汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題を5ちゃんねるからまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    スポンサードリンク

    プログラミング

    コメント(0)  
    php-logo

    1: ノチラ ★ 2018/06/11(月) 21:00:59.74 ID:CAP_USER
    一般社団法人BOSS-CON JAPANは4日、BOSS-CON JAPAN内組織のPHP技術者認定機構が、「PHP7技術者認定初級試験」を2019年2月に開始すると発表した。

     PHP技術者認定機構は、オライリー・ジャパン、ニフティ、日本マイクロソフト、NTTコミュニケーションズによる特別協賛のもと、2011年2月1日に設立したPHP技術者認定試験を運営する一般社団法人。PHP技術者認定試験は、オライリー・ジャパンが出版した「初めてのPHP5 増補改訂版」「プログラミングPHP 第3版」を主教材および出題範囲としており、匿名論文審査方式を採用した最上位資格審査「ウィザード」も実施している。

     BOSS-CON JAPANでは、現在最も利用されているPHP 5.6が2018年12月31日でセキュリティサポート終了となり、今後はPHP 7が主流に変わっていくことから、PHP 7をマスターした技術者をより多く輩出するべく、PHP7技術者認定初級試験を実施するとしている。

    (続きはこちら)
    https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1125468.html

    2: 名刺は切らしておりまして 2018/06/11(月) 21:11:07.54 ID:tDbuPWkb
    Pythonの集金うまくいってるからって真似しなくても

    画像の説明文

    コメント(4)  
    1528306596_visualstudio2019_story

    1: ノチラ ★ 2018/06/07(木) 20:03:11.79 ID:CAP_USER
    米Microsoftは6日(現地時間)、統合開発環境「Visual Studio」の次期バージョンが「Visual Studio 2019」になることを明らかにした。具体的なリリース時期は明らかにされていないが、 「Visual Studio 2015」の一般提供が2015年7月、「Visual Studio 2017」の一般提供2017年3月であったことから、正式リリースは来年になりそうだ。

     現行の「Visual Studio 2017」では、ソリューションの読み込みやビルドのパフォーマンス向上が図られたほか、単体テストなどソースコードの品質向上に資する機能が強化。リアルタイムな共同開発を実現する「Visual Studio Live Share」や機械学習技術を活用したコーディング支援ソリューション「IntelliCode」など、生産性向上に役立つ先進的な機能が導入された。

     「Visual Studio 2019」でもこの流れは維持され、機能性・ユーザビリティ・生産性・信頼性の向上に注力した開発が進められる。「Visual Studio 2017」と同様、初回リリースの後も定期的にアップデートが提供されるなど、ユーザーからのフィードバックを積極的に取り入れていく姿勢に変わりはない。

     一方で、アップグレードは簡素かつ手軽になるように改善されるとのこと。既存の環境を維持したままの移行も容易で、「Visual Studio 2017」とのサイドバイサイドインストール(同一環境で共存させること)がサポートされるほか、OSのメジャーアップグレードも不要とされている。引き続きWindows 7/8.1での動作もサポートされそうだ。

     「Visual Studio 2019」と次期「Visual Studio for Mac」はまだ計画中の段階だが、その礎となる“.NET”と“Roslyn”の開発はすでに始動しており、“GitHub”でその進捗を確かめることが可能。「Visual Studio」に投入される予定の機能は、「Visual Studio Preview」で体験できる。
    https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1126185.html

    2: 名刺は切らしておりまして 2018/06/07(木) 20:11:05.79 ID:f4pRPOcf
    そんなことよりpython搭載したEXCELのほうを早くして

    画像の説明文

    コメント(1)  
    work-1627703_960_720

    1: ノチラ ★ 2018/06/06(水) 23:16:13.17 ID:CAP_USER
    Stack Overflowが1年おきに公開している開発者調査レポートの2018年版となる「Stack Overflow Developer Survey 2018」が公開された。同レポートは10万人を超える開発者から得られたアンケート結果を集計したもので、プログラミング言語、開発の経験年数、年収の関係がまとめられている。

    各要因の関係図は次のとおり。
    001

    F#やClojureのように長い経験年数と高い給与が関連しているプログラミング言語が存在すれば、PHPのように市場は大きく経験年数もそこそこでよいが給与が低いプログラミング言語も存在している。全体としては、経験年数が増えるにつれて給与も増加する傾向を見せているが、プログラミング言語によって大きな違いがあることが示されている。

    Visual Basic 6は経験年数がClojureやGroovyと同程度にもかかわらず、回答者数は少なく、さらに給与も低い状況にあることがわかる。Visual Basic 6は嫌われているプログラミング言語第1位にもなっており、給与の低さがそうした結果に影響していると見られる。
    https://news.mynavi.jp/article/20180606-639272/

    2: 名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 23:27:01.27 ID:5Np6EqgK
    プログラマーはIT分野では低い給与体系だから比べてもなぁ

    画像の説明文

    コメント(1)  
    WS001596

    1: ノチラ ★ 2018/05/24(木) 17:11:59.14 ID:CAP_USER
    仮想通貨交換業のほか、独自のプライベート・ブロックチェーン技術「miyabi」を開発するbitFlyerは5月23日、競技プログラミングコンテスト「codeFlyer」の開催を発表した。プログラミングの正確さとスピード、アルゴリズムの構築力を競う。本戦上位5名には、最高10万円の賞金を現金、もしくは賞金額相当のビットコインのいずれか希望する方で授与するとのこと。

     bitFlyer代表取締役の加納 裕三氏は「出題はbitFlyerのエンジニアが監修し、ブロックチェーン分野に特有の出題も含まれる。今回の取り組みで天才エンジニアを採用したい」としている。

     また、同社は「codeFlyer」の開催目的を、学生や社会人を問わず優秀なエンジニアと出会うこととしており、本戦上位者には、同社へ就職するための「書類選考通過パス」「最終面接確約パス」「内定確約パス」などの一次選考プロセスを通過できる権利が進呈される。さらに、「codeFlyer」の本戦出場者から同社へ入社が決定した人には別途、自己研鑽費用として50万円が支給される。

    (続きはこちら)
    https://crypto.watch.impress.co.jp/docs/news/1123666.html

    4: 名刺は切らしておりまして 2018/05/24(木) 17:17:58.64 ID:efiM9C7a
    10万円で天才プログラマーのコードを盗むって虫が良すぎるだろ

    画像の説明文

    スポンサードリンク
       

    このページのトップヘ