汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    Lenovo

    コメント(3)  
    1: 名刺は切らしておりまして 2018/10/04(木) 19:42:33.22 ID:CAP_USER
    1_l

    レノボ・ジャパン株式会社は10月4日、SoCにSnapdragon 850を搭載し、常時接続を実現しながら最大25時間駆動を実現した「Yoga C630」を年内に国内投入すると発表した。

     C630はOSにWindows on Armを採用した13.3型の2in1。LTEを標準でサポートし、常時ネット回線に接続し、スマートフォンのような使い方を実現している。

     厚さは12.5mm、重量は約1.2kgと薄型軽量の筐体も特徴。

     現在年内発売に向けて準備しており、発売時期や価格については追って公開するとしている。
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1146315.html

    2: 名刺は切らしておりまして 2018/10/04(木) 19:49:42.44 ID:CxqvyYG9
    2万~せいぜい3万までなら買うかも
    それ以上なら必要ない

    画像の説明文

    コメント(2)  
    Yoga Book C930

    1: 名刺は切らしておりまして 2018/09/28(金) 16:59:33.32 ID:CAP_USER
    レノボが2in1タブレットの新モデル「Yoga Book C930」を発表した。仮想キーボードの搭載やタッチペン入力への対応で話題を呼んだ初代の発売から2年。新モデルはEインク(電子ペーパー)の搭載などによって価格が1,000ドルと2倍になり、同社は「2台目または旅行用PC」として訴求する。ターゲットを絞り込み、次なる勝負に出たレノボの思惑とは。

    レノボの未来的な2in1タブレット「Yoga Book」が初めて披露されたのは、2年前のことだった。その薄さと軽さをアピールするために、隣には児童文学作家ドクター・スースのハードカヴァーの絵本が置かれていた。

    平らでマットな片面は「Haloキーボード」と呼ばれ、バックライトで文字とキーの輪郭が浮かび上がって仮想キーボードになる。この物理キーのないキーボードは、文字を直接書いてメモ帳のように使うこともできる。それは新技術がたっぷり詰まった、500ドル(約5万5,000円)のごく小さな2in1タブレットだった。

    しかし、完成形とは言えなかった。Haloキーボードに慣れるのはひと苦労だったし、パワー不足でもあった。Windows版では特にそうだった(2016年のYoga BookにはAndroid版とWindows版の両方があったのだ)。

    そして今年、レノボは新モデルを携えて市場に戻ってきた。8月31日から9月5日にかけてベルリンで開催された世界最大級のコンシューマー・エレクトロニクス展「IFA」で、「Yoga Book C930」を発表したのだ。

    (続きはこちら)
    https://wired.jp/2018/09/27/lenovo-yoga-book-c930/

    3: 名刺は切らしておりまして 2018/09/28(金) 17:04:55.78 ID:AoFKsVdW
    2台目?確かに自宅用ノートと持ち歩き用に N の軽いノート持ってるけど・・・。
    持ち歩き用のスマフォ 1 台とせいぜいデスクトップ/ノート PC 1 台の構成が一般的なユースケースでは?

    画像の説明文

    コメント(0)  
    1: 名刺は切らしておりまして 2018/08/21(火) 17:01:56.59 ID:CAP_USER
    LNV02_588x

    レノボ・ジャパンは8月21日、 Xeonプロセッサーも搭載可能な15.6型ノート「ThinkPad P1」および17.3型ノート「ThinkPad P72」を発売した。

     ThinkPad P1は、CPUとしてはインテルXeon E-2176Mプロセッサーのほかインテル Core i7-8850H/Core i7-8750H/Core i5-8400Hが選択可能、グラフィックスにはNVIDIA Quadro P1000/P2000を搭載。15.6型液晶ディスプレーは4Kタッチパネル付き(100% Adobe RGB)またはFHDタッチパネルなしが選択可能。

     メモリーは最大64GB(ECCメモリーは最大32GB)、ストレージは最大4TB(2TB M.2 SSD×2)。およそ幅361.8×奥行き245.7×高さ18.4mm、重量およそ1.71kg(厚みと重量は構成により変化)。価格は34万200円より。

    (続きはこちら)
    http://ascii.jp/elem/000/001/728/1728803/

    3: 名刺は切らしておりまして 2018/08/21(火) 17:04:55.25 ID:cEkvXwji
    こんなもんはThinkPadじゃねえええぇぇええええええけぇけ!!

