汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    リーク

    コメント(3)  
    intel-logo

    943: Socket774 (ワッチョイ 0fb1-5oOw) 2019/07/19(金) 01:55:38.07 ID:+AdxTDxi0
    7nmを2021年に目指すみたい
    intelのCEOがそう発言したらしい
    10nmのようなハイパースケーリングが無いから失敗はないと思いたい

    ――――  以下、Google翻訳  ――――
    コロラド州アスペンで開催されたFortuneのBrainstorm Techカンファレンスで、Intelの最高経営責任者(CEO)であるBob Swanが舞台に登場し、Intelが現在どこにいるのか、そして将来の方向性について、また今後の展開計画について語った。Intelがどのように「PC中心」から「データ中心」になったか、そしてそれが遭遇した闘争に特に焦点を当てました。

    しかし、ムーアの法則の終焉について尋ねられたとき、白鳥は彼らが挑戦に近づいた積極性を詳しく述べました。Swan氏は、2年ごとに2倍のトランジスタ密度を定期的に向上させるのではなく、Intelがこれまで以上に高い密度を目標にしてビジネスのリーダーとなると語っています。

    10 nmのIntelは、前世代の14 nmトランジスタと比較して、2.7倍の高密度化を目指しています。彼は、10nmノードを納入するのに5年の遅れが「余りにも積極的な技術革新」によってもたらされたことを述べ、「それはますます難しくなり、私たちはより積極的な目標を設定しました...」そしてそれが主な理由です配達が遅くなります。さらに彼は、今度はIntelが7nmノードを2年間で2倍の密度で向上させる予定であると語った。これは2年間で発売される予定で、すでに開発中です。

    Intelの将来について語るとき、SwanはIntelの現在の市場シェアは「シリコン市場」の30%であると述べ、Intelは現在の製品を主にCPUとFPGAから、大きなコンピューティング性能を必要とするものすべてに多様化しようとしている。市場の残りを捉えるために。彼は、人工知能が現在そのような性能に対する大きな需要を牽引しており、将来的には自律走行車がインテルにとって大きな収入源になると予想されていると述べた。Mobileyeのような買収を通じて、Intelはその市場に貢献し、会社の価値を高めることを計画しています。

    https://www.techpowerup.com/257464/intels-ceo-blames-10-nm-delay-on-being-too-aggressive


    945: Socket774 (ワッチョイ 7f76-DGEx) 2019/07/19(金) 02:00:44.01 ID:84rYzHa/0
    >>943
    え?目指すって何よ、目標に向けて頑張りましょう!って事?w
    7nmのメイン向けIntel製CPU発売!じゃないの?
    2021年5月5日夕方5時に5nmのRyzen5000シリーズ発売予定だぞ?
    もうその7nm失敗したらIntel本当に終わるな

    画像の説明文

    コメント(2)  
    intel-vs-amd

    171: Socket774 (ササクッテロル Sp3b-uZrZ) 2019/07/17(水) 07:51:20.26 ID:aYhVFxP2p
    IntelとAMDはともに10月に新しい"top-end desktop CPUs"を投入するらしい。

    ――――  以下、Google翻訳  ――――
    IntelとAMDの両方が10月にプロセッサの発売を準備しています

    DigiTimesは、IntelとAMDの両方が10月に新しい「top-end desktop CPUs」を発売することを計画していると報じた。この情報はマザーボード製造元の情報源から入手します。

    AMDにとってこれは1つのことだけを意味し、Zen 2ベースのThreadripperプロセッサが来ています。我々は、AMDが彼らのRyzen 9 3950Xを彼らのスリーブの上に持っていることを知っています、しかしAMDはすでに9月のリリース日を約束しました。Ryzen 9 3950Xは16コアと32スレッドを提供することでAMDのAM4ラインナップを締めくくるでしょう。AMDはZen 2でそのAM4ソケットを大きくすることはできず、10月の噂の「トップエンド」プロセッサは新しいThreadripperシリーズの部品になる可能性が高い。

