汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    ブラウザ

    コメント(1)  
    jward-logo

    1: 田杉山脈 ★ 2019/07/01(月) 23:24:44.23 ID:CAP_USER
    GMOソリューションパートナー(株)は5月31日、「JWordプラグイン」の提供終了を発表した。「JWordプラグイン」のサービスは7月31日をもって打ち切られる。

     “JWord”は、検索連動型の広告サービス。ユーザーがWebブラウザーのアドレスバーにキーワードを入力すると、それに関連するWebサイトが“J”というロゴマーク付きで表示される。

    (続きはこちら)
    https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1193400.html

    44: 名刺は切らしておりまして 2019/07/02(火) 12:09:55.21 ID:yXzpZR5f
    >>1
    まだ生きてたんか?
    むしろ驚き

    画像の説明文

    コメント(5)  
    firefox

    1: サーバル ★ 2019/06/19(水) 10:51:37.47 ID:LArMzfF59
    Firefoxに危険度最高の脆弱性で更新リリース、既に攻撃を確認
    Mozillaが、Firefoxの緊急セキュリティアップデートをリリースした。危険度最高の脆弱性に対処する。既にこの脆弱性を悪用した攻撃が確認されており、至急アップデートするよう呼び掛けている。

     Mozilla Foundationは6月18日(現地時間)、Webブラウザ「Firefox」のセキュリティアップデート「Firefox 67.0.3」と「Firefox ESR 60.7.1」をリリースした。危険度が最高の「Critical」の重大な脆弱性に対処する。この脆弱性を悪用した攻撃を既に確認したとしている。

     この脆弱性を悪用されると、ユーザーが悪意あるWebページにアクセスすると攻撃者にPCを乗っ取られる恐れがある。米国土安全保障省も公式サイトでアップデートを呼び掛けている。

     MozillaはSecurity Advisoryで「Array.popの問題により、JavaScriptを操作する際に脆弱性が発生する可能性がある。この脆弱性を悪用するとシステムのクラッシュが可能。既にこの脆弱性を悪用する標的型攻撃を確認している」と説明している。

    (続きはこちら)
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1906/19/news060.html


    4: 名無しさん@1周年 2019/06/19(水) 10:52:57.86 ID:4orzLtE80
    今朝の更新これだったのか。

    画像の説明文

    コメント(10)  
    Netscape

    325: 既にその名前は使われています (スププ Sdba-SxB5) 2019/06/15(土) 13:41:33.25 ID:HLmpxt3xd
    スレタイの話に戻すがネットスケープってなんで廃れたんだっけ
    MicrosoftがWindowsにIEつけてきたのがやっぱ大きいのかね

    画像の説明文

    コメント(0)  
    Edge_logo

    1: 田杉山脈 ★ 2019/05/21(火) 18:31:06.24 ID:CAP_USER
    米Microsoftは20日(現地時間)、macOS用にEdgeブラウザのアルファ版を公開した。

     Windows用に新たに提供開始されたのと同じ、ChromiumベースのEdgeで、Windows版と同じユーザー体験を実現しつつ、フォントやメニュー、キーボードショートカットなどはMac向けに最適化し、Touch BarやトラックパッドのジェスチャーなどMac専用の機能にも対応する。

    (続きはこちら)
    01_l

    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1185627.html

    2: 名刺は切らしておりまして 2019/05/21(火) 18:35:37.18 ID:r+1msDmb
    いらねえw

    画像の説明文

    コメント(7)  
    1: 田杉山脈 ★ 2019/05/10(金) 20:27:51.98 ID:CAP_USER
    国税に関する各種手続きをインターネット経由で行なえる「e-Tax」が、5月7日からマイクロソフトのWebブラウザ「Edge」に対応した。e-Taxソフト(WEB版)の推奨環境にWindows 10とEdgeの組み合わせが追加された。

    6q89g26k

    (続きはこちら)
    https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1183874.html

    3: 名刺は切らしておりまして 2019/05/10(金) 20:30:38.95 ID:0yqHQo+y
    firefox対応しろよ、馬鹿なのか?

    画像の説明文

    コメント(2)  
    ie_edge

    1: 田杉山脈 ★ 2019/05/07(火) 15:18:16.27 ID:CAP_USER
    マイクロソフトは米シアトルで開催中のイベント「Microsoft Build 2019」で、次期Microsoft Edgeの企業向け新機能としてInternete Explorer 11と同じ機能をMicrosoft Edge内で提供する「Internete Explorer mode」の搭載を発表しました。

    マイクロソフトは昨年12月に、WebブラウザであるMicrosoft Edgeのレンダリングエンジンをそれまで自社開発していたものからオープンソースで開発されているChromiumをベースにしたものへ切り替えると発表していました。

    今回の発表は、その次期Microsoft Edgeの新機能の1つとして明らかにされたものです。

    (続きはこちら)
    https://www.publickey1.jp/blog/19/micrsoft_edgeinternet_explorer_modeie11microsoft_build_2019.html

