汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    ノートPC

    コメント(13)  
    entrepreneur-593378_1280

    535: Socket774 (ワッチョイ bf82-V1vN) 2020/01/26(日) 18:56:04.57 ID:hXRY38440
    職場の7ノート強制的に10にされて100kbのexcelデータ開くのに15秒位かかるようになった
    メモリ増設(現2G)したいけど会社から環境変更不可の告知受けた(´・ω・`;)ストレスマッハ

    画像の説明文

    コメント(4)  
    home-office-336373_1280

    1: 田杉山脈 ★ 2020/01/24(金) 18:26:45.35 ID:CAP_USER
    ノートPCにタッチ機能を手軽に追加できるUSBデバイス「AirBar」がテックウインドから発売された。メーカーはスウェーデンのNeonode。

     ラインナップは「AirBar 13.3(AIRBAR133)」「AirBar 14.0(AIRBAR140)」「AirBar 15.6(AIRBAR156)」の3つで、それぞれ13.3インチ、14インチ、15.6インチのディスプレイに対応する。各モデルとも店頭価格は税込12,980円。

    ディスプレイの下に設置するとタッチ操作が可能になるUSBデバイス、専用ソフトやドライバのインストールは不要
     AirBarは、Windows 10を搭載したノートPCにタッチ入力機能を追加するためのUSB接続デバイス。タッチ操作に対応していないノートPCでも、AirBarをディスプレイの下側に取り付けることで、指先を使ったピンチやスワイプなどの操作ができるようになる。手袋を着けた状態でも操作でき、またスタイラスや鉛筆、筆、箸などにも反応するという。
    DSC05414_s

    (続きはこちら)

    3: 名刺は切らしておりまして 2020/01/24(金) 18:32:59.93 ID:2vTWG3uB
    ディスプレイに指紋つけて許容されるのはタブレットだけ

    画像の説明文

    コメント(5)  
    amd_vs_intel

    882: Socket774 (ワッチョイ 6203-cB32) 2020/01/21(火) 21:42:19.86 ID:tloi+bsZ0
    喜べ!

     消費増税後も販売台数と販売金額がともに好調なノートPC市場で異変が起きている。それまで販売台数で圧倒的なシェアを誇っていたインテル製CPUの「Core」搭載ノートPCが、AMD製CPUの「Ryzen」搭載ノートPCにシェアを奪われているのだ。全国の主要家電量販店・ネットショップのPOSデータを集計した「BCNランキング」によると、12月23日週の週次データでRyzen搭載ノートPCのシェアが24.3%、Core搭載ノートPCが75.4%となった。ノートPCの4台に1台がRyzen搭載モデルになっている。

    -- 中略 --

    ●NECがノートPCで「Ryzen」搭載
     変化が起きたのは2月。NECがノートPCの春モデルでRyzenを採用したことが引き金となり、状況が一変した。その後も販売台数シェアでAMDが年間を通じてじりじりとインテルを追い上げ、ついに12月23日週には24.3%まで追い詰めるという快進撃だった。

     11月25日週にはAMDが25.4%、インテルが74.4%を記録。ノートPCの4台に1台がRyzen搭載ノートPCという、1年前には考えられなかった衝撃的な結果となった。

     Ryzen搭載ノートPCがユーザーから支持された背景には、CPUの性能などハード面での評価もあるが、価格が安いことも大きい。2月にNECがRyzen搭載モデルを発売したことで平均単価が高騰したものの、それでも年間を通じてインテルよりも下回る価格帯で推移していることがわかる。

    (続きはこちら)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00154692-bcn-sci
    去年と比べてシェア20倍だってさ。

    885: Socket774 (ワッチョイ 417e-lqgD) 2020/01/21(火) 21:52:25.41 ID:7C+reuA70
    >>882
    zen2ノートが出たらどこまで伸びるか楽しみだわ

    画像の説明文

    コメント(15)  
    Mag1_2

    1: サビイロネコ(東京都) [US] 2020/01/18(土) 10:38:44.37 ID:5fqCXRf40● BE:887141976-PLT(16001)
    UMPCの『MAG1』が日本のアマゾン限定でCore i7-8500Yモデルを販売開始した。8.9インチのモニターにIPSタッチスクリーン、2K解像度となっており、メモリは16GB、ストレージは512GB(SSD)となっている。バッテリーは8600mAhで最大約7時間のバッテリー駆動が可能だ。

    インターフェイス
    USB Type-C
    USB 3.0
    Micro HDMI
    MicroSD
    3.5mmイヤホンジャック
    microSIMカード用のスロット
    M.2 2242スロット(SSDを追加可能)

    (続きはこちら)
    https://gogotsu.com/archives/56000

    Mag1_1

    2: トンキニーズ(茸) [CN] 2020/01/18(土) 10:39:34.26 ID:HCwEZSmh0
    UMPCってサイズじゃないな

    画像の説明文

    コメント(3)  
    CF-SV9PFNQR

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/01/15(水) 22:35:00.12 ID:CAP_USER
       パナソニックは1月15日、レッツノート個人向けの2020年春モデルとして、新たに「SV9シリーズ」を発表。「LV8シリーズ」「QV8シリーズ」にも新色が登場した。また、Panasonic Store(パナソニック ストア)で販売されるSV9には、東京2020オリンピック・パラリンピック オリジナルデザイン天板が選べる特別モデルが用意されることも発表。

     発表会には、リオ五輪にてアジア人初のカヌー競技メダリストとなった羽根田卓也選手と、ロンドン五輪・リオ五輪で新体操競技団体の入賞に貢献した畠山愛理さんが登壇。東京2020オリンピック・パラリンピック公式パソコンとして使用されているレッツノートの魅力と、2020年への意気込みを語った。

    □第10世代インテルCoreプロセッサー搭載の「SV9」シリーズ
     12.1型ワイド液晶ディスプレーを搭載したモバイルノートPC「SV9」シリーズは、前モデル「SV8」の外観や基本性能を踏襲しつつ、CPUに「Comet Lake」と呼ばれる最新の第10世代インテルCoreプロセッサーを採用しているのが最大の特長。また、無線LANの最新規格「Wi-Fi 6」などの最新テクノロジーにも対応している。SV9シリーズには全6モデルが用意され、価格はオープン。

     上位モデルの「CF-SV9PFNQR」は、CPUにCore i7-10510U(1.80GHz、最大4.90GHz)、512GB SSD、8GBメモリー、Windows 10 Pro 64bitという構成。駆動時間は約20時間で、本体サイズ283.5(W)×203.8(D)×24.5(H)mm、重量約1.169kgとなっている。

     また、Panasonic Store(パナソニック ストア)では、台数限定で同機種の特別モデルを用意。当該モデルは、東京2020オリンピック・パラリンピック オリジナル天板を6種類から選べるなど、今しか手に入らないレアモデルとなっている。

     オリジナル天板が選べる特別モデルの構成は、CPUにCore i7-10510U(1.80GHz、最大4.90GHz)、2TB+1TB SSD、16GBメモリー、Windows 10 Pro 64bit、本体カラーはブラックで、直販価格は25万9200円となっている。

    (続きはこちら)
    https://weekly.ascii.jp/elem/000/000/438/438729/

    3: 名刺は切らしておりまして 2020/01/15(水) 22:37:18.06 ID:dwcfFuKS
    まだドライブ付きなんだ。
    前に結構高いの買ったなぁ。分厚いけど安心感がある頑丈さではあった。

    画像の説明文