    Intel側では、10月のCPUの発売は多くのことを意味するかもしれません。Cascade LakeはX299になる可能性があり、Intelの長年の噂のComet LakeシリーズのプロセッサはZ390以降のソケットに移行する可能性があります。いずれにしても、新しいIntel製品はAMDのRyzen 3rd Generation製品と競合しなければならないでしょう。つまり、Intelは価格と性能の両面で競争力がある必要があります。

    https://www.overclock3d.net/news/cpu_mainboard/both_intel_and_amd_are_preparing_processor_launches_in_october/1

    163: Socket774 (ワッチョイ b78c-9QMn) 2019/07/16(火) 23:44:53.52 ID:WBbHligE0
    はて?10月?
    年末発表の来年売り出しじゃなかったっけか

    画像の説明文

    コメント(2)  
    AMD-RDNA

    439: Socket774 (ワッチョイ 3b58-P44A) 2019/07/14(日) 00:11:19.88 ID:qMCM6u2e0
    ――――  以下、Google翻訳  ――――
    AMD Navi 14 RX“ 5600”シリーズGPUリーク - 24 CU、1536 SPs @ 1900MHz

    このリークは、AMDの真新しいRDNAアーキテクチャに基づいたRadeonグラフィックプロセッサのCompubenchでの独特なエントリを発見した由緒あるリーマーのKomachi氏のご好意によるものです。 エントリーは7nmプロセスに基づくAMDの新しい主流GPU、Navi 14です。このチップは、RX 5700シリーズに搭載されているNavi 10と同じように、7nmで構築されています。

    Navi 14は24個のRDNAコンピューティングユニットを搭載し、それぞれ64個のストリームプロセッサを収容し、合計1536個のSPを搭載しています。GPUは19000 MHzの最大クロック速度も備えています。仕様は、NVIDIA GTX 1660シリーズの競合他社を検討している可能性が高いことを示しており、Radeon RX 5700 XTおよびRadeon RX 5700よりも著しく安いはずです。

    AMD Navi GPUs

    人々はより手ごろな価格のNaviグラフィックスカードを求めています、そして、それは本当に来ているようです。


    460: Socket774 (ワッチョイ 2b76-TPoM) 2019/07/14(日) 09:11:44.59 ID:d2tTCu3Z0
    普通に考えたらNavi14は2~3万円レンジの製品なので、VRAM4GBはなさそうだな。
    5500ならともかく。

    画像の説明文

    コメント(12)  
    intel-10gen

    653: Socket774 (ワッチョイ 2373-P44A) 2019/07/12(金) 09:13:48.34 ID:4QPOmEoX0
    Intel Comet Lake-S: 10 Kerne mit 125 Watt im Sockel LGA1200 Anfang 2020

    ――――  以下、Google翻訳  ――――

    article-1260x709.edd6c499

    デスクトップ用Intel Comet Lakeに関する最新の噂は非常に疑わしいようでした。ウェブサイトXFastestもこれを見て、よりらしい印象を与える彗星Lake-Sのまわりの漏らされた情報とロードマップを公表しました。

    それ以来、新しいソケット "LGA1159"と呼ばれる彗星湖への偽造情報として知られるようになったものとは反対に、すでに疑われているLGA1200からXFastestの匿名ソースを受け取ったグラフィックスを話します。しかしながら、XFastestが過去に多数のリークを伴って正しかったという事実は、情報の信憑性の確認として十分ではありません、それがこれらがまだいくらかの注意を払って楽しまれるべきである理由です。

    10コア、125ワット、Socket LGA1200、400チップセット搭載のLake Comet
    最初の図表は、彗星Lake-S周辺のプラットフォームを表しています。(大幅に改良された)14nmプロセスで製造され続けるプロセッサは、新しいLGA1200ソケットに最大10コアと20スレッドを提供します。それらは、すでにヒントがあった新しい400シリーズのチップセットとペアになっています。Z490、Q490、H470、HM470、QM470、B460、H410、C256、およびCM256という名前は、以前は中国語になっていました。フォーラム。Thunderbolt 3やWi-Fi 6の準備など、提供されるIce LakeファミリーのノートブックCPU用のチップセットと同じです。

