汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    Intel

    コメント(3)  
    9700

    459: Socket774 (ワッチョイ 01b1-0BNU) 2019/06/22(土) 01:00:37.96 ID:hN/IyVD40
    TDP65Wの8コアCPU「Core i7-9700」が入荷、価格は43,800円

      第9世代Core i7シリーズに属する「Core i7-9700」の店頭販売が始まった。店頭価格は税抜き43,800円。販売ショップはオリオスペック。


    (続きはこちら)
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1191994.html
    きたね

    461: Socket774 (ワッチョイ b1e5-mDEe) 2019/06/22(土) 01:07:36.81 ID:qwa25V/50
    >>459
    これいいな

    同じ65Wで価格も大体同じ
    9700 vs 3700X 楽しみだぜ

    画像の説明文

    コメント(15)  
    intel_logo

    370: Socket774 (アウアウクー MM0d-OgYB) 2019/06/21(金) 16:44:23.61 ID:p2z5ia9iM
    ――――  以下、Google翻訳  ――――
    インテル、デスクトッププロセッサの価格を最大15%削減

    マザーボードプレーヤーからの情報筋によると、Intelは第8世代と第9世代のデスクトッププロセッサの価格を10〜15%引き下げる計画で、すでに下流のPCとマザーボードのパートナーに通知している。

    Intel、ついに値下げを決断か?
    15%の大幅割引

    377: Socket774 (スプッッ Sdb3-6Ypt) 2019/06/21(金) 17:05:24.93 ID:vUemzGE+d
    >>370
    これを待ってた
    よくやったぞRYZEN

    画像の説明文

    コメント(10)  
    intel_logo

    279: Socket774 (スップ Sdf3-n3rI) 2019/06/21(金) 07:36:13.25 ID:iLa7//gmd
    インテル、オーバークロックしてぶっ壊してもCPU保証するサービス始めるってマジ?

    Intel Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2019年6月17日(現地時間)は、第9世代Coreプロセッサに対応する自動オーバークロックツール「Intel Performance Maximizer」を発表した。

    an3MDxt

    なお対応プロセッサは、Core i9-9900K/KF、Core i7-9700K/KF、Core i5-9600K/KFで、万が一オーバークロックによってCPUが破損した場合に、1回限りだが交換を可能にする保証プラン「Performance Tuning Protection Plan」も提供されるという。

    (続きはこちら)

    280: Socket774 (ワッチョイ 2b41-ajKL) 2019/06/21(金) 07:41:44.93 ID:kz5HsXYM0
    >>279
    CPUよりマザーとか他のパーツが先に逝きそう

    画像の説明文

    コメント(0)  
    intel

    177: Socket774 (ワッチョイ ab0c-4UnQ) 2019/06/20(木) 02:29:02.70 ID:x1STwrH/0
    インテルは14nm Rocket Lakeをサムスンに製造委託しない
    https://www.tomshardware.com/news/intel-samsung-14nm-rocket-lake-cpu-chipset,39678.html

    インテルの生産能力の限界(記録的な需要による)と米中貿易戦争の影響により、
    インテルとサムスンは14nm Rocket Lakeの製造委託交渉を進めているとSE Dailyが報じた。
    しかし大規模プロセッサの設計には数年かかること、アウトソーシングによって明らかにされる
    インテルの知的財産の量を考えると、この報道は疑わしいものに思えました。
    インテルは現在、自社の半導体ノードに沿って14nmプロセッサを設計しています。これは
    インテルの14nmチップがインテルの製造プロセスに特化していることを意味します。
    インテルは10nmノードの遅延とAMDの復活から厳しい教訓を得て、新しいマイクロアーキテクチャを
    異なるノード間で移植可能なものとして設計しています。Sunny Coveは複数ノードで使用可能なものと
    して設計された最初のものです。しかしインテルはこのコアを10mノードでデビューさせると発表している。

