汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    AMD

    コメント(13)  
    AMD-Radeon-RX-6700-XT-3_R

    210: Socket774 (ワッチョイ ff11-W5tZ) 2021/02/25(木) 21:53:47.65 ID:hmKB2pE00
     AMDは先日、第3回目の「When Gaming Begins」イベントでRadeon RX 6000シリーズの最新モデルを発表しました。AMDは、第1回目のWhen Gaming BeginsイベントでRyzen 5000シリーズプロセッサの第1弾を発表し、第2回目のイベントではRX 6800、RX 6800 XT、RX 6900 XTグラフィックスカードを発表した。この3回目のイベントでは、ほぼ確実にRadeon RX 6700 XTやRX 6700グラフィックスカードを正式に発表します。

     私たちは、RX 6700 XTが40の計算ユニット、2560コア、12GB 192ビットGDDR6メモリを搭載し、NVIDIA RTX 3060 Tiと競合すると予想しています。このカードは250ドル以下で販売されると噂されていますが、実際にこの価格で購入できるかどうかは不明です。RX 6700は同じ12GB 192ビットGDDR6メモリを搭載しているが、36個の演算ユニットと2304コアを搭載している。AMDはイベント期間中、ラップトップの計画やソフトウェアの機能についても話す可能性が高い。第3回目のWhen Gaming Beginsイベントは、AMDが3月3日午前11時(米国東部標準時)にライブストリームで配信する。

    AMD-Radeon-RX-6700-XT-1_R

    AMD-Radeon-RX-6700-XT-Event_R


    (続きはこちら)
    https://www.techpowerup.com/278966/amd-announcing-new-rx-6000-series-rdna2-gpu-on-march-3rd

    MSRP250ドル以下で来るのかな

    AMDが3月3日に新しいRX6000シリーズRDNA2GPUを発表 (RX6700シリーズと思われる)

    >RX 6700 XTには、40の計算ユニット、2560コア、12GBの192ビットGDDR6メモリが搭載されており、NVIDIA RTX 3060Tiと競合することが予想されます。
    このカードは250米ドル未満で販売されると噂されていますが、実際にこの価格で購入できるかどうかは不明です。


    224: Socket774 (ワッチョイ 0358-W5tZ) 2021/02/25(木) 22:30:31.61 ID:43uDCJvS0
    >>210
    日本での発売は39,800円になりそう

    画像の説明文

    コメント(10)  
    AMD-Ryzen-APU_2_R

    282: Socket774 2021/02/23(火) 00:22:54.36 ID:LLKXbOdP0
    AMD Ryzen 7 5700G 8 Core Cezanne 'Zen 3' Desktop APUの新しいベンチマークがChiphell Forumsでリークされました。ベンチマークを投稿したフォーラムのメンバーによると、このチップはまだエンジニアリングサンプルだが、ここでデモされたかなり高い周波数でDDR4メモリを起動することができるという。

    AMD Ryzen 7 5700G8コアCezanne'Zen 3 'デスクトップAPUは、DDR4メモリのオーバークロックに関してはルノワールと同じくらい大げさです。

    テストしたAMD Ryzen 7 5700G APUは、8コア16スレッドを搭載している。7nm Zen 3コアアーキテクチャをベースにしており、AMDがVermeer(Ryzen 5000)のラインアップで採用しているチップレットデザインと比較して、モノリシックパッケージを採用している。そのほかの仕様は、16MB L3&4MB L3キャッシュ、最大クロック速度4.6GHz、TDP 65Wなど。また、CPUには8コンピュートユニット構成でRadeon Vegaグラフィックスを搭載する。Ryzen 7 5700G ES APUが最近eBayに出品され、いくつかのベンチマークをチェックすることができます。

    ベンチマークでは、AMD Ryzen 7 5700G 'Zen 3' CezanneデスクトップAPUを、いくつかの異なるDDR4メモリ構成でテストしました。テストプラットフォームには、印象的なメモリオーバークロック能力で知られるMSI MEG B550 Unify-Xマザーボードを使用しました。デュアルチャネル構成で合計16GBのメモリを使用しました。