    1-1080.89e0244d

    Socket LGA 1200周辺のプラットフォームは、TDPレベル35ワット、65ワット、および125ワットのプロセッサをサポートすると言われています。Lake Comet LakeのトップモデルのTDPが125ワットに上昇したという噂は裏付けられています。Coffee Lake-S Refreshファミリーの前身は、現在の主力製品であるCore i9-9900Kで、8コアに95ワットのTDPがあります。基本的には、Comet LakeはSkylakeアーキテクチャのもう1つの注ぎ口で、コアの数が増えていますが、より多くの電力が必要であり、新しい10nmプロダクションをまだ利用していません。125 W TDPへの移行もソケット変更の主な理由です。Lake Cometへのアップグレードは予定外で、多くの新しいマザーボードが登場するでしょう。

    3-1080.de011b65

    https://www.computerbase.de/2019-07/intel-comet-lake-s-plattform-sockel-chipsatz-roadmap/


    668: Socket774 (ワッチョイ 9a73-YtL5) 2019/07/12(金) 12:13:06.94 ID:4nmZiasX0
    >>653
    えーまたソケット変わるのかよw
    ほんまコスパ悪いなw

    画像の説明文

    コメント(23)  
    Surface-AMD

    1: 名無しさん必死だな 2019/07/09(火) 15:29:46.24 ID:gKAHFRMSM
    AMD、次世代のMicrosoft Surfaceデバイスに搭載 オーダーメイドのAMD Zen
    MicrosoftはIntelとの提携を終了し、今後のSurface Go、Surface Laptop、およびSurface Proの各機器に電力を供給するためにAMDに切り替えることを決定しました。

    マイクロソフトは過去5年間、Intelを使用してSurface製品群に電源を供給していました。最近の脆弱性は、Microsoftデバイスの評判に大きな影響を与えました。マイクロソフトはすでにいくつかのプロトタイプのSurfaceデバイスを開発しました。現在、同社はこれらのプロトタイプ+ Qualcomm Snapdragonチップで動作するARMおよびAMDチップをテストし、Surface Proのプロトタイプの一部を強化しています。

    次世代のXbox ScarlettコンソールはAMDチップを搭載しています。
    そのため、Microsoftには、SurfaceデバイスのCPUについてもAMDに切り替える特別な理由があります。
    https://www.ultragamerz.com/amd-chips-on-next-gen-microsoft-surface-devices-custom-made-amd-zen/

    3: 名無しさん必死だな 2019/07/09(火) 15:31:25.66 ID:mgpYR7HzM
    うぁぁぁぁ

    画像の説明文

    コメント(22)  
    amd-ryzen-3000-Series

    366: Socket774 (ワッチョイ e353-mE9d) 2019/07/05(金) 23:29:17.97 ID:zlMajb860
    3900Xと 3700Xのレビューがリーク
    これは恐ろしすぎる...
    なんで3900Xで7980XEに勝ってるんだよwwww

    https://i.imgur.com/uY7bUtz.png
    https://i.imgur.com/cZWuVhX.png

    全画像
    https://imgur.com/a/YkoOCgM

    ――――  以下、Google翻訳  ――――
    AMD Ryzen 9 3900XとRyzen 7 3700XのCPUレビューが漏れる - 第9世代Intel Coreに匹敵するゲーム性能、Ryzen 9 3900Xはi9-9900Kよりも消費電力が少ない、Ryzen 7 3700XはRyzen 7 2700Xよりも消費電力が多い

    パフォーマンスベンチマークは、16 GBのDDR4 Ram(各CPUに推奨される最大仕様/クロックに構成されている)を搭載したX570マザーボード(ASUS ROG Crosshair VIII HERO)とGeForce GTX 1080 Tiで実行されました。最新のドライバとBIOSは、TurboとSMTを有効にして使用されました。