    つまりサムスンがインテルのプロセス技術を使って14nmウェハを製造することは全くありそうもない。
    インテルがサムスンのプロセスに合わせてプロセッサの設計を変更しても、
    インテルの14nmほどの性能を発揮できない可能性もあります。
    我々の情報筋によると、インテルとサムスンは交渉を行っているが、それはシンプルな設計のもの、
    例えばチップセットのようにCPUより遥かにアウトソーシングしやすいものに焦点を当てている。
    インテルは世代ごとに新たなチップセットを製造するので、小さなチップが会社のウェハ出力と
    パッケージングとテストの多くを占めてしまう。この部分をサムスンに委託することで、
    インテルは自社の生産能力を利益率の高い製品に集中させることができます。
    また、インテルは韓国の施設を利用することで、中国の関税を回避することができます。

    178: Socket774 (ワッチョイ 5134-Im5L) 2019/06/20(木) 06:32:51.23 ID:XLiBbtOg0
    >>177
    ありがとう。SunnyCoveのクロックがいまいち上がってこないのは、
    10nmプロセスの完成度の低さだけではなく、設計手法を変えたせいもあるのかね?

    画像の説明文

    コメント(3)  
    Intel-logo

    4: Socket774 (ワッチョイ 3e73-ynEm) 2019/06/18(火) 09:23:48.47 ID:oyx5D7ss0
    Intel Turns to Samsung in Order to Resolve CPU Shortage on the 14 nm Process

    3WCUysqHg4u5IEkw

    https://www.techpowerup.com/256613/intel-turns-to-samsung-in-order-to-resolve-cpu-shortage-on-the-14-nm-process
    本当ならSamsungにIBM、nvidia、intelが付いたことにもなる

    Intel Courting Samsung to Manufacture Xe GPUs?
    https://www.techpowerup.com/254720/intel-courting-samsung-to-manufacture-xe-gpus
    実は2ヶ月前にラジャがSamsungを訪問しているので、何らかの接触はしているのだろう
    rocket lakeがskylakeコアであれば5GHz以上が必要となり、Samsung 14nmがそこまで回るかは不明である
    記事にはミニPCともあるが、モバイルでも現状で最高4.8GHzが必要である
    どうせならSamsung 7nmで、消えたはずのicelake-Sを復活させるのはありではないか

    7: Socket774 (ササクッテロ Spbb-V6AN) 2019/06/18(火) 09:57:39.48 ID:mx0S9BZxp
    >>4
    14nmとは言え、サムスンのプロセスに合わせて、物理設計の変更が要る!だから、最適化済みの自社FABほどクロックが回るとは限らない。

    画像の説明文

    コメント(18)  
    intel_logo

    572: Socket774 (ワッチョイ 5b34-2qry) 2019/06/16(日) 07:10:02.32 ID:5KD2K+FB0
    ――――  以下、Google翻訳  ――――

    Intelは、Computexで10nmのSunny Coveアーキテクチャを発表した際、IPCが18%改善され、一部のワークロードではSkylakeアーキテクチャよりIPCが最大40%改善されたことを発表しました。AMDの15%IPC改善の主張のように、Intelの18%IPCの上昇を確認するための独立した情報源はないため、両方のチップメーカーがそれぞれの製品を市場に投入するまで待つ必要があります。

    これらの製品が発売されるのを待っている間、中国のフォーラムメンバーがCPU-ZベンチマークでいくつかのAMDとIntelのチップであると思われるものをそれらのシングルコアパフォーマンスの数値と共に投稿しました。このチップには、AMDのRyzen 3000シリーズプロセッサと、第10世代Comet LakeおよびIce Lakeファミリーに搭載されるIntelのESチップが含まれます。

    Sunny Cove

    Intel 10nm Sunny Cove 'Ice Lake'および14nm 'Comet Lake' CPU-zシングルコアパフォーマンスナンバー
    Intel ESチップに移って、まず10nm Sunny CoveベースのIce Lake CPUについて話をする必要があります。2つのチップがリストされています。Corei7-1065G7(4コア/ 8スレッド)と非常に初期の6コア、コード名なしの12スレッド部分です。Core i7-1065G7は3.7 GHzで動作し、639ポイントを獲得しています。比較のために、5.3GHzのオーバークロック周波数を持つCore i7-9700Kは645ポイントを獲得し、基準Core i9-9900Kは約600ポイントを獲得します。

