汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    リーク

    コメント(9)  
    RTX_Super

    796: Socket774 (ワッチョイ 8b76-tg7g) 2019/11/07(木) 23:20:48.25 ID:ScWUS6P60
    ――――  以下、Google翻訳  ――――
    NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti SUPERは、次世代アンペアGPUの遅延に伴い、2020年初頭に発売すると噂されています

    うわさ工場は、NVIDIAが実際にフラッグシップ2020製品であるGeForce RTX 2080 Ti SUPERに取り組んでいることを示唆しているようです。噂は、公式に導入される前にNVIDIAのGeForce RTX SUPERおよびGeForce GTX 16シリーズのラインナップの正確な仕様を以前に報告したTwitterユーザーKopite7kimiから来ています。それでも、この物語には大きなひねりが加えられているので、読者に一粒の塩を使って読むことをお勧めします。

    NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti SUPERの発売は2020年第1四半期と噂されていますが、次世代アンペアGPUは遅れていますか?
    TuringベースのGeForce RTXとNVIDIAの次世代Ampere GPUの両方に関する興味深い情報がいくつかあります。NVIDIAが新しいGeForce RTX SUPERラインナップを発表したとき、彼らはRTX 2080 Tiが最高のゲームグラフィックスカードとして存続することを明確にしました。カードが発売されてから1年が経過しても、ハイエンドのグラフィックスカードの王であり、近日中に競合が発生することはありません。

    しかし、AMD は2020年の後半に独自のハイエンドNaviグラフィックカードをリリースする予定ですが、NVIDIAのTuringまたはAmpereと競合するのでしょうか?歴史的に、NVIDIAは常にAMDのフラッグシップ部分に対する答えを持っています。

    AMDが愛好家のRadeon RX 290XグラフィックカードをGeForce GTX 780に対してリリースしたとき、NVIDIAはまったく待たず、数週間のうちに回答としてGTX 780 Tiをリリースしました。Radeon R9 Fury Xのリリースに先立ち、NVIDIAはフラグシップのGTX 980 Tiをリリースしました。これは、AMD製品が、Maxwell GM200 GPUの非常に優れた効率とパフォーマンス数により競合するのに苦労しました。同様に、2017年にAMDがRadeon RX Vegaシリーズのハイエンドカードを発表しようとしたとき、NVIDIAはGTX 1080 Tiを抜いて優れたパフォーマンスを提供しましたが、RX Vega 64はGTX 1080の競合他社であることが判明したため、NVIDIAは衝突しました上位の「Ti」部品の価格を引き上げ、現在は1000ドル前後の小売価格です。

    しかし、Turingを使用して、NVIDIAはRTX 2080 Tiを他のラインアップとともに発表し、発売前にハイエンドのAMDリリースが発生するのを待ちませんでした。AMDがポケットに適切な旗艦カードを持っていないこと以外にも理由があります。RTX 2080は、未加工のパフォーマンスの点でGTX 1080 Tiと非常によく似ており、RTA機能はAAAタイトルで実装されるまで数か月待たなければなりません。Turingカードの発売前に、NVIDIAが2080 TiをTitanクラスの製品としてリリースすることを計画していたという噂さえありました。元のRTX 2080 Tiの発売は後日、たとえばSUPERシリーズの周辺で予定されています。しかし、現在、RTX 2080 TiとTitan RTXの両方が存在し、それらは非常に異なるカードです

    NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti SUPER-期待すること
    そのため、噂が真実であり、NVIDIAがGeForce RTX 2080 Tiのスーパーバリアントの発売を実際に計画している場合、カードから期待できるいくつかのことがあります。まず、2018年9月に発売された2080 Tiは、導入から1年以上が経過したことを意味します。最高のゲーミングカードとして存続しますが、消費者は常により多くを求めます。SUPER RTXラインナップにより、ユーザーは同じ価格で優れたパフォーマンスバンプを得ることができ、RTXカードの購入を差し控えていたユーザーは、それを入手するより多くの理由がわかりました。

    GTX 1080およびGTX 1080 Tiグラフィックスカードを使用している多くのゲーマーもいます。RTX 2080 Tiのパフォーマンスアップグレードを購入するのに十分な理由とは考えていませんが、NVIDIAがRTX 2080 Ti SUPERをプッシュすることは非常に理にかなっています。まず第一に、RTX 2080 Ti SUPERの仕様には、Titan RTXに搭載されているフルチューリングTU102 GPUコアが搭載されています。RTX 2080 Tiよりも高いクロックとわずかに高いTDPが付属します。

    NVIDIA-GeForce-20-Series_Official_Turing_TU102-GPU-1-1480x833

    メモリは、両方のカードの主な差別化要因になります。Titan RTXは、384ビットバスに沿って14 Gbpsでクロックされる24 GBのGDDR6メモリを備えています。RTX 2080 Ti SUPERは、16 Gbpsで384ビットのバスに沿って実行される12 GBのGDDR6メモリ、または352ビットのバスインターフェイスに沿って実行される11 GBのGDDR6メモリの2つのルートを使用できます。最上位のGeForceカードはしばらくの間メモリバスの削減を特徴としてきたため、後者の方がより妥当であるように思われますが、384ビットが発生する場合、それは確かにスーパーアップグレードになります。GeForce RTX 2080 SUPERは、16 Gbpsダイ全体をサポートしていませんでした。これには、PCBの修正が必要で、AIBに余分な費用がかかりますが、RTX 2080 Ti SUPERのようなカードでは、AIBが必要なアップグレードを行うことができます。

