汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねる、おーぷん2ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

AMD

コメント(11)  
amd_ryzen_7000x3d_l_01

148: Socket774 (ワッチョイ 2f73-k7nB) 2022/12/03(土) 18:41:10.55 ID:zQN6GkjU0
AMD Ryzen 7000X3D 3D V-CacheのCPUは16コア、12コア、8コアの3フレーバーで発売の噂
この噂はQuasarZone(@Harukaze5719)からのもので、AMD Ryzen 7000X3D 3D V-Cacheのラインアップは少なくとも3つのSKUを搭載すると述べています。これまでの噂では、8コアと6コアのバリエーションが指摘されていましたが、最新の噂では、6コアのバリエーションはラインナップになく、16コア、12コア、8コアフレーバーの3つのSKUからなるファミリーになるようです。コア数に基づくと、ラインナップは以下のようなネーミングスキームになることが予想されます(憶測)。

・Ryzen 9 7950X3D 16-Core (2-CCD)
・Ryzen 9 7900X3D 12-Core (2-CCD)
・Ryzen 7 7800X3D or Ryzen 7 7700X3D 8-Core (1-CCD)

もしAMDが第1世代の3D V-Cacheチップと同じようにチップレットあたり64MBのスタッキング設計を維持するとしたら、Ryzen 7000X3Dパーツは2-CCDで最大192MB、1-CCD SKUで最大96MBのL3キャッシュを搭載することになる。これは、X3D非搭載品と比較して、L3キャッシュの量が3倍に増加したことになります。

AMD Ryzen 7000X3D 3D V-Cache CPUファミリーは、3D非搭載品に近い、あるいはそれに近いクロック速度を特徴とすることが、このニュースによって共有された追加情報によって示唆されています。Ryzen 7 5800X3Dは、非3D SKUよりもベースクロックが400MHz、ブーストクロックが200MHz低くなっている。今後、3D V-Cache搭載製品が同程度のクロックを維持するようになれば、キャッシュの恩恵を受けられないアプリケーションにおいて、マルチコアおよびシングルコアのパフォーマンスに関して大きなプラスになることは間違いない。

また、前世代のV-Cache CPUであるRyzen 7 5800X3Dでは、オーバークロックに対応しておらず、消費電力(電圧)を節約するために、非V-Cacheパーツに対してダウンクロックで登場した。Zen 4 V-CacheのCPUは、こうした電圧の制限が緩和され、クロックは通常の非V-Cache品より低くなる見込みだが、かなり高速に動作するため、今回ほどクロック格差は大きくならないだろうとのことだ。また、3D V-CacheのSKUはすべて170Wの定格になることも関係者に確認できている。というわけで、Ryzen 7 7800X3Dの名称がより意味を持つことになりそうだが、最終的なネーミングはまだ決定していない。

これらのチップの発売に関しては、AMD Ryzen 7000X3D 3D V-Cacheは2023年1月に発表されることが示唆されており、これは、CES 2023年の時間枠を指摘した我々の独占情報とほぼ一致します。このチップは、このイベントで発表されるだけで、発売はその後行われることに注意してください。

(続きはこちら)
AMD Ryzen 7000X3D 3D V-Cache CPU は、CES で 16、12、および 8 コア フレーバーで発表されると噂されています

Ryzen 9 7950X3D 16 コア (2-CCD)
Ryzen 9 7900X3D 12 コア (2-CCD)
Ryzen 7 7800X3D 8 コア (1-CCD)


150: Socket774 (アウアウウー Sa08-1c7w) 2022/12/03(土) 20:00:01.29 ID:jEVcyOhma
7950X3D出るのか
皆7800X3Dの方を買いそうだから争奪戦にはならなそうだな

引用元: https://egg.5ch.net/test/read.cgi/jisaku/1669605871/


画像の説明文

コメント(10)  
amd_radeon_rx_7900xt_big_navi_31_rdna_l_01

916: Socket774 2022/12/03(土) 15:43:42.01 ID:sELtwb2T0
AMDのRadeon RX 7900シリーズの正式発売まであと2週間ほどだが、Sapphireのリファレンスデザインカードが早くもAmazonに登場した。両カードは、電子小売業者のウェブサイトに掲載されているが、悲しいかな、価格は不明である。新しいスペックも提供されなかったが、少なくとも我々は2枚のカードの詳細な写真を入手した。カードは、Radeon RX 7900 XT Gaming (21323-01-20G) およびRadeon RX 7900 XTX Gaming (21322-01-20G) と名付けられています。

