汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    値下げ

    コメント(18)  
    intel_corei7_9th_gen_logo

    558: Socket774 2020/08/12(水) 03:16:47.67 ID:vynOFUw40
    Intelは、第9世代デスクトップCPUファミリの新たな値下げをプロモーション価格引き下げの一環として発表した。Tomshardwareの報道によると、同社はさまざまなIntel製プロセッサを主要小売店で最大25%引きで販売していることを把握している。

    インテルの第9世代デスクトップCPUを最大25%値下げ-アンロックされた8コア340ドルから、アンロックされた6コアのCore i5 194.0ドルから
    Tomshardwareに転送された公式声明の中で、Intelは、これらの価格引き下げは、DIY分野における高性能プロセッサに対する強力なCPU需要をサポートするためにパートナーと協力する方法の1つであるプロモーション価格引き下げの一部であると述べている。

    プロモーション価格の引き下げは、DIY分野における高性能プロセッサに対する市場の強い需要を引き続きサポートするために、パートナーと協力する方法の1つです。
    Intel (Tomshardware経由)

    昨年ローンチされた第9世代Coreファミリ (開発コード名:Coffee Lake-Refresh) は、Intelのメインストリームプラットフォームに最初の8コアデスクトッププロセッサをもたらした。インテルCore i9-9900K 8コアCPUは、最大5GHzのクロック速度でゲームの王座を維持しました。CPUにはCore i9-9900KSと呼ばれる特殊なプロセッサも搭載されており、すべてのコアを5GHzに押し上げてパフォーマンス出力を向上させている。

    Intel Coffee Lakeシリーズはその後、第10世代Comet LakeデスクトップCPUシリーズに取って代わられたが、これらの価格引き下げは、既存の第10世代のラインアップと比較すると、1ドルあたりの性能という点ではかなり魅力的に見える。新しい価格に話を移すと、CPUは次のようになる。

    ・Intel Core i9-9900K 8 Core / 16 Thread Desktop CPU ($435.99 US @ Amazon)
    ・Intel Core i7-9700K 8 Core / 8 Thread Desktop CPU ($340.00 US @ Amazon)
    ・Intel Core i5-9600K 6 Core / 6 Thread Desktop CPU ($193.95 US @ Amazon)
    ・Intel Core i9-9900K 8 Core / 16 Thread Desktop CPU ($439.99 US @ Newegg)
    ・Intel Core i7-9700K 8 Core / 8 Thread Desktop CPU ($340.00 US @ Newegg)
    ・Intel Core i5-9600K 6 Core / 6 Thread Desktop CPU ($199.99 US @ Newegg)

    Price_Cuts

    現在、Intelの 「Core i9-9900K」 は、価格引き下げにもかかわらず、409.99ドルという低価格でより高速なクロック速度を提供する 「Core i7-10700K」 (Amazon) よりも優れた価値を提供しているとは思えない。他の2つのチップの1ドルあたりのパフォーマンスは、Core i7-9700Kが340USドルでCore i7-10700Kより69.99 USドル安いことを考えると、わずかに優れているように見えます。Core i7-9700Kはロックされていない設計ですが、Core i7-10700Kのスレッドの半分しか持っていないためマルチスレッド化に欠けています。CPUのオーバークロックを計画していない場合は、309.99 USドル (Amazon) のCore i7-10700(非K) の方がはるかに価値が高く、8コアと16スレッドを保持できます。

    インテル9900K、9700K、9600Kの値下げを発表か
    旧世代ですら頑なに値下へしなかったのに
    今や最新世代すら値下げするしか対抗手段ないしな


    568: Socket774 2020/08/12(水) 09:37:18.73 ID:tU/8Bi/I0
    >>558
    インテルは原価が高いからあまり値下げすると原価割れしそう

    画像の説明文

    コメント(15)  
    6f063edc

    622: Socket774 (ワッチョイ 2758-lwwZ) 2020/05/21(木) 17:23:58.02 ID:C9VumMMw0
    AMDは 「Ryzen 9 3900X」 プロセッサの価格を引き下げる
    AMD Ryzen 9 3900 Xは現在約410米ドル