    AMD-Ryzen-7-5700G-8-Core-Cezanne-Zen-3-Desktop-APU_1

    FCLKは既報の通り2.5GHzまでヒットすると記載されている。最初のブートアップはDDR4-4333でCL14-15-15-28のタイミングで行われた。その後、CL16-17-17-36のタイミングでDDR4-5000 MHzにプッシュされた。最後に、ユーザーはDDR4-5333(CL18-24-24-46)MHzのコンフィグでメモリーバーンテストを行ったが、AMDプラットフォーム上では長く動作させることはできなかった。

    AMD-Ryzen-7-5700G-8-Core-Cezanne-Zen-3-Desktop-APU_4

    同期化されたFCLKを使用して、リーカーはInfinityのクロック速度2367MHzを得ることに成功した。最初のテストは DDR4-4733 (CL14-14-14-28) メモリ構成で行われ、AIDA64 キャッシュとメモリのベンチマークでは、レイテンシが 44.4 ns と低く、かなり良い数値が報告されました。同じDDR4メモリのタイミングを少し緩くした結果、レイテンシは45.8 nsと若干高くなりました。

    全体的には、これらの結果は次期AMD Ryzen 7 5700G CezanneデスクトップAPUの印象的な結果であり、ルノアールAPUよりも確実に改善されています。小売サンプルの出荷が開始されてから、さらに良い結果を見ることができるでしょう。

    (続きはこちら)
    AMD Ryzen 7 5700G 8 Core Cezanne ‘Zen 3’ Desktop APU Benchmarked With Up To DDR4-5333 MHz Memory


    287: Socket774 2021/02/23(火) 07:35:43.45 ID:j80PjwVe0
    >>282
    さすがに電圧盛りまくってるな

    画像の説明文

    コメント(38)  
    motherboard-885177_1920_R

    712: Socket774 2021/02/22(月) 13:47:30.60 ID:f345J2bM
     AMD 500シリーズのチップセットを搭載する特定のマザーボードにおいて、USBの接続状態が突然切れてしまうという症状がRedditなどで報告されており、AMDがこれについて調査中との公式見解を出した。


    (続きはこちら)
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1307880.html

    713: Socket774 2021/02/22(月) 13:52:47.95 ID:jsWpLNVv
    >>712
    USB2.0の話かな?
    USBオーディオを背面のUSB3.0typAにつなげていたら、切断現象が起きた。
    typCのgen2ポートにつなげたら今のところ切断はおきていない。
    X570/5800X

    画像の説明文

    コメント(18)  
    AMD_Ryzen_7000_Phoenix_drd_R

    547: Socket774 (ワッチョイ a373-W5tZ) 2021/02/21(日) 08:52:10.15 ID:pIYMXdnK0
    AMD PhoenixがRembrandtに取って代わる
    AMD Ryzen 5000 「Cezanne」 モバイルプロセッサシリーズは数週間前に発売されたばかりだが、既にその後継機とその後継機について知っているところである。

    新しいコードネーム 「Phoenix」 は、Rembrandtの後にデビューするAMD Ryzen CPUシリーズに関連付けられました。このコードネームは、漏洩者として知られていた小町によって命名された後、2020年の7月にすでに登場していた。当時、Phoenixが実際に何なのかははっきりしていなかったが、数ヶ月後には、今後のRyzen製品ラインアップの方向性が見えてきた。

    AMD Phoenixは、Rembrandtに代わるモバイルCPUシリーズだ。このシリーズはAMD初のZen4ベースのモバイルプロセッサで、Rembrandtと同様、PhoenixもDDR5メモリをサポートする。最近、新たな情報が別の情報漏洩者として知られるPatrick Schurによって共有された。同氏によると、CPUシリーズには新しいFP8ソケットが搭載されるという。


    PhoenixがRembrandt (FP7ソケットでデビューする予定)上に新しいFP8ソケットを必要とする理由は不明です。しかし、Phoenixは、Rembrandtでは利用できないPCIe Gen5サポートを導入する可能性があると推測されます。

    RUMORED_AMD_Ryzen_CPU_Roadmap

    5nmノードに到達?
    このツイートで言及されなかったが、広くコメントされているのは、Rembrandt (モバイル) とWarhol (デスクトップ) のZen3+シリーズが6nm製造プロセスで製造されるということだ。AMDは、これが事実である可能性を確認したことはなく、事実、Zen3の更新が行われていることすら確認していない。一方、Phoenix&Raphaelは5nmのTSMCノードでデビューし、これはGenoa (ZEN4ベースのEPYCサーバCPUシリーズ)が公式に使用するのと同じノードだ。

