汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねる、おーぷん2ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

リーク

コメント(48)  
INTEL-RAPTOR-LAKE-FIRE-HERO_l_01

985: Socket774 2024/01/21(日) 12:53:12.00 ID:zVBAoTCE
Arrow Lake-Sは24コアと記載されている。BIOSからハイパースレッディングが無効化され、スレッド数が24に制限されているようだ。

インテルの第15世代Arrow LakeプロセッサーとPCH(プラットフォーム・コントローラー・ハブ)の仕様が明らかになった。CPUアーキテクチャについてはすでに多くのことがわかっているが、PCH(チップセット)については謎だった。上から順に、Arrow Lake-Sは24(8P+16E)コアを搭載すると記載されている。これはプレアルファサンプルだが、BIOSからハイパースレッディングが無効化されているようで、スレッド数は24(8P+16E)に制限されている。我々は以前、インテルがハイパースレッディングからレンタブル・ユニットに移行しようとしていることを取り上げた。Arrow Lakeはどちらも搭載しない。

CPUのベース(PL1)TDPは125Wで、クロック3.5GHzはPコアのベースクロックまたはEコアのブーストクロックとして記載されている。これはプレアルファサンプルであるため、周波数は最終的な市場値よりも低くなる。コードネーム "Lion Cove "と呼ばれるPコアは、3MBのL2キャッシュ(Raptor Lakeの2MBより50%多い)を搭載し、5%未満のIPC向上が見込まれている。Skymont」Eコアと組み合わせることで、これらのプロセッサはRaptor Lakeと比較して15%のマルチスレッド性能向上を実現するはずだ。

Arrow Lake-SファミリーはLGA1851ソケットと共に登場する。付属のZ890チップセットは、14コア(6P+8E)と22コア(6P+16E)の2つのダイが存在することを示している。CPUはDDR5-6400メモリ(DDR5-5600から増加)をネイティブでサポートし、20のPCIe Gen 5レーン(dGPU + M.2 NVMe)と、M.2 SSD用の4つのGen 4レーンを備えています。最大8つのSATA IIIレーン、2つのUSB 4.0、1つのThunderbolt 4ポートも搭載しています。

PCHには、CPUへのDMI3 x8(Gen 4)インターコネクト、24 PCIe Gen 4レーン、8 SATA IIIポート、10 USB 3.2 Gen 2×1、Bluetooth 6/WiFi 7、14 USB 2.0ポートが搭載されている。

インテルの第15世代Arrow Lakeプロセッサーは、今年後半に発売される予定だ。このプロセッサーは、RibbonFET(GAA)と裏面給電を特徴とするインテル20Aノードを活用した最初のプロセッサーとなる。

(続きはこちら)
https://www.hardwaretimes.com/intel-15th-gen-arrow-lake-s-cpu-specs-leak-out-24-cores-no-hyper-threading-and-125w-tdp/
Arrow Lake-S には 24 コアが記載されています。
ハイパースレッディングは BIOS から無効になっているようで、スレッド数は 24 に制限されています


986: Socket774 2024/01/21(日) 13:40:14.31 ID:SnvBBSmE
これはもう駄目かもわからんね・・・・

画像の説明文

コメント(41)  
amd_ryzen_apu_l_21

491: Socket774 (ワッチョイ e553-414C) 2024/01/03(水) 13:49:20.72 ID:Tz3PEa4E0
デスクトップ 760M は、モバイル Radeon 780M と 760M の間に位置します。

AMD の次期 Ryzen 5 8600GのGPUベンチマークが Geekbench ブラウザーで発見され、発売に先立ってチップのグラフィックス パフォーマンスを知ることができました。8600G は Geekbench 6.2.2 のVulkanおよびOpenCLベンチマークでベンチマークされ、Nvidia の古い (しかし依然として人気のある) デスクトップGTX 1060と同様のベンチマーク スコアを達成しました。 両方のベンチマーク リストは、8600G に、非常に優れた 2.8 GHz で動作する AMD のミッドレンジRadeon 760M統合グラフィックス チップが搭載されることを示しています。このチップは 2x16GB DDR5-6000 DIMM と組み合わせられ、性能も向上しました。 Ryzen 5 8600G は、Vulkan ベンチマークで 30,770 ポイント、OpenCL テストで 24,842 ポイントを獲得しました。どちらのスコアも統合グラフィックス チップとしては非常に優れていますが、物事を大局的に捉えることが重要です。Radeon 760M のスコアは、Nvidia のGeForce GTX 1060よりわずかに優れているか、Nvidia の (かなり中傷されている) GTX 1630よりわずかに悪いです。 8600G の Radeon 760M は、予想どおり、Vulkan ベンチマークとOpenCL パフォーマンスで Radeon 760M の既存のモバイル結果を上回っていますが、より頑丈な 780M モバイル部分には及ばません。Radeon 780M では 12 CU と 768 個のシェーダが必要ですが、Radeon 760M には 8 個のコンピューティング ユニットと 512 個の GPU シェーダ コアが必要です。デスクトップ部分では電力制限を高くする必要があり、これにより 760M が最大ブースト クロックに近い速度で動作できるようになります。

