汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    スポンサードリンク

    Apple

    コメント(2)  
    apple-logo

    1: 風吹けば名無し 2018/10/19(金) 06:50:10.03 ID:7rPLM1oX0
    Appleが9月に引き続き、10月にも新製品発表イベントを開催することがわかりました。
    イベントは現地時間10月30日(水)午前10時(日本時間10月30日午後11時)より、ニューヨーク市のBrooklyn Academy of Music, Howard Gilman Opera Houseにおいて行われます。

    Appleは同イベントにおいて、9月のイベントでは発表しなかった、iPhone XS/XS Max/XRとApple Watch Series 4以外の製品を発表すると見られます。

    https://iphone-mania.jp/news-230416/

    3: 風吹けば名無し 2018/10/19(金) 06:50:35.57 ID:7rPLM1oX0
    うおおおおおおおおおおおおおおお

    画像の説明文

    コメント(4)  
    1: 風吹けば名無し 2018/10/16(火) 14:59:10.58 ID:ThMWHcns0
    Adobeは、iPad向けのPhotoshopのフル機能版を2019年に発売することを、発表しました。イベントにはAppleのフィリップ・シラー上級副社長も登壇し、新製品への期待を語りました。

    Adobeは、現地時間10月15日から米ロサンゼルスで開催している新製品発表イベント「Adobe MAX 2018」で、Photoshopのフル機能をiPadで利用可能にした「Photoshop CC」を2019年にリリースすると発表しました。

    AdobeMAX2018-013

    https://iphone-mania.jp/news-230079/

    4: 風吹けば名無し 2018/10/16(火) 14:59:49.04 ID:ThMWHcns0
    iPadならフォトショップも使えちまうんだ

    画像の説明文

    コメント(0)  
    Apple-Qualcomm

    1: 名刺は切らしておりまして 2018/09/26(水) 11:34:20.37 ID:CAP_USER
    Appleと泥沼の法廷闘争を繰り広げているQualcommが、「AppleはQualcommの技術を盗んで、ライバルのIntelに提供した」と訴えています。

    AppleとQualcommとの間には、「Qualcommのライセンス料が高すぎる」と主張したAppleがライセンス料の支払いを拒んだことで紛争が起こり、互いに訴え合う泥沼の訴訟合戦が行われています。

    もはや修復不能状態のAppleとQualcommですが、Qualcommは一連の訴訟で、新たに「AppleがQualcommから技術を盗み、Intelに供給した」と主張しています。Qualcommによると、「Appleは昔、Qualcommの技術を盗み出しそれを用いてチップセットの第2の供給先を確立することでQualcommとの価格交渉で圧力をかけるために、そして、最終的にはQualcommからIntelに乗り換えるために、Intelを含むQualcomm以外のチップセットのパフォーマンスを改善する計画を立てた。Appleの不正行為は、QualcommとIntelのチップを扱うエンジニアの間では広く知られている」とのこと。

    (続きはこちら)
    https://gigazine.net/news/20180926-apple-give-data-to-intel/

    3: 名刺は切らしておりまして 2018/09/26(水) 11:37:26.24 ID:0fEV+omH
    日本企業だけじゃなくて、自国の企業にもやってるのか。
    案外フェアなんだな。

    画像の説明文

    コメント(8)  
    1: 名無しさん@涙目です。 2018/09/13(木) 03:00:48.66 ID:bvOOSY7d0● BE:887141976-PLT(16001)
    ついに発表された新iPhone『iPhoneXs』。
    サイズは5.8インチと6.5インチで6.5インチは『iPhoneXsMAX』という名称になる。今回は金色がメインのカラーとしている。 スピーカーは上下にワイドステレオスピーカーが搭載しており、横にして見ている際に左右からステレオで聞こえるようになっている。 A12プロセッサは、4CoreGPUに、6CoreのCPUという構成になる。ストレージは最大で512GBという特大容量。 カメラは1200万画素でF1.8となっている。そして凄いのが撮影後にF値や被写界深度を変更することができるという機能。 DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)にも対応し、実際にはSIMとeSIMという構成になる。一部の国はSIM2枚。

    01-12

    ・もう一個発表された『iPhone XR』 ワンモアシンクとして発表された新iPhoneの『iPhone XR』。ディスプレイサイズは6.1インチで解像度は1792×828となる。ノッチがついており、FaceIDに対応していることも確認できるだろう。カラーは6色で展開。

    値段と発売日は次の通り。
    『iPhone XR』 …… 8万4800円(64GB)、9万800円(128GB)、10万1800円(256GB)
    『iPhone Xs』 …… 11万2800円(64GB)、12万9800円(256GB)、15万2800円(512GB)
    『iPhone Xs MAX』 …… 12万4800円(64GB)、14万1800円(256GB)、16万4800円(512GB)