    Zen4のコア数は?
    コア/スレッド構成に関しては、現時点ではあまり知られていません。しかし、Zen4ベースのGenoaが最大96コア(+32 (Zen3 Milanより))を提供するかもしれないという噂がある。ただし、最初のシナリオが正しければ、Phoenixは最大12コアを提供できる。これは、別のZen4 CPU情報に基づく推測にすぎないことに注意してください。

    (続きはこちら)
    AMD Ryzen7000「Phoenix」モバイルRyzenCPUシリーズはZen4コアを搭載


    551: Socket774 (ササクッテロラ Sp07-1VGL) 2021/02/21(日) 17:13:26.48 ID:JR2ZieUlp
    >>547
    ZEN4世代のAPUのコードネームは不死鳥か。格好良いw

    画像の説明文

    コメント(6)  
    AMD-Radeon-RX-6700-Series-48_R

    771: Socket774 (ワッチョイ ef6e-DrOF) 2021/02/18(木) 18:11:44.67 ID:rewUvs3u0
    AMD Radeon RX 6700 XTのリリース日
    Cowcotlandのツイートによると、AMDは次期グラフィックスカードを3月18日に発売する予定だという。

    AMDの 「Radeon RX 6700」 シリーズは、すでに3月に発売されるとうわさされていた。ローンチは3月中旬としか聞いていないが、Cowcotlandはすでにその日付を確認しているようだ。AMDは、RDNA2アーキテクチャを採用した次世代グラフィックスカードを3月18日 (木) に発売する予定だ。これは、グラフィックスカードが、長い間予想されていた2021年第1四半期の発売時期に収まることを意味します。


    AMD Radeon RX 6700 XTグラフィックスカードは、Navi22 GPUを搭載するメーカー初の製品となります。これは、ゲーム用ノートパソコンにも搭載される上位ミッドレンジプロセッサです。フルGPUのCompute Unitは40で、これはStream Processor 2560に相当する。RX 6700 XTはこの設定を特徴とすると予想され、RX 6700の非XT用のカットダウンバリアントを残す。

    現時点では、RX 6700 XTが12GBのGDDR6メモリを192ビットのメモリバスに搭載することだけがわかっています。このモデルは、NVIDIA GeForce RTX 3060 12GB (2月25日発売予定) と競合する可能性が高い。今のところ、性能や価格に関するリークはない。Cowcotlandの情報筋によると、RX 6700 XTは発売時に 「非常に限定された」 ものになるという。

    (続きはこちら)
    https://videocardz.com/newz/amd-radeon-rx-6700-xt-to-launch-on-march-18th

    772: Socket774 (ワッチョイ 1202-DrOF) 2021/02/18(木) 18:18:07.81 ID:tOGiPyQN0
    6700XTってライバルは3060なん?
    5700XTはもう市場から消えたしさ…

    画像の説明文

    コメント(43)  
    amd_vs_intel_logo_2021_R

    807: Socket774 (ワッチョイ 16dc-DrOF) 2021/02/13(土) 11:17:58.64 ID:wandByZ30
    以前はRyzenが占拠していたランキングの1~5位が
    1位の5 3600を除いてIntelだらけになっていて、
    5000シリーズが上位10位の中に一つも入ってない。



    819: Socket774 (アウアウウー Sac3-j0oX) 2021/02/13(土) 11:46:24.47 ID:K5XFwFdHa
    >>807
    AMD側の機会損失
    ずっと伸びていた新規販売シェアが下がってるからね
    需要は有るのに物が用意出来ずで
    供給力の有るIntel製が売れている

    画像の説明文

    コメント(23)  
    AMD-Ryzen-Pro-Ryzen-APUs_R

    543: Socket774 2021/02/11(木) 07:21:25.68 ID:axcttfGY
    Ryzen_7_Pro_5750G

    AMDのZen3 APU発表の具体的な日付はありませんが、Ryzen 7 Pro 5750Gの最新の目撃情報は、正式な発売がそれほど遠くない可能性があることを示しています。残念ながら、デスクトップPC APUが最初に目撃されたのはProモデルでした。つまり、AMDはRenoirの場合と同様に、Zen 3APUをOEMシステム専用に予約することになります。これは、GPUが不足しているこの時代の愛好家にとっては確かにあまり役に立ちませんが、これらのチップがDIY市場にも登場するかどうかは時が経てばわかります。