    新しい 「コア」 戦争が始まった。伝えられるところによると、AMDはIntel Comet Lake-Sの発売を受けて、12コアのRyzen 3900 X CPUの価格を下げた。Core i 9-10900 Kは、Intel初のメインストリームのデスクトッププラットフォーム向け10コアと20スレッドのCPUだが、昨日国際メディアでレビューされた。

    410米ドルでは、Ryzen 9 3900 Xは、小売価格410米ドル(1000個)を特徴とするCore i 7-10700 K CPUの地位を脅かすだろう。しかし、Intelには統合グラフィックスを搭載していない10700 KFモデルもあり、価格は約20ドル安い。

    Ryzen 3900 Xと比較すると、インテルのフラッグシップ10900 Kプロセッサーは、マルチコア・タスクにおいてRyzen 3900 Xと3950 Xとの競争に苦戦しながらも、優れたゲーム・パフォーマンスを提供します。HardwareUnboxedのレビューでは、10900 Kは3900 Xよりもゲームで平均7%高速であり、他のアプリケーションでは12%低いマルチスレッドパフォーマンスを提供している。

    May 2020 Mainstream Desktop CPU Pricing

    3900Xが値下げ
    669: Socket774 (ワッチョイ 331b-dJ+A) 2020/05/21(木) 19:03:21.82 ID:AMCAtSfw0
    >>622
    ふざけんな買ったばっかりだぞ

    画像の説明文

    コメント(6)  
    intel_logo

    368: Socket774 (ワッチョイ 8773-Jq7D) 2020/01/22(水) 07:17:53.41 ID:3LXmHO3H0
    2020年下半期にIntelが“Zen 3”への対抗策としてCPUの値下げを検討している

    Intel、CPUの値下げを検討か
    AMDの新しい 「Zen2」 アーキテクチャは、デスクトップ、エンタープライズ、ノートPCの各市場で魅力的な性能を発揮しており、IntelはCPU市場での厳しい競争に直面している。Intelはこの10年間、これほど激しい競争に直面していないため、x86市場における同社の優位性は、前進することを確信するにはほど遠い。

    DigiTimesは、複数の大手PCメーカーの情報筋の話として、Intelが2020年後半にプロセッサの価格を引き下げる計画であると報じた。これらの値下げは、IntelがAMDの次世代プロセッサ 「Ryzen」 に対抗するために計画しているものかもしれない。AMDのLisa Su氏は既に、同社が 「Zen3」 シリーズプロセッサについて年内に詳細を発表する予定であることを明らかにしており、Intelはこれを懸念するはずだ。

    Intelの2020シリーズのメインストリームデスクトッププロセッサは、Comet Lakeシリーズの部品で構成されると見られている。これらのCPUは最大10コアを搭載し、Coffee LakeやKaby Lakeと基本的に同じCPUアーキテクチャを利用するが、コア数やクロック速度は高くなる。このため、14nmプロセスへの変更がないため、インテルの第10世代デスクトップ製品の競争力が制限されます。また、アーキテクチャ面での制約があるため、シングルスレッドでのパフォーマンスの大幅な向上は電力効率の大幅な向上につながりません。

    Intelは2020年後半に入り、顧客により多くの価値を提供し始める必要があるかもしれない。CPUの性能や電力効率が向上しても、技術的な価値を高めることができなければ、低価格で提供する必要がある。これはIntelの利益率を低下させるだけでなく、AMDも価格設定の見直しを迫られる可能性がある。

    https://www.overclock3d.net/news/cpu_mainboard/intel_reportedly_considers_cpu_price_cuts_to_defend_market_dominance/1

    371: Socket774 (ワッチョイ c7b1-D7No) 2020/01/22(水) 08:32:43.44 ID:hcFV+PyA0
    >>368
    値下げするってことは2020年も対抗できる製品出せないってことじゃね?
    やっぱTigerlake-Sはないのかよw

    画像の説明文

    コメント(14)  
    geforce-rtx-2060-gallery-a-641-d@2x

    614: Socket774 (ワッチョイ bd82-HLSl) 2020/01/17(金) 13:11:05.82 ID:WO75gUwp0
    GEFORCE RTX 2060


    公式 RTX2060 299.00ドルに値下げ

    615: Socket774 (ワッチョイ 42a6-9+Ck) 2020/01/17(金) 13:25:23.47 ID:oeMs1QX30
    初めからこの価格で売れって感じ
    高すぎんだよ20XX

