汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねる、おーぷん2ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

Intel

コメント(16)  
Intel-Rocker-Lake-1_l_22

1: Ikhtiandr ★ 2024/05/07(火) 05:38:42.01 ID:XGVAFobP9 BE:456446275-2BP(1000)
米インテルとオムロンなど国内14社が半導体を最終製品に組み立てる「後工程」(総合・経済面きょうのことば)を自動化する製造技術を日本で共同開発することが6日、わかった。2028年までに実用化する。日米でサプライチェーン(供給網)の地政学リスクを軽減する。

半導体は回路を微細にする「前工程」の技術が物理的な限界に近づき、複数の半導体チップを組み合わせて性能を高める後工程に技術競争の重心が…

以下ソース
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO80480450X00C24A5MM8000/

5: 社説+で新規スレ立て人募集中 2024/05/07(火) 05:41:06.83 ID:ZpdOcyf20
インテル全盛期には見向きもしなかったのにな

画像の説明文

コメント(54)  
intel_core_i7_12700k_12th_gen_l_01

162: Socket774 2024/05/02(木) 17:38:07.93 ID:Nls1H4B+0
i5-12600使ってるが13世代か14世代への乗り換えを考えた矢先今回の騒動…
i7-12700Kにでもするべきか…

画像の説明文

コメント(40)  
intel_core_arrow_lake_cpu_l_01

529: Socket774 警備員[Lv.1][新芽] 2024/05/04(土) 23:53:30.14 ID:XbldB5FS
フラッグシップのCore Ultra 9 285Kなど、インテルのArrow Lake CPUのクロックスピードは最大5.5GHzと噂されており、最大6.20GHzの既存のRaptor Lake CPUをはるかに下回る。

インテルArrow Lake-S CPUはRaptor Lake-S CPUに比べクロックが大幅に低下、フラッグシップのCore Ultra 9 285Kは最大5.5GHzと噂される

WeiboのMebiuWによる一連の投稿で、インテルの次世代CPU「Arrow Lake-S」「Core Ultra 200 」へのアップグレードを計画しているデスクトップ・ユーザーは、クロックスピードの大幅な後退が予想されるようだ。現在、Raptor Lake-SのフラッグシップデスクトップチップであるIntel Core i9-14900KSのクロックは最大6.20GHzで、リリースされた量産チップの中では圧倒的に速い。

インテルArrow Lake-SデスクトップCPUのフラッグシップモデル「Core Ultra 9 285K」は、24コア24スレッドで、8コアはLion Cove P-Coreアーキテクチャ、16コアはSkymont E-Coreアーキテクチャを採用すると予想されている。このチップは8+16の 「H0 」ダイ構成を利用し、6+8ダイはインテル20Aプロセスノードを使用すると言われているが、「Unlocked 」Kシリーズチップも20Aを利用するのか、TSMCの3nmプロセスノードを使用するのかは不明だ。

しかし、ノードの選択にかかわらず、インテルのArrow Lake-S「Core Ultra 200」デスクトップCPUは、大きなクロック速度格差に直面することになりそうだ。フラッグシップの最大クロックは、5.5GHz前後の14900KSより12%ほど遅くなると噂されている。これは-700MHzの差で、控えめに言ってもかなりのものだ。しかし、インテルはクロックスピードの差を帳消しにするほどコアあたりのパフォーマンスを高めることができる。

・Core Ultra 9 285K - 5.50 GHz (Max?)
・Core i9-14900KS - 6.20 GHz (Max)
・Core i9-14900K - 6.00 GHz (Max)
・Core i9-13900KS - 6.00 GHz (Max)
・Core i9-13900K - 5.80 GHz (Max)
・Core i9-12900KS - 5.50 GHz (Max)
・Core i9-12900K - 5.20 GHz (Max)

さらに、インテルArrow Lake-S 「Core Ultra 200 」デスクトップCPUのコアあたりの性能アップリフトは12%未満であるべきだと言及されている。つまり、第1世代のArrow Lake CPUはAlder Lake CPUよりも高速になるが、第14世代チップに対する全体的な性能アップリフトはそれほど高くないかもしれないということだ。以前リークされたインテルの 「内部 」性能予測(Igor's Labが掲載)では、Arrow Lake-S 8+16 CPUは、同じ消費電力で平均して第14世代より10%程度速くなるはずだとされていた。

性能は253WでPL1/PL2に正規化されたが、これはIntelが推奨する「ベースライン」プロファイルより少し高い。これらのベースライン・プロファイルが実装されていれば、第14世代および第13世代チップの性能はかなり低下し、Arrow Lake-SデスクトップCPUの全体的な性能をよりよく示すことができる。