    0029-1030x579

    6コアのサニーコーブの部品は3.6 GHzの低周波数を持ち、4.7 GHzで5.2 GHz Kaby Lake-SとRyz​​en 7 3800Xと同じくらいまだ良い630ポイントを獲得します。これらの結果が真実であるならば、数年のIPCの大きな増加の後で、Intelはついに第10世代プロセッサ上でSunny Coveの形で来る大きなアーキテクチャ勝利を得るかもしれません。

    Mobility Processors Specs

    このチップは5.2 GHzで動作し、640ポイントを獲得しました。これはCore i7-9700Kの下でわずか5ポイントです。9700Kと記載されているComet Lake-Sの部分はアーキテクチャの点では非常によく似ており、後者が受ける唯一の利点は周波数の上昇によるものであることを考えると、このスコアは非常に可能性が高いようです。しかし、これらの結果は話半分に聞くことをお勧めします。


    おや? comet/iceが出ればシングルではどうにか面目を保てそうな雰囲気?
    対して、9900KSは手を出しちゃいけない奴だな、これは。
    intelへの信仰を貫きたい人は、来年前半くらいまではじっと我慢が正解か。

    575: Socket774 (ワッチョイ ca7e-rk1D) 2019/06/16(日) 08:01:55.67 ID:cK01NQPO0
    >>572
    『クロックを上げる』『歩留まりを改善する』
    「両方」やらなくっちゃあならないってのが、「Intel」のつらいところだな。
    (当面はAMDのサンドバックになる)覚悟はいいか?オレはできてる。

    画像の説明文

    コメント(19)  
    Linus Benedict Torvalds

    707: Socket774 (ワッチョイ b6cf-8NQj) 2019/06/14(金) 17:00:51.18 ID:9ixO7Rr/0

    708: Socket774 (ワッチョイ 8bb1-YiLg) 2019/06/14(金) 17:07:53.36 ID:scPm/C+J0
    Macの40%低下よりヒドイな

    >Apple が 2019 年 5 月に実施したテストでは、マルチスレッド処理の負荷をかけたテストと公開ベンチマークの結果、パフォーマンスに最大 40 パーセントの低下が認められました。

    https://support.apple.com/ja-jp/HT210108

    画像の説明文

    コメント(17)  
    Ryzen 9 3950X

    813: Socket774 2019/06/13(木) 06:09:34.09 ID:dlkmx6Mk
    AMD Ryzen 9 3950X Beats $2,000 Intel Core i9-9980XE In Geekbench Test

    ―――― 以下Google翻訳 ――――

    まだリリースされていない16コア、  32スレッドの AMD Ryzen 9 3950X  CPU を使用していると言われるPC   が、リークされたGeekbenchのテスト結果でマルチコア性能で18コア、36スレッドの  Intel Core i9-9980XEに勝るようだ。AMD CPUの61,072スコアは、コンシューマーCPUから見た中で最高のものです。

    おそらくこれに関する最も狂った部分は、Intelの18コアCPU  が約2,000ドルで売っているのに対し、AMDの3950Xは750ドルでその半分以下になるだろう。

    その結果、AMDのチップがシングルコアのスコアでIntelのものよりも優れていることを示しています(5,868対5,395)。しかしGeekbenchによると、3950Xのマルチコアスコアは特に印象的で、i9-9980XEに比べて31%の優位性があります。

    intel_amd

    確かに、AMD CPUがどのような条件下でテストされたのかは、ここではわかりません。Geekbenchは、このチップが3.3 GHzの基本クロック速度  と4.3 GHzのターボクロック速度を持っていると示してい  ます。これは、このチップがエンジニアリングサンプルであることを示している可能性があります。AMDがこのチップに3.5 GHzの基本クロック速度と4.7 GHzのブーストされたクロック速度を宣伝したため、Ryzen 9 3950Xは秋にさらに優れた性能を発揮する可能性があります。

    現在のGeekbenchの結果では、  Intel Core i9- 9900K  はAMD 3950Xよりシングルスレッド性能(6,209 vs 5,868)で性能が向上していますが、テストで実際にAMDチップが4.3 GHzターボクロック速度で動作した場合、約6,400ポイントに達します。

    https://www.tomshardware.com/news/amd-ryzen-3950x-vs-intel-i9-9980xe-geekbench,39640.html

    Oh...

