汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題を5ちゃんねるからまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    スポンサードリンク

    ディスプレイ

    コメント(0)  
    1: 田杉山脈 ★ 2018/08/09(木) 01:40:52.27 ID:CAP_USER
    01_l

    ASUSは、5月時点で国内での発売を告知していた27型HDR表示対応の4K液晶ディスプレイ「ROG Swift PG27UQ」を、8月24日より発売すると発表した。予約受付は本日より開始。価格はオープンプライスで、一部量販店で確認できた予約受付価格は31万円前後だった。

     世界初とするDisplayHDR 1000認証を取得したG-Sync対応のIPS液晶ディスプレイで、リフレッシュレート144Hz、中間色の応答速度4msを実現。量子ドットテクノロジーを採用し、97%のDCI-P3、99%のAdobeRGBという広色域も備えている。

    (続きはこちら)
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1137133.html

    3: 名刺は切らしておりまして 2018/08/09(木) 01:50:36.41 ID:Rv7E+T8r
    高い

    画像の説明文

    コメント(1)  
    712: UnnamedPlayer 2018/08/03(金) 09:15:27.99 ID:n923OQT6p
     株式会社JOLEDは、プロeスポーツチーム「Burning Core」とパートナーシップ契約を締結したことを発表した。

    00

     JOLEDは、有機ELディスプレイは高コントラスト、映像ソースに忠実な色再現性、高速応答性など、自発光型ならではの高い画質特性を持っていることから、かねてよりeスポーツを有機ELディスプレイの特長が生きる有望な用途であると考えていたという。

     実際に、JOLEDの印刷方式有機ELパネルを採用したASUS製ディスプレイ「ProArt PQ22UC」では、HDR10への対応、DCI-P3比99%の広色域、100万:1の高コントラストとともに、最大0.1msという超高速な応答速度がアピールされている(ASUSから日本製RGB印刷方式有機EL技術採用の21.6型ディスプレイ)。

    (続きはこちら)

    お前を待ってた

    713: UnnamedPlayer 2018/08/03(金) 10:07:44.68 ID:5EnmMsY5r
    発売しても5年後とかになるんだろ
    有機ELディスプレイ15年前ぐらいから待ってるけど全然安くならないよな

    画像の説明文

    コメント(1)  
    a

    1: 田杉山脈 ★ 2018/08/03(金) 04:27:40.55 ID:CAP_USER
    経営再建中の液晶パネルメーカー、ジャパンディスプレイは、スマートフォン向けの液晶パネルを増産するため、主力銀行との間で設定していた総額1000億円規模の融資枠をさらに1年延長する方向で最終調整に入りました。

    関係者によりますと、ジャパンディスプレイは、みずほ銀行と三井住友銀行、それに三井住友信託銀行の主力銀行3行との間で、去年8月に1年間の契約で決めた総額1070億円の融資枠を、さらに1年延長する方向で最終調整に入りました。

    ジャパンディスプレイは、スマートフォン向けの液晶パネルの受注が今年度後半にかけて拡大する見込みとなる一方、増産のための運転資金の確保が必要になっていました。

    融資枠についてはジャパンディスプレイの筆頭株主の官民ファンド「産業革新機構」が引き続き債務保証をする見通しで、公的な信用力で融資を支える異例の支援策が続くことになります。

    (続きはこちら)
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180802/k10011561021000.html

    3: 名刺は切らしておりまして 2018/08/03(金) 04:36:36.29 ID:vDgulpUO
    生きのこれるのかJD?

    画像の説明文

    コメント(0)  
    4

    1: 田杉山脈 ★ 2018/07/31(火) 00:00:14.62 ID:CAP_USER
    20180725_1_450x509

    IDC Japanは7月25日、日本国内における働き方改革関連ICTツールの利用動向調査の結果を発表した。

     従業員数100人以上の企業で働く経営層、IT部門の従業員、および工場や販売といった現場以外の部門に勤務する従業員(オフィスワーカー)に対してアンケート調査を実施。

     ICTツールの導入率が高いものから順に、旅費/経費精算(47.5%)、勤怠管理(43.8%)、ワークフロー(42.5%)という結果となった。

     大企業においては、リモートアクセスや会議システムの導入も進んでいる。部署や職務内容を問わず利用されるため、社内に広く導入効果を期待できるツールが優先して導入されていると考えられるという。

     従業員が現在使っていて今後も使用したいツールで、トップ2はノートPCに接続するPCモニター(74.0%)、ビジネスチャット(73.8%)。それぞれの利用率は低めだが、実際に使用するとビジネスの必須アイテムであることが判明した。

    (続きはこちら)
    http://ascii.jp/elem/000/001/716/1716630/

    3: 名刺は切らしておりまして 2018/07/31(火) 00:13:26.46 ID:GBSo0G3N
    働き方改革で残業規制して家で働くってのも変な話だょなぁ

    画像の説明文

    スポンサードリンク
       

    このページのトップヘ