汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    AI

    コメント(5)  
    iot-3404892_1280

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/07(金) 02:22:44.848 ID:FTc10d750
    今のところエンタメ色がかなり強いからか

    画像の説明文

    コメント(8)  
    animation to 60 FPS

    269: Socket774 2020/01/21(火) 21:22:46.98 ID:VOCM21Lf
    AIを駆使してアニメや映画をヌルヌル動かしてくれるフレーム補間ソフト「Dain-App」

    フレームレートが低い動画でもフレームを補間し滑らかに表現することが可能なソフト「Dain-App」がアルファ版として公開されています。フレーム補間技術としてはAMDのFluid MotionやSVPが知られていますが、Dain-Appでは「DAIN」と呼ばれる動画内の空間の深度を認識し、視聴者に近い物体を遠い物体よりも優先してサンプリングし中間フレームを補間するAIを使ってフレーム補間を実現しています。

    Dain-App [Alpha 0.1] by GRisk
    https://grisk.itch.io/dain-app

    同じ動画を半分に区切り、左側に元動画、右側にDain-Appによる処理を施した動画を並べて比較するとこんな感じ。



    (続きはこちら)
    https://gigazine.net/news/20200121-dain-app/

    270: Socket774 2020/01/21(火) 21:46:50.58 ID:Untc7DYW
    >>269
    ゲフォ用じゃねぇか

    画像の説明文

    コメント(2)  
    NVIDIA_LOGO

    1: サンダージョー ★ 2019/12/19(木) 11:20:24.33 ID:CAP_USER
    AIが見えない部分を補って生成。

    何かしら物体を描いたスケッチや写真を、リアルな3Dモデルに変換して3Dプリンタで印刷したり、テレビゲームで動かしたり、視覚効果を用いて動画に生命を吹き込むには、大量の画像をもとに作業するデジタル・モデリングの技術をもつ人材が必要になります。

    ですがNVIDIAはニューラル・ネットワークを訓練して、たった1枚の写真から完全なテクスチャーを持つ3Dモデルを生成することに成功しました。
    似た技術は以前からあった

    以前にも、3Dモデルを自動生成する似たような技術を見たことがありますが、正確な結果を得るためには、さまざまな角度から撮影した写真がたくさん必要だったり、ソフトウェアに画像内の特定のオブジェクトの寸法や形状を理解させるべく、人間のユーザーが数値を入力したりする必要がありました。

    いずれの手法でも、問題対処へのアプローチが間違っているわけではありませんが、もっとカンタンに3Dモデリングができるようになるのは大歓迎です。そうすれば、高度なスキルを持たないユーザーにとっても、幅広い層が使えるようになるツールを利用できるようになりますから。ただ、それがソフトの潜在的な用途を制限してしまうこともあります。

    NVIDIAが論文を発表

    カナダのブリティッシュコロンビア州バンクーバーで開催される、「神経情報処理システム」年次会議で、NVIDIAの研究者たちが新しい論文「Learning to Predict 3D Objects with an Interpolation-Based Renderer」(内挿ベースのレンダラーで3Dオブジェクトを予測する方法を学ぶ)を発表しました。
    https://nv-tlabs.github.io/DIB-R/files/diff_shader.pdf

    そこには、新しいグラフィック・ツール「Differential interpolation-based renderer」(微分可能関数内挿をベースにしたレンダラー)、略してDIB-Rの開発について詳細が記載されています。

    191211_nvidia-w1280

    (続きはこちら)
    https://www.gizmodo.jp/2019/12/nvidia-taught-an-ai-to-instantly-generate-fully-texture.html
     
    Source: NVIDIA, NeurIPS | 2019,GitHub
    https://blogs.nvidia.com/blog/2019/12/09/neurips-research-3d/
    https://nips.cc/
    https://nv-tlabs.github.io/DIB-R/files/diff_shader.pdf

    3: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/12/19(木) 11:23:30.64 ID:s9bUA5ql
    マリオでやってみて