    814: Socket774 2019/06/13(木) 06:15:13.08 ID:CENj57lq
    >>813
    >Perhaps the craziest part about this is that Intel’s 18-core CPU sells for about $2,000, while AMD’s 3950X will be less than half of that at $750.

    コスパとか価格崩壊どころの騒ぎじゃないな

    画像の説明文

    コメント(18)  
    security-265130_960_720

    620: Socket774 (ワッチョイ 45fe-BAjW) 2019/06/12(水) 16:32:49.75 ID:ezVpQd8j0
    Intel製品に複数の脆弱性、セキュリティアドバイザリが公開

    image1

    米Intelは6月11日(現地時間)、複数の同社製品に脆弱性が存在することを明らかにした。以下の製品に対し、アップデートが提供されている。

    INTEL-SA-00264:Intel NUC Firmware(特権昇格、サービス拒否、情報漏洩、深刻度“HIGH”)
    INTEL-SA-00259:Intel RAID Web Console 3 for Windows*(特権昇格、深刻度“HIGH”)
    INTEL-SA-00257:Intel Omni-Path Fabric Manager GUI(特権昇格、深刻度“MEDIUM”)
    INTEL-SA-00248:Open Cloud Integrity Technology and OpenAttestation(情報漏洩、深刻度“MEDIUM”)
    INTEL-SA-00247:Partial Physical Address Leakage(情報漏洩、深刻度“LOW”)
    INTEL-SA-00243:Intel Turbo Boost Max Technology 3.0(特権昇格、深刻度“MEDIUM”)
    INTEL-SA-00235:Intel SGX for Linux(サービス拒否、深刻度“MEDIUM”)
    INTEL-SA-00232:Intel PROSet/Wireless WiFi Software(サービス拒否、深刻度“MEDIUM”)
    INTEL-SA-00226:Intel Accelerated Storage Manager in Intel Rapid Storage Technology Enterprise(特権昇格、サービス拒否、深刻度“HIGH”)
    INTEL-SA-00224:Intel Chipset Device Software (INF Update Utility)(特権昇格、深刻度“LOW”)
    INTEL-SA-00206:ITE Tech* Consumer Infrared Driver for Windows 10(特権昇格、深刻度“MEDIUM”)

    脆弱性対策情報ポータルサイト“JVN”もセキュリティ情報(JVNVU#95572531)を公開して、対応を呼び掛けている。

    https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1189940.html

    627: Socket774 (スプッッ Sddb-DHjX) 2019/06/12(水) 18:30:04.20 ID:tmWgPbySd
    >>620
    やっぱり今月もキター(゚∀゚ 三 ゚∀゚)

    画像の説明文

    コメント(18)  
    Ice Lake

    290: Socket774 (アウアウクー MM23-2jo0) 2019/06/10(月) 12:30:54.07 ID:E97LqwiMM
      先ほどIce Lake-Hへの言及で反語表現を使ったが、Ice Lake-HやIce Lake-SはSKU自体が消滅したたようで、おそらく出荷されない。

     今回、台湾で複数のルートからTweakers.netが掲載したのとまったく同じロードマップを「入手できて」しまった。最初に見た時はフェイクだろうと判断したのだが、複数のOEMがこのロードマップに基づいて製品計画を立てている以上、かなり信憑性が高いと判断せざるを得なくなってしまった。この結果として以下のことになるらしい。

    ・Ice Lakeは現在のY/U SKUは出荷されるが、出荷数量は非常に限られる。そして引き続きWhiskey LakeがU SKUに供給され続け、Y SKUはAmber Lakeが供給される。H SKUはCoffee Lake Refreshが継続(いずれも2020年第3四半期まで)

    ・2020年第2四半期からComet Lakeが投入される。以前のストーリーではComet Lakeは10nmプロセスの製品の予定だったはずだが、これが14nmになり、しかも前倒し投入となる。この世代は最大10コアになるが、その代わりハイパースレッディングが無効化される。これは現在のハイパースレッディングにはさまざまな脆弱性が内包されており、後付けで対策を施すのが難しいかららしい。このComet Lakeはデスクトップ向けのSシリーズを含む全SKUで一斉に投入される。