Radeon RX 7900 XTXは、RX 7900 XTよりもずっとずっしりとしたカードであることが写真からよくわかる。また、これによりSapphireがリファレンスカードを販売するパートナーの1社であることが確定したが、Sapphireがカスタムカードを発売に合わせて用意するのか、それとも後日ラインナップに加えるのかは不明である。なお、Radeon RX 7900 XTXの型番には、VRAMが20GBと記載されているが、パッケージには24GBと明記されている。Amazonから提供されたモデル番号を検索すると、現地の代理店の1つがこのカードを掲載していることから、スウェーデンでも入荷するようだ。その他の写真は後ほど。

soEqoHBrs26n33W8

xNC0DnhsTaQ6D4XR

6BN8YnL95l0iNZy1

JhheUNjZvZ7MpHuL

t2qTymOGT7feWX5Z

o1RBLLvbxBWWUt7V

YuvAndyofYC1MPZO

fx4lKrV8wLiD2fTa

(続きはこちら)
> Radeon RX 7900 XTXは、RX 7900 XTよりもずっとずっしりとしたカードであることが写真からよくわかる。

922: Socket774 2022/12/03(土) 15:57:24.86 ID:qmYvpVp40
あれ?7000シリーズのリファ微妙かと思ってたけどかっこいいじゃん

画像の説明文

コメント(13)  
BIOSTAR-B650M-SILVER-Nueva-placa-base-para-Ryzen-7000-d

351: Socket774 (ワッチョイ 9773-4XuG) 2022/11/30(水) 13:05:28.90 ID:18Dqb2+C0
AMD B650採用のコストパフォーマンスMicroATXマザーボード、BIOSTAR「B650M-SILVER」

BIOSTAR Microtech International Corp.(本社:台湾)は2022年11月29日(現地時間)、AMD B650チップセットを搭載するMicroATXマザーボード「B650M-SILVER」を発表した。

BIOSTAR-B650M-SILVER-Nueva-placa-base-para-Ryzen-7000

BIOSTAR-B650M-SILVER-Nueva-placa-base-para-Ryzen-7000-de

(続きはこちら)
https://www.gdm.or.jp/pressrelease/2022/1130/466635

352: Socket774 (ワッチョイ f75a-C8ok) 2022/11/30(水) 19:00:14.00 ID:DCyJ1/+c0
>>351
VRMやたら豪華だな
B650EGTQとの値段差考えて30000円くらいかな

画像の説明文

コメント(14)  
amd_radeon_fluid_motion_60fps_l_01

181: Socket774 2022/11/27(日) 03:45:21.66 ID:UcEacO3M0
5700G+BlueskyFRC+Potplayer(or MPC-BE)でFluid Motion使えると思うんだけど
AMDドライバにFluid Motionの設定項目出てきたり、PowerDVDで使えたりする?
できれば、PowerDVD+Fluid Motionでヌルヌルしたい

画像の説明文

コメント(30)  
amd_ryzen_9_7950x_l_01

175: Socket774 (ワッチョイ 9773-7/jb) 2022/11/23(水) 17:36:59.32 ID:oQoz9Q+80
AMD「Ryzen 7000」シリーズ、欧米で早くもブラックフライデーセールに登場

サンクスギビングデー(11月24日)の休暇から本格的にスタートする欧米の年末商戦。米AMDが、9月に発売したばかりのRyzen 7000シリーズを含むブラックフライデーセールを欧米で開始した。699USドルの「Ryzen 9 7950X」を18%オフの574USドルで販売するなど、13〜18%引きの特別価格に引き下げている。

ブラックフライデーの割引き販売は欧州の取扱店から始まり、Amazon.comやNeweggなど米国にも広がった後に、AMD.comのUSストアでも以下のような「Black Friday Deals」が始まった。


176: Socket774 (スププ Sd02-Ikze) 2022/11/23(水) 17:51:56.17 ID:txwv+Ui/d
肝心のマザボは大幅に値下げされないでしょうね
2万円ちょっとで気軽に買える製品が出るのは何年後になるのであろうか
昔からAMDを使ってる猛者たちはそんなの関係なく買ってると思うのだが……

画像の説明文

コメント(23)  
asus_rog_maximus_gane_l_01

143: Socket774 (ワッチョイ 3673-KP+k) 2022/11/20(日) 17:08:30.92 ID:wtml/0wE0
今こそ格安チップセットレスマザーを出す時だろ

