汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    AMD

    コメント(24)  
    amd_ryzen_logo_3

    1: 名刺は切らしておりまして 2020/11/25(水) 15:12:38.51 ID:cB1x8vVr0● BE:792141984-2BP(2000)
    Ryzen 5000、まだ本気を出していなかった。新しい最適化機能で性能をさらに引き上げ

      AMDは、Ryzen 5000シリーズに対応したAMD 500/400シリーズマザーボード向けに、自動クロック/電圧調整技術「Precision Boost Overdrive 2」(PBO2)に対応したアップデート「AGESA 1.1.8.0」を配信開始した。12月よりマザーボードメーカーがBIOS更新を順次配信される見込み。

     Precision Boost Overdrive(PBO)は、これまでのRyzenにも搭載してきた技術。プロセッサの温度やVRM電流、パッケージ全体の電力に応じて、VRMが供給できる容量限界を引き上げ、電圧とクロックを高め、プロセッサの性能を最大限に引き出すものとなっている。

     ただ、PBOでは軽負荷状態時の電圧はそのままである。1つのコアに高負荷が集中している場合、そのコアの電圧とクロックを高めても、ほかの軽負荷状態のコアの消費電力は変わりない。Ryzenでは複数のコアが1つのパッケージ電力と温度キャパシティを共有しているため、軽負荷状態のコアもある程度のパッケージ電力と温度キャパシティを消費していて、高負荷コアと食い合う事態となっていた。

     そこでPBO2では、この軽負荷状態になっているコアの電圧を下げる「アンダーボルテージ」をサポート。軽負荷状態のコア消費電力を削減するとともに、高負荷が集中しているコアに余った電力と温度のキャパシティを回すことができ、性能をさらに高められるようになった。


    (続きはこちら)
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1291/044/amp.index.html
     彡⌒ミ
      (・ω・)   このラスボス感は震える
      / し'⌒彡
      \  ノ
        YY
        ^ ^


    13: 名刺は切らしておりまして 2020/11/25(水) 15:20:20.85 ID:V5NS54j50
    ここ十年大した進歩しなかったIntelをぶっちぎったからな
    AMDの快進撃は痛快だわ

    画像の説明文

    コメント(9)  
    amd_radeon_734823

    654: Socket774 (ワッチョイ 97b1-c1ev) 2020/11/25(水) 23:11:17.59 ID:OZDvbv1e0
    AMD Radeon RX 6800 XTやRX 6800を含むAMD Radeon RX 6800シリーズのグラフィックカードは、本日、ついに待望のカスタムカードが登場しました。AMDの各主要パートナーは、Big Navi GPUをベースにしたカスタムカードのラインアップを用意しており、優れた冷却性能と独自のブランディングを施したスタイリッシュなデザインを提供します。

    AMD Radeon RX 6800 XT & RX 6800カスタムデザインの中から選ぶべきものがたくさんあります。各AIIBには、カスタムPCB、工場出荷時のオーバークロック、リファレンスモデルよりもはるかに強力な冷却ソリューションを特徴とする、各グラフィックスカードの少なくとも2つの異なるバリエーションが用意されています。これらのカスタムデザインはプレミアム価格で提供され、NDAが解除されるまでに価格が表示されるようにします。

    現在(2020年11月25日)、主要小売店ではRadeon RX 6800 XTとRX 6800カスタムモデルはすべて売り切れとなっており、一部の小売店ではAIIBの在庫が不足していることが判明しています。小売店、AIIB、AMDからの情報が入り次第、在庫状況をお伝えします。

    Radeon-RX-6800-Custom-Models

    (続きはこちら)
    オリファンレビュー来てるぞ


    656: Socket774 (ワッチョイ 779e-GLww) 2020/11/25(水) 23:11:38.34 ID:UPmMc10f0
    Nitro+$830か高いな

    画像の説明文

    コメント(27)  
    intel_vs_amd_battle

    1: 田杉山脈 ★ 2020/11/24(火) 12:40:13.24 ID:CAP_USER
    米Intelは23日(現地時間)、同社の第11世代Core搭載ノートパソコンと、AMD製のRyzen 4000シリーズを搭載したノートパソコンの性能比較データを公開。Intel CPUを搭載したノートパソコンのほうがバッテリ駆動時でも性能低下が少ないことをアピールした。

