汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    プログラミング

    コメント(5)  
    COBOL

    1: アメリカンワイヤーヘア(関東・甲信越) [ニダ] 2019/09/17(火) 19:31:52.59 ID:p6bt2dxB0 BE:811571704-2BP(2072)
    https://japan.zdnet.com/article/35142380/
    COBOL誕生から60年--これからも生き続ける理由

    FigA
    「UNIVAC I」のコンソールを囲むプログラマーたち

    コンピューティングの黎明期において、使用できる言語はマシン語とアセンブリー言語しかなかったのだ。当時のコンピューターサイエンスはまさしく「サイエンス」だった。初期の大型メインフレームのためにも、より簡単な言語が求められていたのはあらためて言うまでもないだろう。そして、そういった目的を実現する言語の仕様が策定され、1959年9月にCommon Business-Oriented Language(COBOL:共通事務処理用言語)と名付けられた。

    中略

    米会計検査院(GAO)は2016年に、米国土安全保障省と米退役軍人省、米社会保障局という3つの組織だけを見ても、COBOLがいまだに現役で用いられていると報告している。COBOLのコンサルティングを手がける、COBOL Cowboysという素晴らしい名前の企業によると、2000億行のCOBOLプログラムが今も現役であり、Fortune 500企業の90%が依然としてCOBOLプログラムを使い続けているという。さらに今日のATMの多くでも、その処理のバックエンドでCOBOLが実行されている。

    中略

    COBOLは年齢的には引退の時が近づいているとの見方もあるものの、言語自体はまだまだ現役で活躍している。実際のところ、Micro FocusのようにCOBOLアプリケーションのクラウドへの移行支援を提供する企業もある。このような状況では、われわれよりもCOBOLプログラムの方が長生きしそうだ。

    5: マーブルキャット(ジパング) [US] 2019/09/17(火) 19:40:27.19 ID:PUT8hSpD0
    金額の計算や印刷でCOBOLほど信頼できる言語はない。
    これが全てだよ。

    画像の説明文

    コメント(8)  
    laptop-2557586_1280

    1: 名無しさん@おーぷん 19/09/16(月)09:00:13 ID:O66
    あれほど独学しやすい分野って他にないし、
    学校では電子工学なり機械なり物理なり、もう少し独学しにくい分野を専攻すべきだと思うんだが。

    画像の説明文

    コメント(0)  
    Python

    1: 田杉山脈 ★ 2019/09/13(金) 17:57:05.85 ID:CAP_USER
    プログラミング言語のPythonが大変な人気だ。Pythonでプログラミングを始めてみたいという初心者も多いだろう。

     そうした初心者が自分のパソコンにPythonをインストールしようとしたとき、最初に問題になるのが「Pythonのどのバージョンを選べばいいか」ということだ。Pythonには「Python 2」と「Python 3」の大きく2つのバージョンが存在する。初心者だと、どちらを選べばいいかが分からない。

     たいていの人は、最新バージョンであるPython 3を選択するだろう。しかし、中には「Python 2にはこれまでの実績があるから、そちらを選んだほうがいいのではないか」、あるいは「Python 2のほうが簡単で初心者向けなのではないか」と考える人がいるかもしれない。

     結論から言うと、今からPython 2を使い始めてはならない。Python 2はもう2019年内しかサポートされないことが決まっているからだ。

    (続きはこちら)
    https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00682/091100013/

    10: 名刺は切らしておりまして 2019/09/13(金) 19:01:03.36 ID:hbnpT1am
    >>1
    いまさら使い始める人はおらんのとちゃう?

    画像の説明文

    コメント(1)  
    laptop-2557586_1280

    1: 田杉山脈 ★ 2019/09/08(日) 19:53:33.32 ID:CAP_USER
    グローバリゼーションデザイン研究所は5日、プログラミングで求められる英語力を測定して認定する「プログラミング英語検定」のベータ版を提供開始すると発表した。

    同検定は当面、無料で受験できるベータ版で提供し、2020年初めに正式版の公開を目指す。試験設計と作問は、「アプリケーションをつくる英語」や「ITエンジニアのための英語リーディング」など関連著書がある、同社代表の西野竜太郎氏が担当。

    また、同検定開始と同時に、プログラミングで必須の英単語をまとめた「プログラミング必須英単語600+」を、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCBY-NC-SA4.0)で公開。誰でも無償で入手し、プログラミング英語の学習や知識確認に活用できる。

    (続きはこちら)
    https://ict-enews.net/2019/09/06progeigo/

    2: 名刺は切らしておりまして 2019/09/08(日) 19:55:10.86 ID:g2mGstnx
    また検定商売

    画像の説明文