さらに、インテルArrow Lake-SデスクトップCPUの希望小売価格は、既存のCPUよりも少し高くなる可能性があるが、それほど大きな差はないと報告されている。AI PCハードウェアの価格は、需要により最大15%上昇する見込みであると報告されているため、「Core Ultra」タグのためかもしれない。インテルのArrow Lake-SデスクトップCPUは、Xe-LPG「Arc Alchemist」iGPUとともにNPUを搭載する見込みだ。

このCPUはLGA 1851ソケットの「800シリーズ」プラットフォームで登場し、DDR5-6400(ネイティブ)の高速メモリをサポートする。Computex 2024では、このデスクトップ・ファミリーを初めて見ることができるだろう。

(続きはこちら)
https://wccftech.com/intel-core-ultra-9-285k-arrow-lake-desktop-cpu-clock-around-5-5-ghz/
14900KS(6.2GHz)→285K(5.5GHz)ってやばくね?
仮にIPCが15%伸びてもシングル性能は2%しか伸びないってことじゃん


531: Socket774 警備員[Lv.11][初] 2024/05/05(日) 00:10:31.17 ID:Y6U5JcER
>>529
頭のおかしい爆熱を排除する方向なんじゃないの?

画像の説明文

コメント(59)  
intel_core_unlocked_13th_gen_l_01

241: 既にその名前は使われています 警備員[Lv.11][新苗] (ワッチョイ e7a2-IM3A) 2024/05/02(木) 16:38:31.05 ID:TqHAmUU80
intelのCPUが今ガヤガヤ騒がれてて心配
俺のi7-13700K大丈夫だろうか?オーバークロックしてないけど

画像の説明文

コメント(45)  
ai-generated-8536370_640

197: Socket774 警備員[Lv.23(前28)][苗] (ワッチョイ 5f33-Ufki) 2024/04/30(火) 19:43:08.03 ID:GBl9u5hi0
Intel Raptor騒動が起きているな
RyzenでCO-20だとか-30ってCPUを痛めるんだからやらない方がいい
長く安定して使いたければマージンを大きく取ればいい
CPUごとにばらつきがあるからあるCPUでは大丈夫でも他のCPUだとギリギリになったり
大丈夫なCPUだって長く使っているうちに破裂擦る可能性だってある

画像の説明文

コメント(92)  
Intel-Meteor-Lake-Core_l_22

715: Socket774 警備員[Lv.9][新][苗] 2024/04/27(土) 16:33:58.67 ID:ko7iYm7W
Intel® は、600/700 シリーズ チップセット ボードが、プロセッサが高電圧および高周波数に長時間さらされることを制限するように設計された熱および電力供給の安全装置を無効にするように BIOS のデフォルトを設定することが多いことを観察しています。たとえば、

– 電流逸脱保護 (CEP) の無効化
– IccMax の有効化無制限のビット
– Thermal Velocity Boost (TVB) および/または Enhanced Thermal Velocity Boost (eTVB) の無効化
– システムが不安定になるリスクを高める可能性がある追加設定:
– C ステートの無効化
– Windows Ultimate Performance モードの使用
– Intel を超える PL1 および PL2 の増加® 推奨制限値

インテル® は、システムおよびマザーボードのメーカーに、インテル® の推奨設定と一致するデフォルトの BIOS プロファイルをエンド ユーザーに提供するよう要求します。

https://www.igorslab.de/en/intel-releases-the-13th-and-14th-generation-k-sku-processor-instability-issue-update/

729: Socket774 警備員[Lv.4(前24)][苗] 2024/04/27(土) 17:26:48.63 ID:qbLn2jf5
>>715
これはひどい。M/Bメーカーに責任なすりつけて終了か。

画像の説明文

コメント(32)  
chinese-american-flag_l_91

1: 名無しさん@涙目です。 [US] 2024/04/14(日) 09:43:17.96 ID:dvlz7lCy0 BE:271912485-2BP(1500)
 中国当局が今年、国内の主要通信事業者に対し、各社ネットワークの中核となっている外国製プロセッサーを2027年までに段階的に排除するよう指示していたと、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が12日に複数の関係筋の話として報じた。

 米半導体大手のインテル(INTC.O), opens new tabとアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)(AMD.O), opens new tabに打撃になるという。

