汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねる、おーぷん2ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

値下げ

コメント(43)  
amd_radeon_rx_6000_series_l_01

995: Socket774 2022/09/23(金) 01:10:46.22 ID:4s6pq6FW0
https://www.techpowerup.com/299148/amd-cuts-msrps-of-radeon-rx-6000-series-graphics-cards

AMD は、両社の製品ライフサイクルが終わりに近づいているため、NVIDIA の RTX 30 シリーズ ハイエンド カードとの競争力を高めるために、Radeon RX 6000 シリーズ RDNA2 グラフィックス カードの新しい希望小売価格を設定しました。新しい価格表は 9 月 15 日に最終決定され、人気のあるオンライン小売業者で有効になり始めています。

最新の価格では、最高の Radeon RX 6950 XT が 949 ドル、RX 6900 XT が 699 ドルです。後者は、RX 6950 XT の 5% 以内であり、 250 ドル安いため、より価値があります。

RX 6800 XT は 599 ドルまで下がり、RX 6900 XT よりさらに 100 ドル安くなりますが、相対的なパフォーマンスは 5% 以内です。RX 6800 (非 XT) を見つけた場合、MSRP は 549 ドルに設定されています。
グラボの価格は下がらない宣言したばかりの革ジャンに対抗するように、リサがMSRP値下げして宣戦布告

975: Socket774 2022/09/22(木) 21:59:33.69 ID:7er8CXD/0
ラデは6000値下げして在庫処理して7000に以降する感じかね
革ジャンどうすんの

画像の説明文

コメント(14)  
parts_of_computer_l_01

186: Socket774 2022/08/25(木) 23:57:56.84 ID:hbj8m34F0
販売不足のため、Acer、ASUS、MSIは、GPU、冷却ユニットなどのコンピュータ部品の在庫をますます多く抱えていると報告されています。China Timesは、このような定住行動が、メーカーが在庫の一部を放出するために、小売業者が製品を迅速に販売できない原因になっていると報じています。現在、PCやモバイルコンピューターシステムのメーカーが同様の問題に直面しています。

高水準のPC在庫が、今後数週間のうちに「積極的な値引きとプロモーション」を誘発すると予想される

China Timesの報道によると、ASUSとQuantaの2社が、大量の在庫による影響を最も受けている企業であるとのことです。ASUSは現在、工場から送り出すことができない68億ドル以上の在庫を抱えている。ASUSは、昨年の在庫水準と比較して60%増の在庫を抱えることになります。同時に、Quantaは84億ドルの在庫を抱えており、これは昨年に比べてほぼ55%増に相当する。


China Timesの報道で、アナリストのDan Nystedt氏は、ASUSの在庫問題と、同社が現在どのように状況を捉えているかについて、内部情報を提供した。Nystedt氏は、ASUSの在庫の50%近くが部品とICで、残りの半分が完成品であることを確認した。

もしASUSが今後数四半期でコンポーネントや製品を相当量販売できなければ、製品は期限切れとみなされ、価値が下がってしまう。ASUSは、在庫のICおよびコンポーネントの約80~90%を将来のPCおよび製品に再加工するために使用できると評価しています。

多くの企業が工場から小売店への在庫一掃をより積極的に行わなければならない中、通常では見つけられないようなコンポーネントやコンピュータの大量取引を求める消費者には良い兆しです。

China Timesは、ほとんどのコンピュータブランドが「割引やプロモーションを通じて、完成品をチャネルに積極的に押し出す」ことを明らかにしています。その一方で、メーカーは小売業者や倉庫の在庫をさらに明確にするために利益を減らし、四半期ごとの売上に大きく影響することになります。

ここ数年、部品の入手が不可能になる一方で、部品の闇取引で価格が高騰しているのを目の当たりにしてきました。部品やシステムの入手が容易になった今、今期末に近づくにつれ、企業は利益を確保するのに苦労しています。特に、パンデミック、ウクライナ戦争、暗号通貨の暴落は、景気後退の恐れがあるため、在庫と利益に最も大きな影響を及ぼしています。

(続きはこちら)

188: Socket774 2022/08/26(金) 00:11:23.43 ID:jrgNB/uAd
ついに来たなと

画像の説明文

コメント(46)  
nvidia_geforce_rtx_3080_l_73

1: 風吹けば名無し 2022/08/22(月) 21:30:13.94 ID:FA+YSh7T0
ハイもミドルも新製品出すために在庫処分で値下げラッシュや

kakaku_rtx_3080_220824
https://kakaku.com/item/K0001416539/pricehistory/

画像の説明文

コメント(32)  
nvidia_geforce_rtx_3090_ti_l_24

1: それでも動く名無し 2022/07/16(土) 16:53:43.26 ID:vlli2k030
さすがに時期がいいだろこれは

画像の説明文

コメント(31)  
NVIDIA-GeForce-RTX-30-Series-Lineup-low_res-scale-4_00x-scaled-1

1: 名無しさん必死だな 2022/07/15(金) 18:53:48.58 ID:Bdg00Z2dd
NVIDIAは、RTX 3090 Ti、3090、3080 Ti & 3080を含むハイエンドGeForce RTX 30グラフィックスカードに値下げを発行するかもしれません。