    彼らは外に出て、新しいカードを購入する前に、カードの価格はバイヤーのための主要な考慮事項になります。NVIDIAは、彼らがSUPERラインナップで行ったことを行うと信じています。ファウンダーズエディションの税を削除し、RTX 2080 Tiの場合は999ドルであった1つのMSRPに固執します。NVIDIAは、Turingが1年以上生産されており、Turingカードに影響を与えるグラフィックユニットの供給の制約がないため、これに余裕があります。

    来年30XX出せないから2080tiSUPERの噂が出て来たんだけど

    802: Socket774 (ワッチョイ 0f97-QWsJ) 2019/11/07(木) 23:56:33.83 ID:BnM23Vkk0
    2080tisuperはないやろ

    画像の説明文

    コメント(0)  
    AMD-Ryzen-Threadripper-3000-HEDT-CPUs

    293: Socket774 (ワッチョイ 0bbe-w7Bx) 2019/11/06(水) 21:52:11.58 ID:YEw25NkJ0 BE:743999204-2BP(2000)
    AMD Ryzen Threadripper 3970X 32 Core & 64 Thread CPU Listed Online For Around $1200 US, Ryzen Threadripper 3960X Spotted Too

    AMDの 「Ryzen Threadripper3000」 シリーズプロセッサが小売店に登場し始めた。24コアの 「Ryzen Threadripper3960X」 と32コアの 「Ryzen Threadripper3970X」 を搭載する最初の製品ラインアップが、公式のメーカー希望小売価格に近い価格でオンラインに掲載されている。

    AMD Ryzen Threadripper3970XおよびThreadripper3960Xが、Online-32Core Variantを価格約1200USドル(プレースホルダ)で公開
    さて、AMDが発表を当初の11月5日から少し前に変更したという昨日のアップデートをすでに入手している。これは、AMDが発表の翌日に予定されていたウェビナー「Meet The Experts 」を中止したことでも確認された。いずれにせよ、新しい発表日は明日の11月7日と報じられているので、新しいAMD Ryzen Threadripper3rd Generation CPUと、次世代HEDTプロセッサラインを収容するsTRX4ソケットを特徴とするTRX40シリーズマザーボードを初めて公式に見られることを期待したい。

    AMD-Ryzen-Threadripper-3970X-Online-Listing-740x437

    AMD-Ryzen-Threadripper-3960X-Online-Listing-740x433

    AMD Ryzen Threadripper CPUを上場している2つの小売店は、ベトナムと南アフリカに拠点を置く。Wootwareとして知られる南アフリカに拠点を置く小売業者は両方のプロセッサを出品していたが、その後サイトから削除された。Quasar Zoneは、両チップのプレースホルダー仕様を掲載した製品ページを入手した。どちらの小売業者の仕様も合法的なものではなく、単に却下されるべきであることに注意してください。なお、AMD Ryzen9 3950Xは別の小売店でもオンラインで販売されており、発売予定日は9月30日だったが、どうやらそれは実現せず、AMDは主力の16コアチップのNDAを変更した。同様に、TRX40シリーズのマザーボードもオンラインでリストされています。詳細はこちらをご覧ください。

    AMD第3世代Ryzen ThreadripperプロセッサーSKU(噂):
    AMD 3rd Gen Ryzen Threadripper Processor SKUs

    興味深いのは、Ryzen Threadripper3970Xの仕様が間違っていたにもかかわらず、32コアのビーストの代替価格を提示したベトナムの小売業者tinhocdavietだ。このプロセッサの価格は3000万ベトナムドン、約$1200~$1300USです。

    これは、第2世代Threadripperベースの2990WXが32コアで1799USドルだったことを考えると興味深いものです。これらのプレースホルダー価格は通常、実際のメーカー希望小売価格よりも高いので、もしAMDが実際にこれを1200USドル前後で発売する計画があるなら、以前の32コアチップから600USドルを見込んでいますが、新しいZen2コアと追加のPCIe 4.0レーンを提供しているのは非常に印象的です。仕様と同じように、価格は全く意味がないが、もしこれがAMDが計画していることだとすれば、第10世代Core Xシリーズプロセッサは深刻な問題に直面しており、Intelが新しい価格モデルで計画していた競争力を失う可能性がある。

    https://wccftech.com/amd-ryzen-threadripper-3970x-3960x-hedt-cpus-listed-online/

    Threadripper 3970X, 3960Xがベトナムと南アフリカのオンラインストアにリストされた模様
    Threadripper 3960X 24core 3.5/4.7GHz
    Threadripper 3970X 32core 3.0/4.2GHz $1200~1300

    294: Socket774 (ワッチョイ 9fe5-aDcy) 2019/11/06(水) 22:02:42.73 ID:j6bWCRto0
    32coreでMAX4.2GHzということは
    3600級を4つ集めて売ればいいのである

    おいしい

    画像の説明文

    コメント(1)  
    zen2

    256: Socket774 (ワッチョイ 0bbe-w7Bx) 2019/11/05(火) 22:04:01.35 ID:4oPvQqm50 BE:743999204-2BP(2000)
    AMDは、Ryzen Threadripper3000シリーズの発表日を変更した。
    AMD、第3世代Threadripperを11月7日にリリースか?