ソース 
https://jp.reuters.com/business/6XQURISY4VO45LH4EYLX27GSUI-2024-04-12/

2: 名無しさん@涙目です。(鹿児島県) [US] 2024/04/14(日) 09:43:40.29 ID:PgdqiL3O0
勝ったアル

画像の説明文

コメント(48)  
intel_core_14900ks_fire_l_01

73: Socket774 警備員[Lv.8][新][苗] 2024/04/12(金) 17:06:28.40 ID:CfHzH3iN
 ご注意ください:
・Chromiumベースのアプリケーション(例:Chrome、Edge、Discord)でランダムなチェッカーボードの破損が確認されたユーザーについては、将来のWindowsアップデートで修正が提供される予定です。詳細については、https://issuetracker.google.com/issues/40281472#comment64 をご覧ください。

・お使いのシステムがインテル第13世代/第14世代アンロックデスクトップCPUを使用しており、安定性の問題/ビデオメモリ不足のエラーメッセージ/ゲームのシェーダーコンパイル中にデスクトップにクラッシュが発生する場合は、以下のサイトでトラブルシューティングを参照してください:

https://community.intel.com/t5/Processors/Regarding-Reports-of-13th-14th-Gen-Unlocked-Desktop-Users/td-p/1575863?profile.language=en

https://www.radgametools.com/oodleintel.htm

https://www.nvidia.com/en-us/geforce/forums/game-ready-drivers/13/540532/geforce-grd-55212-feedback-thread-released-4424/
NvidiaからもゲームのクラッシュはIntelのせいと言われ始めたもよう

74: Socket774 警備員[Lv.10][新][苗] 2024/04/12(金) 17:14:51.74 ID:G4wpUL5a
>>73
まじか

画像の説明文

コメント(31)  
intel_core_ultra_l_11

1: 風吹けば名無し 2024/04/10(水) 21:35:22.24 ID:cgl8IfCA0
わざわざリフレッシュの14thで組むこと無いよな?

画像の説明文

コメント(54)  
fire-8837_640

676: Socket774 2024/04/08(月) 21:08:22.16 ID:4gR+kQNn
インテルは、第13世代および第14世代CPUが現在直面しているゲーミング安定性に関する問題の調査を積極的に開始した。
インテル第13世代&第14世代CPUのゲームにおける安定性は、ゲーマーがチップを大量に返品するほど悪い

私自身、インテルの第13世代および第14世代CPUの安定性問題の被害者であるため、ゲーマーがインテルの最新パーツにうんざりしていることは予想外ではないと言える。この問題が脚光を浴びるようになったのは最近のことだが、インテルの第13世代CPUでゲームが不安定になるという最も古い報告は、これらのチップが最初に発売された2022年まで遡る。

これらのチップが発売されてから数カ月後、ゲームフォーラムやSteamのディスカッションページで最初の問題が取り上げられたが、当時は問題の原因について決定的な証拠はなかった。


第14世代CPUの発売により、問題はよりハイエンドのSKUで顕著になり、技術コミュニティは問題が実際にソフトウェア側にあるのかハードウェア側にあるのかを確認するようになった。数日のうちに、第13世代と第14世代のCPUが限界を超えていることと、マザーボード・メーカーによるデフォルトのBIOSがチップをさらに強くプッシュしていることの両方が混在していることが明らかになった。

インテル第13世代Core i9と第14世代Core i9は、これまで見てきたチップの中で最も非常識なものだ。これまでリリースされたプロセッサーの中で最もクロックが高く、消費電力も高い。私たちは、インテルが公式ウェブページでこれらのチップのクロック速度を修正し、より現実的なクロック速度を示すように調整していることを何度か目にしてきた。


さらに、これらのCPUに過剰な電圧と電力を供給すると、チップを熱/電力スペック内に保つためにハイエンドの冷却装置のようなものがそばにない限り、時間とともにシリコンの劣化が激しくなる。

ゲームを安定してプレイするためには、ダウンクロックとアンダーボルテージ化が必要だが、誰もが自分のチップをチューニングできるわけではないし、Core i9-13900KやCore i9-14900KのCPUを購入した誰もが自分のPCをチューニングできるわけではない。残念ながら、私が経験したことを知っている限り、それは真実とは程遠い。ある種のクラッシュやBSODに陥ることなくゲームをほとんど実行できなかったり、デフォルトのスペックをほとんど維持できなかったりするチップにフルプライスを支払うことはない。