    Ryzen 7 Pro 5750Gは基本的に、先月登場したRyzen 7 Pro4750GおよびProバージョンのRyzen75700Gの直接の代替品です。 Chiphellフォーラムのユーザーが、Ryzen 7 Pro 5750GのCPU-Zスクリーンショットを共有しました。これにより、AMDのZen3デスクトップPCAPUチップに何がもたらされるのかを少し味わうことができます。漏洩したすべての情報と同様に、一粒の塩で情報を取得する必要がありますが、仕様は私たちの期待に沿っています。

    スクリーンショットには明示的に示されていませんが、Ryzen 5000 APUは、モバイルRyzen 5000(Cezanne)の対応物と同様の特性を備えていると予想されます。 Ryzen 5000デスクトップAPUはまだモノリシックダイ上にありますが、AMDの軍隊に大幅なIPCの向上をもたらした有名なZen3コアを使用しています。 Ryzen 5000APUはPCIe4.0をサポートしておらず、おそらくRyzen 5000 Mobileのバリエーションと同様に、改良されたVegaグラフィックエンジンを使用するだけです。

    Zen 3により、CezanneはモバイルパーツのRenoirと比較して最大2倍のL3キャッシュを搭載できるようになりました。 デスクトップAPUにも同じ扱いがあります。 Ryzen 7 Pro 5750Gは、既存のRyzen 7 Pro4750Gの2倍の16MBのL3キャッシュを搭載して登場しました。 予想どおり、4MBのL2キャッシュは変更されません。

    Ryzen 7 Pro 5750Gの場合、潜在的な3.8GHzのベースクロック速度を備えた8コアの16スレッドセットアップを検討しています。 フォーラムのユーザーによると、オクタコアAPUには、最大4.05GHzのデフォルトのフルコアブーストクロックがあります。 ただし、チップは4.75GHzを超える可能性があります。

    (続きはこちら)
    https://www.tomshardware.com/news/amd-ryzen-7-pro-5750g-zen-3-apu-reaches-475ghz-all-cores
    The Ryzen 7 Pro 5750G emerged with 16MB of L3 cache


    544: Socket774 2021/02/11(木) 07:37:32.62 ID:zT6YksWh
    >>543
    めっちゃ良さそう

    画像の説明文

    コメント(28)  
    AMD-Ryzen-5000-Desktop-CPU_R

    709: Socket774 (ワッチョイ d77e-FV/V) 2021/02/10(水) 00:27:06.72 ID:2aMj7COZ0
    AM5とDDR5 - 新しいIODと将来のノード

     Zen 3+は、ベースとなるZen 3のIPCがわずかに向上したように見えますが、「Zen+が[Zen 1を超えて]いたときよりは向上しているが、それほどではない」と言われたことから、4~7%程度のIPC向上と、TSMCのより小さなN6ノードに移行した通常のクロック・ゲインを意味すると私は解釈しています。N6は、5層のEUVを使用したN7の変形版であり、真の「新しいノード」ではなく、より洗練されたものだ。しかし、一番気になるのは、デスクトップのZen 3+が初のAM5 CPUになるかもしれないということだ。Zen 3+デスクトップ用のIOダイは「Not quite [not the same] IOD as Zen 4 but uses Zen 4 IP」を使用していると聞いたのですが、これはDDR5を使用していて、Zen 4のIODと同じノードになるという意味だと思います。

    キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!