    『iPhone Xs』は9月14日から予約開始で、発売日は9月21日となっており、『iPhone Xs MAX』は9月28日発売、『iPhone XR』は10月19日予約開始で10月26日発売となる。
     
    02-8

    03-5

    04-1

    05-1

    06

    http://gogotsu.com/archives/43024


    9: 名無しさん@涙目です。 2018/09/13(木) 03:06:36.52 ID:NDKozs6s0
    去年8p買ったばっかりなのに。

    画像の説明文

    コメント(6)  
    1: 風吹けば名無し 2018/09/04(火) 17:57:10.91 ID:wCp+PLcL0
    iPad Pro 12.9インチ(2018)の5Kレンダリング画像が公開~12日に発表か
    https://iphone-mania.jp/news-224812/

    7月末に流出したCAD(英:computer-aided design、コンピュータ支援設計)の画像をもとに、2018年のiPad Pro 12.9インチモデルの5Kレンダリング画像が製作、公開されました。

    2018年のiPad Proには、TrueDepthカメラが搭載され、顔認証のFace IDが使用できるといわれていますが、ノッチの姿はどこにもありません。

    3Dセンシングモジュールは、ノッチに埋め込まれる代わりに、iPhone Xと比べて厚みのある、ベゼルの中にすっぽりと収まるとみられています。

    iPad-Pro-12-9-2018-5K2-1068x580

    iPad-Pro-12-9-2018-5K1-1068x580

    iPad-Pro-12-9-2018-5K4-1068x580

    2: 風吹けば名無し 2018/09/04(火) 17:57:20.13 ID:wCp+PLcL0
    うおおおおお

    画像の説明文

    コメント(3)  
    1: ムヒタ ★ 2018/08/31(金) 13:33:46.37 ID:CAP_USER
    新しいiPhone XSのリーク写真のスクープに続いて、9to5Macが来るべきApple Watch 4の写真も入手した。新しいウォッチはエッジ・ツー・エッジの縁無しディスプレイを擁し、発表されたばかりのAppleプレスカンファレンスで9月12日にiPhone XSと共に披露されると思われる。

    来るべきApple Watchの写真(9to5Macは「画像処理ではない」と言っている)は、既存のモデルと明らかに違っている。ディスプレイは時計前面の縁まで伸び、Appleは2015年の発売以来最初の本格的デザイン変更を計画しているという 噂と一致している。

    アナリストらは、新ウォッチのディスプレイは15%大きくなり、バッテリー寿命が伸び、ヘルスモニター機能がアップグレードされると 予測している。
    apple_watch_series_4_9to5mac

    (続きはこちら)
    https://jp.techcrunch.com/2018/08/31/2018-08-30-leak-reveals-a-new-apple-watch-series-4-with-an-edge-to-edge-display/

    3: 名刺は切らしておりまして 2018/08/31(金) 13:43:53.18 ID:FiNVSxcZ
    多少縁があったほうが使いやすくない?

    画像の説明文

    コメント(0)  
    1: 名無しさん@1周年 2018/08/28(火) 20:57:33.48 ID:CAP_USER9
    Appleが創業最初期に製造・販売したコンピューターである「Apple I」の動作品が、2018年9月に行われるオークションに出品されることが明らかになりました。
    Apple Iの動作品はしばしばオークションに登場することがありますが、2012年のオークション時は63万ドル(約7000万円)もの高値で落札されており、今回もかなりの高額になることが予想されています。

    ボストンに本拠を置くオークション会社であるRRオークションは、2018年9月に行われるオークションでApple Iの完全動作品が出品されることを発表しました。

    (中略)

    出品されるセットは「オリジナルのApple Iボード」「Apple Iのオリジナル操作マニュアル」「Apple I用の電源ケーブル」「Apple I用のカセットインターフェース(ACI)」「ACIのオリジナル操作マニュアル」
    「ASCIIのキーボード」「三洋電機のモニター『Sanyo 4205』」「周辺機器用の電源ケーブル」一式で、このセットさえあれば完全にApple Iを動かすことが可能だそうです。

    今回のオークションに出品されるApple Iの予想落札額は、30万ドル(約3300万円)以上となるだろうとRRオークションは見込んでいます。
    なお、オンラインでの事前入札が2018年9月13日(木)から24日(月)まで行われ、25日(火)にライブ入札が行われる予定です。

    (続きはこちら)
    https://gigazine.net/news/20180828-historic-apple-1-auction/

    オークションに登場した「Apple I」
    00

    5: 名無しさん@1周年 2018/08/28(火) 21:00:45.10 ID:VHW5nqCC0
    研究室に古いコンピュータが山になってたけど、あの中にもお宝があったのかすら…

    画像の説明文

    スポンサードリンク
       

    このページのトップヘ