汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題を5ちゃんねるからまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    スポンサードリンク

    ドローン

    コメント(7)  
    processor_cpu_upgrade_installation_chip_robot_5633_3840x2400

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/07(土) 15:01:24.728 ID:sxo6sb6qd
    ドローン買って4kで撮影した動画みようとしたらカックかく通り越してなんかもう話にならないんだけど、普通に4k動画とか見れるpcのスペックってどれくらい?

    画像の説明文

    コメント(0)  
    shutterstock_254033086-901x644_large

    1: ノチラ ★ 2018/03/17(土) 15:39:52.07 ID:CAP_USER.net
    「空の産業革命」と呼ばれるドローン(小型無人機)は急激に市場規模が拡大する可能性を秘めていることから、さまざまな業界でその活用が始まっている。同時に新しい技術や製品の研究開発も進み、国際競争も激化している。ドローンの技術やルールを研究する一般社団法人日本UAS産業振興協議会の鈴木真二理事長(東京大学大学院工学研究科教授)に、ドローンビジネスの現状を聞いた。
    2018年は“ドローン物流元年”になる
    ――「空の産業革命」と呼ばれるドローンビジネスですが、昨年はどんな年でしたか。

    2017年は“産業用ドローン元年”だったといっていいのではないでしょうか。2015年末には航空法の改正でドローンの法整備がなされました。その後、航空局にはドローンの使用を求めて月に1000件ほど申請がありました。それが実用化に向かって進んでいます。安倍総理が「ドローンを使った物流網を3年で構築できるような環境を整える」と語ったのがちょうど3年前。ですから、今年は“ドローン物流元年”になればと思っています。

    ――産業界ではドローンは今、どのように活用されているのでしょうか。

    代表的なものは、農薬散布です。これまでラジコンヘリのような大型の無人ヘリコプターを使って散布していました。3000台ぐらいが農薬散布用に活用されています。しかし、そうした無人ヘリを購入するには1000万円はかかる。農薬散布用のドローンは通常のドローンよりも大型になりますから費用はかかりますが、無人ヘリの数分の1、数百万円で購入できます。無人ヘリでは散布できないような狭いところでも散布することが可能です。

    (続きはこちら)
    http://president.jp/articles/-/24695

    18: 名刺は切らしておりまして 2018/03/17(土) 16:05:54.44 ID:vyAJOrg9.net
    限界集落なんかこれでいいよな

    画像の説明文

    コメント(0)  
    drone-delivery-1

    1: ノチラ ★ 2018/03/05(月) 21:40:32.36 ID:CAP_USER.net
    大分県は9日にドローンを使った山間部での宅配サービス実証実験を行う。高齢者の利用を視野に大型ドローンに日用品など約10キロを積み、山越えに自動運転で運ぶ。山間部を舞台に10キロもの荷物を宅配する実験は全国初という。県では実用化に向け、安全性や積載量向上などへ課題を洗い出す。

    実験は佐伯市宇目地区で実施する。地元商店から公民館まで約830メートルを味噌やしょうゆ、洗剤などの日用品を2個の荷物に分けて運ぶ。飛行ルートで2つの山を越えるのが特長で、中間地点で一度着陸して1個の荷物を下ろし、その後最終目的地に向かう。

     使用するドローンは縦横約1.7メートル、高さ約70センチ。8枚のプロペラを備え、重量は30~40キロと国内最大級。地上50メートル程度を時速約10キロでゆっくりと飛行する計画。移動体通信業のモバイルクリエイトの子会社が製造した。県商工労働企画課では「実験を踏まえ、今後も他の山間部での実験を行いたい」としている。

     高齢化が進む同地区では近所に小売店がなく、交通手段も限られる「買い物弱者」対策が課題だった。2002年からは地元商工会議所がお年寄りの注文を受けた日用品を宅配するサービスを実施しており、「利用実績は年間でのべ1万6000~1万7000件程度」(佐伯市番匠商工会)という。

     政府は成長戦略「未来投資戦略2017」で18年に山間部でのドローン宅配を行い、20年代には都市部でも本格化させるとしている。広瀬勝貞大分県知事は5日の定例記者会見で、「少子高齢化が進む中、宅配分野でドローン使用が日常化されれば大きな力を発揮する」と語った。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27720320V00C18A3LX0000/