YFGiovruPaFKrhxvQ6RJDe-1200-80

PCRDWCTAXhE65wJcEKKGQe-1200-80

nZyFqzpW6EtYUtWdBtmRtd-1200-80

AMD の 8600G の数字は、統合グラフィックスとしては驚異的です。古い GTX 1060 に匹敵する生のコンピューティングは大したことではないように思えるかもしれませんが、AMD の統合チップは消費電力を大幅に削減しながらこれを実現します。最新の AM5 システムがアクセスできる高速 DDR5 XMP/AMP キットも、統合グラフィックス チップのパフォーマンスを以前よりも大幅に向上させます。

(続きはこちら)
https://www.tomshardware.com/pc-components/gpus/amds-upcoming-integrated-graphics-matches-seven-years-old-gtx-1060-in-geekbench-6-ryzen-5-8600g-igpu-benchmarks-leak

493: Socket774 (ワッチョイ e553-414C) 2024/01/03(水) 14:45:45.35 ID:Tz3PEa4E0
つーか1060と同等の性能レベルってことは、つまり今度出る劣化モデルの3050 6GBモデルと同等になりそうって事なわけで
APUと同等レベルの外付けGPU買う意味とは・・・(´・ω・`)

画像の説明文

コメント(24)  
adm_radeon_rx_7600_xt_leak_l_01

1: 名無しさん必死だな 2023/12/30(土) 09:20:10.69 ID:bg8ZMyFI0
米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)は来年1月下旬、デスクトップPC用グラフィックボードの新たなローエンドモデル「Radeon RX 7600 XT」を発売するもようだ。

RX 7600 XTは、既存のRX 7700 XTとRX 7600の中間に位置する製品で、これまで旧世代のグラボに依存していたローエンドPCのパフォーマンスを改善するものとなりそうだ。同時期には、競合のエヌビディアがGeForce RTX 4070、4070 Ti、4080の「Super」モデル3種と、179ドル(約2万5000円)の廉価版RTX 3050を発売するとうわさされている。RTX 4070 Superは、RX 7600 XTと発売日が重なる可能性がある。

RX 7600 XTに関するうわさは、グラボ情報サイトの「VideoCardz」が中国のウェブサイト「BenchLife」からの情報として伝えたもの。BenchLifeは関係筋の話として、発売は1月22日の週になると報道。VideoCardzも独自に入手した情報として、発売予定日を1月24日と伝えている。

amd_radeon_rx_7000_specifications_l_21

(続きはこちら)
https://news.yahoo.co.jp/articles/c35f96339dad904ba27724784953247187c6bfe1

2: 名無しさん必死だな 2023/12/30(土) 09:41:18.06 ID:NM1pcsQS0
20Tflops超えててもローエンドの時代か

画像の説明文

コメント(33)  
NVIDIA-GeForce-RTX-4080-SUPER_main

136: Socket774 (スップ Sd1f-shJp) 2023/12/28(木) 08:37:11.57 ID:0GFJgEOXd
GigabyteとMSIのGeForce RTX 40 SUPERカスタムモデルがリーク: NVIDIA RTX 4080 SUPER 16GB、RTX 4070 Ti SUPER 16GB、RTX 4070 SUPERのトリプルファンおよびデュアルファンデザイン

NVIDIA-GeForce-RTX-4080-SUPER-4070-Ti

MSI-GeForce-RTX-40-SUPER-GPU-Custom-Model-Retailers-Leak-scaled

小売業者は、価格も提示しているが、それらは予備的なリストに基づいており、最終的な希望小売価格が発表されれば変更される可能性があるため、言及する価値はない。繰り返しますが、GeForce RTX 40 SUPERグラフィックスカードは、1月8日に開催されるNVIDIAのCES 2024特別講演で発表され、その後、今月後半に発売される予定です。