    2: 名刺は切らしておりまして 2019/05/07(火) 15:19:14.54 ID:Yq1WI/sj
    迷走してんな

    画像の説明文

    コメント(6)  
    61LnzbvnprL

    1: ムヒタ ★ 2019/05/04(土) 13:03:18.83 ID:CAP_USER
     「Firefox」にインストール済みのアドオンがすべて無効化され、利用不能になる問題が複数報告されている。アドオンを新規にダウンロード・インストールすることもできない。

     問題の原因は、アドオンの署名に利用されている中間CA証明書の有効期限が切れたためであるようだ。「Firefox」にインストールされているアドオンが“旧式の拡張機能”扱いされ利用不能になるほか、利用できなくなったアドオンを一旦アンインストールし、再インストールを試みると“ダウンロードに失敗しました。接続状況を確認してください。”や“このアドオンは壊れているため、インストールできませんでした。”といったエラーメッセージが表示される。

     もっとも手軽な対処法は、OSの日付を2019年5月4日よりも前に変更してしまうことだ。ただし、OSの日付と時刻を手動で変更すると、他のアプリに影響が出ることがある。

    (続きはこちら)
    https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1182954.html

    8: 名刺は切らしておりまして 2019/05/04(土) 13:13:10.05 ID:attXldID
    今まさに出てしまった

    画像の説明文

    コメント(9)  
    IE

    1: ムヒタ ★ 2019/04/15(月) 10:52:30.81 ID:CAP_USER
    セキュリティ研究者がMicrosoft製のウェブブラウザであるInternet Explorer(IE)にゼロデイ脆弱性が存在することを発見しました。この脆弱性を利用すれば、ハッカーがWindows搭載PCからファイルを盗み出すことが可能になるとのことです。

    セキュリティ研究者が発見したゼロデイ脆弱性は、IEの「MHT(MHTML)ファイルの処理方法」に関するものだそうです。MHTはIE上でユーザーが「Ctrl+S」というショートカットを使った際に、ウェブページを保存しようとする際に使用される標準規格です。近年のウェブブラウザはウェブページをMHT形式で保存することが減っていますが、最新のウェブブラウザでもMHT形式のファイルの処理はサポートされているケースが多くあります。

    そんなMHT形式ファイルの処理において、IEには脆弱性が存在するということを発見したのが、セキュリティ研究者のジョン・ページ氏。同氏の発見したゼロデイ脆弱性は「XML外部実体攻撃」と呼ばれるもので、「遠隔地にいるアタッカーが(PC内の)ローカルファイルを摘出し、ローカルにインスロールされたプログラムのバージョン情報をリモートで偵察することができるようになる可能性がある」と指摘しています。

    WindowsではすべてのMHTファイルがIEで自動的に開くようにデフォルトで設定されているため、ユーザーはメール・インスタントメッセージ・その他の方法で受信したMHTファイルをダブルクリックするだけで、XML外部実体攻撃を受ける可能性があります。ページ氏は脆弱性に関するコードはIEが「Ctrl+K」(タブの複製)などのショートカットをどのように処理するかに依存している、と述べています。また、「window.print(ページを印刷するための印刷ダイアログを開くメソッド)を呼び出すだけで、ユーザーがウェブページを操作しなくても、脆弱性を用いた攻撃はうまく機能するはずです」とページ氏は指摘しています。

    (続きはこちら)
    https://gigazine.net/news/20190415-internet-explorer-zero-day-vulnerability/

    3: 名刺は切らしておりまして 2019/04/15(月) 10:55:20.28 ID:/CRa3rk6
    どうせ対したブツなど家のPCにはないからどうでもいいやw

    画像の説明文

    コメント(0)  
    Edge-IE

    1: 靄々 ★ 2019/04/05(金) 06:23:12.48 ID:LvKJNFsk9
     ウェブブラウザーのMicrosoft EdgeおよびInternet Explorer(IE)に、セッション情報が露出する「同一生成元ポリシー違反」(CWE-346)の脆弱性があるとして、トレンドマイクロ株式会社が同社セキュリティブログで解説している。

     同一生成元ポリシーが機能している場合は、不正なウェブサイトに埋め込まれたJavaScriptがクライアントのキャッシュに保存されたセッション情報にアクセスすることはできないが、この脆弱性が悪用された場合は同一生成元ポリシーの回避に成功し、本来アクセスが制限されているリソースにアクセスできるようになる。

    (中略)

     トレンドマイクロでは、この脆弱性に対処する修正プログラムが公開されるまで、Microsoft EdgeとIEの使用を控えることを推奨している。

    (続きはこちら)
    https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1178149.html


    3: 名無しさん@1周年 2019/04/05(金) 06:25:40.59 ID:iQovRVA50
    使ってる奴いんの?

    画像の説明文