    画像の説明文

    コメント(1)  
    91zkJfDb8mL._AC_SL1500_

    341: 不明なデバイスさん 2019/11/20(水) 15:17:52.71 ID:vrFM5yy2
    これか

    MSY、Razer製ゲーミングデバイスを価格改定で値下げ

    keyboard

    (続きはこちら)
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1219624.html

    >MSY株式会社は、同社が取り扱うRazer製のゲーミングデバイスについて、価格改定を行なう。
    >新価格は本日(20日)より適用となる。

    340: 不明なデバイスさん 2019/11/20(水) 14:04:31.05 ID:OGV6RHHi
    すげー安くなったなぁ
    やっぱり安くなるって言われて待ってて大正解だったわ

    画像の説明文

    コメント(14)  
    949d3ce3

    153: Socket774 (ワッチョイ 3d73-G1PU) 2019/10/08(火) 04:00:37.64 ID:szV7GVei0
    インテルの第9世代Coreプロセッサーの価格を引き下げ、新しいXeon W-2200および第10世代XシリーズCPUを発表

    インテルは、第9世代Coreシリーズプロセッサーの値下げを正式に発表し、最新の第10世代XシリーズおよびXeon W-2200シリーズプロセッサーも発表しました。Intelは現在、すべての分野で1ドルあたりのパフォーマンスを向上させることでAMDに対抗しようとしている。

    インテル、第9世代CPUの値下げを発表、Xeon W-2200ワークステーションと第10世代Xシリーズの熱心なプロセッサーも正式に発表
    今日、Intelは、GPUを内蔵しない第9世代Core CPU全体の値下げを発表した。これらの中には、Computex2019で発売された 「KF」 および 「F」 シリーズのプロセッサも含まれます。これまで、これらのプロセッサの価格は、統合型グラフィックスを搭載したプロセッサと同等でしたが、Intelは、これらのパーツが標準の第9世代ラインアップと比べてわずかな価格差に値すると判断しました。

    そのため、インテルはハイエンドのCore i9-9900KF(463米ドル、以前は488米ドル)からエントリーレベルのCore i3-9100F(97米ドル、以前は122米ドル)まで、全8種類のSKUの価格を引き下げます。以下の表にすべての価格をまとめました。これらのチップは、すでに専用グラフィックスカードを持っていて、他のPC部品に投資できる数ドルを節約したいと考えているユーザーにとって理想的だ。個人的には、値下げはかなり遅れていたと思うが、IntelがXシリーズプロセッサの価格を大幅に引き下げたことを考えると、第9世代のメインストリームラインアップにはまだやるべきことが残っている。

    Intel 9th Gen Core Processor Price Cuts

    Xeonについては、IntelがLGA2066ソケット向けのCascade Lake-X設計に基づくXeon W-2200ラインアップを発表した。ラインアップは4コアから18コアのSKUまでの範囲があり、ビルトインの信頼性、可用性、保守性に加えて、プラットフォームPCIeレーン数の増加、ECCメモリサポート、Intel VROCサポート、Thunderbolt3、Intel Optane SSD905サポート、およびvProプラットフォームサポートを提供します。IntelはすでにLGA3647ソケット向けXeon W-3000ラインアップを発表しており、こちらで詳細を読むことができる。

    前世代と比較すると、主力製品であるXeon W-2295 18コアおよび36スレッドプロセッサの価格が大幅に変更され、1333ドルとなりました。これは、従来のXeon W-2100ラインアップの主力製品であるXeon W-2195と比較して1220ドルの違いです。他のラインアップについても同じことが言えます。これは、より低価格でより高いパフォーマンスを提供するものです。


    インテルは、プロフェッショナルなクリエイターやマニアによって日常的に使用されている、処理負荷の高い継続的なワークロードに対応できるように精密に調整された製品ポートフォリオを提供する唯一の企業です。新しいXeon W-2200およびXシリーズプロセッサーは、これを次のレベルに引き上げます。ハイエンドデスクトップPCおよびメインストリーム・ワークステーションとしては初めて、Intel Deep Learning Boostとの統合によるAIアクセラレーションを備えています。これにより,AI推論は前世代に比べて2.2倍高速化した。