    新しいsTRX4HEDTプラットフォームの発表は、当初11月5日に予定されていましたが、変更されました。情報筋によると、AMDは新シリーズを11月7日に発表する予定だという。

    AMDは、Threadripperの3つのSKU (3960X、3970X、3990X) を同時に発表する予定だ。また、ボードパートナー各社は、新プラットフォーム対応のTRX40マザーボードも発表する予定だ。3990Xの発表は予告の形でのみ行われ、詳細な情報は得られない(AMDはコア数を明らかにするだけかもしれないが、クロックと価格は共有されない)。

    オリジナルの11月5日付の証拠は以下の通り。

    AMD-Threadripper-3000-NDA

    https://videocardz.com/newz/amd-to-announce-3rd-gen-ryzen-threadripper-on-november-7th

    AMD、次世代Ryzen Threadripper CPUを11月7日に発表予定–Threadripper3970X32Coreおよび3960X24Core CPUが最初に発売

    Videocardzによると、AMDは今週11月7日に次世代のRyzen Threadripper3000シリーズプロセッサを発表する予定だという。このレポートには、AMDが今後の第3世代Threadripperラインアップに対して設定した発売禁止日もすべて含まれている。

    AMD、次世代プロセッサ 「Ryzen Threadripper」 を11月7日に発表
    Ryzen Threadripperシリーズの最初の2回の記事では、大量のコアと2倍のスレッドが詰め込まれ、私たちはショックと畏怖の念を覚えました。第一世代のRyzen Threadripperシリーズは、16コア、32スレッドの驚異をRyzen Threadripper1950Xという形で提供してくれました。これはHEDT市場では見たことのないもので、インテルはCore i9-7980XEという18コア、36スレッドチップという独自の回答を発表しました。しかし、Intelがコア数競争で最初に首位に立ったのは、AMDがRyzen Threadripper2990WXプロセッサ上に32コアと64スレッドを搭載したThreadripperラインアップの第二弾をリリースしたことで、短命に終わった。

    https://wccftech.com/amd-3rd-gen-ryzen-threadripper-3000-cpu-announcement-7th-november/

    当初11/5発表とされていた3rd Gen Threadripperだが11/7に変更されたようだ
    3960X、3970X、3990Xの3SKUが発表され、それぞれ24,32,64coreとみられる
    3960X、3970Xは11/19~25に発売され、3990Xは2020年1月に詳細の発表と販売が行われる

    48コアThreadripperがないのはキャッシュの違う6ダイバージョン(192MB)と8ダイバージョン(256MB)が混在することになるからだろうな
    あとThreadripperに使えるほどクロック上がる品質の良いダイを使ってSKU増やすより、3900Xとか3950Xに回したほうがみんなが幸せになれるという高度な戦術的判断

    257: Socket774 (ワッチョイ 0341-4+ob) 2019/11/05(火) 22:21:30.00 ID:fJkBHY/D0
    2日遅れならそんなに大した問題ではない

    画像の説明文

    コメント(2)  
    3rd Gen AMD Ryzen Threadripper

    208: Socket774 (ワッチョイ 6bde-GCnw) 2019/11/04(月) 20:41:42.94 ID:5TZX9ffh0
    TRX40 motherboards for 3rd Gen Threadripper start to leak - VideoCardz.com

    ――――  以下、Google翻訳  ――――
    GIGABYTE TRX40 AORUS XTREME
    これは、TRX40マザーボードの小売ボックスの最初の既知の写真です。TRX40チップセットは、AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズで起動します。sTRX4と呼ばれる新しいソケットを備えています(前世代はTR4と呼ばれていました)。

    AORUS-TRX40-XTREME

    AORUSは、近日中のマザーボード用のティーザーを多数投稿しました。これはXTREMEバリアントであり、これまでのところ、他のモデルに関するリークはありません。XTREMEバリアントは、おそらく非常に高価になります。

    AORUS-TRX40-XTREME-4

    AORUS-TRX40-XTREME-3

    ASROCK TRX40 TAICHI
    momomoが投稿したこの写真は低解像度のものであったため、見やすくするためにピクセルをいくつか追加しました。これまでのところ、ASRockのTRX40 CreatorおよびTRX Taichiシリーズについてのみ知っています。

    ASROCK-TRX40-TAICHI

    https://videocardz.com/newz/trx40-motherboards-for-3rd-gen-threadripper-start-to-leak

    新ソケット名はSocket sTRX4

    212: Socket774 (ワッチョイ 676e-0V4z) 2019/11/04(月) 22:30:10.60 ID:LK1y2aVI0
    太一ファン付か。やっばこれX570が載ってるんじゃw

    画像の説明文

    コメント(10)  
    Radeon RX 5500 XT

    766: Socket774 2019/11/04(月) 01:32:53.23 ID:Qy5lm3R7
    Gigabyte Radeon RX 5500 XT 8GB graphics card

    ――――  以下、Google翻訳  ――――
    Gigabyte Radeon RX 5500 XT 8GBグラフィックスカードのEECリストヒント

    ユーラシア経済委員会(Twitterの小町経由)の新しいリストから、   Windforce、Gaming、OCエディションなど、GigabyteのRadeon RX 5500XTグラフィックカードモデルがいくつかあることが明らかになりました。

    AMDはRadeon RX 5500 XTグラフィックスカードを公式に発表していませんが、RX 5500シリーズのグラフィックスカードの作成に使用されているNaviシリコンには、ロック解除を待機している予備のCUがいくつかあることがわかっています。RX 5500の22個のアクティブなCUの代わりに、AMDのRX 5500 XTグラフィックカードには24個のアクティブなCUを含めることができ、RX 5500XT 128により多くのストリームプロセッサを与え、パフォーマンスを9%向上させる可能性があります。AMDのRadeon RX 5500XTは、AMDのRX 5500よりも高いクロック速度を提供し、グラフィックスカードのパフォーマンスをさらに向上させる可能性があります。

    以下のECCリストは、Radeon RX 5500XTが8GBのGDDR6メモリを搭載することを示唆していますが、現時点ではこのメモリの速度は不明です。

    とにかく、AMDの噂のRX 5500XTは、GPUとメモリクロック速度が大幅に増加しないと仮定すると、以前に発表されたRX 5500に非常に近いパフォーマンスレベルで出荷されます。

    amd_radeon

    01101015944l

    (続きはこちら)
    https://www.overclock3d.net/news/gpu_displays/eec_listing_hints_at_gigabyte_radeon_rx_5500_xt_8gb_graphics_cards/1