    画像の説明文

    コメント(6)  
    machine learning

    1: 風吹けば名無し 2019/10/04(金) 17:17:50.09 ID:UObrznVYp
    絶対そうやろ

    画像の説明文

    コメント(9)  
    tie-690084_960_720

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/30(火) 15:16:48.057 ID:s/RdxKKW0
    は?
    AIってなんだと思う?馬鹿なの?そもそも25万円で働かせるっておかしいだろ1桁足りねえよks

    画像の説明文

    コメント(2)  
    Programming-894

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [US] 2019/01/18(金) 18:21:08.26 ID:husgpcQy0 BE:754019341-PLT(12345)
    ニューラルネットワークでアプリのバグを取り除こうとしたら全部消された話
    レストランといったローカルビジネスのレビューサービスを展開している「Yelp」のiOS向けアプリの1月15日のリリースノートに、興味深い一言が書かれている。

    今週アプリで問題が発生し大変ご迷惑をおかけしました事をお詫びします。
    ニューラルネットワークを使ってバグを全滅しようと試してみたところ、何もかも全て消去されちゃったんです。
    仕方なく以前の状態に戻しました。その間だけは100%バグがない状態だったのですが…。

    (続きはこちら)

    2: 名無しさん@涙目です。(catv?) [CN] 2019/01/18(金) 18:22:25.41 ID:IvNn7f4K0
    バグが全部消えたのかと思った

    画像の説明文

    コメント(2)  
    smartspeaker

    1: ムヒタ ★ 2018/12/21(金) 12:05:57.14 ID:CAP_USER
     米VCのLoup Venturesは12月20日(現地時間)、4つのAIアシスタントを対象にした“IQテスト”の結果を発表した。今年で2回目のこの調査の対象は、米Amazon.comの第2世代「Amazon Echo」搭載の「Alexa」、米Appleの「HomePod」搭載の「Siri」、米Googleの「Google Home Mini」搭載の「Googleアシスタント」、米Microsoftの「Cortana」(Harman Kardonの「Invoke」に搭載)の4つだ。

     総合ランクでは、Googleアシスタントの正解率が88%でトップだった。Siri(75%)、Alexa(73%)、Cortana(63%)の順だった。

     やはりGoogleアシスタントがトップだった昨年のテスト結果からの上昇幅を見ると、Siriが23ポイント、Alexaは9ポイント、GoogleアシスタントとCortanaは7ポイント増えており、Siriの成長の大きさが目立つ。

    (続きはこちら)
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1812/21/news089.html

    4: 名刺は切らしておりまして 2018/12/21(金) 12:17:52.91 ID:+6Ra1smQ
    この分野でGoogle勝てるところはないでしょ。

    画像の説明文

    コメント(5)  
    techno-speech

    1: しじみ ★ 2018/12/14(金) 14:59:47.35 ID:CAP_USER
    名古屋工業大学 国際音声言語技術研究所と音声合成を柱とするベンチャー企業テクノスピーチは12月12日、これまでの歌声合成とは一線を画す、元の歌い手の声質、癖、歌い方といった特徴を捉えた歌い方をディープラーニング技術などの適用で実現した。約2時間分の音声データで学習し、日本語、英語、中国語に対応する。

     名古屋工業大学の徳田恵一教授を中心とするチームはこれまで、隠れマルコフモデルを使った統計的手法により、音声合成のOpen JTalk、歌声合成のSinsyを開発し、提供してきた。テクノスピーチはこれらを発展させた商用製品CeVIO Creative Studioの開発にも携わっている。今回の新技術はこれらを新たな次元に推し進めるものと言える。

    02_o


    ※音源はこちらのlinkから聞けます
    https://www.techno-speech.com/news-20181214a

    (続きはこちら)
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1812/14/news089.html

    3: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/14(金) 15:07:02.20 ID:ZaBW70oa
    音楽がpcで完結する時代か