    2: 名刺は切らしておりまして 2018/03/05(月) 21:42:28.75 ID:pXkpK0oe.net
    猛禽類に撃墜されるのに100ペリカ

    画像の説明文

    コメント(0)  
    1: 名無しさん@涙目です。 2018/02/06(火) 16:46:10.26 ID:n4ahU6gG0●.net BE:887141976-PLT(16001)
    2016年に世界最大の家電展示会CESに展示した人を乗せて運ぶことが可能なドローン『EHANG 184(読みはイハン)』の試運転が成功した。『EHANG 184』は人を1人乗せて16キロの距離を移動可能で、23分間の飛行が可能。

    客は離陸前に目的地を伝えると自動的に離陸。ドローンは自動的に障害物を認識し、目的地に到着すると着陸する自動飛行ドローン。緊急事態に備えて人間がリモート制御することも可能。

    そのテスト飛行の動画がYouTubeに公開されているのでご覧いただきたい。

    ・エアバスも人を乗せるドローンを発表

    エアバス社も2017年に人を乗せることが出来るドローンを発表した。『ドローンカー』という名前で空だけで無く陸も走ることが可能なドローン。カプセルと呼ばれる搭乗スペースは下のシャーシ部分と分離可能。飛行するためのローターはドローンは横5m、縦4.4mの大きさでプロペラは8つ搭載。カプセルそのものの大きさは、カプセルは長さ2.5m、高さ1.4m、幅1.5mと非常にコンパクト。

    (続きはこちら)
    http://gogotsu.com/archives/37026

    01-15

    02-11

    03-5


    2: 名無しさん@涙目です。 2018/02/06(火) 16:46:50.29 ID:23Rda12M0.net
    こんなのに乗ったらこの世からドローンする羽目になる

    画像の説明文

    コメント(2)  
    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/12/12(火) 23:26:58.80 ID:CAP_USER9.net
      ソフトバンクC&Sは8日、4Kカメラを搭載した中国社製の手のひらドローン「Kudrone(クドローン)」を発売することを発表した。13日よりパートナーや大手家電量販店、オンラインショップなどを通じて販売するという。予約は8日より受付を開始している

     「Kudrone」は、ステルス戦闘機をモチーフにデザインをされた最新小型高性能ドローン。174ミリ四方のコンパクトサイズと約86グラムの軽量を実現し、専用ケースにより持ち運びも容易だという。

     4K解像度の動画や800万画素の写真撮影も可能。センサーシステムやGPSなどの位置情報システムにより、屋内外を問わずホバリング(空中停止)を可能とし、屋外では自動追従撮影も実現できるという。高機能・高性能にも関わらず3万円を切る価格(参考価格で税抜き25,370円)も利用者に対する訴求力を高めている。

    20171210212357AF10big

    (続きはこちら)
    http://www.zaikei.co.jp/article/20171210/415723.html


    3: 名無しさん@1周年 2017/12/12(火) 23:30:10.19 ID:iMGDJgI70.net
    ドローンて言うほど使いみち無いよな。
    画像の説明文

    コメント(0)  
    Drone-TA-674480931

    1: 孤高の旅人 ★ 2017/12/07(木) 17:31:51.38 ID:CAP_USER9.net
    NTT東など、ドローンでオフィス巡回残業を抑制
    2017年12月7日 14:45
    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO24365970X01C17A2X30000

    NTT東日本とビルメンテナンス事業の大成は7日、ドローン(小型無人機)を使って夜間のオフィスを巡回するサービスを2018年4月に始めると発表した。屋内型のドローンがオフィスの画像を撮影し、管理担当者に撮影した映像を送信する。オフィスにいる社員の残業を抑えるよう知らせたり、見回りの警備員を減らしたりできる。

    巡回サービス「TーFREND」では、ブルーイノベーション(東京・千代田)が開発したドローンを利用する。全地球測位システム(GPS)につながなくても、経路をアプリで設定すればオフィスの通路上を自動飛行する。毎秒1~2メートルの速度で移動し、最大2万平方メートルのオフィスに対応する。
    NTT東日本の安全にデータ通信ができるシステムを使うため、オフィスの画像が流出することはない。すでに数社から引き合いがあるという。月額料金は数十万円程度になる。大成の加藤憲博専務取締役は「ドローンを残業抑制など働き方改革に活用したい」と意気込んだ。

    25: 名無しさん@1周年 2017/12/07(木) 17:40:31.05 ID:sXCy+U0l0.net
    >>1
    それは止めてくれ
    定規とかで叩き落したくなるから

    画像の説明文

    コメント(0)  
    p3050635

    1: ノチラ ★ 2017/11/07(火) 23:22:15.43 ID:CAP_USER.net
    小型の無人機、ドローンの利用が広がる中、ソニーは、自動運転のベンチャー企業と共同で開発した飛行機型のドローンで、来年度中にも災害時の物資輸送の事業を始めることになりました。ドローンを使った輸送事業を始めるのは、ソニーと自動運転技術を手がけるベンチャー企業「ZMP」が共同で出資するエアロセンスです。