    767: Socket774 2019/11/04(月) 01:50:36.28 ID:Bz74Eo+c
    8GBもいらんでしょ~

    画像の説明文

    コメント(4)  
    amd_navi

    628: Socket774 (ワッチョイ 1b35-LGsi) 2019/11/04(月) 12:33:10.67 ID:oD6p82ht0
    AMD、『Navi21』『Navi22』『Navi23』を搭載した7nm以降の第2世代Navi GPUを準備中

    AMDはCPU分野で復活を遂げており、今はかつての主力製品だった 「Radeon」 分野に再び目を向ける時だ。約1.5年前に述べたように、2020年までにハイエンドGPUを期待すべきではありません。2020年が近づいており、AMDの第2世代NAVI GPUSであるNavi21、22、および23の最初のリークにつながっていると考えてください。言うまでもなく、現時点での正確なパーツについてはほとんど説明する必要がなく、AMDが以前Navi20として知られていたGPUをこれらのいずれかに統合したのか、それとも現在残っているものなのかは不明です。

    AMDが強力な新型GPU 「Radeon」 に取り組んでいるが、これにはTITANキラーが含まれているのだろうか。
    AMDの第二世代Naviシリーズは、次世代RDNA(RDNA2の可能性)を利用し、改良された7nm+ノードで製造される可能性が高い。AMDのプロセスの優位性が実際にNVIDIAに打撃を与え始めるのはこの点であり、Ampereによって7nmへの移行も予想される。すでにリークが始まっていることを考えると、2020年後半にはPC市場がかつての栄光に戻り、新たな高みに達する可能性がある。

    amd-navi-22-and-navi-23

    先に進む前に、実際のリークについて説明します。Navi21、22、23については、今後リリースされるLinuxドライバで言及されています。これらのドライバはオープンソースであり、通常、AMDパイプラインにおける非常に信頼性の高いリークポイントです。これは、3DCenterフォーラムでユーザBerniyhによって最初に発見されました。Navi22および23についての言及はここで、Navi21についての言及はここで読むことができます。これまでAMDが採用してきた命名法は、通常、2番目の数字が小さいほどチップの性能が高いことを示している。これは、AMDが伝統に忠実であれば、Navi21がこれらすべての中で最も強力であることを意味するが、この声明には多少の注意が必要である。Navi21は、Linux Changelogに登場したチップではなかった。Navi21Liteです。

    navi-21

    しかし、これが取引の条件だ。ほぼ1年半前にさかのぼる筆者の情報によると、実際に注目したいチップは 「Navi20」 だという。AMDがそれを廃止して名称を 「Navi」 に変更したのか、それともまだ開発中なのかは不明だ。もしそれが廃棄されていなければ、これら三つのGPUは、実際のイベントのためにステージをウォームアップする出発点になるだろう:Navi20GPU。もしそうではなく、これらのうちの一つが、以前Navi20として知られていたGPUであるならば、それはちょうど良いことである。なぜなら、それはAMDがRDN Next-Gen/RDNA2ベースの部品を得るために素晴らしい時間を作っていることを意味する。

    今のところリリース日については何も発表されていないが、これらのことがドライバコードに反映されるのは、デザインのほぼすべての段階が終了したゲームのかなり後の方までだ。これは、AMDがこれらの部品を発売するのはせいぜい6カ月であり、Computex2020が最も現実的な発売日になる可能性があることを意味しているが、AMDがCES2020でこれらの部品を発売することで、われわれ全員を驚かせる可能性がある(私の個人的な意見では、これらがミッドレンジカードでない限り、ありそうもない)。確かなのは、2020年はPCゲーマーにとって素晴らしい時期になるということだ。

    AMD新型naviの噂TitanRTXキラー来年発売
    2080ti所かTitanRTX以上
    636: Socket774 (オッペケ Sr03-/ysg) 2019/11/04(月) 14:18:11.16 ID:R+TTnaLSr
    >>628
    2年遅れのハイエンドwwwww


    画像の説明文

    コメント(0)  
    Intel Cascade Lake-X

    341: Socket774 (ワッチョイ 0b73-qV4/) 2019/11/03(日) 20:48:05.49 ID:2vAfDK9t0
    Intel Cascade Lake-X 10th Generation X-Series HEDT CPUs Reportedly Delayed, New Launch Scheduled For 25th November

    最新の噂によると、IntelはCascade Lake Xシリーズの一部である第10世代のXシリーズプロセッサを延期したという。PCDIYが報じたところによると、Xシリーズのラインアップは当初、来週に発売される予定だったが、発売は11月の最終週に延期されたという。

    Intelの第10世代Xシリーズ「
    Cascade Lake X 」HEDT CPUが11月末まで延期-AMDの第3世代Ryzen Threadripperの価格戦略が主な理由として挙げられ、また値下げが差し迫っている?
    Intelが10月に第10世代 「Core X」 プロセッサを発表した際、同社は発売を来月開始すると述べていた。彼らは、プロセッサがいつ11月に利用可能になるかについて具体的に言及しなかったが、情報筋によると、それらは11月5日の次の週に発売される予定だという。この計画はその後変更され、CPUの全ラインアップが11月25日に発売される予定だ。

    Intel以外の関係者は、11月5日の発売日が、同プロセッサの正式な発売日なのか、正式な発売禁止措置なのかを確認できていない。念のために言っておくと、Xシリーズ・プロセッサーに対するインテル社内での発売禁止は、予定されていた発売日よりも前に解除されました。興味深いのは、この情報筋が、遅れの理由の1つとして、AMDの第3世代Ryzen Threadripperラインアップがまだ適切に導入されていないことを挙げていることだ。