画像の説明文

コメント(38)  
amd-g0597c1210_640

11: Socket774 (スッププ Sd02-/lHT) 2022/11/19(土) 10:05:45.15 ID:Vd7QhjlNd
zen3で2台、zen2で1台組んでるから
予備マザー買いたかったけどもう諦めたほうがいいよな
ぶっ壊れたら最新世代に移行か

画像の説明文

コメント(31)  
AMD-Ryzen-9-7950X-Processor-16-core-32-Threads_l_01

626: Socket774 (ワッチョイ 777e-ihPV) 2022/11/20(日) 15:27:06.41 ID:nzh9cNH80
AMD Ryzen 9 7950Xが849ユーロからわずか648ユーロに値下がり
AMD Ryzen 7000シリーズがヨーロッパのお客様向けにかなり安くなっているようです。

アップデートしました。Ryzen 7000シリーズがさらに安くなりました。それに合わせてこの記事も更新しました。

欧州では、Ryzen 7000シリーズを200ユーロ以上値引きする小売店も出始めている。そしてフラッグシップのRyzen 9 7950Xは、2カ月足らずで849ユーロからわずか648ユーロへと大幅な値下げが実施された。この価格は、米ドルからユーロへの直接変換よりもさらに低いものです。

しかし、値下げされたのは16コアのZen4 CPUだけではありません。発売時の669ユーロから、Ryzen 9 7900Xは538ユーロで購入できるようになり、8コアのRyzen 7 7700Xは479ユーロから398ユーロに低下しています。6コアのRyzen 5 7600Xは359EURから61EUR安くなり、298EURで購入できる。

RYZEN-7950X-PRICE-1-1800x642

このフラッグシップモデルの価格変更は昨日実施され、現在、少なくともヨーロッパのいくつかの小売店で見ることができます。

AMD-RYzen-7950X-PRICE-1

他の地域で同様の値下げが行われる気配はまだありません。このような価格設定は、特に最新のデスクトップPCプラットフォームへの長期投資を考えている顧客にとって、明らかに魅力的です。この価格が今後も続くのか、それとも期間限定のオファーなのかは不明です。

(続きはこちら)
669ユーロ(EUR)は約97,140円

\( 'ω')/ウオオオオオオアアアアアアーーーーッ!

628: Socket774 (ワッチョイ ef86-oKVl) 2022/11/20(日) 15:40:02.23 ID:n+vtrVF00
>>626
EUの前の価格
むしろコッチより高かったのか

画像の説明文

コメント(23)  
amd-radeon-rx-6000-series-blueprint-768x432

523: Socket774 2022/11/20(日) 19:58:27.50 ID:CVmCOYsK0
PowerColor RX 7900 Red Devilが発表された。
同社が近日発売予定のRadeon RX 7900のカスタムカードを公開。

PowerColorは、Radeon RX 7900 XTおよびRX 7900 XTX GPUのTUF Gamingシリーズのカスタムデザインを最初に公開したASUSと肩を並べる存在です。

POWERCOLOR-RX7900-RED-DEVIl-1800x934

PowerColor RX 7900 XTおよびXTXは、トリプルファンによる冷却ソリューションを採用し、3スロットの厚みも確保されているようだ。これは、同社のポートフォリオの中で最高層を表すPowerColorの象徴であるRed Devilシリーズの新しいイテレーションである。

同社がソーシャルメディアプラットフォームに投稿したメッセージでは、同シリーズの生みの親であるDevil 13について言及されているようだ。同社は以前、Devi 13カードを同社のフラッグシップSKUとして販売しており、最近ではRadeon R9 300シリーズを販売している。

PowerColorは、上記のカードがRX 7900 XTであるかXTXバリエーションであるかは確認していないが、両方のSKUが、同一ではないにしても、同様の冷却設計を採用する可能性が非常に高い。同社はすでに数週間前に新しいDevil GPUを予告しているが、当時掲載された写真がこのモデルのバックプレートなのか、液冷バリアント用のシュラウドなのかは不明である。

また、今週初めに確認したように、同社はHellhoundシリーズに取り組んでいる。どちらのカードも、AMD Radeon 7900シリーズの発売日である12月13日に発売されるはずだ。

(続きはこちら)
関連記事
PowerColor Radeon RX 7900 XTX Red Devilは、トリプルファンとトリプル8ピンコネクタを搭載したクアッドスロットグラフィックスカードです。