(続きはこちら)
https://wccftech.com/nvidia-geforce-rtx-4080-super-16-gb-4070-ti-super-16-gb-4070-super-12-gb-custom-models-msi-gigabyte-leak/

148: Socket774 (ワッチョイ 6381-wIMX) 2023/12/28(木) 09:28:59.90 ID:dUYvzJiS0
>>136
ずいぶんとお高いな

画像の説明文

コメント(40)  
amd-ryzen-8000g-guide_l_01

287: Socket774 (ワッチョイ 5fb1-3PPy) 2023/12/19(火) 10:00:38.98 ID:U1+xqiXj0
AMDの次期デスクトップAPU Ryzen 8000G "Hawk Point "のスペックがリークされ、ASUSによって確認された。

ASUSがAMD Ryzen 8000G "Hawk Point" Desktop APUの仕様をリーク: 8700G、8600G、8500G、8300Gを含む4つのSKUがAM5 DIYに登場

AMD Ryzen 8000G APUは以前のリークで明らかにされていたが、ASUSが明らかにした最新の情報では、その情報が検証され、さらに詳細な情報も提供されている。AM5デスクトップ・セグメントにおける新しいHawk Point APUは、2つの重要な技術を使用する。1つ目はCPU側を駆動するZen 4コア・アーキテクチャで、2つ目はグラフィックスを駆動するRDNA 3コア・アーキテクチャだ。

最新の情報によると、AMD Ryzen 8000G APUはPhoenixのB2ステッピングをベースにしている。B2ステッピングは、AMDの新しいラップトップ向けRyzen 8040 APUですでにデビューしているHawk Point APUで採用されている。この新ファミリーは、すでに複数の600シリーズ製品で展開されている最新BIOSを使用してAM5マザーボードでサポートされる。

AMD-Ryzen-8000G-ASUS-Leak

AMD Ryzen 8000Gのスペック: 65Wと35WのAM5フレーバー
AMD Ryzen 8000G APUは、PROとNon-PROの両フレーバーで提供され、仕様は同じである。フラッグシップSKUはRyzen 7 8700Gで、8コア、16スレッド、ベースクロック4.2GHz、ブーストクロック5.1GHzとなる。また、6コア、12スレッド、ベースクロック4.35GHz、ブーストクロック5.0GHzのRyzen 5 8600G APUもある。これらのAPUはいずれもPhoenix 1ダイをベースとし、OCをサポートする。


Phoenix 2 SKUには、6コア12スレッドのRyzen 5 8500Gと、4コア8スレッドのRyzen 3 8300Gが含まれる。8500Gはベースクロック3.55GHz、ブーストクロック5.0GHzで動作し、8300Gはベースクロック3.45GHz、ブーストクロック4.90GHzで動作する。これら2つのチップはPhoenix 2ダイをベースとし、OC(マニュアル)機能を除いたPBOサポートを特徴とする。Phoenix 2チップには、Radeon 780Mや760MといったハイエンドのRDNA 3 iGPUも搭載されません。その代わり、Radeon 740Mが搭載され、コンピュートユニットは4基のみとなる。

AMDがAM5デスクトップAPUにNPUを追加するかどうかは興味深い。これまでのところ、XDNAエンジンはRyzen 7040/8040ラップトップチップのみに限定されている。Phoenix 2チップもサイズとコストの制限からNPUを搭載していないが、Ryzen 7 8700GやRyzen 5 8600Gなどの上位チップにはNPUが搭載される可能性があり、AI専用のアクセラレーター・エンジンを搭載した初のデスクトップ・プロセッサーとなる。

(続きはこちら)
https://wccftech.com/amd-ryzen-8000g-hawk-point-desktop-apu-specs-confirmed-8700g-8600g-8500g-8300g-am5/
AMD Ryzen 8000G “Hawk Point” desktop APU specs leaked by ASUS and ASRock
https://videocardz.com/newz/amd-ryzen-8000g-desktop-apu-specs-leaked-by-asus-and-asrock

288: Socket774 (オッペケ Sr47-7EMP) 2023/12/19(火) 10:01:45.17 ID:NpzpgMqHr
これが5000Gから数倍のゲーミング性能の8000Gか