    情報筋によると、IntelはAMDが第3世代Threadripperラインアップの正式な価格戦略を発表するのを待っているという。Intelはすでに、 「Cascade Lake X」 CPUラインアップの正式価格を発表しているため、さらなる値下げを計画しない限り、IntelがAMDのプロセッサ価格発表を待つ理由はほとんどない。AMDのラインアップは、Intelが提供するものよりもはるかに優れたマルチタスクワークロードの1ドルあたりのパフォーマンスを提供しているように思われるため、これはほとんど意味がなく、遅延はIntelにのみ影響する。

    Intel-Cascade-Lake-X-Core-X-vs-AMD-Ryzen-Threadripper

    AMDは、第3世代のRyzen Threadripperファミリと各HEDTプラットフォームに関する詳細情報を、来週11月6日に開催されるウェビナー「エキスパートとの出会い 」で発表する予定だ。AMDが発表した次世代ハイエンド・デスクトップ・プラットフォームの詳細については、すべて明らかにするつもりです。

    第10世代インテルXシリーズ「
    Cascade Lake X」ファミリの特長
    Intelの第10世代 「X」 シリーズのプロセッサラインアップは、4つのSKU、18コア、14コア、12コア、10コアのプロセッサで構成される。すべてのロックは完全に解除され、オーバークロックが可能です。ハイパースレッディングが有効で、同社の最新のTurbo Core 3.0テクノロジーを搭載しています。新しいラインアップは、Skylake-Xマイクロアーキテクチャと14nmプロセスに基づいていますが、同社は市場での第10世代の競争力を大幅に高めるために次のような対策を講じています。

    1-第9世代のCore Xファミリと比較して、コアあたりの価格が大幅に低くなっています。
    2.シングルコアおよびオールコアのターボクロック速度が第9世代よりも高速。
    3-インテルPerformance Maximizer、2.5 Gインテルi225イーサネット、およびWi-Fi6をサポート。

    Intel Core i9-10980XEは、新しいフラッグシップチップであるHEDT Xシリーズチップで、3.0 GHzベースで18コア、36スレッドをサポートし、最大ブーストクロックは4.6 GHz(コアTB 2.0×1)、4.8 GHz(コアTB 3.0×1)、3.8 GHzの全コアブーストを実現する。このチップは24.75 MBのL3キャッシュ、最大72のプラットフォームPCIeレーン、165WのTDP、そして979USドルの価格を特徴としており、これは最近までCore i9-9980XEのコストの半分であったが、これはIntelが第9世代ファミリー全体の価格も引き下げたためである。

    Intel 10th Gen Core i9 'Cascade Lake' X-Series CPU Lineup
    ntel 10th Gen Core i9 'Cascade Lake' X-Series CPU Lineup

    同プロセッサは、11月末に店頭に並ぶ予定で、AMDの第3世代 「Ryzen Threadripper」 プロセッサに対抗することになる。Ryzen Threadripperの第3世代プロセッサは、当初は24コアと48スレッドのSKUを搭載する予定だが、Intelのフラッグシッププロセッサは、前述の通り、18コアと36スレッドのみを搭載する。ASUS、ASRock、Gigabyte、MSIも、ハイエンド設計とよりクリエイターに優しいプッシュを特徴とする第10世代Xシリーズ・プロセッサー向けの新しいX299マザーボードを発表した。

    https://wccftech.com/intel-10th-gen-x-series-cascade-lake-x-hedt-cpus-delay-november/

    346: Socket774 (ワッチョイ 4a73-qQ6b) 2019/11/04(月) 00:50:45.50 ID:CPMXnitr0
    >>341
    $979:10980XE(18C) x――o $999:3960X(24C)
    $784:10940X(14C) x――o $749:3950X(16C)
    $689:10920X(12C) x――o $499:3900X(12C)
    $590:10900X(10C) x――o

    予価通りだとこうなるのが目に見えてるから、再値下げがあっても不思議じゃないね
    それぞれ$150くらい値下げすれば隙間に収まっていい感じになりそう

    画像の説明文

    コメント(11)  
    Comet Lake

    167: Socket774 (ワッチョイ ded9-EoY7) 2019/11/02(土) 18:57:48.02 ID:LDiby85d0
    Intel 10th Gen Comet Lake Desktop CPU Family & 400-Series Leaked
    インテルの第10世代コメットのレイクのデスクトップCPUラインナップ全体がリーク-最大10コア、20スレッドコアi9-10900、80W TDP、W480チップセット、新LGA1200ソケット

    インテルは、Comet Lakeと呼ばれる同社の14nmメインストリームデスクトップファミリの第6弾を来年発売する予定です。これまで説明してきた内容は数多くありますが、本日は、第10世代デスクトップCPUファミリ全体 (各SKUからプラットフォーム自体まで) を網羅した情報をご提供します。

    インテルの第10世代Comet LakeデスクトップCPUラインアップがリーク-Core i9-10900で最大10コア、20スレッド、80W TDP、LGA1200ソケットを搭載した新しい400シリーズチップセット
    まず、詳細から始めましょう。インテルの第10世代デスクトップ・プロセッサー・ファミリーはComet Lakeと呼ばれます。メインストリームデスクトップファミリの公式コードネームであるComet Lake-Sは、洗練された14nm++プロセスノードをベースにしています。このファミリーは、最近フラッグシップ機Core i9-9900KS(CPUの完全なレビューはここで読むことができます。)を発売したIntelの第9世代Core CPUファミリーに取って代わることになる。10nm製造プロセスのデスクトップ・プロセッサーは、まだ量産レベルに達していないため、インテルは2020年に10nm製造プロセスのデスクトップ・プロセッサーをリリースすると発表しましたが、最近になってスキップします。