525: Socket774 2022/11/20(日) 20:01:25.26 ID:LepAYOJ50
>>523
うぉー
赤悪魔きたぁ!
後はnitroの情報早く出ないかな
リファ争奪戦やぶれたら、どっちか買うわ

画像の説明文

コメント(36)  
amd-g475cd9cd8_640

1: 風吹けば名無し 2022/11/15(火) 17:09:31.01 ID:eV2oboMA0
マザボが売ってなくて草

画像の説明文

コメント(14)  
xfx_radeon_rx_6800_xt_speedster_l_01

204: Socket774 2022/11/17(木) 09:08:23.02 ID:z/ai6dm20
サファの6750XTがFF15ベンチとかCODWZⅡでジャンクション105Wとか
ファンが常に爆音なんですけどこれ仕様なんですかね?
CPUは5800X3Dです
いずれ爆発するんじゃないかってくらい煩いんですけど・・・

画像の説明文

コメント(14)  
amd_ryzen_apu_l_81

915: Socket774 2022/11/13(日) 22:51:42.89 ID:oatZN/Ud0
AMDのRyzen 7000 CPUファミリーは、2023年にエントリーレベルのA620チップセットとともに3D V-Cacheパーツが発売され、さらに拡張される予定です。

AMD Ryzen 7000 CPUのウワサ。8/6コアフレーバーの3D V-Cacheチップ、A620チップセット&次世代APUは2023年

BilibiliのEnthusiast Citizenによると、リーク者はAMDが2023年に計画している3つの主要な製品を持っていると報告しています。

AMD Ryzen 7000 3D V-Cacheは8コアと6コアの2つのフレーバーで登場
まず、最もわかりやすいのは、CES 2023で発表されることが確定している「Ryzen 7000 3D V-Cache」のラインナップだ。このラインナップは、8コアと、6コアの2つのパーツのみであるとされている。つまり、Ryzen 7 7800X3DとRyzen 5 7600X 3Dが多かれ少なかれ登場することになりそうだ。これらのCPUは、3D-Stackedチップレットデザインを提供し、より大きなSRAMを特徴とし、キャッシュを多用するタイトルにおいて、ユーザーに高いゲームパフォーマンスを提供します。これは、その驚くべき性能とさらに素晴らしい価値によって人気チップとなった第1世代のV-Cacheチップ、Ryzen 7 5800X3Dと同様の結果になる。

AM5搭載のAPU、Ryzen 7000Gは2023年後半に予定
AMDは3D V-Cacheパーツにとどまらず、2023年後半には次世代AM5デスクトップAPUのラインアップを予定しています。このラインナップもRyzen 7000「G」シリーズファミリーに分類されるが、発売は2023年後半になる見込みだ。現在のところ、このラインのチップが何を提供するかという情報はないが、AM5プラットフォームに対応するということなので、年前半にモバイル向けに出荷が始まるPhoenix Point(Zen 4 + RDNA 3)のAPUのバリエーションとなる可能性が高い。

興味深い情報としては、Ryzen 7000チップはDDR5-4800メモリしかサポートしないということで、APUが得られる限りの帯域幅を必要とすることを考えると、これは少し物足りない。このチップは、8コアと6コアのフレーバーで提供され、まだ情報は提供されていませんが、強化モデルもあるという話もあります。

AM5をエントリーレベルに押し上げるA620
最後に、A620チップセットプラットフォームに関する最新情報だ。これまで、AMDは、X670とB650チップセットを確認しているが、リーク者は、A620チップセットは、2022年第2四半期頃に発表され、CPUオーバークロックをサポートしないことを述べている。エントリーレベルのプラットフォームは、AMDが発売する予定であれば、Non-XとローエンドのRyzen 3チップで意味を成す。これは、AM5プラットフォームの高価格問題を解決するかもしれませんが、A620チップセットプラットフォーム全体がどれほど制限的であるかを考えると、AM5エコシステムの長寿の恩恵を受けるつもりなら、これらのマザーボードを使用するのは意味がないでしょう。

(続きはこちら)
デスクトップの7000Gが来る!!

922: Socket774 2022/11/14(月) 01:08:13.12 ID:N8YS3WNN0
>>915
APU内部にGDDR5 256MB程度でいいから搭載してほしいわ
そうすれば、小型で高性能のPCできるのに

画像の説明文