     同社によれば、ノートパソコンユーザーの70%は、家庭内においてさまざまな場所で活用しており、そのさいにバッテリ駆動で使う可能性を指摘。実際の用途も、オフィススイートとWebブラウジング、コンテンツ消費と制作になっている。

     そのバッテリ駆動のさいに、AMD製ノートパソコンは、ACアダプタ駆動時と比較してCPUの消費電力と性能を大きく抑えていて、レスポンスと性能の低下が平均で38%にも達するのだという。

    (続きはこちら)
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1290705.html

    2: 名刺は切らしておりまして 2020/11/24(火) 12:42:36.49 ID:k0gO8eJf
    それ、インテルもじゃね?

    画像の説明文

    コメント(18)  
    cyberpunk_2077_logo

    468: Socket774 (アウアウエー Sa3a-Am47) 2020/11/23(月) 06:30:23.17 ID:6jOVLj3na
    『サイバーパンク2077』リリース時のレイトレーシングサポートはNVIDIAのビデオカードのみ―AMDは後日対応予定

    12月10日にリリース予定のCD PROJEKT RED開発オープンワールドRPG『サイバーパンク2077』。本作のリリース時、AMDビデオカードでレイトレーシングがサポートされないことが明らかになりました。


    (続きはこちら)
    https://www.gamespark.jp/article/2020/11/22/104061.html

    CSでも動いてるのになんでや・・・


    471: Socket774 (ワッチョイ 57b1-bQi2) 2020/11/23(月) 06:33:43.71 ID:1idKFnn+0
    >>468
    逆にGodfallだとRTXをサポートしてなかったりする

    画像の説明文

    コメント(16)  
    AMD-Radeon-RX-6700-Series

    982: Socket774 (ワッチョイ 06ac-Dmbe) 2020/11/22(日) 05:18:11.83 ID:v91hZ29K0
    パトリック・シュール氏が、Navi 22 GPUのパワーターゲットに関する初の情報を公開した。この新GPUは、RX 6700モデルとして上位ミッドレンジのRadeon RX 6000シリーズに登場すると予想されている。

    AMD Navi 22 GPUについては、もはや謎に包まれているわけではない。Navi 21やNavi 23と同様に、macOSのファームウェアアップデートを通じてリークされ、GPUが最大40のCompute Unitsを搭載していることが確認された。これは、前世代のRDNAのNavi 10 GPUと同じCU数です。これは何を意味するかというと、今後のRadeon RX 6700シリーズは同じコア数でRX 5700シリーズを継承するが、すべての電力効率、より高いクロック速度でカードが顕著に速くなると予想されています。

    パトリック氏からの新情報は、次期モデルの電力要件にいくつかの光を共有しています。同氏によると、Radeon RX 6700 XTが採用されると予想されるNavi 22 XTは、合計186~211Wのグラフィックスパワーを備えていると見られている。AMDが高い値を採用したとしても、消費電力が225WだったRX 5700 XTよりも低くなるという。

    Navi 21 XLを搭載していると思われるRX 6700非XTとなると、このモデルは146~156Wを必要とする。この値は、同じくRX 5700 non-Xシリーズ(TBPは180W)よりも低い。

    Navi 21とは異なり、22は192ビットのメモリバスを搭載しており、このGPUをベースにしたモデルでは、12GBまたは6GBのメモリを提供する必要があることを意味する。

    AMDは最近、ボードパートナーに対して、Navi 22 GPUは以前の計画よりも少し早く発売されるだろうと伝えている。メーカーは現在、Radeon RX 6700シリーズを2021年1月に投入すると予想している。AMD Navi 22は、NVIDIA GA104と同様のハイエンドゲーミングGPUとしてノートPCにも登場する。モバイルNavi 22の情報はまだ限られているが、これも大きなチャンスかもしれない。

