_640

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/04/30(土) 19:12:52.959 ID:iRKzHmspr
NixOS演ってみたい

画像の説明文

コメント(16)  
background-gb8cebe677_640

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/04/22(金) 00:55:36.778 ID:RR0hmGSq0
mintを試しに入れてみたんだけどもWineが動かなくて詰んだ
どうすればいいんだ??

画像の説明文

コメント(20)  
background-g3db93bccf_640

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/04/11(月) 16:22:28.534 ID:N/2olJ2j0
Linuxを使うのに抵抗ある人いっぱいいそう・・

画像の説明文

コメント(15)  
background-1900329_640

1: 風吹けば名無し 2022/03/20(日) 10:10:30.68 ID:Q6tP6kwO0
他のディストリいるか?

画像の説明文

コメント(55)  
specter_attack_l_01

1: 風吹けば名無し 2022/03/16(水) 20:59:38.97 ID:xSogRRk80
最新のIntel CPUでも新しいSpectre BHIパッチで最大36%の性能低下が発生

アムステルダム自由大学のシステム・ネットワークセキュリティグループ「VUSec」が、Spectre v2から派生した新しい脆弱性「BHI / Spectre-BHB」についての詳細を開示。x86プロセッサ向けのLinuxセキュリティパッチも同日にリリースされ、パッチ適用後のシステムで最大36%の性能低下が発生したこと判明しています(Neowin)。

脆弱性はIntelとArmの両方のCPUに影響を及ぼすものの、AMDのCPUは影響を受けません。

Spectreの脆弱性は、一般的に分岐予測や投機を使っているCPUを悪用するものです。新しい脆弱性は、分岐履歴バッファ(BHB)を使用することにより、Enhanced Indirect Branch Restricted Speculation(EIBRS)のハードウェア緩和策(ARMの場合はCSV2)さえ回避できると指摘されています。このため脆弱性はSpectre-BHB または Branch History Injection(BHI)と呼ばれています。

(中略)

まず、最新の第12世代Alder Lake-S Core i9-12900Kでは、Sockperfのスループットで、最大で26.7%の性能低下が発生し、その他のテストでも2~14.5%の損失が発生しています。

(続きはこちら)
https://softantenna.com/blog/36-performance-down-new-spectre-bhi-patch/
1647006924_x

1647006917_ix

2: 風吹けば名無し 2022/03/16(水) 20:59:48.18 ID:xSogRRk80

画像の説明文

コメント(25)  
avatar-1295402_640

1: 風吹けば名無し 2022/03/08(火) 20:50:18.52 ID:i1n7m6vv0
金ないから大学の図書館から借りてるが
なんかウェブにある情報ってわかりにくくないか?

画像の説明文

コメント(19)  
computer-4674946_1920

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/03/05(土) 00:18:36.107 ID:5QF7fRmP0
まさかインストール前に躓くとは

画像の説明文

コメント(28)  
ubuntu-3145957_1920

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/02/22(火) 00:15:12.088 ID:9LGDjJ9Lr
とりあえず無線lanのドライバ入れよう!

makeインストールしないと出来ませんwwwwww

makeインストールしよう!

/media/cdrom にマウントしてくれないとinstall してあげませんwwwwww

じゃあ/media/cdrom にマウントしたるわ!!

windowsでフォーマットされたusbはファイルシステム違いで読み込めませんwwwwww

このゴミいつになったら使えるようになるの?

画像の説明文

コメント(28)  
pc-4673906_1920

1: 風吹けば名無し 2022/02/06(日) 05:24:54.55 ID:eMj4SeNr0
軽くてデザインがwindowsに似てて使いやすいんだろ
知ってる。

画像の説明文

コメント(13)  
background-1900329_1920

1: 名無しさん@おーぷん 22/02/02(水)10:31:54 ID:eOYG
どれが一番ええんや?
ちな、Ubuntuは昔から使ってて馴染みがある

できれば軽量で簡単で資料も多くて、将来大量のアクセスがあったときにも
対応できるヤツが希望

画像の説明文

コメント(22)  
background-1900329_1280

1: 風吹けば名無し 2022/01/22(土) 17:39:11.61 ID:9S2paPrf0
それ以外のディストリ使うやつなんかおらんよな

画像の説明文

コメント(10)  
background-1900329_1280

1: 樽悶 ★ 2022/01/21(金) 18:17:44.79 ID:cZ7uRB8V9
 Linuxベースのシステムは至る所にあり、インターネットインフラの中核をなしているが、低消費電力のIoTデバイスなどがLinuxマルウェアの主な標的となりつつある。

 自動車、冷蔵庫、ネットワーク機器など、インターネットに接続された膨大な数のデバイスがオンラインになっている中、IoTデバイスは特定のマルウェア活動、すなわち分散型サービス拒否(DDoS)攻撃などの標的となっている。

 セキュリティベンダーのCrowdStrikeは新しいレポートの中で、2021年に観測されたLinuxベースのマルウェアファミリーで最も広まったのは、「XorDDoS」「Mirai」「Mozi」だとしている。この上位3つのマルウェアファミリーが、2021年におけるLinuxベースのIoTマルウェアの22%を占めたという。また、IoTデバイスに広くデプロイされているLinuxベースのOSを標的とするマルウェアは2021年、2020年と比べて35%増加している。さまざまなLinuxビルドやディストリビューションがクラウドインフラの中核で利用されており、モバイルやIoTは脅威アクターに大きな機会をもたらしているとCrowdStrikeは指摘する。

 2019年に出現したとみられるMoziは、分散ハッシュテーブル(DHT)を使用するP2Pボットネットだ。脆弱な「Telnet」のパスワードや既知の脆弱性を悪用し、ネットワーク機器、IoTデバイス、ビデオレコーダーなどのインターネット接続製品を標的とする。Moziは、DHTを使用することで、正当なDHTトラフィックを盾にC2通信を隠す。2021年に観測されたMoziのマルウェアサンプルは2020年の10倍だったとCrowdStrikeは指摘している。

 大規模DDoS攻撃に利用できるLinuxボットネットを構築するために用いられているXorDDoSマルウェアは、少なくとも2014年から存在しているとみられる。このマルウェアはインターネットをスキャンし、パスワードや暗号鍵の強度が十分ではないSSHを稼働させているLinuxサーバーを特定した後、パスワードを推測し、攻撃者が遠隔地からサーバーを制御できるようにする。

(続きはこちら)
https://news.yahoo.co.jp/articles/346e4fc3bf2aa21478d9b0521d96621f104d04ce

8: ニューノーマルの名無しさん 2022/01/21(金) 18:26:13.79 ID:0OcBB8Sw0
まだあるんだな(^_^;)
ハードディスク分割するのに使った

画像の説明文