画像の説明文

コメント(46)  
nvidia_gefroce_rtx_4070_super_l_01

56: Socket774 (スップ Sdbf-gzQk) 2023/12/15(金) 07:15:17.76 ID:MrW3vh1Kd
NVIDIAのRTX 4080 SUPER、4070 Ti SUPER、4070 SUPERを含むGeForce RTX 40 SUPER GPUは、すべて1月に小売発売される予定です。

NVIDIAのGeForce RTX 40 SUPER GPUは1月に発売される: 4070 SUPERが17日、4070 Ti SUPERが24日、4080 SUPERが31日

NVIDIAは、GeForce RTX 40 SUPER GPUラインアップの発売を準備しており、1月8日のCES 2024で発表される。発表後、NVIDIAはAIBパートナーがそれぞれのラインアップのマーケティングキャンペーンを開始することを許可する予定です。このAICへの最近のアップデートにより、技術リーカーは、ITHomeが報告しているように、これらのGPUの発売日に関する知識を得ることができた(Chinese Board Channel Forums経由):

NVIDIA GeForce RTX 40 SUPER 発表:1月8日
・NVIDIA GeForce RTX 4070 SUPER棚発売:1月17日
・NVIDIA GeForce RTX 4070 Ti SUPER棚発売:1月24日
・NVIDIA GeForce RTX 4080 SUPER発売:1月31日

RTX 40 SUPERファミリーのトリオは同じ日に発表されるが、実際の入手可能性は異なる。グリーンチームは、3製品すべてを1月の同月内に発売する予定であり、RTX 4070 SUPERが1月17日の発売日で最初に市場に投入され、次いでRTX 4070 Ti SUPERが1月24日、そして最後にRTX 4080 SUPERが1月31日に発売される。すべてのカードは1週間間隔で発売されるため、レビュアーはテストに十分な時間を割くことができ、AIBは最新製品のマーケティングに取り組むことができる。

今度の発売で興味深いのは、NVIDIA独自のFounders Editionデザインについてまだ何も聞かされていないことだ。AIBは、様々な新しいカスタムデザインとリフレッシュされたカスタムデザインを提供する予定であり、今のところ、FEモデルについては何も聞いていない。

(続きはこちら)
https://wccftech.com/nvidia-geforce-rtx-4070-super-launch-17th-january-4070-ti-super-24th-4080-super-31st/
RTX 4070 Superは2024年1月17日発売
RTX 4070 Ti Superは1月24日
RTX 4080 Superは1月31日

70TiSだけ気になる


31: Socket774 (ワッチョイ 1f50-tASO) 2023/12/15(金) 00:24:39.10 ID:fwHRgy5j0
70tisuperって本当にでるのかね
16gだったら4080と差がなさすぎる気がするんだけど

画像の説明文

コメント(45)  
NVIDIA-GeForce-RTX-30-Series_Official_2_l_01

59: Socket774 (ワッチョイ 3753-HI/Z) 2023/12/09(土) 18:08:05.80 ID:kYpMOz590
NVIDIA はまもなく「発売中止」しようとしていますRTX3050 8GBより遅いカードに交換してください。アンクル・ジェンセンは、価格を下げることで、より手頃な価格にするつもりです。VRAM 6GBまで。その理由は、GeForce RTX 4060 の売上を共食いしているためです。RTX 4060 が RTX 3050 よりもかなり高速であることは誰もが知っていますが、VRAM サイズが同じであるため、情報に乏しい購入者が後者に惹かれています。

NVIDIA-RTX-3050

中国からの報告によると、GeForce RTX 3050 は RTX 4060 のランチを朝食に食べているようです。そして、NVIDIA は新しいカードの価格を値下げしないため、次のことを決定しました。セグメンテーションを広げるRTX 3050 8GB を生産中止し、より低速な 6GB バージョンに置き換えます。また、チーム グリーンが RTX 4050 の発売を準備しており、そのためのスペースを確保したいと考えている可能性もあります。

残念ながら最近のタイトルの多くは 1080p で最大 12GB のグラフィックス メモリを使用するため、ゲーマーにとっては 8GB が既に押し上げられていました。さらに悪いことに、RTX 3050 の 6GB バージョンには、よりスリムな 96 ビット バス (8GB の 128 ビット) が搭載される可能性があります。帯域幅を減らす。

NVIDIA-GeForce-RTX-4060-Ti-8-GB-16-GB-Graphics-Card

GeForce RTX 3050 8GB は、128 ビット バスとともに 1.77 GHz (ブースト) でクロックされる 2,560 個の FP32 シェーダーを備えています。その結果、メモリ帯域幅は次のようになります。224GB/秒。バスを 96 ビットに削減すると、168GB/秒。