    cml-s_Page_01

    以下は、第10世代コメット・レーキSファミリーの主要なプラットフォームの特徴の一部である。
    ・最大10個のプロセッサーコアでパフォーマンスを向上
    ・ポートの柔軟性を実現する最大30のPCH-H高速I/Oレーン
    ・最大40のPCIe 3.0レーン(16CPU、最大24PCH)
    ・プレミアム4Kコンテンツをサポートするメディアおよびディスプレイ機能
    ・オンボード+専用インテルWireless-AC(Wi-Fi/BT CNVi)サポート
    ・インテルWi-Fi6(ギグ+)のサポート
    ・拡張されたコアおよびメモリのオーバークロック
    ・統合USB 3.2 Gen2x1(10Gb/秒)のサポート
    ・インテル (R) ラピッド・ストレージ・テクノロジー(インテル・RST)
    ・プログラマブル(FW SDKを開く)クアッドコアオーディオDSP
    ・Modern StandbyのC10およびS0ixサポート

    cml-s_Page_02


    インテルの第10世代Comet Lake-Sファミリは、当初9つのSKUで提供され、その後さらに多くのSKUが追加されます。Xeon W、Core i9、Core i7、Core i5、Core i3、Pentium、Celeronの部分にセグメント化されます。意外なことに、IntelはComet Lakeファミリ用に2つの異なるチップレイアウトを用意していた。10コアおよび8コア変形体は、Comet Lake-S10+2ウェハをベースとし、残りの部分はComet Lake-S6+2ウェハをベースとする。
    インテルのスライドによると、第10世代のComet Lakeファミリは、第9世代のプロセッサーと比較してマルチスレッドのコンピューティングワークロードのパフォーマンスが18%向上し、一般的なWindowsワークロードでは第9世代のパーツのパフォーマンスが8%向上します。

    cml-s_Page_05

    Intel 10th Gen Core Comet Lake Desktop CPU Family

    cml-s_Page_03-1480x833

    cml-s_Page_04-1480x833

    Intel 10th Gen Xeon Comet Lake Desktop CPU Family

    インテル400シリーズ・プラットフォームおよびLGA1200ソケットのサポート
    次のトピックは、400シリーズプラットフォームと新しいLGAソケットに関連するものです。Intelが400シリーズのマザーボードで新しいソケットに移行していることが確認された。LGA1200ソケットの寸法はLGA1151ソケット(37.5 mm x 37.5 mm)と同じですが、ソケットのキー設定は左側に移動し、Comet LakeはCoffee Lakeマザーボードと電気的または機械的に互換性がなくなりました。Comet Lake向けの新しいLGA1200パッケージとソケットの詳細:
    ・Comet Lakeはピン数の多いパッケージに移行
    ・Comet Lake LGAには、レガシープラットフォームとの下位互換性はありません。
    ・ILMの次元やサーマル・ソリューションの保持に変更なし
    ・Comet Lake LGAにより、電力供給と将来のインクリメンタルI/O機能のサポートが向上
    ・ピン1の方向は同じままですが、ソケットのキー設定が左に移動しました

    cml-s_Page_06

    https://wccftech.com/intel-10th-gen-comet-lake-desktop-cpu-family-400-series-platform-leak/ 
    Cometも期待できないな、こりゃ

    176: Socket774 (ワントンキン MM3a-m6uj) 2019/11/02(土) 19:35:19.80 ID:kIXeJahpM
    >>167 10500の最大クロックが9500より低いから偽リーク臭いな

    画像の説明文

    コメント(11)  
    THAAD_GENERATION

    133: Socket774 (ワッチョイ 0b73-qV4/) 2019/11/02(土) 01:25:39.60 ID:v8h7yO/50
    AMD Ryzen Threadripper 3990X/WX    64 Core 128 Thread $2399 US? January 2020
    AMD Ryzen Threadripper 3980X/WX   48 Core 96 Thread $1999 US? January 2020
    AMD Ryzen Threadripper 3970X/WX    32 Core 64 Thread $1499 US? November 2019
    AMD Ryzen Threadripper 3960X       24 Core 48 Thread $999 US? November 2019

    ――――  以下、Google翻訳  ――――
    AMD第3世代Ryzen ThreadripperプロセッサーSKU(噂):

    AMD 3rd Gen Ryzen Threadripper Processor SKUs

    AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズCPU-価格、仕様、パフォーマンスの観点から予想されること
    AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズファミリは、内部的に「Castle Peak」として知られ、HEDT市場で支配的なリーダーシップを発揮すると言われています。このファミリは、パフォーマンスと全体的な効率の新しい透かしであることが証明されますが、新しいプラットフォーム機能は、改良されたソケットと新しいチップセットを搭載すると噂されている新しいTR4 +マザーボードに導入されます

    現在、レポートでは、愛好家とワークステーションチップ用の2つの独立したプラットフォーム、TRX40とWRX80があると述べています。これらのプラットフォームの詳細を以下にリストします。

    AMD TRX40 'Enthusiast' Ryzen Threadripper 3000プロセッサー

    TRX4 HEDTプラットフォームは、クアッドチャンネルメモリ、チャンネルあたり2 DIMM、チャンネルあたり最大256 GBの容量のUDIMMメモリをサポートします。これは、プラットフォームが最大1 TBのメモリをサポートすることを意味します。SATAインターフェースで切り替え可能な16レーンの64 Gen 4 PCIeレーンもサポートされます。TDPに関する情報もあるようです。ここでもセグメンテーションに気付くことができます。グループ「A」シリーズのプロセッサ。280WTDP、60℃のTcase Max温度、および100℃のTctl Maxを備えたTRX40プラットフォーム用のHEDTラインナップです。