    画像の説明文

    コメント(3)  
    ad814192

    1: しじみ ★ 2018/12/08(土) 17:04:46.85 ID:CAP_USER
    囲碁の世界チャンピオンを打ち負かしたソフト「AlphaGo」が正常進化して、「AlphaZero」が誕生しました。人間による手助けを一切必要としないAlphaZeroは、ルールしか知らない状態から自己教育することで、たった30時間でAlphaGoを完膚なきまでに打ち負かす強さに成長可能。囲碁だけでなく、数十時間の独学でチェス・将棋でも、既存の最強ソフトを圧倒する強さへと進化できます。

    AlphaZero: Shedding new light on the grand games of chess, shogi and Go | DeepMind
    https://deepmind.com/blog/alphazero-shedding-new-light-grand-games-chess-shogi-and-go/

    囲碁チャンピオンを打ち負かしたソフト「AlphaGo」は、自分で自分を鍛えられる「AlphaGo Zero」へと進化しました。自分と戦いつつ実力をメキメキ向上させられるため、自己学習可能なAlphaGo Zeroでは人間の関与が不要になりました。

    囲碁に特化していたAlphaGo Zeroは、あらゆるボードゲームに対応できる汎用性を持つ「AlphaZero」へと進化しました。

    そして、DeepMindによって2018年12月7日にScienceで発表された論文では、AlphaZeroが、チェス・将棋・囲碁の3つの代表的なボードゲームにおいて、これまでに開発された最強のソフトウェアを数日で打ち負かす能力に成長できることが明らかにされました。

    A general reinforcement learning algorithm that masters chess, shogi, and Go through self-play | Science
    http://science.sciencemag.org/content/362/6419/1140

    AlphaZero: Shedding new light on the grand games of chess, shogi and Go

    (続きはこちら)
    https://gigazine.net/news/20181207-alphazero/

    2: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/08(土) 17:11:20.29 ID:bbLdYTkI
    Alphaは怖いほど凄いのに、
    GoogleHomeはなんであんな馬鹿なの?

    画像の説明文

    コメント(4)  
    1: しじみ ★ 2018/12/04(火) 18:36:50.64 ID:CAP_USER
     NVIDIAは3日(米国時間)、カナダ・モントリオールで開催中の「NeurIPS 2018 (Neural Information Processing Systems Conference)」にて、AIを使い、完全に人工的かつインタラクティブな3D環境を、リアルタイムでレンダリングする研究について発表を行なった。

     現在、仮想世界のあらゆるオブジェクトは、人の手によって個々にモデルを生成する必要があるが、この研究では、現実のビデオをもとにニューラルネットワークにオブジェクトを学習させることで、建物や樹木、車両などのオブジェクトを自動でレンダリングすることに成功した。

    AI_research_side-by-side_FINAL

     同社では、この技術によってゲーミングや自動車、建築、ロボティクス、VRのための仮想世界を即座に構築できる可能性が生まれ、現実世界の場所をもとにしたインタラクティブなシーンを生成したり、お気に入りのポップスターのダンスを自分がそっくりそのまま踊っているようなシーンを見せることもできるとしている。

    ■動画
    Research at NVIDIA: The First Interactive AI Rendered Virtual World
    https://youtu.be/ayPqjPekn7g


    https://news.developer.nvidia.com/nvidia-invents-ai-interactive-graphics/?ncid=so-you-ndrhrhn1-66582
    (続きはこちら)
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1156514.html

    3: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/04(火) 18:39:43.15 ID:taeZc8uz
    勝手に仮想世界がどんどん広がり始めたりして

    画像の説明文

    コメント(1)  
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/29(木) 15:59:17.449 ID:MKdsBXPB0NIKU
    pprAife

    画像の説明文

    コメント(1)  
    board-1364652_960_720

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/07(水) 07:24:21.823 ID:9Y+ugIlW0
    調べれば調べるほど数学がものをいう世界(´;ω;`)

    画像の説明文