Intelの第13世代および第14世代CPUで発生する最も一般的な問題の1つは、さまざまなゲーム(一般的にはUnreal Engineで実行されるゲーム)で「ビデオメモリ不足」というメッセージが表示されることです。このメッセージは、GPU側の問題のように見えるかもしれませんが、そうではありません(私を信じてください!)。Intel Core i9-13900Kまたは14900Kを使用していてこのメッセージが表示される場合、これを回避する唯一の方法は、マザーボードの電力制限を調整し、チップをダウンクロック/アンダーボルトして最大限の安定性を得ることです。

これらの問題により、韓国のゲーマーはPCを返品したり、AMD Ryzenなどの代替品と交換してもらったりしている。いくつかのOEMやPCメーカーは、ゲーマーがPCを返品しているため、ビジネスの一部が損失を被っていると述べている。毎日10人以上のゲーマーがインテル第13世代および第14世代のCPUやPCを返品しており、ゲームの安定性に同様の懸念があるとしている。


ZDNet Koreaへの回答で、インテルはこの問題を認識しており、現在調査中であると述べているが、ゲーマーがすでに返品を始めているのであれば、遅すぎるかもしれない。

Core i9-14900KSのレビューで、我々は再び同様の問題に直面した。これはチューナー向けのハードコアチップであり、その程度のものだ。ゲーマーにとっては、インテルがハイエンドのCore i9の安定性の問題を解決するまで、今のところCore i5かCore i7モデルにこだわるか、AMD Ryzenのルートに乗るのがベストだ。繰り返しになるが、これらのチップは500ドル以上し、しばしば「最高のゲーミングCPU」として販売されているが、これほどひどいゲーム体験では、まったくお勧めできない。

(続きはこちら)
https://wccftech.com/intel-13th-14th-gen-cpu-gaming-stability-investigated-chips-being-returned-in-korea/

681: Socket774 2024/04/08(月) 22:20:06.03 ID:fJSs/tR2
>>676
wccftechはintelに忖度して書かないのかと思ったが、ついに記事にしたんだな
毎日10個ってヤバすぎだろ これでintelがガン無視したら小売は大打撃だろうな

画像の説明文

コメント(16)  
intel_mobile_processores_l_01

426: Socket774 2024/04/03(水) 11:08:40.42 ID:2iKf8R+r
 米半導体大手インテル (INTC.O)は2日、2023年の半導体製造部門の営業損失が70億ドルと前年の52億ドルから拡大したと明らかにした。売上高は189億ドルで、前年の274億9000万ドル(訂正)から31%減少した。発表後に株価は4.3%下落した。

パット・ゲルシンガー最高経営責任者(CEO)は投資家向けプレゼンテーションで、24年の半導体製造部門は最悪の営業赤字を計上する見通しで、27年頃には収支が均衡すると述べた。

米国の4州で半導体工場の建設や拡充に1000億ドルを投じる計画。法人顧客が増えるかどうかが半導体製造部門の再建を左右する。今後は、半導体製造部門の業績を独立部門として公表する。インテルは競合の台湾積体電路製造(TSMC)やサムスン電子(005930.KS)に追いつくため多額の投資を行っている。

以下ソース
https://jp.reuters.com/markets/world-indices/FYXIBZAJO5MNHKYGUFD2NRYGHA-2024-04-02/
intel決算終わってるな

428: Socket774 2024/04/03(水) 12:36:40.18 ID:BnQpj7p6
米インテルの半導体製造部門、2023年営業損失が70億ドルに拡大 [香味焙煎★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1712108143/

頑張れIntel

画像の説明文

コメント(53)  
AMD-RYZEN-9_l_01

1: 風吹けば名無し 2024/03/31(日) 13:43:22.02 ID:/kck7nqf0
AMDのRyzenシリーズで価格改定が行われ、PCメーカーに衝撃が走っている。特にゲーミング用途で人気の高い「Ryzen 7 7800X3D」で1万円以上、現行最上位の「Ryzen 9 7950X3D」に至っては2万円以上の“値上げ”だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/313ed7dd2d0eb0fad8d16cdb8c151c64efc6c78e

あるショップは「物価高や円安など、いろいろな要素があるなかで(現在の価格を据え置くことの)限界が来たのかなと感じました。最近のRyzenはIntelのCoreプロセッサと拮抗(きっこう)するような売れ方でしたが、値札を貼り替えた途端にパタッと“動き”が止まってしまいまいました」とこぼす。

2: 風吹けば名無し 2024/03/31(日) 13:44:39.83 ID:wQuLLn3V0
安いから売れてただけでIntelと同じくらいなら誰がRyzen選ぶんや

画像の説明文