汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    ディスプレイ

    コメント(8)  
    pc_monitor

    1: 風吹けば名無し 2020/10/24(土) 14:44:09.71 ID:47Z2lj660
    なんでみんな教えてくれなかったん(;_;)

    画像の説明文

    コメント(17)  
    computer-414059_1920

    1: 風吹けば名無し 2020/10/24(土) 12:18:41.00 ID:1oSB8s/m0
    どうなん?

    6UDjeR2

    画像の説明文

    コメント(2)  
    pc_monitor_logo

    1: 風吹けば名無し 2020/10/18(日) 04:48:41.34 ID:u8TBl3IE0
    何かオススメないか?

    画像の説明文

    コメント(10)  
    60hz_144_hz_monitor

    1: 既にその名前は使われています 2020/10/22(木) 10:47:09.03 ID:be1LEGju
    ほんまか?w

    画像の説明文

    コメント(13)  
    monitor_arm_logo

    117: 不明なデバイスさん 2020/10/18(日) 09:24:57.56 ID:8v873kGv
    奥行60cmくらいの机にノートパソコンと一緒にモニターアームでモニターおきたいんだけど
    サイズが24インチか27インチかで迷ってるんだけど
    27インチだとでかいかな?
    用途はゲームや動画見たり用で考えてるけど

    画像の説明文

    コメント(9)  
    ELF-SR1

    1: ラビリー(東京都) [US] 2020/10/18(日) 20:23:44.11 ID:nG63QiJJ0● BE:644423549-2BP(5500)
     今年のCES 2020の会場でソニーが技術参考展示を行った独自の「視線認識型ライトフィールドディスプレイ」。見る人の視線の検知し、視線の角度に合わせて3Dコンテンツの表示をリアルタイムで制御することで、あたかもそこにあるかのような立体映像をディスプレイ上の空間に再現するというもので、たとえばディスプレイを上からのぞき込むように見ると、空間上に再現された3Dオブジェクトも上からのぞき込んだときのようなリアルな形で楽しめるというのが最大の特徴だ。そんな最先端の技術がついに民生向けにも提供される。

    今回ソニーが投入するのは、同社が“Spatial Reality Display(空間再現ディスプレイ)”と呼ぶ「ELF-SR1」。パネルサイズ15.6インチの空間再現ディスプレイと、コンテンツ制作用の開発ツールをセットにした形で提供される。発売は10月31日で、市場想定価格は50万円前後だ。


    (続きはこちら)

    5: み子ちゃん(東京都) [US] 2020/10/18(日) 20:25:34.53 ID:VqGm7YLU0
    3Dテレビ…

    画像の説明文

    コメント(25)  
    pc_monitor_logo

    160: 不明なデバイスさん (アウアウウー Sacf-fMdf) 2020/10/17(土) 10:00:24.13 ID:C+xtVDuca
    モニターに一番必要ないものはスピーカー

    画像の説明文

    コメント(12)  
    computer-414059_1280

    1: 風吹けば名無し 2020/10/16(金) 04:54:51.78 ID:6xO38Ck60
    埃怖いからPCは床置きしたくない
    モニターの高さ揃えたいからモニターアームで上下2段にはしたくない

    どないしたらええねん

    Q4qQIca

    画像の説明文

    コメント(2)  
    pc_monitor_logo

    1: 名無し募集中。。。 2020/10/15(木) 14:27:25.32 0
    ゲームにでも使えばいいのか

    画像の説明文

    コメント(11)  
    57009fba

    1: 疣痔 ★ 2020/10/12(月) 22:59:28.60 ID:CAP_USER
    50%薄型化した「空中ディスプレイ」、凸版印刷が開発 壁の埋め込みも可能に

    l_hy_to_1

     凸版印刷は10月12日、従来品と比べ筐体を50%薄くした空中ディスプレイを発表した。薄型化したことで設置場所の奥行きを取らず、壁面などにも設置できるという。12月からサンプル品の提供を始め、2022年の量産化を目指す。

     映像が空中に現れ、手で触れるように操作するディスプレイ。
    液晶パネルから出射された光を特殊な形状の鏡で反射させることにより、空中に光を集め、実像(空中映像)を結像する。

     新製品では液晶パネルと平行に空中映像を映すことに成功。従来方式では筐体内部に約45度の傾斜をつけて液晶パネルを設置する必要があったため、
    設置場所に奥行きを必要としていたが、今回の方式ではその必要がないため、約半分の奥行きにできたという。
    搭載した赤外線センサーやToFセンサーで空中の動作を認識し、ぬれた手や手袋、ペンなどでも操作できるとしている。


    (続きはこちら)
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2010/12/news080.html

    3: Ψ 2020/10/12(月) 23:02:18.32 ID:F7F1PiQy
    税金投入して全力で育ててください

    画像の説明文

    コメント(10)  
    pc_monitor_logo

    621: 不明なデバイスさん (ワッチョイ de10-6ZnP) 2020/10/11(日) 21:43:54.98 ID:URXr7zI30
    U4320Qのダンボール、やっと解体し終わった
    本体組み立ては簡単だったのに疲れたよ..

    画像の説明文

    コメント(10)  
    startup-849804_1280

    1: 名無しさん@おーぷん 20/10/01(木)11:58:42 ID:0h5
    こういう天吊りやってみたいんやけど快適?

    画像の説明文