    両方のチップは720pの解像度で異なるゲームタイトルでテストされました(CPUバウンドのシナリオ)。Far Cry 5では、両方のチップがほぼ同じCPUパフォーマンス(最小と最大)を実現しました。最大FPSはCore i7-7700Kにかなり近かったが、i7-7700KはMinimum FPSという点で優れており、これはよりスムーズなゲームプレイ体験に等しい。

    Rise of The Tomb Raiderでは、Ryzen 7 3700XはCore i7-7700Kと同等の性能を発揮しましたが、Ryzen 9 3900Xは3世代前のIntelチップよりもわずかに優れていました。Wolfenstein II:New Colossusに移ると、このチップはCore i5-8600K(6コア/ 12スレッド)CPUと同等のパフォーマンスで非常によく機能しましたが、Core i7-7700KはMin FPSで10 FPS高速でした。

    AMD-Ryzen-9-3900X-and-Ryzen-7-3700X-CPU-Review_Far-Cry

    AMD-Ryzen-9-3900X-and-Ryzen-7-3700X-CPU-Review_Wolfenstein-II

    AMD-Ryzen-9-3900X-and-Ryzen-7-3700X-CPU-Review_Assassins-y

    AMD-Ryzen-9-3900X-and-Ryzen-7-3700X-CPU-Review_Rise-of-the-tomb

    RyzenのチップがIntelのラインナップ全体を凌駕した唯一のゲームは、Assassins Creed Odysseyで、Core i9-9900Kよりも早く最大6 FPS +で高速化しました。エンコード性能(ハンドブレーキ:30秒クリップ、HEVT、10ビット、140 Mbps)に関して言えば、Ryzen 9 3900XはRyzen Threadripper 2990WXと同じくらい速く(148秒対142秒)、Ryzen 7 3700Xは同じ速さでした。 Core i9-9900K(212.8秒対211.7秒)

    AMD-Ryzen-9-3900X-and-Ryzen-7-3700X

    7-Zip-678x740

    AMD-Ryzen-9-3900X-and-Ryzen-7-3700X-

    Cinebench R15では、Ryzen 7 3700XはCore i9-9900Kよりも優れたパフォーマンスを発揮し、シングルコアスコアは207ポイント、マルチコアスコアは2180ポイントでした。Ryzen 9 3900Xは、IntelのCore i9-7980XEよりも高速で、シングルコアスコアは207ポイント、マルチコアスコアは3218ポイントでした。

    ゲームとアプリケーションの両方の消費電力に関して言えば、Ryzen 9 3900XはCore i9-9900Kよりも消費電力が少なく、より多くのコア、スレッド、そしてより良いI / Oを提供します。しかし、Ryzen 7 3700Xは、前者が95Wチップで、3700Xが7nmノードをベースにした65Wチップであるにもかかわらず、12nmの前身であるRyzen 7 2700Xより少し電力消費が大きかった。

    AMD-Ryzen-9-3900X-and-Ryzen-7-3700X-CPU

    https://wccftech.com/amd-ryzen-9-3900x-and-ryzen-7-3700x-cpu-review-leak-gaming-benchmarks/


    373: Socket774 (ワッチョイ ffe5-mVFY) 2019/07/05(金) 23:31:35.89 ID:OPPeVU090
    >>366
    3700Xもくっそ強いっすね

    画像の説明文

    コメント(10)  
    RADEON-5700-Series

    34: Socket774 2019/07/05(金) 18:11:22.56 ID:pEmMKk15
    ――――  以下、Google翻訳  ――――
    我々はまだRX 5700シリーズの正確な新しい価格を知りません。我々がそうしたとしても、価格は発売前に大きく変動する傾向があるので、それは良い確認を必要とするでしょう。ここでの違いは、AMDがすでにNaviシリーズの価格を発表したことです。新しい価格設定は、GeForce RTX Superシリーズの到着後の市場の状況を反映するでしょう。