    Zen 3+
    ・IPC向上幅は控えめで“Zen 3”比4~7%程度
    ・TSMC N6で製造され、その分の周波数向上が見込まれる
    ・最初のSocketAM5 CPUとなる可能性がある。その場合はDDR5メモリに対応する
    ・新しいI/O dieは“Zen 4”と全く同じというわけではないが、“Zen 4”のI/O dieのIPを使用する。製造プロセスは“Zen 4”のI/O dieと同じ



    717: Socket774 (ワッチョイ bfa5-XJ0Q) 2021/02/10(水) 00:36:29.72 ID:Qf5LSMSi0
    >>709
    Zen4の性能向上が見えてるのにAM5のZen3+買うやつおらんやろ
    Zen3+はAM4だ

    画像の説明文

    コメント(26)  
    AMD-Ryzen-5000-Desktop-CPU_R

    222: Socket774 (ワッチョイ d773-JWMU) 2021/02/09(火) 16:45:52.35 ID:haP0hmAE0
    AMDの5nm次世代Zen4 Ryzen&EPYC CPUは、25%以上のIPC増加、40%の全体的なパフォーマンスがZen 3よりも向上すると噂

    Zen3がリリースされたことで、AMDのRyzenとEPYC CPU (開発コード名Zen4) 向けの次世代CPUアーキテクチャに注目が集まっている。

    次世代5nm Zen4コアベースのAMD RyzenおよびEPYC CPUが25%以上のIPCゲインを実現するとうわさ

    ChipsandCheeseの情報筋によると、AMDの次世代サーバファミリであるGenoaは、既存のAMD EPYC製品に比べて著しく高速になるという。情報源はZen3+とZen5についても述べているが、共有されている情報のほとんどはZen4のコアアーキテクチャに関するものである。

    噂されていた情報によると、AMDのZen4コアアーキテクチャはIPCにおいて大きな飛躍を提供する予定であり、彼らの情報源は、Milan CPUと同じ数のコアとクロックを持つ既存のGenoaエンジニアリングサンプルは最大29%高速であると報告している。これはローマからミラノへのジャンプを考慮しても大きなジャンプだ。AMD Zen4コアアーキテクチャは、TSMCの5nmプロセスノードで製造され、2022年中に発売される予定である。

    Zen4は多くの人が待ち望んでいるものであり、私が持っている情報が正確であれば、それはさらに価値のあるものになるだろう。私が聞いたZen4のお喋りの中で共通しているのは、非常に肯定的であることに注意してください。TSMCの新しい(完全ノード) N5製造により、IPCの25%以上のパフォーマンス向上、合計40%のパフォーマンス向上、さらには (最終的には) 5GHzのオールコアも実現可能です。

    何が真実で何が誇張なのかは言えないが、信頼できる筋から聞いた話によると、Genoaのエンジニアリングサンプル(Zen4 サーバチップ)は同じクロックで同じコア構成を持つMilan (Zen3)チップより29%高速だという。N5はN7よりもクロックが上がる可能性があり、Zen4はCPUの怪物になりそうだという話を聞いたことがあります。

    via ChipsandChesse

    (続きはこちら)
    Zen 4は多くの人が待っているものであり、私が持っている情報が正確であれば、その待機はさらに価値があることがわかります。
    TSMCでの新しい(フルノード)N5製造のおかげで、IPCから25%以上、合計パフォーマンスが40%向上し、場合によっては(最終的に)5GHzオールコアになります。
    AMD Zen 4コアアーキテクチャはTSMCの5nmプロセスノードで製造され、2022年中に発売される予定です。



    223: Socket774 (ワッチョイ d773-JWMU) 2021/02/09(火) 16:48:34.43 ID:haP0hmAE0
    2022年 Zen 4のコア数は最大96-core

    Zen3は1ダイ8コア
    4/6/8/12/16/24/32/48/64コア

    Zen4は1ダイ12コア
    6/12/18/24/48/72/96コア

    画像の説明文

    コメント(5)  
    AMD-Radeon-RX_R

    679: Socket774 (ワッチョイ 576e-JWMU) 2021/02/05(金) 20:56:55.65 ID:elQlFdWn0
    ASRockは12GB Radeon RX 6600XTを計画しています
    ユーラシア経済委員会の規制当局からの新たなリークによると、ASRockは12GBのメモリを搭載したRadeon RX 6600XTを計画しています。

    Radeon RX 6700XTは、12GバイトのGDDR6メモリを搭載する唯一のカードではないようだ。新たなEEC充填によると、同社は現在、12GBメモリを搭載したRX 6600XTを発売する予定である。以前のレポートとは異なり、RX 6700の非XTモデルは6 GBのGDDR 6メモリを搭載しています。

    今のところ、Navi 22ベースのRadeon RX 6700カードのXT以外の変種については、あまり詳細を聞いていない。以前のうわさでは、6700 XTとRX 6700 non-XTの両方で12GBのメモリが提供される可能性があるとされていましたが、EECのリストではそうではないとされていました。

