汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    タブレットPC

    コメント(1)  
    ipad-820272_1280

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/28(月) 22:50:20.619 ID:lkc6plXP0
    プライムビデオをHDで見るのとキンドルを見るのに使うんだがもしかしたらメイトをタブでやるかもしれないしゲームしたくなるかもしれないし、、、

    画像の説明文

    コメント(9)  
    Huawei

    1: 風吹けば名無し 2019/10/20(日) 10:39:19.19 ID:tTu2ixdO0
    タブレット初のパンチホール!?「マルクス」ことHuawei MediaPad M7がリーク

    https://smhn.info/201910-huawei-mediapad-m7-rumors

     海外サイト91mobilesは、信頼できる情報源を元に、独占情報記事として、Huaweiの次期タブレット端末「Huawei MediaPad M7」について伝えました。

     それによると、このタブレットはHuawei内部では開発コードネーム「Marx」の名で呼ばれているとのこと。科学的社会主義を提唱し、資本論を著したドイツ出身の思想家Karl Marx(カール・マルクス)が由来でしょうか。

    Huawei-MediaPad-M7-design-render-leaked-654x556

     このレンダリングどおりであれば、パンチホールを備えた初のタブレットとなるかもしれません。iPad Proにおいてはノッチなしでベゼルレスデザインを実現しており、タブレットでわざわざ画面に穴をあける意味がわかりませんが、91mobilesはこのレンダリングは、周囲ベゼルをより狭くし、画面内指紋認証センサー搭載を示唆しているのではと推測します。

    3: 風吹けば名無し 2019/10/20(日) 10:39:34.27 ID:tTu2ixdO0
    うおおおおおお!!!!!

    画像の説明文

    コメント(1)  
    6128CFUQE6L._AC_SL1000_

    400: 既にその名前は使われています (ワッチョイ 667a-7EHS) 2019/10/07(月) 22:05:33.22 ID:/KqB9szm0
    USB Type-C初搭載のAmazon「Fire HD 10」登場。8コア化で性能アップ

      Amazon.co.jpは10月7日、Fire OS搭載の10.1型タブレット「Fire HD 10」の予約受付を開始した。10月30日より出荷予定。価格は32GBモデルが15,980円、64GBモデルが19,980円。本体色は従来のブラックのほか、新たにホワイトとブルーが追加された。

     2017年10月に発売されたモデルの後継機で、今回で第9世代になった。SoCが前モデルの4コアから8コアへと増加したことで性能が30%高速化。アプリ/ストリーミング/Webブラウザをすばやく切り換えできる。また、Fire HDシリーズ初のUSB Type-Cポート(接続はUSB 2.0)を装備した点がハードウェア上の大きな違いとなる。

     このほか、バッテリ駆動時間が10時間から12時間に増え、microSDカードの対応容量も最大512GBまで拡張。自社でのランダム落下試験を通過しており、iPad Proの4倍の耐久性を実現したとし、価格を抑えつつ強度を高めている点もウリにしている。

    61RaRX6QDuL._AC_SL1000_

    (続きはこちら)
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1211/359/amp.index.html

    401: 既にその名前は使われています (ワッチョイ 59d8-M8t1) 2019/10/07(月) 22:07:11.09 ID:zCNirm7I0
    >>400
    ええやん!

    画像の説明文

    コメント(9)  
    ipad-718411_1280

    1: 名称未設定 2019/10/01(火) 08:23:03.64 ID:Hu22W7fS0
    iPad、「ノートパソコン化」鮮明に 独自OSで変貌...価格面でも攻勢

     アップル社が提供する「iPad」のOS(オペレーティング・システム)として、新たに「iPadOS」が採用された。これまでiPadは、iPhoneなどと同じく「iOS」で動いていたが、iPad2019年モデルの登場に合わせて、独自のOSに切り替えられた。

    新機能はノートパソコンをライバル視するようなものばかり。これからiPadは、タブレットから脱却していくのだろうか。

    ■これまでタッチパネル操作が必須だった

     そんな中のひとつであるiPadOS。iPad専用ということで、これまでのiOSよりも、ハードとソフトの両面からノートパソコンに近づいた。まずは、複数のアプリを重ねて表示させたり、左右に2分割させたりできる「Slide Over(スライドオーバー)」と「Split View(スプリットビュー)」の機能強化だ。従来よりもマルチタスク(複数アプリを切り替えつつ、作業を平行すること)が行いやすくなった。

     また、マウスが使えるようになったのも大きな変化だ。これまでも外付けキーボードは接続できたが、画面操作は、いちいちタッチパネルで行う必要があった。それがマウスでも可能になれば、よりPCに近い感覚を得られるようになる。

    (続きはこちら)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-00000000-jct-sci


    2: 名称未設定 2019/10/01(火) 09:26:35.18 ID:2opOFYdR0
    問題はアプリケーション。
    Mac用のアプリが動けばそのまま使える。

    画像の説明文