    AMD WRX80 'Workstation' Ryzen Threadripper 3000プロセッサー

    WRX80シリーズに来て、純粋なワークステーションのラインアップを見ています。このプラットフォームを中心に構築されたプロセッサでさえ、UDYMM、RDIMM、LRDIMMフレーバーで8チャンネルDDR4-3200をサポートするEPYC 7002バリアントと同様の仕様です。プラットフォームは、最大2 TBのメモリをサポートする1​​ DIMM /チャネルをサポートします。TRX40シリーズのようなOCサポートはありませんが、SATAに32の切り替え可能なレーンを備えた96-128 Gen4 PCIeレーンを取得できます。WRX80プラットフォーム用のワークステーションラインアップであるグループ「B」シリーズプロセッサも、280W TDPを備えていますが、Tcase Max温度が81C、Tctl Maxが100Cの異なる温度範囲を備えています。

    (続きはこちら)
    https://wccftech.com/aorus-trx40-xtreme-motherboard-amd-ryzen-threadripper-cpu-teaser/

    135: Socket774 (ワッチョイ 0b73-qV4/) 2019/11/02(土) 01:32:13.06 ID:v8h7yO/50
    >>133
    Xモデルはメモリー4ch&PCIGen4x64レーンのTRX40用
    WXモデルはメモリー8ch&PCIGen4x128レーンのTRX80用

    画像の説明文

    コメント(15)  
    NVIDIA_Ampere

    507: Socket774 (ワッチョイ e376-DirQ) 2019/10/30(水) 08:30:06.97 ID:yIdKyb2s0
    NVIDIA Ampereの仕様、パフォーマンス、価格のリーク–大量の高速レイトレーシング、クロックの高速化、vRAMの増加、TDPとTuringの比較

    NVIDIAの次世代グラフィックスカード 「Ampere」 についての噂やリーク情報が大量に出回っている。NVIDIAは、同社の次世代RTX3000シリーズグラフィックカードファミリの焦点と競争力に関する大まかな情報を伝えるために、一部のパートナー企業とAmpereに関して接触しているという情報が、来年前半に予定されている新製品ラインアップのリリースに先立って、周囲にささやかれた。

    ここに入る前に、あなたがこれから読もうとしている新しい詳細の多くが間違いなく噂の範疇に入ることを指摘しないことを、私はうっかり忘れてしまうだろう。それを考えると、消化すべきことがたくさんあるので、早速取りかかりましょう!

    NVIDIA Ampere RTX3000シリーズGPUがTuringにおけるラスタライゼーションと「大規模」レイトレーシング性能を改善すると噂
    NVIDIAがパートナー企業に伝えたかったと言われていることの1つは、同社が今でもレイトレーシングに完全に対応していることだ。レイトレーシングは、私もあなたもみんながRTX2000シリーズのグラフィックスカードを買うべき理由としてNVIDIAが売り込んでいたものです。しかし、これまで見てきたほとんどのケースでは、ほとんどの人がレイトレーシングに興奮するほどのパフォーマンスではありません。

    これはAmpereで変わると言われています。同社は次世代RTX3000シリーズ部品によって、現在のTuring RTX2000シリーズグラフィックスカードと比べて全面的に「巨大な」レイトレーシングの性能が向上すると約束している。AmpereのRay TracingコアはTuringと比べて高速で電力効率が高く、Ampere GPUはより多くのコアを搭載する。

    NVIDIA-GeForce-20-Series_Official_Turing_Ray-Tracing_9

    Ampereのもう1つの主要分野は、ラスタライゼーションです。現在、NVIDIAではラスタライゼーションが非常に長い間注目されており、そのため同社のグラフィックスアーキテクチャは、複雑なジオメトリの処理において従来からAMDを大きくリードしてきた。同社の企業向けアクセラレーターTeslaとQuadroは、ラスタライズ性能が最重要とされていた3D環境で製品の設計とテストを行っていた。

    NVIDIAは、Maxwellで初めて導入されたタイルベースのラスタライゼーションによって、ラスタライゼーションの限界を押し広げてきました。これは、前世代のKeplerと比べて、このアーキテクチャの驚異的な電力効率の向上に大きく関係しています。ゲームの世界がより大きく複雑になるにつれ、次世代GPUがこれらの複雑な世界をより効率的にする上で、ラスタライゼーションが引き続き重要な役割を果たすようになるだろう。

    AmpereがRay TracingとRasterizationに注力していることは、Playstation5とXBOX Scarlettの時代に登場する次世代ビデオゲームで最も重要になる分野に焦点を当てることで、まさに的中している。

    NVIDIA Ampere RTX3000シリーズGPU仕様-vRAMの増加、クロックの増加、TDPの低下
    この噂の第2部に話を移すと、すべてはスペックに関係している。現在、コア数やメモリバッファの詳細な仕様はまだありません。しかし、RTX3000シリーズに関しては、いくつか大きな詳細があります。

    NVIDIA-Turing-RTX-Die-Breakup-1480x731

    Ampere GPUは、Turingと比較してボード全体のフレームバッファが大きいと言われている。また、Turingに比べて100~200MHz高速で動作し、より厳しい電力予算内で動作する。これは主に、Ampereアーキテクチャの基盤となっている7nm EUVプロセス技術のおかげであり、また一部にはアーキテクチャ自体の主要な電力効率の改善のおかげでもある。

    Ampere GPUは、Turingの1.0V以下の電圧制限よりもさらに低い電圧で動作すると報じられており、これによってオーバークロックが制限される可能性があるとの憶測もある。しかし、知識に基づいて推測するにはまだ早すぎる。サムスンの7nm EUVプロセスはまったく新しいもので、テスト用のものが研究所にあるまで、Ampereのような高性能GPUデザインで何ができるのかを知ることは不可能だ。