NVIDIA とそのパートナーは、既存の在庫が枯渇するのを待ち、その後 6GB モデルが既存のモデルに置き換わる予定です。後者は1月に小売市場に投入される予定だ。

(続きはこちら)
https://www.hardwaretimes.com/nvidia-reduces-the-vram-on-the-rtx-3050-from-8-to-6gb-to-save-the-rtx-4060/
ジェンセンおじさん「3050のせいで(価格の高い)4060ぜんぜん売れんやんけ! せや、やっすいグラボ売れんようにしたろ!」

64: Socket774 (ワッチョイ ff03-rMIA) 2023/12/09(土) 18:28:52.33 ID:UqrKXE8x0
3060のせいにはしないんか?
12GBの大物喰らいやぞ

画像の説明文

コメント(18)  
AMD-EPYC-Bergamo-Zen-4C-CPU

258: Socket774 (ワッチョイ 1153-Vvnv) 2023/12/03(日) 09:44:22.50 ID:mgZfgmlz0
最初のAMD Zen 6のリークが来た。2025年から26年にかけてZen 5の後継となるこれらのチップは、モジュール性、I/O、コア密度に重点を置く。これらの初期の詳細は、過去のデータでかなり信頼できることを証明している "Moore's Law is Dead "からのものだ。まず最初に。我々は、最初のZen 5 SKUは2024年第2四半期に登場し、その後Zen 5cが同年後半に登場すると予想している。本日のデータは、主にZen 6 Epycラインアップ、特にSP7とSP8 Venice CPUに関するものです。

Screenshot-2023-12-02-at-17-08-28-AMD-Zen-6-Venice_l_01

32コアのCCDと複数のIODが、Zen 6で予定されている主な変更点だ。ローレンジとミッドレンジのプロセッサーは引き続きシングルIODを使用するが、ハイエンドとフラッグシップは複数の小型I/Oダイを採用する。例えば、Epyc「Venice」の32コアのバリエーションは、Zen 6のCCDとNCD(Networking Compute Die)と並んで単一のIODを活用することになる。その結果、CPUはクアッドチャネルDDR5-6400メモリ、32 PCIe Gen 5、16 PCIe Gen 6レーンを搭載することになる。

Screenshot-2023-12-02-at-17-08-28-AMD-Zen-6-Venice_l_02

64コアのVeniceは、2つのI/Oダイ、2つの32コアZen 6 CCD、そしてNCDとFPGAを含むいくつかのアドオン・ダイを搭載する。8チャネルDDR5-6400メモリ、64 PCIe Gen 5、32 PCIe Gen 6レーンを提供する。NCDとFPGAスロットは、顧客の要望に応じて標準的なCCDやAIユニットと交換することができる。

Screenshot-2023-12-02-at-17-08-28-AMD-Zen-6-Venice_l_03

「Venice SP7」フラッグシップは、最大8倍のZen 6 CCDを搭載し、最大256コア、16 DDR5-6400メモリ・チャネル、128 PCIe Gen 5、64 Gen 6レーンを追加する。各CCDは2nmクラスのノードで製造され、IODは4nm派生ノードで製造される見込みだ。説明の通り、各コンピュート・ダイは、市場のニーズに応じてAI、NCD、FPGAと交換することができる。

Screenshot-2023-12-02-at-17-08-28-AMD-Zen-6-Venice_l_04

興味深いことに、Zen 6cの表記がないのは、AMDがZen 6cの名称を変更したか、あるいは両者を区別しなくなったことを示唆している。このことから、これらのZen 6 CCDは、キャッシュが少ないZen 6cデザインなのか、あるいはその中間なのかが気になるところだ。AMDは最近発表したPhoneix 2モバイル・プロセッサーでも似たようなことをしており、Zen 4とZen 4cのコアを区別していない。

Zen 4に追加されたL3キャッシュは、ゲームのようなメモリに敏感なワークロードに大きな影響を与えるため、この差別化を欠くアプローチは問題がある。さらに、Zen 4cコアは、より大きな兄弟コアよりもはるかに高いブーストクロック用にコード化されており、その結果、両コアの間に明確な性能差が生じます。

(続きはこちら)
https://www.hardwaretimes.com/amd-zen-6-venice-leak-2nm-node-256-cores-16-ch-ddr5-6400-and-208-pcie-gen-56-lanes/

246: Socket774 (ササクッテロラ Spbd-63Vk) 2023/12/02(土) 20:41:44.83 ID:PS6w7bNpp
Zen1,1+,2,3でAM4だったんだから
AM5も少なくとも3世代、Zen6までは確定
できればZen7まで据え置きでいるはずだよなぁ?