    RX_6000_Series_Specifications

    (続きはこちら)
    https://videocardz.com/newz/amd-radeon-rx-6700-xt-series-to-feature-navi-22-gpu-and-up-to-12gb-gddr6-memory
    6700XTは40CU,12GBで200W弱は誰もが予測してるとこだけど
    キャッシュどのくらい積むかなあ
    キャッシュ削ってメモリ幅256bitとかも有り得そうだが


    868: Socket774 (アウアウエー Sa3a-Am47) 2020/11/21(土) 20:28:35.79 ID:7uzgLWb9a
    6700って1月発売じゃなくて発表なのかよ

    画像の説明文

    コメント(61)  
    amd_vs_nvidia_logo

    1: 風吹けば名無し 2020/11/22(日) 02:13:49.22 ID:0k0Zq1G/0
    ベンチ見てもようわからん
    アサクリだけはAMDの圧倒らしいが

    画像の説明文

    コメント(16)  
    Radeon-RX-6900-XT_3

    578: Socket774 (ワッチョイ a3d5-i8bA) 2020/11/20(金) 19:00:39.43 ID:Gfqh6rK70
    入荷数は少量。「Radeon RX 6800」シリーズのアキバ地区販売予定を事前チェック

    いよいよ明日11月20日(金)19時に販売が解禁される、AMDの最新GPU「Radeon RX 6800」シリーズ。久々のハイエンド帯を担うRadeonの登場だけに、いち早く手に入れたい自作派も多いだろう。そこで、明日入荷予定のショップや販売形態を事前にチェックしておこう。


    (続きはこちら)
    19時だ


    579: Socket774 (ワッチョイ 4b58-N/60) 2020/11/20(金) 19:00:48.86 ID:AhuPW7nB0
    ショップのページが重いおっ

    画像の説明文

    コメント(41)  
    Radeon-RX-6900-XT_logo

    749: Socket774 (ワッチョイ 57b1-b6az) 2020/11/18(水) 22:59:34.44 ID:N7fClsLw0
      AMDの最新GPU「Radeon RX 6800 XT」「Radeon RX 6800」を搭載したビデオカードの国内販売が、20日(金)19時から始まるようだ。

     ASRockやPowerColorをはじめ複数のメーカーが販売を予定している。ASRockやPowerColor製品の価格(以下、税抜き表記)は、Radeon RX 6800 XTが81,800円~82,800円、Radeon RX 6800が72,800円前後。このほか、パソコン工房はiiyama PCブランドの搭載PCを販売予定。

    (続きはこちら)
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1290003.html

    AMD Radeon RX 6800 XTをライブ解説!その性能はGeForce RTX 3080を越えるのか!?

    (続きはこちら)
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/dosv/kaizou/1289757.html
    始まるぞー


    755: Socket774 (アウアウエー Sa3a-n9sk) 2020/11/18(水) 23:02:41.54 ID:RtXbpzUla
    無印税込み8万か
    おやすみ・・・

    画像の説明文

    コメント(10)  
    Radeon-RX-6900-XT_-Custom-_logo

    751: Socket774 (ワッチョイ a311-Y0tO) 2020/11/17(火) 20:21:35.69 ID:jtOYW2B90
    数々のティーザーを経て、ついにRadeon RX 6800 Big Naviのカスタムモデル「Red Devil」が公開された。
    PowerColor、次世代モデル「Red Devil Limited Edition」を展示

    グラフィックカードはトリプルファンで、黒と赤のクーラーデザインを採用することが確認されている。照明は、赤とオレンジの照明で悪魔のような地獄の外観を模倣しているように見える。他の色でも点灯できるかどうかが注目される。

    下に写っているグラフィックカードは限定版だが、それが何を意味するのかはまだわからない。このグラフィックスカードは、「通常の」Red Devilよりも高いクロックを持っている可能性があります。

    AMD Radeon RX 6800 シリーズは、最大 4608 Stream プロセッサと 16GB の GDDR6 メモリを搭載した Navi 21 GPU を搭載しています。このSKUのMSRPは649ドルですが、Red Devilは確かにもっと高くなりそうです。PowerColorがカスタムRX 6800 non-XTやRX 6900XT(12月発売)の計画があるかどうかは不明だが、詳細がわかり次第お知らせする。

    PowerColorのRed Devil RX 6800 XTは、噂が信じられるならば、来週発売されると予想されている。もっとはっきり言うと、これらのカスタムデザインは、AMDのリファレンスカードと一緒に明日発売されるのではなく、別の発売日、おそらく11月25日に発売されると思われる。

    PowerColor-Radeon-RX-6800-Red-Devil-1536x1025

    (続きはこちら)
    https://videocardz.com/newz/powercolor-finally-shows-off-its-radeon-rx-6800-xt-red-devil
    パワカラのRED DEVIL キタ――(゚∀゚)――!!