    NVIDIA GeForce RTX3080および3080Tiはチューリングよりも低価格とされる–アンペア単位の価格と概要
    これは、この噂話の最後の部分であり、価格設定についてです。Ampereシリーズは、Turing氏とほぼ同じ価格になると伝えられている。しかし、ハイエンド部品(RTX3080およびRTX3080Ti)の価格は、RTX2080および2080Tiよりも若干安くなると伝えられている。これは多くのNVIDIAファンを喜ばせるだろ

    NVIDIAが土壇場で設定する傾向がある価格について話すのは、まだかなり早いことを指摘しておくことが重要だ。NVIDIAがパートナー各社に、Ampereのラインアップを現在のTuringよりも価格競争力のあるものにしたいと伝えているのは興味深いことだと思っていた。彼らがこの件を最後までフォローするかどうかはまだ未定であり、AMDがRadeonで来年行うことに影響されることは間違いない。

    RTX30XXのampereリーク来たぞ
    20XXより安くなってレイトレ大幅強化
    VRAM増加低電圧で低TDP
    クロックちょい増加
    スループット向上
    やばいぜこれ

    510: Socket774 (ワッチョイ 7fe8-roNU) 2019/10/30(水) 08:45:06.77 ID:zCoE+p7M0
    >>507
    ヤバすぎでしょ80Tiゴミになるじゃん

    画像の説明文

    コメント(0)  
    ryzen

    87: Socket774 (ワッチョイ fff0-+fLs) 2019/10/29(火) 20:31:48.82 ID:bfR9d/Yx0
    ZENITH IIくそたけーな

    ASUS TRX40マザーボード、第3世代AMD Ryzen Threadripper搭載–ROG Zenith II Extremeは約900米ドル、Prime TRX40-Proは約500米ドル

    複数の小売店で、第3世代AMD Ryzen Threadripperプロセッサ用のASUS TRX40チップセットベースのマザーボードが2つリストされています。新しいHEDTラインアップ向けに設計されたマザーボードは間もなく発売されるので、発売前に小売店で販売されることが予想されるが、興味深いのは、同じ小売店が新製品の価格についても言及していることだ。

    ASUS TRX40マザーボード第3世代AMD Ryzen Threadripper HEDT CPUリスト-X399よりも大幅な価格上昇か、それとも単に代替品か?
    リストされている2つのマザーボードには、ASUS ROG Zenith II ExtremeとASUS PRIME TRX40-Proがあります。これらのマザーボードは両方とも価格とともに掲載されており、以前のものより大幅に値上がりしています。たとえば、ROG Zenith II Extremeの定価は1343.52ドル(AUD)で約900ドル、PRIME TRX40-Proの定価は833ドル(AUD)で約500ドルです。

    X399チップセットをベースにしたROG Zenith Extreme Alphaが現在599.99 USドル、PRIME X399-Aが299.99 USドルで販売されていることを考えると、これは大きな価格差のように思える。X570マザーボードの価格は、X470やX370よりも高いことが2つあります。設計の選択肢と機能セット、および高度な冷却方法論によって、全体的なコストは確実に増加します。しかし、TRX40シリーズは、X399シリーズに比べて価格が約2倍上がっている。

    2-1080.fc3c0294

    1-1080.26239a94

    TRX40マザーボードの価格は、同じセグメントのX399マザーボードよりも高くなる可能性が高いですが、表示されている価格ほど高くはなりません。初期の出品と同じように、これらは実際の価格が確認されるまでのプレースホルダーです。これらの価格でマザーボードを予約注文する人もいます。なぜなら、発売時に入手できるかどうかが最近の大きな問題だからです。しかし個人的には、そのような購入者には、製品がそれぞれのメーカー希望小売価格と一緒に正式に発表されるまで待つことをお勧めします。

    (続きはこちら)

    88: Socket774 (ブーイモ MMff-yp2s) 2019/10/29(火) 20:33:26.85 ID:n7Vo9LCxM
    zenithⅡの価格出たの?

    画像の説明文

    コメント(11)  
    Intel’s First Discrete Graphics Card

    42: Socket774 2019/10/27(日) 01:22:35.28 ID:yjYEioPE
    Intel’s First Discrete Graphics Card Powered On ? DG1 Closer To Launch

    Intelの最初のディスクリートグラフィックスカードは2020年に到着する予定であり、順調に進んでいるようです。このカードはIntelのXe GPUアーキテクチャ上に構築され、おそらく10nmプロセスノード上に構築されることがわかっています。Intelの最初のXeゲーミンググラフィックスカードが発売される月はわかりませんが、今日新しいことを学びました。インテルの最高経営責任者ボブ・スワンは、アナリストの電話で投資家に、ラボで初めてインテルXe DG1グラフィックカードの電源を入れたと語った。これは、Raja Koduriのグラフィックスグループが2020年の製品リリースを予定していることを示す良い兆候です。スワンはまた、Intelは2021年に7nm GPUを提供する予定であり、5nm生産の「エンジニアリングパスを十分に下回っている」と述べました。

    intel-dg1-ontime-768x410

    このニュースは、インテルのDiscrete Graphics and Visual Technologies Marketing Chief、シニアディレクターChris Hookの午後のツイートを解読するのに役立つ。


    https://www.legitreviews.com/intels-first-discrete-graphics-card-powered-on-dg1-closer-to-launch_214904

    ビデオカードはライバルが増えてたいへんそう

    43: Socket774 2019/10/27(日) 02:08:27.19 ID:1B/fd2Ku
    nvidia一強すぎるからそれは朗報
    ただインテルにGPU作れるのかという疑問はあるけど…

    画像の説明文