画像の説明文

コメント(45)  
amd_ryzen_8000g_l_01

46: Socket774 (スッップ Sd7f-UGB0) 2023/11/28(火) 01:54:56.05 ID:/aI/dBtjd
AMDのAM5デスクトップ・プラットフォーム向け次期Ryzen 8000G「Phoenix」APUファミリーの仕様とベンチマークがリークされた。最新情報はペルシャのテック&PCアウトレット「Sakhtafzarmag」からのものだ。

AMD Ryzen 8000G "Phoenix "APUファミリーは最大14のAM5デスクトップSKUを含み、スペックとベンチマークがリークされる。

今回のスペックは、AMDがデスクトップ向け次世代APUファミリーを「Ryzen 8000G」のバナーで発表するという、以前リークされた情報に続くものだ。この新しいAPUは2つの主要技術を採用しており、1つ目はCPUを駆動するZen 4コア・アーキテクチャ、2つ目はグラフィックスを駆動するRDNA 3コア・アーキテクチャである。新ファミリーはAM5マザーボードでサポートされ、最新のBIOSを使用する。

AMD Ryzen 8000Gのスペック: 65Wと35WのAM5フレーバー
AMD Ryzen 8000G APUは、同じ仕様のPROとNon-PROの両方が提供される。フラッグシップSKUはRyzen 7 8700Gで、8コア、16スレッド、ベースクロック4.2GHz、ブーストクロック5.1GHzとなる。また、6コア、12スレッド、ベースクロック4.35GHz、ブーストクロック5.0GHzのRyzen 5 8600G APUもある。これらのAPUはいずれもPhoenix 1ダイをベースとし、OCをサポートする。

AMD-Ryzen-8000G-AM5-Desktop-APU-Phoenix_01

Phoenix 2 SKUには、6コア12スレッドのRyzen 5 8500Gと、4コア8スレッドのRyzen 3 8300Gが含まれる。8500Gはベースクロック3.55GHz、ブーストクロック5.0GHzで動作し、8300Gはベースクロック3.45GHz、ブーストクロック4.90GHzで動作する。これら2つのチップはPhoenix 2ダイをベースとし、OC(マニュアル)機能を除いたPBOサポートを特徴とする。Phoenix 2チップには、Radeon 780Mや760MといったハイエンドのRDNA 3 iGPUも搭載されません。代わりに、Radeon 740Mが搭載され、コンピュートユニットは4基のみとなる。

標準的なRyzen 8000G AM5 APUはすべてTDP 65W/45Wを搭載するが、各SKUにはクロック速度が若干低下するがコア構成は同じ35Wの「GE」フレーバーも用意される。これらのAPUは1月31日に発売されると言われているが、実際の発売は2月11日とされている。

AMD-Ryzen-8000G-AM5-Desktop-APU-Phoenix_02

また、AMD Ryzen 7 8700G(Phoenix 1)SKUの複数のゲームと1080pの合成ベンチマークに関するベンチマークも紹介されている。性能は、Ryzen 7 8700GのRDNA 3 iGPUが12個の演算ユニット(768個のSP)を搭載しているのに対し、8個の演算ユニット(512個のSP)を搭載したRadeon Vega iGPUを提供するRyzen 7 5700G「Cezanne」と比較されている。

AMD-Ryzen-8000G-AM5-Desktop-APU-Phoenix_03

グラフでは、AMD Ryzen 8000G「AM5」デスクトップAPUが性能テストで2.5倍以上の性能向上を示しているが、ほとんどは、はるかに新しいRDNA 3アーキテクチャから期待されるはずの2倍程度の向上を見ている。性能に基づけば、これらのチップは、格安ゲームや一般的なオフィス・ユーザー向けの非常にまともなチップになりそうだ。最大の疑問は、価格がどうなるかということだ。最終的な価格については数カ月はわからないだろうが、CES 2024の頃には間違いなく情報が入ってくるだろう。