    Radeon RX 5700 XTとRX 5700は7月7日に発売予定です。

    新しい価格に関する情報は7月6日まで禁輸中です。私達は私達がもっと聞くとすぐあなたが知っていることを知らせます。

    RX 5700 XT 50周年記念:449ドル
    RX 5700 XT:399ドル
    RX 5700:349ドル

    Radeon-RX-5700-pricing


    発売前に値下げするのか・・・

    ますます買いたくなる

    35: Socket774 2019/07/05(金) 18:16:37.46 ID:4a6qgcS5
    >>34
    マジ…でいいのか
    Super戦略を見越してこの下げ幅とる余裕持たしてたんか

    画像の説明文

    コメント(25)  
    830ca02c

    922: Socket774 2019/07/05(金) 08:55:13.55 ID:dP6jX4Iu

    画像の説明文

    コメント(23)  
    intel-cpu-roadmap

    1: 風吹けば名無し 2019/07/01(月) 07:11:05.69 ID:mmGd7Sc+0
    10nmのデスクトップはさらに遅れ2022年になる見込み。
    2020年は14nmのCometlake,2021年は14nmのRocketLakeがデスクトップを担当

    ――――  以下、Google翻訳  ――――
    Intel CPU 2018-2021ロードマップがリーク - 2020年までに最大10個のCore Comet Lake-SデスクトップCPU、2021年には14nm Rocket Lake-S、2022年までは10nm LGA部品なし

    AJgAk9u

    ロードマップに示されているように、Intelはしばらくの間14nm ++を使用する予定です。2020年第2四半期頃に、Intelは最大10コアSKUを搭載した彼らのComet Lake-Sプロセッサを発売するでしょう。これらの後には同じく最適化された14nmプロセスノードに基づくであろうIntelのRocket Lake-S部品が続くでしょう。2022年ごろに、Intelから10nmまたは10nm以下の製品が発売される予定です。これは、IntelがOcean Cove CPUアーキテクチャを発表するのとほぼ同じ時期のことです。

    Ocean Coveは、IntelのSunny Cove(Ice Lake)コアのアーキテクチャの後継であるWillow Cove(2020)の後継であるGolden Cove(2021)の後に発売される、Intelで開発中の将来のチップアーキテクチャです。

    2018_ArchitectureDay_RonakSinghal_FINAL-MB-page-017-1480x833

    https://wccftech.com/intel-desktop-mobile-cpu-roadmap-leak-14nm-comet-lake-10nm-ice-lake-tiger-lake/

    2: 風吹けば名無し 2019/07/01(月) 07:11:23.39 ID:mmGd7Sc+0
    AMDとの差がどんどん開いていく模様……

    画像の説明文

    コメント(16)  
    ryzen-3000-Series

    365: Socket774 2019/07/01(月) 02:02:24.70 ID:LlzD8472
    65ワットの3700Xでもスゲ-
    3700X 3DMark Fire Strike Extreme details - physics score 24935

    AMD Ryzen 7 3700X 8-Core Processor

    Ram at 3733Mhz - Stock boost to 4.4Ghz

    https://www.reddit.com/r/Amd/comments/c7ejdf/3700x_3dmark_fire_strike_extreme_details_physics/

    366: Socket774 2019/07/01(月) 02:17:48.13 ID:SWtW62Kp
    >>365
    もうむちゃくちゃです

    Passmark Single Thread Performance
    AMD Ryzen 5 3600 2,979
    Intel Core i9-9900K @ 3.60GHz 2,899
    https://www.cpubenchmark.net/singleThread.html

    画像の説明文

    コメント(10)  
    AMDRyzen3000series

    221: Socket774 2019/06/30(日) 02:26:06.27 ID:gz9r17fP

    Ryzen 9 3900X
    Ryzen 9 3900x 64600円

    Ryzen 7 3800X

    Ryzen 7 3800x 50800円

    Ryzen 7 3700X

    Ryzen 7 3700x 43000円

    Ryzen 5 3600X

    Ryzen 5 3600x 32200円

    Ryzen 5 3600

    Ryzen 5 3600 25900円
    税込み

    Ryzen 5 3400G

    Ryzen 3 3200G

    https://www.e-zoa.com/ecscripts/reqapp.dll?APPNAME=ecforward&PRGNAME=bunrui_chu&ARGUMENTS=-N065,-N050,-N020

    画像の説明文