汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    メモリ

    コメント(0)  
    micron

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/08/30(金) 13:49:57.64 ID:CAP_USER
     米Micron Technology(以下、Micron)は2019年9月15日(米国時間)、1Znmプロセスを採用した16GビットのDDR4の量産を開始すると発表した。1Znm世代での量産は「世界初」(同社)とする。Micronによれば、同DDRは日本と台湾の両方の工場で製造されるという。

     量産をスタートする16GビットDDR4は、前世代(1Ynm世代)のプロセスを用いた8GビットDDR4ベースの製品と比較して消費電力を約40%削減できるという。

     Micronはリリースで「コンピューティングDRAM(DDR4)、モバイルDRAM(LPDDR4)、グラフィックスDRAM(GDDR6)に向けた製品の相対的な性能と消費電力を改善する。特に、AI(人工知能)、自動運転車、5G(第5世代移動通信)、ネットワークインフラやサーバといったアプリケーションの重要な差異化要因となる」とコメントしている。

    l_mm190830micron1_w290

    画像:Micron Technology

    関連ページ
    Micron Commences Volume Production of 1z Nanometer DRAM Process Node | Micron Technology(英文)
    http://investors.micron.com/news-releases/news-release-details/micron-commences-volume-production-1z-nanometer-dram-process

    (続きはこちら)
    https://eetimes.jp/ee/articles/1908/30/news045.html

    4: 名刺は切らしておりまして 2019/08/30(金) 14:02:18.17 ID:mDxPDTFR
    やっと動き出すの?

    画像の説明文

    コメント(5)  
    micron

    5: Socket774 (ブーイモ MM4d-dOTk) 2019/08/19(月) 15:53:23.23 ID:BhMfu8B+M
      米Micron Technologyは15日(米国時間)、世界初となる“1z nm”プロセスノードを用いた16Gb DDR4の量産開始を発表した。

     同社は1z nmノードを用いることで、前世代の1Y nmからDRAMの性能向上とコスト削減を実現する。

     1z nmノートについて、同社は業界最小のフィーチャーサイズであると謳っており、コンピュートDRAM(DDR4)、モバイルDRAM(LPDDR4)、グラフィックスDRAM(GDDR6)製品ラインのそれぞれに活用でき、電力と性能の最適化されたバランスは、とくに人工知能や自動運転車、5G、モバイルデバイス、グラフィックス、ゲーム、ネットワークインフラ、サーバーなどのアプリケーションで真価を発揮できるとしている。

     今回量産が開始された1z nmノードの16Gb DDR4では、前世代の8Gb DDR4製品と比較して、消費電力を約40%削減できるなどの優位性があるとする。

    (続きはこちら)
    Micron、業界初“1z nm”プロセスのDDR4メモリ量産開始

    29: Socket774 (アウアウウー Sa5d-dCD9) 2019/08/19(月) 23:25:59.17 ID:7ndDKK96a
    >>5
    やっと世代交代きたな

    安くて早くて大容量のメモリはよっ

    画像の説明文

    コメント(7)  
    ddr4-Samsung

    708: Socket774 (ラクペッ MM75-22a8) 2019/08/15(木) 05:07:57.80 ID:Z2F52muRM
    輸出管理強化も追い打ち。DRAM価格下げ止まらず、韓国メーカーの投資抑制続く
    日刊工業新聞2019年8月14日

     パソコンなどのデータの一時記憶に使うDRAMの価格下落が続く。2018年後半からIT大手などの投資抑制が明らかになり、需要のけん引役だったサーバー向けが落ち込んだ。激化する米中貿易摩擦はスマートフォンやパソコン販売にも有形無形のマイナス影響を与える。

     冷え込む市況に追い打ちをかけるのが米国のトランプ大統領だ。トランプ大統領は1日、中国から輸入するほぼ全製品に追加関税を課す「制裁第4弾」を9月に発動すると表明した。第4弾でもっとも影響を受けるのはスマートフォンとパソコンで、それはまさにDRAMの主要顧客に他ならない。

     もともと英調査会社IHSマークイットは20年夏までDRAM価格が下げ止まらないとの予測を示していたが、制裁第4弾の発動で市況低迷がさらに長引く可能性が出てきた。

    (続きはこちら)
    https://newswitch.jp/p/18823

    717: Socket774 (ワッチョイ 51dc-dCD9) 2019/08/15(木) 08:00:33.80 ID:V+Lcyxh40
    数字しか見ないドリーマーと、
    政治を見る現実主義者
    どちらが正しいか結論は出てる

    画像の説明文

    コメント(8)  
    Samsung-DRAM

    517: Socket774 (ワッチョイ ed0c-7p+E) 2019/08/01(木) 17:47:13.01 ID:p95z0k8n0
    韓国の「ホワイト国」除外後もDRAM価格は下落か

     日韓の「ホワイト国対象外」問題については、90日後に日本が韓国への輸出を許可するかどうかを待つ価値があると思われるが、7月も価格を引き下げて販売促進の意欲が見られることから判断して、生産と出荷に影響するほど大きな問題にならないとの見方を示している。

     具体的には、日本が韓国を「ホワイト国」リストから削除すると発表したことについて、単に韓国が最恵国(MFN)待遇を受けられなくなるというもので、制裁または制限を意味するものではないと指摘。ホワイト国から外れたことで、重要な商品の輸出に綿密なレビューが必要となるが、それは台湾やそのほかの国も同様であるとしている。

     しかし、サプライヤーはこの問題を利用して価格の引き上げを狙っており、第3四半期の契約価格の予測を難しくしているとする。

     7月のスポット価格は、半導体材料の輸出に対する日本の規制の影響により、市場不安や将来の供給への懸念から、短期的に急上昇したが、前述のとおり、実際の取引はスポット市場では行なわれておらず、ピーク後に急上昇した価格は急落する可能性が非常に高いと指摘している。

    (続きはこちら)
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1199563.html

    店に騙されたやつおりゅ?w

    520: Socket774 (ワッチョイ 23b1-l91T) 2019/08/01(木) 18:09:27.84 ID:5HWvf1RQ0
    >>517
    店が乗せてるのか、代理店が乗せてるのか、はてさて両方なのか という感じ
    尚、日本限定で海外はそんなでもないという

    画像の説明文