ここ数日、グラフィックカードの大幅な値下がりが続いています。NVIDIA GeForceグラフィックスカードだけでなく、AMD Radeonのラインアップも含まれています。

今回の大幅な値下がりは、暗号通貨の暴落によって大量の中古GPUが市場に出回ったことと、両メーカーの次世代グラフィックスカードが今後数カ月で発売されるため、AMDとNVIDIAが、新世代のカードが市場に出回ったときに簡単に売れない現行世代の在庫を抱え込みたくないという事実に対する反応としてもたらされたものです。NVIDIAとAMDが、値下げやゲームバンドルなどのキャンペーンを行うことで、今すぐこの在庫の大半を処分することができれば話は別だが......。

NVIDIAは、ハイエンドのGeForce RTX 40シリーズグラフィックスカードのラインナップのためのスペースを確保するために、ハイエンドのGeForce RTX 30シリーズグラフィックスカードの各種価格を引き下げる予定だと報じられています。新しい価格は、これらのカードが発売以来2年の寿命の間に決して売れず、新世代が発売されようとしている今たまたま売れている元の希望小売価格よりも低くなると予想されます。

WS000000

新価格を始め、NVIDIA GeForce RTX 3090 Tiは1499.99ドル (メーカー希望小売価格:1999.99ドル) 、RTX 3090はドル (メーカー希望小売価格:1499.99ドル) 、RTX 3080 Tiは1099ドル (メーカー希望小売価格:1199.99ドル) 、未発売のRTX 3080 12GBは799.99ドル、RTX 3080 10GBは1299.99ドル (メーカー希望小売価格:699.99ドル) となる。

新しい希望小売価格は、厳密にはFounders Editionのバリエーションですが、様々なカスタムモデルが希望小売価格をはるかに下回る価格で販売されているのが確認されています。最近のAmazon Prime Dayの出品では、多くのカードが新しい希望小売価格よりもさらに安く出品されており、新しいグラフィックカードを切実に必要としているユーザーにとっては良いことですが、待つことができる人にとっては、お金を節約してRTX 40シリーズのグラフィックカードが発売されたら手に入れた方がいいかもしれません。

同時に、GeForce RTX 40シリーズのラインナップがどの程度供給されるか分からないので、これらのグラフィックスカードを購入しないように強制することは避けたい。GeForce RTX 30シリーズのグラフィックスカードで見たように、NVIDIAはダフ屋への対応に苦労しましたが、RTX 40シリーズの発売開始時にも同じことが起こる可能性は大いにあります。NVIDIAとその小売パートナーは、今回、ダフ屋に対処するための適切な予防策を講じているかどうかは、まだわかりません。

(続きはこちら)
グラフィックスカードモデル
オリジナルのMSRP(日本円 $1=140円)
新MSRP(日本円 $1=140円)
GeForce RTX 3090 Ti:$1,999(279,860円)→$1,499(209,860円)
GeForce RTX 3090:$1,499(209,860円)→$1,299(181,860円)
GeForce RTX 3080 Ti:$1,199(167,860円)→$1,099(153,860円)
GeForce RTX 3080(12GB):ー→$799(111,860円)

3: 名無しさん必死だな 2022/07/15(金) 18:56:04.44 ID:Odzz4tSs0
終わりの始まりだな

画像の説明文

コメント(72)  
nvidia_geforce_gtx_3070_l_24

1: 風吹けば名無し 2022/05/29(日) 10:34:37.67 ID:Ucwhc2950
でもRTX4000待つよね
NE63070019P2-1041A
https://kakaku.com/item/K0001417628/pricehistory/

画像の説明文

コメント(20)  
asus_logo_l_01

1: 風吹けば名無し 2022/03/30(水) 12:32:08.85 ID:Sz7gf5tV0
米ASUSは28日(米国時間)、GeForce RTX 30シリーズを4月1日より値下げすると発表した。
 
米国の対中関税に関する除外措置が一部製品で復活することによるもので、
エントリーグレードのGeForce RTX 3050からハイエンドのGeForce RTX 3090まで対象となっており、最大で25%程度価格が下がる見込みだとしている。

(続きはこちら)