    さらに、この新しいラインナップにはインテルTurbo Boost Max Technology 3.0が搭載されています。このテクノロジはさらに強化されており、利用可能な最も高速なコアを特定して優先順位を付けることで、シミュレーションやモデリングなどのソフトウェアを可能な限り高速に実行できるようにします。

    Intel経由

    新しい機能と72のプラットフォームPCIe Gen 3.0レーンのサポートに加えて、新しいXeon W-2200ラインアップは、インテルのディープラーニングの強化もサポートしています。推定速度は、前の世代と比較して最大2.2倍向上し、3年前のワークステーションと比較して16.1倍向上しています。これは、新しいワークステーションを構築するユーザーに最適です。

    Intel Xeon W-2200 Workstation Processor Lineup

    最後に、インテルの第10世代Xシリーズプロセッサーがあります。このプロセッサーは、四つのSKU、18コア、14コア、12コア、および10コアプロセッサーで構成されています。すべてのロックは完全に解除され、オーバークロックが可能です。ハイパースレッディングが有効で、同社の最新のTurbo Core 3.0テクノロジーを搭載しています。新しいラインアップは、Skylake-Xマイクロアーキテクチャと14nmプロセスに基づいていますが、同社は市場での第10世代の競争力を大幅に高めるために次のような対策を講じています。

    1-第9世代のCore Xファミリと比較して、コアあたりの価格が大幅に低くなっています。
    2.シングルコアおよびオールコアのターボクロック速度が第9世代よりも高速。
    3-インテルPerformance Maximizer、2.5 Gインテルi225イーサネット、およびWi-Fi6をサポート。

    Intel Core i9-10980XEは、新しいフラッグシップチップであるHEDT Xシリーズチップで、3.0 GHzベースで18コア、36スレッドをサポートし、最大ブーストクロックは4.6 GHz(コアTB 2.0×1)、4.8 GHz(コアTB 3.0×1)、3.8 GHzの全コアブーストを実現する。チップは24.75 MBのL3キャッシュ、最大72のプラットフォームPCIeレーン、165WのTDP、そして979USドルの価格を特徴とし、これはCore i9-9980XEのコストの半分である。

    このプロセッサは、11月に小売店に登場する予定であり、AMDの第3世代Ryzen Threadripperプロセッサ (当初は24 18コア、48 36スレッドSKU) に対抗することになる。GigabyteとMSIは、ハイエンド設計とよりクリエイターに優しいプッシュ機能を特徴とする第10世代Xシリーズ・プロセッサー向けの新しいX299マザーボードも発表しました。

    Intel 10th Gen Core i9 'Cascade Lake' X-Series CPU Lineup

    https://wccftech.com/intel-9th-gen-cpu-price-cuts-10th-gen-x-series-xeon-w-2200-cpu-announcement/
    https://www.overclock3d.net/news/cpu_mainboard/intel_cuts_the_prices_of_their_9th_generation_coffee_lake_f-series_processors/1

    150: Socket774 (スップ Sd0a-bPVp) 2019/10/08(火) 00:53:27.61 ID:EozVQvird
    ケーエス!ケーエス!

    画像の説明文

    コメント(4)  
    Wafer

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [ニダ] 2019/04/16(火) 20:36:12.17 ID:8PDt+RBy0 BE:323057825-PLT(12000)
    スマートフォン(スマホ)やパソコンに使う半導体メモリーの取引価格が下げ止まらない。

    データの保存に使うNAND型フラッシュメモリーは、指標品の3月の大口需要家渡し価格が前月に比べて2割下がった。前年比では5割超安い。データの一時保存に使うDRAMは前月比で9%下がった。1年前に比べると3割安い。

    NAND型フラッシュ 1年で半値 DRAMは3割安
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43792390W9A410C1QM8000/

    5: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [RO] 2019/04/16(火) 20:38:54.68 ID:LJZzRnJI0
    PCの組時?