(続きはこちら)
https://www.deepl.com/ja/translator#en/ja/AMD%20Ryzen%208000G%20AM5%20Desktop%20APU%20Specifications%20Leak%2C%20Up%20To%202.5x%20Faster%20Than%20Ryzen%205000G%20In%20Gaming%20Benchmarks
 Zen4 APUすげえな
GTX1060に勝るとも劣らないゲーム性能がありそうだ


47: Socket774 (ワッチョイ 47b1-nvcn) 2023/11/28(火) 02:15:52.49 ID:rmulcLLS0
マザボごと8700G買っちまいそう

画像の説明文

コメント(30)  
AMD-Radeon-RX-7000-Graphics-Cards-g-low_res-scale-2_00x

504: Socket774 2023/11/16(木) 14:36:26.87 ID:MNT2mUUc0
RDNA 4では、RX 8800 XTが500ドル前後の最上位SKUになると予想している。RX 8700 XT、8600 XT、そしておそらくそれらの非XTバリアントとエントリーレベルの500クラスのグラフィックカードが付属します。

最速のRDNA 4 GPUはRadeon RX 7900 XTよりも高速になる見込みだと、YouTubeチャンネル "Moore's Law is Dead" が主張している。残念ながら、この情報源はRTX 4080 Superを打ち負かすことができるかどうかについては明確にしていない。我々は、7900 XTが4080に対してかろうじてパフォーマンスを発揮していることを確認しているが、ラスタライズではまともだが、レイトレーシングでは残念だ。強化された(4080)Superバリアントは、800クラスのRadeonには荷が重すぎるかもしれない。

Radeon RX 8800 XT (と思われる) はミッドレンジのグラフィックカードで、RX 7800 XTの後継でありながら、7900 XTに近い、あるいは上回っている。
Navi 43 GPUを活用し、約64のコンピュートユニットと4,096のストリームプロセッサを搭載する。セグメンテーションを考慮すると、価格とリリース日はNVIDIAがその時点で何を提供するかに大きく左右されます。

AMDがFSR 3 (テストしましたが、DLSS 3よりもさらに優れています。)を普及させることができれば、最も高価なものを除くすべての主要な価格帯でNVIDIAと競争することができる。RX 7800 XTの好調ぶりを見ていると、Team Radeonが本当に輝いているのはそこだと思う。

(続きはこちら)
7900GREやFSR3発表リークなど、(他はともかく)RADEON関連リークではピカ一の実績を持つMLIDによるリーク
というかRDNA4関連の具体的な記事としては、これが初になるかも


505: Socket774 2023/11/16(木) 15:06:59.88 ID:bfPxyPul0
ご、ごひゃくどる???やっすw

画像の説明文

コメント(19)  
Ryzen_7_5700X3D_l_01

432: Socket774 2023/11/15(水) 03:40:25.11 ID:zDZB8GPx
AMDは、次期Ryzen 7 5700X3DとRyzen 5 5500X3Dで、さらにRyzen 5000 3D V-Cache CPUを準備している。

AMDはまだAM4を諦めていない!Ryzen 7 5700X3D & Ryzen 5 5500X3Dを含む新しい3D V-Cacheチップを準備中

AMDはすでにAM4プラットフォーム向けにRyzen 5000ファミリーの2つの3D V-Cache CPU、Ryzen 7 5800X3DとMicrocenter専用のRyzen 5 5600X3Dを提供している。しかし、リーク情報提供者のchi11eddogが報じたように、同社はさらに多くの製品でポートフォリオを拡大する計画だ。

最新のリーク情報によると、AMDは2つの全く新しいAM4デスクトップCPU、Ryzen 7 5700X3DとRyzen 5 5500X3Dを準備中で、どちらも3D V-Cacheテクノロジーを提供し、旧型プラットフォームのゲーミングユーザーにより多くの選択肢を提供する。

AMD Ryzen 7 5700X3DとRyzen 5 5600X3Dのスペック
スペックに関しては、まずAMD Ryzen 7 5700X3Dがあり、これはRyzen 7 5800X3Dの少しトーンダウンしたバージョンで、同じ8コア、16スレッドだが、クロック速度は3.0GHz(ベース)と4.1GHz(ブースト)に低下する。このチップは96MBのL3キャッシュを提供し、TDPは同じ105ワットを維持する。Ryzen 5 5500X3Dについては、6コア、12スレッド、ベースクロック3.0GHz、最大4.0GHzのブーストクロック、同じ96MBのL3キャッシュが提供される。