    ・2021年第2四半期には、同じく14nmのままのRocket LakeがS/H/U SKUに、また10nmを使うTiger LakeがU/Y SKUに投入される予定(こちらはまだ変わる可能性はあり)。

    ・Xeon向けにはIce Lake-SPは予定通り出荷される。ただこちら、コア数は増えるが動作周波数は大幅に落ちる模様。

    (続きはこちら)

    さらっと凄まじいことが書いてあるぞ
    "
    Comet Lakeは10nmプロセスの製品の予定だったはずだが、これが14nmになり、しかも前倒し投入となる。この世代は最大10コアになるが、その代わりハイパースレッディングが無効化される。"

    comet、本当に3900xの対抗品になれるのか?

    291: Socket774 (ワッチョイ bf76-blWf) 2019/06/10(月) 12:43:46.74 ID:lDWBEj6q0
    HTT無効化は脆弱性対策の最終手段だろうか
    もうcore iで治すのは諦めたのか

    画像の説明文

    コメント(9)  
    Intel Core i7-9700F

    6: Socket774 (ワッチョイ c70c-9700) 2019/06/07(金) 18:04:09.88 ID:LtOe+RuC0
    i7-9700Fのボックス版が登場、SRG14なのでR0ステッピング(製品情報ページのHTMLソースを参照)

      GPU非搭載のIntel製CPUの新モデル「Core i7-9700F」が発売された。店頭価格は税込42,980円前後。

     販売ショップはツクモeX.パソコン館、ツクモパソコン本店、ツクモ12号店、ツクモDOS/Vパソコン館、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店、ドスパラ秋葉原本店、パソコンショップ アーク。

    (続きはこちら)
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1188794.html
    USBメモリに最新UEFIを入れてから組む→組み終わって起動したらUEFIを更新
    OSの再インストールが必要


    28: Socket774 (ワッチョイ bfed-qPvy) 2019/06/08(土) 02:11:08.54 ID:R/qzYxrt0
    9700Fとかどこに需要あんだろ
    あの価格差じゃ皆9700K買うだろ

    画像の説明文

    コメント(7)  
    intel-10th-gen

    797: Socket774 (ササクッテロル Sp33-/bim) 2019/05/30(木) 08:33:00.96 ID:3m7nrkUcp
    ゴミvegaだなw
    来年のrajaのGPUも凄い性能なのは確定だな

    002_l

    内蔵GPU性能、第10世代CoreはRyzen 7 3700Uを上回る
    ~新バージョンのIntel Graphics Command Centerも配布開始

      Intelは、5月28日にCOMPUTEX TAIPEIの基調講演に相当する「COMPUTEX Industry Opening Keynote」にて、第10世代Coreプロセッサー(開発コードネーム:Ice Lake、以下第10世代Core)の生産開始・出荷開始を発表。その翌日となる5月29日にも、NUC Compute Element、2画面PCのリファレンスデザインとなる開発コードネーム「Honeycomb Glacier」などを発表するなど精力的な発表を行なっている。

     5月29日の夕方には「Odyssey」(ギリシア神話のオデュッセイアのこと)と名付けたグラフィックス関連のイベントを行なった。Intelは昨年(2018年)より内蔵GPUの強化に力を入れており、とくに今回発表された第10世代Coreには、同社が「Gen11」(第11世代)と呼ぶ強化されたGPUが内蔵されており、性能が大幅に強化されている。

     IntelはこのGen 11の内蔵GPUでは1080pであればメジャーなタイトルの多くので十分ゲームができると説明しており、今回のOdysseyでもIntelが、AMDのAPU(Ryzen 7 3700U、Radeon RX Vega 10)との比較データを示し、Gen11 GPUがそれを上回っているとアピールした。

    001_l

    (続きはこちら)
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/1187314.html

    803: Socket774 (スッップ Sd8a-DteI) 2019/05/30(木) 08:40:25.24 ID:wIY7F22id
    >>797
    ラジャ製のRDNAアーキが先だぞ

    画像の説明文