    画像の説明文

    コメント(1)  
    1: 田杉山脈 ★ 2018/07/11(水) 15:00:57.44 ID:CAP_USER
    lenovo-miix-630-12_880x660b-620x466

    Lenovoブランドは、プロセッサにARM SoC、Snapdragon 835を採用したWindows 10搭載2-in-1 PC「Miix 630」の北米市場向け発売を開始した。

    Microsoftが提唱する「Always Connected PC」に準拠した製品で、連続20時間のロングライフバッテリ駆動と4G LTEによる高速データ通信に対応。さらに12.3インチFHD+(1,920×1,280ドット)の大画面を搭載しつつ、770g(本体のみ)の軽量化を実現しており、モバイル用途に最適だ。

    本体カバー一体型のキーボードは着脱式で、クラムシェルスタイルでの利用ができるキックスタンド機構を標準装備。さらに1,024レベルの筆圧感知に対応するLenovoデジタルペンが付属し、画面に直接メモや署名、スケッチなどを書き込むことができる。

    lenovo-miix-630-12_880x660a-620x466


    (続きはこちら)
    http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2018/0711/269067

    19: 名刺は切らしておりまして 2018/07/11(水) 17:34:45.29 ID:hEp7cM2I
    これはほしい

    画像の説明文

    コメント(3)  
    1: ノチラ ★ 2018/06/19(火) 18:50:19.46 ID:CAP_USER
    1_l

    レノボ・ジャパン株式会社は、AMDのRyzenプロセッサを搭載したビジネス向けノートPC「ThinkPad E585」を発売した。

     同社のメルマガにて発売が明らかとなったモデル。OSにWindows 10 Proを選択可能なほか、USB Type-Cポートの搭載などが特徴で、標準で付属する45WのACアダプタもUSB Type-C接続となっている。

     一例として“パフォーマンス・FHD搭載”モデルは、CPUにRyzen 5-2500U(2GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ8GB、256GB M.2 SSD、1,920×1,080ドット表示対応15.6型IPS液晶ディスプレイ、OSにWindows 10 Homeを搭載。eクーポン「JPSP0621」適用後の価格は89,505円となっている(300台限定)。

     上記からストレージを500GB HDD、OSをWindows 10 Proに変更したモデルは129,060円。

     インターフェイスは、microSDカードリーダ、USB 3.0×3(うち1基はType-C)、USB 2.0、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1、720p対応Webカメラ、音声入出力などを搭載する。

     バッテリは3セルで、駆動時間は最大約8.62時間。本体サイズは約369×252×19.95mm(幅×奥行き×高さ)、重量は2.1kg~。

    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1128307.html

    4: 名刺は切らしておりまして 2018/06/19(火) 19:01:27.80 ID:Ls7rg5mV
    hpも早くRyzenモバイル搭載ノートを国内販売してくれないかな

    画像の説明文

    コメント(2)  
    1: 風吹けば名無し 2018/06/05(火) 20:25:12.65 ID:o16mCfdh0.net
    すべてがスクリーンだったはずのLenovoの旗艦機「Z5」は結局ノッチありに
    https://iphone-mania.jp/news-214679/

    画面占有率が95%を超えるとも噂されていた、Levonoの新フラッグシップ機「Z5」ですが、いざふたを開けてみると結局ノッチありのデザインとなっており、他のAndroidデバイスと代わり映えしないものであることが明らかになりました。

    価格は6GBのRAM、64GBのストレージモデルが1,299人民元(約22,280円)、6GBのRAM、128GBのストレージモデルが1,799人民元(約30,850円)と低めの設定になっています。「Z5」は中国で6月12日に発売となります。

    MeanbFF

    gghMoOD

    2: 風吹けば名無し 2018/06/05(火) 20:26:08.46 ID:o16mCfdh0.net
    クソが!95%でも4TBでもないやんけ

    画像の説明文

    このページのトップヘ