汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題を5ちゃんねるからまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    スポンサードリンク

    マザボ

    コメント(1)  
    599: Socket774 2018/08/10(金) 18:25:58.43 ID:HUWy+syx
    ASUSのB450搭載Mini-ITXマザー「ROG STRIX B450-I GAMING」が登場

    ROG_STRIX_B450-I_GAMING_500x375

     第2世代Ryzenに対応したMini-ITXマザーボード「ROG STRIX B450-I GAMING」がASUSから発売された。
     店頭価格は税抜き18,800円。販売ショップはツクモeX.パソコン館、ドスパラ秋葉原本店。

    (続きはこちら)
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1137570.html

    >>503で紹介したASUSのB450マザーが国内販売開始
    正直GIGAの方が良さげかなと

    503: Socket774 2018/08/02(木) 18:31:23.09 ID:eDq1WUyg
    ASUS Launches AMD B450 Series Motherboards
    https://www.techpowerup.com/246393/asus-launches-amd-b450-series-motherboards

    ASUSからAMDのB450チップセット搭載マザーのアナウンス
    mini-ITXマザーとしてROG Strix B450-I Gaming の名前が挙がっています
    Tw2hexe4f9IM6PFy




    画像の説明文

    コメント(1)  
    498: 名無し~3.EXE 2018/08/08(水) 13:58:47.97 ID:rIFYXFtS
    Coffee LakeでWindows 7が使える? ColorfulのIntel H310“C”マザー

    1_l

     第7世代Coreプロセッサ(Kaby Lake)およびRyzen以降のプラットフォームは、Windows 7に対するサポートがなく、基本的にWindows 10しか使えない。しかしどこかで需要があってか、Intelはローエンドのチップセット「H310」をWindows 7に対応させる予定のようだ。

     中国Colorfulによると、8月下旬より、「断剣C.H310M-E V20」と「断剣C.H310M-E D3 V20」と呼ばれる2種類の新しいマザーボードを投入する予定だ。この2製品では新たに「Intel H310C」と呼ばれるチップセットを採用し、第8世代Coreプロセッサ(Coffee Lake)に対応しながらも、Windows 7をサポートするのだという。

     ただしその“サポート”は限定的のようで、Intel Management Engineや、チップセットの機能を認識させるINFファイル、オーディオおよびネットワークドライバに関しては、Windows 7対応のものが提供されるが、第8世代Coreプロセッサ内蔵グラフィックスのドライバについては提供されない。正常動作させるためには、別途Windows 7に対応したビデオカードを用意する必要があるとしている。

    (続きはこちら)
    ttp://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1137122.html

    502: 名無し~3.EXE 2018/08/08(水) 15:56:10.41 ID:tC6sAoM+
    >>498
    これWUはどうなるんだろうね
    Kaby Lake以降は蹴られるってのは状況変わったんかな?

    仮想だとKabyでもCoffeeでも大丈夫のようだけど
    うちではESXi上で細工無しでもWU出来てる

    画像の説明文

    コメント(1)  
    3

    767: Socket774 2018/08/02(木) 18:22:27.31 ID:uwcySnwd0
    第9世代のcoreも1コアあたりのIPCは変わらないんだよな?
    そうなると空湖以降3世代にわたって手加えしてないことに…
    コア数増やすだけでごまかしてるがいつまでリブランドするんだ

    画像の説明文

    コメント(0)  
    688: Socket774 2018/08/02(木) 11:59:13.42 ID:r2sqOKwc0
    MSI、Intel Z370マザーボードに「Intel 9000」シリーズ対応BIOSの提供開始

    Z370_GODLIKE_GAMING_1024x768b-620x466

    Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI/本社:台湾)は2018年8月1日(現地時間)、Intel Z370チップセット採用マザーボードに対して、次世代CPU「Intel 9000」シリーズ対応BIOSの提供を開始した。

    Intel_9000_MSI_545x396

    (続きはこちら)
    http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2018/0802/271471

    694: Socket774 2018/08/02(木) 12:26:59.84 ID:pQbiO05w0
    biosアプデリーク大量で8/1くると思ったんだけど残念だ