2: 風吹けば名無し 2022/03/30(水) 12:32:44.06 ID:EdvNFpSad
うおおおおおおおおおおおお

画像の説明文

コメント(34)  
nvidia_rtx_30_series_l_15

1: ビクテグラビルナトリウム(ジパング) [FR] 2022/03/19(土) 00:08:18.18 ID:72jGeooR0● BE:792141984-2BP(2000)
NVIDIAがRTX 3000シリーズなどのAIB供給価格を最大12%値下げへ

NVIDIA製GPUについてはエントリーモデルであるGeForce RTX 3050でも4万円近くし、ハイエンドのRTX 3080レベルになると15万円以上での販売が普通になりつつありましたが、NVIDIAがASUSやGIGABYTEなどAIB各社に対してGPUコアの供給価格を値下げするようです。

(続きはこちら)
https://gazlog.com/entry/nvidia-rtx3000aib-pricecut/
 彡⌒ミ
  (・ω・)   RTX3080Ti安くなれ!!
  / し'⌒彡
  \  ノ
    YY
    ^ ^

3: ファムシクロビル(東京都) [TW] 2022/03/19(土) 00:09:31.47 ID:JRQp+MlD0
円安で値上げするんだろ

画像の説明文

コメント(25)  
nvidia_geforce_rtx_series_l_03

1: 風吹けば名無し 2022/03/18(金) 14:39:01.96 ID:j6co403cd
昨日、NVIDIAがGPUの価格を引き下げたことをお伝えしましたが、他の多くのソースからも、価格下落の包括的なトレンドが裏付けされ始めています。

最も興味深い報告は、HardwareUnboxed(Videocardzより)によるツイートで、オーストラリアにおけるRTX 3080 GPUの価格が一晩で2299ドルから1499ドル(35%以上の下落)になったというものです。

これに、多くの小売業者がバブル崩壊に備えて在庫を薄くしようとしていることが重なれば、世界のGPU価格が大規模に暴落する条件が整ったと言えるでしょう。


(続きはこちら)

2: 風吹けば名無し 2022/03/18(金) 14:39:14.10 ID:GC7nRsjPd
うおおおおおお

画像の説明文

コメント(34)  
Intel-10th-Gen-Family-10_R

87: Socket774 (ワッチョイ 1f73-DrOF) 2021/02/15(月) 01:34:05.85 ID:+0+6opBg0
第10世代の 「Comet Lake Desktop CPU」 の販売が好調なことから、Intelと小売パートナーは、アンロック版を含む複数のSKUで価格を引き下げた。現在の価格を考えると、Intelプロセッサは、TSMCの7ナノメートル製造の制約のために需要に追いつくのに苦労しているAMDのRyzen CPUよりも優位に立てる可能性がある。

Rocket Lakeのローンチが終わり、Intelとその小売パートナーは第10世代のLakeデスクトップCPUのいくつかを値下げ

インテルのComet Lake 10th Gen Desktop CPUラインナップは、ゲーマーやデスクトップユーザーにとって大きな価値を提供しています。確かに、AMDのRyzen CPUが提供しているような素晴らしいマルチスレッドパフォーマンスや効率性を提供していないかもしれないが、オーバークロックとゲームパフォーマンスに関して言えば、Intelは依然としてその点でリードしている。

現在、Amazon、Newegg、BestBuy、MicroCenterなどの大手小売業者は、Intelの第10世代Comet Lake CPUシリーズ全体の価格を引き下げている。Intel Core i9-10900Kは444USドル、Core i7-10700KとCore i5-10600Kはそれぞれ334USドルと229USドルで購入できる。以下は全ての大手小売店の小売価格です。

(続きはこちら)
https://wccftech.com/intel-slashes-prices-of-10th-gen-comet-lake-desktop-cpus/
Intelが第10世代CometLakeデスクトップCPUの価格を静かに値下げ? Core i9-10850Kが400ドル未満、
Core i7-10700Kが300ドル未満、Corei5-10600Kが200ドル未満



88: Socket774 (ワッチョイ c23f-L34z) 2021/02/15(月) 01:42:43.68 ID:QR920tYF0
ここまで安いのは、sandyとivy以来かな、その頃は円高もあってかi7が2万台で買えたんだよね。

14nm装置の減価償却なんかとっくに終わってるんだろうし、原価なんかある様で無いもんだから、儲からなだけで赤字にはならないだろうね。

画像の説明文

コメント(6)  
l_yk30028_01_T340

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/12/15(火) 16:38:05.81 ID:CAP_USER
 デル・テクノロジーズは12月15日、サーバ事業に関する5つの基本戦略を発表、合わせてサーバ販売価格の改定を実施した。