    画像の説明文

    コメント(9)  
    DRAM

    317: Socket774 2019/03/28(木) 16:36:09.14 ID:5J+76UZO
    DRAM market to shrink substantially in 2019

    最近の市況に対する懸念は、平均販売価格の急激な低下と相まって、2019年にはDRAM市場が770億米ドルに達し、前年比で22%減少するでしょう。IHS Markitによると、価格下落と需要の低迷は、2019年第3四半期まで続く可能性があります。

    IHS MarkitのアソシエイトディレクターであるRachel Young氏は、次のように述べています。「実際、ほとんどのメモリチップ製造業者は、需要の軟化に対処するために、生産高と在庫水準を管理するための対策を講じています。

    IHSによれば、需給の伸びは今後数年間で20%の範囲にとどまり、市場のバランスはほぼ維持されるとのことです。ただし、サーバーとモバイルデバイスが需要のカテゴリーをリードしている状態で、供給過剰と供給不足の時期が予想されます。

    https://www.digitimes.com/news/a20190327PR203.html

    348: Socket774 2019/03/28(木) 23:33:41.96 ID:NJaKbMcm
    >>317
    市場の予想は第三四半期まで下落か
    インテルの新ラインが第二四半期稼働、zen2発売がおそらく7月だから
    夏~秋にかけて本物の右往左往が始まる気がするな

    画像の説明文

    コメント(11)  
    tv-1271650_960_720

    1: ムヒタ ★ 2019/03/27(水) 12:00:26.75 ID:CAP_USER
    有機ELテレビの値下がりが進んでいる。都内の大手家電量販店では3月下旬現在、ソニーやパナソニックなど国内メーカーが販売する主力の55型製品が1台24万~28万円程度で並ぶ。2年前に比べ4~6割ほど下がり、30万円を割り込んだ。消費者に近い存在になり、売れ行きも好調だ。

    有機ELテレビは主要部材であるパネルのバックライトが不要。黒い色合いの表現に優れるが、液晶テレビに比べ割高感が強かった。主要メー…
    2019/3/27 11:30
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42954790W9A320C1QM8000/

    2: 名刺は切らしておりまして 2019/03/27(水) 12:03:42.35 ID:dOhFQ7uA
    30マンでもきついな~

    画像の説明文

    コメント(12)  
    pc-Memory

    427: Socket774 2019/03/10(日) 14:05:44.82 ID:sTcR3MF6
    gskillの2666の8gx2で8800円税込みかよ


    もうこれ時期いいたろ?

    画像の説明文

    コメント(4)  
    Radeon

    621: Socket774 2019/02/23(土) 22:48:32.07 ID:LhO/Vxqs
    登場時は4万~5万円台だったグラフィックスカードが2万円台に GeForce GTX 1660 Tiの影響で

     今週末は、複数のショップにMSIのRadeon RX580カード「Radeon RX 580 ARMOR 8G OC」がスポット入荷している。ドスパラ秋葉原本店やTSUKUMO eX.での税込み価格は2万3544円で、ゲームバンドルキャンペーンにも応募できる。ドスパラ秋葉原本店は「(2017年4月に)4~5万円で登場したGPUがこのお値段というのは、相当お買い得だと思います」とプッシュしていた


    (続きはこちら)
    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1902/23/news028.html

    570と580の安値は1660も影響しているのか、このクラスが下がるのは良いことだ。

    623: Socket774 2019/02/23(土) 23:04:55.31 ID:yNpsTd4X
    590が一時期2.6万円台だったから、590のほうが欲しいな

    画像の説明文

    コメント(3)  
    Xeon W-3175X

    51: Socket774 (ワッチョイ 42c8-feI+) 2019/02/08(金) 12:30:30.04 ID:sejupoKw0
    「Xeon W-3175X」が10万円も値下がり、発売からわずか1週間

     1月末に発売されたばかりのワークステーション向けCPU「Xeon W-3175X」が、大きく値下がりしています。

     ツクモパソコン本店が掲示しているPOPによると、新たな価格は税抜き359,980円(税込388,779円)。1月30日(水)に発売された時の価格は税込495,780円前後でしたから、わずか1週間ほどで、10万円近く値下がりしています。ちなみに同店には在庫もあるので、持ち帰る事も可能です。


    (続きはこちら)
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/1168830.html

    36: Socket774 (ワッチョイ 4958-45ee) 2019/02/07(木) 20:45:50.43 ID:N0NhFc750
    40万に値下げらしいね

    画像の説明文