    754: Socket774 (バッミングク MMa1-Yoap) 2020/11/17(火) 20:23:41.28 ID:16lrm4wnM
    >>751
    このデザインは3スロかな

    画像の説明文

    コメント(7)  
    134275-epyc7nm-01-0041-5k

    534: Socket774 (ワッチョイ 2573-WW/G) 2020/11/17(火) 00:37:25.61 ID:F5A6p4W+0
    AMDは、第3世代のEPYC Milan CPUが軌道に乗っており、2021年第1四半期に発売されることを再確認した。この声明は、Hardwareeluxxが投稿したスライドの中で、次世代EPYC Milan CPUの入手可能性と出荷数についてAMDの発言を引用しています。

    AMD's 3rd Gen EPYC Milan 'Zen 3' CPUs On Track, Will Be Launching in Q1 2021
    AMDは、Zen 3コアアーキテクチャをベースにした次世代EPYC Milan CPUについて語るスライドの中で、Intelの自社Xeonラインアップと比較して、より多くの企業がEPYC CPUに関心を示すようになったと述べている。HPC業界内では、AMDのEPYC CPUに対する好感度は2016年の36%から2020年には78%に上昇しているが、HPCユーザーの68%はIntelの次世代Xeon CPUに対して好意的な見方をしているという。

    AMD-3rd-Gen-EPYC-Milan-Server-CPUs-1920x1091

    AMDは、HPC市場のリーダーではないかもしれませんが、間違いなく正しい道を歩んでおり、EPYCの旗印の下、非常識なコア数、より高いパフォーマンス出力、業界をリードする効率性の数値を備えた破壊的なサーバーCPUオプションを、すべてが驚異的なPER/$の価格で提供しています。

    AMDは、次世代EPYC Milan CPUの量産出荷を今四半期中に開始する予定であることを明らかにしました。AMDの第3世代EYPC CPUファミリのラインナップは、2021年第1四半期に正式に発売され、OEM供給に並ぶことになる。つまり、スペックやラインナップ自体の詳細が分かるCES 2021でEPYCについての詳細を聞くことになるのは間違いないということだ。

    AMD-EPYC-Milan-Instinct-Servers_1-740x416

    AMD-EPYC-Milan-Instinct-Servers_2-740x416

    AMD EPYC Milanサーバーには、最近発表されたInstinct MI100 HPC GPUアクセラレーターが搭載され、HPC計算能力を飛躍的に向上させます。これらについての詳細はこちらをご覧ください。最初にリークされたパフォーマンス数値によると、AMD EPYC Milanはシングルスレッドとマルチスレッドのワークロードを大幅に向上させることが示されています。

    (続きはこちら)
    https://wccftech.com/amd-3rd-gen-epyc-milan-zen-3-cpus-on-track-for-launch-in-q1-2021/
    EPYCキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


    533: Socket774 (アウアウウー Saa9-hyPP) 2020/11/16(月) 23:56:03.20 ID:urBGugc6a
    EPYC来たか
    スリッパは来年の5月前後になりそうだな

    画像の説明文

    コメント(20)  
    title

    145: Socket774 (ワッチョイ 4bc0-Y0tO) 2020/11/16(月) 23:41:46.97 ID:Op77BHEX0
     Radeon RX 6800 XTとRX 6800 "Big Navi" RDNA2の包括的なレビューの前に、画像のアンボックス記事をお届けします。NVIDIAとAMDは、メインレビューに至るまでの数日間、報道関係者にアンボックス記事を掲載することを許可するのが、ちょっとした伝統になってきています。しかし、GeForceのウェブサイトでFounders Editionカードを直接販売しているNVIDIAとは異なり、AMDのリファレンスデザインカード(この記事の写真)は、カスタムデザインのグラフィックカードと並んで、アドインボードのパートナーを通じて販売されている。今回のレビューで見るリファレンスデザイン(AMD製)のパッケージは、まったく同じカードがさまざまなラベルで販売されているが、小売チャネルでは非常にレアなものになるだろう。AMDからは、Radeon RX 6800 XTとRadeon RX 6800が同日に発売されるというダブルローンチになるので、この記事では両方のカードのアンボックスをご紹介します。