第1世代の3D V-Cacheチップは、第2世代のRyzen 7000 CPUよりも消費電力と熱の制限が厳しく、チューニング機能が提供されるようになったため、両チップのクロック速度は明らかにX3D以外のパーツよりも低くなる。5700X3Dは5800X3Dに対して約400MHzクロックが低く、5500X3Dはベース周波数で300MHz、ブースト周波数で400MHz低い。

価格や入手可能性についてはまだ不明だが、AMDはAM4デスクトップ・プラットフォームをあきらめたわけではないようだ。これらの新しいSKUは、メインストリーム層がしばらくの間AM4に固執し、3D V-Cache技術の追加によるゲーミング・パフォーマンスの向上を楽しむことを保証するだろう。

これは、DRAMとマザーボードの価格上昇のため、既存のPCを割り切ってより高価なAM5プラットフォームへアップグレードしたくない低価格層にとっても素晴らしいニュースだ。しかし、古い500/400/300シリーズのマザーボードに新しいX3Dチップを搭載できるという事実は、あきらめるにはあまりにも魅力的だ。

性能は現行の5000X3Dパーツに非常に近いものになるはずで、価格も若干安くなることが予想される。

(続きはこちら)
https://wccftech.com/amd-ryzen-7-5700x3d-ryzen-5-5500x3d-3d-v-cache-cpus-leak-am4-desktop/
前ソケットで、新しい製品出すのは珍しいですね
機能劣化版とかならあったようだけど


433: Socket774 2023/11/15(水) 03:45:14.73 ID:1LZPhttj
出てくるなら半端なのが溜まった状態なわけか
基準を満たせなかった半端なのか、Zen3のEPYC生産終了が近いのか

画像の説明文

コメント(20)  
amd_ryzen_800g_apu_leak_l_01

237: Socket774 2023/11/09(木) 05:48:32.09 ID:+0G8C36K
AMDはAM5プラットフォーム向けにPhoenixとPhoenix 2の両方のAPUを使用する。

AMDの次期デスクトップ向けRyzen 8000Gシリーズ・アクセラレーテッド・プロセッシング・ユニット(APU)に関する最初の詳細がリークされた。それによると、AMDはZen 4コアをベースにした高性能なPhoenixプロセッサーと、Zen 4コアとZen 4cコアを搭載したコンパクトなPhoenix 2シリコンの両方を採用するようだ。HKEPCからリークされた情報によると、AMDはミッドレンジおよびエントリーレベルのデスクトップ向けに少なくとも4つのRyzen 8000G APUを提供するようだ。

AGESA Combo AM5 PI 1.1.0.0ファームウェアのデータによると、AMDの次世代デスクトップAPUには、Ryzen 3 8300G、Ryzen 5 8500G、Ryzen 5 8600G、Ryzen 7 8700Gの4モデルが含まれる。この情報は非公式ソースからのものであることに留意してください。

Ryzen 3 8300GとRyzen 5 8500Gは、AMDのPhoenix 2シリコンを採用し、最大6コアとRadeon 740Mグラフィックスを搭載するのに対し、Ryzen 5 8600GとRyzen 7 8700Gは、より高価なPhoenixを採用し、最大8コアのZen 4コアとRadeon 780Mグラフィックスを搭載すると予想されている。後者は当然、汎用コンピューティングとグラフィックスの両方でより高い性能を提供する。さらに、Phoenixは機械学習ワークロード用にRyzen AIアクセラレーターを統合している。

AMDのRyzen 8000Gの発売時期について、内部関係者はHKEPCに対し、AMDはまだ発売スケジュールを確定しておらず、パートナーにも伝えていないと語ったという。現時点では、AMDが次世代デスクトップAPUをリリースするのは今年後半か、2024年の早い時期になる可能性が示唆されている。

AMDがCESで新製品を発表する傾向があることを考えると、新しいRyzen 8000Gは2024年初頭に正式に発表される可能性が高い。もしAMDが今年、新型AM5 APUのリリースを計画しているのであれば、そのパートナーはRyzen 8000Gのサンプルをたくさん持っているはずなので、このシナリオは論理的に見える。

(続きはこちら)
https://www.tomshardware.com/pc-components/cpus/alleged-ryzen-8000g-apu-details-leak-zen-4-zen-4c-and-rdna-3

236: Socket774 2023/11/09(木) 05:35:32.43 ID:VeSmia+8
ずんだもんによると、Ryzen 8000シリーズが販売開始態勢に入ったとのことだけど、
どういうことなのだ?
日本はいつなんだ?

画像の説明文