    画像の説明文

    コメント(0)  
    114: Socket774 2018/07/31(火) 22:02:45.30 ID:YZ+Bxrx8
    AMDの新型チップセット「B450」搭載マザーが各社から一斉に発売、計19モデル

    31日(火)22:00の時点で、計19モデルが各店に入荷している。
    店頭価格は税抜き7,980~15,800円
    B350の後継チップセットで、新たにPrecision Boost OverdriveやXFR2 Enhancedといった第2世代Ryzenシリーズ向けの高クロック化機能をサポートしている。

    mb1
    mb2

    mb3

    mb4

    (続きはこちら)

    117: Socket774 2018/07/31(火) 22:11:36.77 ID:h/7A3cxe
    >>114
    を開いたらいきなりトマホークだった
    絶対狙ってるでしょ

    画像の説明文

    コメント(1)  
    1

    170: Socket774 2018/06/26(火) 14:05:34.16 ID:5GNem/8k0
    誰か第一世代AM4ソケット対応のCPU貸してクレー
    第2世代ライゼン買ったけど、マザーボードのBIOS更新してなかったから動かないわ…

    画像の説明文

    コメント(0)  
    964: Socket774 2018/06/06(水) 01:07:19.71 ID:txm2tVOt
    GIGABYTE,“さらにCPUコアの増えるThreadripper 2”対応を謳う新世代X399マザー

     COMPUTEX TAIPEI 2018が開幕した台湾時間2018年6月5日,例年どおり台湾一高いビルであるTaipei 101にプライベートスイートを構えているGIGA-BYTE TECHNOLOGY(以下,GIGABYTE)は,AMDの未発表CPU“Threadripper 2”に対応するという「X399」チップセット搭載マザーボード「X399 AORUS EXTREME」を披露した。

    002

    008

    (続きはこちら)
    http://www.4gamer.net/games/259/G025981/20180605096/

    次世代Ryzen Threadripperでは「第1世代と比べてさらにCPUコアが増える」とのこと

    966: Socket774 2018/06/06(水) 01:34:28.89 ID:SR+uvoeb
    >>964
    499じゃないんやな

    画像の説明文

    コメント(1)  
    1: 名無しさん@涙目です。 2018/06/02(土) 10:18:31.16 ID:RalKQrvY0 BE:323057825-PLT(12000)
    ASUSは仮想通貨マイニング向けマザーボード「H370 Mining Master」を発表しました。近年は採掘用にGPUスロットを複数備えた製品が各社から出ていますが、本製品のスロット数はなんと20。4×5のスロットが並ぶ壮観な外見となっています。

    このH370 Mining Masterは、同社の「B250 Mining Expert」の後継モデル。先代も19基ものGPUスロットを備えていると話題になりましたが、本製品はそれさえ凌ぐもの。前製品よりもGPUの接続しやすさが配慮された仕様変更が行われています。

    前製品(上図)B250 Mining Expertではビデオカード用にPCI Expressスロット19基を備えていましたが、本製品ではUSBライザーケーブル対応スロット20基へと変更。接続が容易になるとともにケーブルが頑丈で抜けにくく、より安全な採掘環境が保証されるとのこと。

    各ポートおよびビデオカードはオンボード診断で管理可能。起動時にシステムをスキャンして各ポートの状態を確認、メモリやプロセッサなどに問題があればボードに搭載されたLEDにて確認できるとされています。

    ほか、CPUソケットはLGA1151でInter第8世代Coreシリーズなどに対応、メモリはDDR4-2400×2(最大32GB)、ストレージはSATA 6Gbps×4、Gigabit Ethernet、USB 3.0×6、USB2.0×4、フォームファクタはATXという仕様です。

    GPUスロットはなんと20基。ASUSの新型マザーボード、仮想通貨マイニングに特化
    https://japanese.engadget.com/2018/06/01/asus-gpu-20/

    ASUS

    2: 名無しさん@涙目です。 2018/06/02(土) 10:18:59.84 ID:h+XXLwKA0
    キモ

    画像の説明文

    スポンサードリンク
       

    このページのトップヘ