 「製品ポートフォリオの拡充」「消費モデルの導入」「新たな価格戦略」「顧客サポート力の強化」「販売エコシステムの強化」という、サーバ事業における5つの施策を発表。「VMware vSphere Bitfusion」のOEM提供や、月額制課金ソリューション「Pre-approved Flex on Demand Pricing for PowerEdge」などの提供を新たに実施する。

 サーバ製品の価格引下げについても言及されており、「PowerEdge」サーバ本体とサーバ用コンポーネント(プロセッサ/GPUを除く)、iDRACライセンス、サービス製品の価格改定が実施される。

l_yk30028_02_R640

□関連リンク
プレスリリース
https://corporate.delltechnologies.com/ja-jp/newsroom/announcements/detailpage.press-releases~japan~2020~12~20201215-1.htm
デル・テクノロジーズ
https://www.delltechnologies.com/ja-jp/index.htm
(続きはこちら)

5: 名刺は切らしておりまして 2020/12/15(火) 16:54:47.86 ID:knOSNmzx
みんなawsやらアズールやら使うと、サーバー売れなくなるの?

画像の説明文

コメント(18)  
intel_corei7_9th_gen_logo

558: Socket774 2020/08/12(水) 03:16:47.67 ID:vynOFUw40
Intelは、第9世代デスクトップCPUファミリの新たな値下げをプロモーション価格引き下げの一環として発表した。Tomshardwareの報道によると、同社はさまざまなIntel製プロセッサを主要小売店で最大25%引きで販売していることを把握している。

インテルの第9世代デスクトップCPUを最大25%値下げ-アンロックされた8コア340ドルから、アンロックされた6コアのCore i5 194.0ドルから
Tomshardwareに転送された公式声明の中で、Intelは、これらの価格引き下げは、DIY分野における高性能プロセッサに対する強力なCPU需要をサポートするためにパートナーと協力する方法の1つであるプロモーション価格引き下げの一部であると述べている。

プロモーション価格の引き下げは、DIY分野における高性能プロセッサに対する市場の強い需要を引き続きサポートするために、パートナーと協力する方法の1つです。
Intel (Tomshardware経由)

昨年ローンチされた第9世代Coreファミリ (開発コード名:Coffee Lake-Refresh) は、Intelのメインストリームプラットフォームに最初の8コアデスクトッププロセッサをもたらした。インテルCore i9-9900K 8コアCPUは、最大5GHzのクロック速度でゲームの王座を維持しました。CPUにはCore i9-9900KSと呼ばれる特殊なプロセッサも搭載されており、すべてのコアを5GHzに押し上げてパフォーマンス出力を向上させている。

Intel Coffee Lakeシリーズはその後、第10世代Comet LakeデスクトップCPUシリーズに取って代わられたが、これらの価格引き下げは、既存の第10世代のラインアップと比較すると、1ドルあたりの性能という点ではかなり魅力的に見える。新しい価格に話を移すと、CPUは次のようになる。

・Intel Core i9-9900K 8 Core / 16 Thread Desktop CPU ($435.99 US @ Amazon)
・Intel Core i7-9700K 8 Core / 8 Thread Desktop CPU ($340.00 US @ Amazon)
・Intel Core i5-9600K 6 Core / 6 Thread Desktop CPU ($193.95 US @ Amazon)
・Intel Core i9-9900K 8 Core / 16 Thread Desktop CPU ($439.99 US @ Newegg)
・Intel Core i7-9700K 8 Core / 8 Thread Desktop CPU ($340.00 US @ Newegg)
・Intel Core i5-9600K 6 Core / 6 Thread Desktop CPU ($199.99 US @ Newegg)

Price_Cuts

現在、Intelの 「Core i9-9900K」 は、価格引き下げにもかかわらず、409.99ドルという低価格でより高速なクロック速度を提供する 「Core i7-10700K」 (Amazon) よりも優れた価値を提供しているとは思えない。他の2つのチップの1ドルあたりのパフォーマンスは、Core i7-9700Kが340USドルでCore i7-10700Kより69.99 USドル安いことを考えると、わずかに優れているように見えます。Core i7-9700Kはロックされていない設計ですが、Core i7-10700Kのスレッドの半分しか持っていないためマルチスレッド化に欠けています。CPUのオーバークロックを計画していない場合は、309.99 USドル (Amazon) のCore i7-10700(非K) の方がはるかに価値が高く、8コアと16スレッドを保持できます。

インテル9900K、9700K、9600Kの値下げを発表か
旧世代ですら頑なに値下へしなかったのに
今や最新世代すら値下げするしか対抗手段ないしな


568: Socket774 2020/08/12(水) 09:37:18.73 ID:tU/8Bi/I0
>>558
インテルは原価が高いからあまり値下げすると原価割れしそう

画像の説明文