    7日は、この会社が開発した飛行機型のドローンが公開されました。このドローンは時速100キロ以上の速さで長い距離を飛行し、垂直に離着陸もできることが特徴で、ことし8月から福岡市で医薬品などを離島に輸送する実証実験を始めています。

    この会社では、これまでの実験結果から、基本的な安全性の確保など実用化のめどが立ったとして、災害時に医薬品などを輸送する事業を来年度中にも始める計画です。まずは災害時に物資の輸送に時間がかかる離島などでの活用を想定していて、3年後の2020年度には100億円規模の売り上げを目指すとしています。

    エアロセンスの谷口恒代表取締役は「早く遠くまで飛行できるので、緊急輸送に非常に効果的だ。森林に飛ばして広い範囲で木の発育状態を見ることにも向いているので、農林業などにも用途を拡げていきたい」と話しています。

    ドローンの活用をめぐっては、NTTドコモも、山間部に医薬品などを運ぶ実証実験を進めています。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171107/k10011214741000.html

    10: 名刺は切らしておりまして 2017/11/07(火) 23:50:47.98 ID:BsIrI9bh.net
    事業化するなら平時のインフラも支えろよw

    画像の説明文

    コメント(1)  
    maxresdefault

    1: ノチラ ★ 2017/08/06(日) 14:50:21.63 ID:CAP_USER.net
    小型の無人機=ドローンを使った荷物の配送など物流への利用促進を目指して、国土交通省は今月にも専門家の検討会を立ち上げ、安全対策がとられたドローンは、監視がなくても飛行できるなど新たな飛行ルールを策定することを決めました。政府はドローンを使った荷物の配送を来年から山間部で、2020年代には都市部で始めることを目指していますが、現在の航空法ではドローンは常時、目視で監視できる範囲でしか飛行できません。

    このため、国土交通省は今月にも経済産業省と合同で専門家の検討会を立ち上げ、ドローンによる配送を行うための新たな飛行ルールと安全対策を策定することを決めました。

    具体的には、航空法の運用を見直して、設定したルートどおり正確に飛行できることや飛行中にトラブルが起きても安全に着陸できることなど、安全対策を講じたドローンは、目視による監視がなくても飛行できるようにすることを想定しています。これによって、山間部や離島などで買い物に行けない高齢者のもとに、ドローンを使って食料品や生活物資を直接届けるサービスなどを実施することが可能になります。

    検討会では、どのような対策を講じれば安全性を確保しながらドローンの利用促進を図れるか具体的に検討を進める考えで、今年度中に新たな飛行ルールをまとめたいとしています。ドローン配送の将来像はこれまでの飛行ルールでは、ドローンで荷物配送を行うためには墜落などに備えてルートの下に監視する人員を配置しなければならず、かえってコストがかかっていました。

    新たな飛行ルールでは、機体に一定の安全対策が講じられていれば遠隔操作や自動制御で飛行できるため、監視者を配置せずにドローンを飛ばすことができるようになります。

    これによって山間部や離島など衝突のリスクが低く人口が少ない地域で、買い物に行けない高齢者などのもとにドローンで食料品や生活物資を直接、届けるサービスを実施することが可能になります。さらに、機体の技術開発や規制緩和が進めば、将来的に人口が密集する都市部でも上空をドローンが飛び交い、トラックやバイクにかわって宅配事業を担うことも想定されています。

    海外でも実用化へ加速
    ドローンの物流への活用は、アメリカや中国など世界各国で実用化に向けた動きが加速しています。

    アメリカでは、アマゾン・ドット・コムや小売り最大手のウォルマート・ストアーズ、グーグルなどが相次いでドローンを使った配送サービスへの参入を表明しています。ネバダ州では、コンビニ大手のセブンーイレブンの現地法人が、去年、店舗から食料品や医薬品を実際に近所の家庭に届けるサービスを試験的に行いました。

    また、中国でも、江蘇省などにドローン物流の実証拠点などが設けられ、山間部などにドローンが荷物を届ける取り組みが試験的に始まっているということです。
    以下ソース
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170805/k10011087981000.html
    3: 名刺は切らしておりまして 2017/08/06(日) 14:58:25.21 ID:mKUHkrow.net
    日本は後手後手すぎ

    画像の説明文

    スポンサードリンク
       

    このページのトップヘ