     Radeon RX 6800 XT」と「RX 6800」は、どちらもマット仕上げの高級感のある板紙箱に入っています。ロゴはクロームで仕上げられており、前面にはそれぞれのカードの大きなグラマーショットを見ることができます。クロームは、箱だけでなく、カードの下のカードにも繰り返し使われているテーマで、カードに搭載されているリアルタイム・レイトレーシング技術による正確な反射を表しています。派手なクラムシェルデザインのNVIDIA Founders Editionの箱とは異なり、RX 6800 XTとRX 6800は、カードの寸法が異なるため、2つの異なる箱のデザインで出荷されます。RX 6800の箱は従来の薄い板紙で横に開きますが、RX 6800 XTは厚めのダンボールで作られた吹き出し式の箱で、基本的には一部のマザーボードが出荷する箱に似ています。

    both-packages

    (続きはこちら)
    https://www.techpowerup.com/review/amd-radeon-rx-6800-and-rx-6800-xt-unboxing/
    www.techpowerup.com一発目のレビュー来たぞ
    一発目なのでまだだ分解とかはしてないけど


    146: Socket774 (ワッチョイ 1d03-Y0tO) 2020/11/16(月) 23:46:05.42 ID:r8k+5Odm0
    どこもまだパッケージと外見のみだな
    https://www.gdm.or.jp/review/2020/1116/370350

    画像の説明文

    コメント(3)  
    AMD-Instinct-MI100-8

    127: Socket774 (ワッチョイ ed58-WhnN) 2020/11/16(月) 23:14:53.28 ID:wl23dcaR0
    AMDは本日、コンピュータ指向のCDNAアーキテクチャをベースにした初のGPUを発表した。
    AMDがINSTINCT MI100を発表 - "世界最速のHPC GPU"


    INSTINCT MI100はRadeonのネーミングを落とした。AMDは、HPCアクセラレータやワークステーションカードでQuadroやTeslaを落としたNVIDIAと同じような決断をした。MI100は、Navi 21(Big Navi)よりも40CU多い120のCompute Units(7680 Stream Processors)を搭載した新しいGPUを搭載しています。

    MI100は、32GBのHBM2メモリ(HBM4スタック)を搭載し、最大理論帯域幅は1.23TB/s。同製品は、AMD NaviシリーズやVega 20と同様にPCI Express Gen4を採用している。

    AMDは、CDNAベースのGPUは、前世代の2倍の計算密度を持つと主張している。また、HPCやAIのワークロード向けに、まったく新しいマトリクス・コア技術を搭載する。AMDは、Mixed PrecisionとFP16でAIワークロードでは7倍近く、Infinity Architecture対PCIe 4.0ではGPU対GPUのパフォーマンスが最大4倍速くなるとしている。

    AMD Instinct MI100は、FP64(倍精度)のピーク性能が11.5TFLOPs、FP32(単精度)のピーク性能が23.1TFLOPsとなる。MATRIXテクノロジーでは、FP32の数値は46.1 TFLOPsまで上昇し、FP16(半精度)の演算性能は184.6 TFLOPsに達するはずだ。また、AMDはBFLOAT16の性能を92.3TFLOPsと記載している。

    AMD-Instinct-MI100-

    AMD-Instinct-MI100-Specifications

    AMD-Instinct-MI100-Architecture

    AMD-Instinct-MI100-6

    AMD-Instinct-MI100-5


    CDNA発表されたのか


    136: Socket774 (ワッチョイ 45b3-Hxsw) 2020/11/16(月) 23:23:02.95 ID:3hrFUHkd0
    >>127
    verybignavi用意してやがったのか...

    画像の説明文