汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    ペンタブ

    コメント(10)  
    71dwMW0gYFL._AC_SL1500_

    1: 田杉山脈 ★ 2020/01/08(水) 00:04:08.98 ID:CAP_USER
     ワコムは1月7日、廉価版液晶タブレット「Wacom One液晶ペンタブレット13」を16日に発売すると発表した。13.3型フルHD液晶パネルを搭載。直販価格は4万2900円(税込)。7日から予約受付を始める。

     Wacom Oneはイラストレーションや写真加工、動画編集などの初心者に向けた液晶タブレット。WindowsとMacに加え、一部のAndroidスマートフォンやタブレットにも対応。PCやスマートフォンと専用ケーブルで接続すればデジタルペンでの作業ができる。

    ペン入力は電磁誘導方式。筆圧レベルは4096段階で、傾きを検知する機能も搭載する。入力に使えるペンは、充電不要のワコム純正品の他、LAMYやステッドラーといった文房具メーカーや韓国Samsungが販売しているデジタルペンなど。

    mt1626333_WO-02

    (続きはこちら)
    3: 名刺は切らしておりまして 2020/01/08(水) 00:09:11.92 ID:yDyAu/sq
    安くなったねー液タブ

    画像の説明文

    コメント(3)  
    DTK2260K0D

    625: 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 2e28-+P8T) 2019/08/14(水) 01:04:59.11 ID:Gp5p02KB0
    まだ貼られてなかったので

      ざら先生のレビューに入る前に、今回のCintiq 22という液タブの概要をチェックしておきましょう。

     細かい仕様は製品リリース時の記事(ワコム、11万円台の大型液晶タブレット「Cintiq 22」)を参照していただくのがよいですが、本製品はCintiqシリーズのなかでは、名前に“Pro”がつかないエントリーモデルという位置づけです。15.6型の「Cintiq 16」に続く2製品目として、大型の21.5型IPS液晶を採用したものとなっています。

      解像度はフルHD(1,920×1,080ドット)、色域はNTSCカバー率72%、sRGBカバー率96%と、上位モデルのCintiq Proシリーズに比べると抑えられたスペックになっているものの、ペン入力性能は上位モデルと同じ筆圧8,192レベルに対応。ペンも最新の「Wacom Pro Pen 2」が付属しています。

     タッチ操作に対応していないため、右手にペンを持ちながら、左手で画像の拡大縮小といった操作はできませんが、それは前回ざら先生にレビューしてもらったCintiq Pro 24のペンモデルも同様。もちろんPCも別途用意する必要があります。しかし、そのぶん価格はCintiq Pro 24の半分以下となっており、大画面液タブに憧れる人には注目の製品と言えるでしょう。今回のざら先生の評価はいかに?


    (続きはこちら)
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hothot/1201241.html

    630: 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 7d8f-iNuD) 2019/08/14(水) 08:14:37.81 ID:KZ6Bm3bX0
    >>625
    無印22すんごくいいらしいな
    もし悪かったらこの漫画家に苦情

    画像の説明文

    コメント(1)  

    01_l
    462: 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 8f47-a4LL) 2019/07/18(木) 14:12:58.30 ID:4uTCnlQ70
    cintiq 22 fhd

      株式会社ワコムは、液晶タブレット“Cintiq”シリーズから21.5型の「Cintiq 22(型番 : DTK2260K0D)」を7月25日に発売する。ワコムストアでの直販価格は118,800円。予約受付は本日(18日)より開始している。

     Cintiqシリーズは低価格帯の液晶タブレットで、イラストやマンガ、アニメーションなどでの用途を目的とした製品。今年(2019年)の1月に15.6型モデルのCintiq 16が発売されているが(ワコム、半額以下になったエントリー向け15.6型液晶タブレット参照)、今回で21.5型の大型モデルがシリーズに追加された。

     プロ向けで最上位のCintiq Proシリーズのように、視差の少ないダイレクトボンディングや最新のペンセンサーは搭載されておらず、タッチ操作機能もないが、学生でも手の届きやすい10万円台前半の価格を実現。付属ペンはバッテリとコードレスの電磁誘導方式で、液晶面にはペンを走らせるのにほどよい抵抗で描き心地に優れた非光沢フィルムを採用した。

    WS002191

    WS002192

    https://www.wacom.com/ja-jp/products/pen-displays/wacom-cintiq
    (続きはこちら)
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1196367.html

    *2019/07/21 13:00
    記事一部訂正しました。ご指摘ありがとうございます。

    464: 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 8fda-4QeO) 2019/07/18(木) 14:17:37.65 ID:9RdEpGGG0
    安いな

    画像の説明文