    今回のリークで特に興味深いのはRX 6600 XTだが、これはまだ噂にはなっていない。このモデルは12GBのメモリを提供すると言われており、RX 6700 XTと同程度です。これは、RX 6600 XTがNavi 22 GPUと192ビットのメモリバスを搭載することを示唆しています。

    ASRockでは現在、Phantom Gaming D OCモデルを1つ、Challengerカードを少なくとも3枚搭載したモデルを2つのSKUで計画している。RX 6700には、現時点で計画されているSKUが一つしかありません。

    ASRock-Radeon-RX-6600-XT-RX-6700

    (続きはこちら)
    https://videocardz.com/newz/asrock-plans-radeon-rx-6600xt-with-12gb-and-rx-6700-with-6gb

    680: Socket774 (アウアウエー Sadf-QgsX) 2021/02/05(金) 21:02:19.01 ID:6WRaQOx5a
    こっちもよくわからないラインナップするねぇ

    画像の説明文

    コメント(14)  
    processor-2217771_1920

    135: 既にその名前は使われています (ワッチョイ 667d-OR+g) 2021/02/04(木) 14:06:13.54 ID:iuKJ8fk80
    Intel CPU製造能力強化でAMDシェア拡大に歯止め

      米Mercury Researchは2日(現地時間)、2020年第4四半期のx86 CPU市場シェア調査について報告した。これによれば、Intelは製造能力の強化によって、AMDの市場シェア拡大に歯止めがかかったことが明らかとなった。

     AMDは、サーバー市場でこそ直前期と比べて0.5%シェアを伸ばしたが、デスクトップCPUでは-0.8%、モバイルCPUでは-1.2%となった。

     新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でノートパソコンへの需要が大きく高まったおかげで、x86 CPUの市場自体は急速な成長を見せていて、調査開始以来最高となる1億2,500万個の出荷量を記録した。そこで顕になった問題が供給量であり、Intelは公約どおりCPU供給を改善できたことが、シェアを伸ばした理由だという。


    (続きはこちら)
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1304496.html

    モノが無きゃはじまらんな



    136: 既にその名前は使われています (ワッチョイ 7dd8-unxX) 2021/02/04(木) 14:12:48.00 ID:l03Au/zU0
    さっきその記事読んでたが文教向けChromebookでってのでもうな

    画像の説明文

    コメント(35)  
    AMD-Radeon-RX-6800-Series_1

    1: 名無しさん必死だな 2021/02/02(火) 17:03:33.95 ID:PiWGP6Nm00202
     AMDとNvidiaはGPUの値上げを計画していると報じられています

     コロナ危機は依然としてITセグメントの配信のボトルネックを引き起こしています。これには2つの理由があります。一方で、パンデミックは、職場の健康を優先しなければならないため、サプライチェーンでの作業が課題に直面していることを意味します。一方で、ゲーム機やホームオフィスのハードウェアなどの需要は飛躍的に伸びています。特にゲーマーは、これに関連する問題を知っています。次世代コンソールも、AMDおよびNvidiaの現在のグラフィックカードも、市場で広く入手できません。現在、値上げの脅威もあります。

     VRAMの価格が高くなる緊張した状況のため、AMDとNvidiaの両方が、デスクトップPCとノートブックPCのGPUの価格を引き上げたいと考えています。したがって、推奨小売価格はおそらく上昇します。GDDR5、GDDR6、GDDR6XRAMの不足が原因です。現在の報告が信じられることになっているならば、値上げは今月公式に確認されるでしょう。

     AMDもNvidiaも、現在、RadeonまたはGeForceグラフィックカードの値上げについてコメントしていません。2021年2月はまだ始まったばかりなので、公式の値上げの余地はまだたくさんあります。現時点では、メーカーは、新しいグラフィックスソリューションを数か月間店舗で入手するのが難しいとすでに予想しています。

    https://www.hartware.de/2021/02/01/amd-und-nvidia-planen-angeblich-preiserhoehungen-fuer-ihre-gpus/

    2: 名無しさん必死だな 2021/02/02(火) 17:11:46.51 ID:4hTtwfgFd0202
    本当の悲報かよ

    画像の説明文