汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    カメラ

    コメント(1)  
    img_201-panasonic-bbd_01

    1: 名刺は切らしておりまして 2018/05/31(木) 05:48:05.44 ID:CAP_USER
    パナソニックは、国内トップシェアを持つ業務用監視カメラの製造部門を売却する方針を固めた。中国メーカーの台頭で値崩れが激しく、成長が見込めないと判断。製造からは手を引いて、顔認証などソフトウェアの開発に力を入れる。買い手には複数の投資ファンドが名乗りをあげている。

    関係者によると、パナソニックは30日に売却のための入札を開き、米投資ファンドのカーライルグループやベインキャピタルなど複数社が応じた。売却金額は数百億円程度とみられる。

    パナソニックは、業務用監視カメラを佐賀工場(佐賀県鳥栖市)と中国・蘇州でつくり、日本や米国で売っている。売却は蘇州の工場が対象で、佐賀は他の製品に切り替えていく。

    (続きはこちら)
    https://www.asahi.com/articles/ASL5Z5FDPL5ZPLFA00J.html

    3: 名刺は切らしておりまして 2018/05/31(木) 06:12:36.54 ID:fUvcs8l2
    もうパナも何屋かわからんな

    画像の説明文

    コメント(1)  
    camera-616396_960_720

    1: 名刺は切らしておりまして 2018/05/24(木) 21:28:17.42 ID:CAP_USER
    デジタル一眼カメラは今、大きな転換期を迎えています。プロやハイアマチュア向けのデジタル一眼カメラと言えば、これまでは一眼レフが主流でしたが、ミラーレスの高性能化によって、最近では、ミラーレスを積極的に選ぶプロやハイアマチュアが増えてきています。

    事実、日本一のカメラを選ぶ「カメラグランプリ2018」でソニーのフルサイズミラーレス「α9」が大賞を受賞しました。フルサイズミラーレスとしては、2016年に同社の「α7R II」が大賞を受賞していますが、今回の「α9」の受賞は、さらに大きな意味を持っていると思います。「プロ機のランク」で、かつ、ミラーレスが不得手とされていた「AF、スピード」において一眼レフが到達できないレベルの性能が評価されたためです。
    img_graph_01

    img_graph_02


    (続きはこちら)
    http://kakaku.com/article/pr/18/05_a7/

    2: 名刺は切らしておりまして 2018/05/24(木) 21:33:52.22 ID:UueKB/Oa
    >最高約20コマ/秒

    ビデオカメラでいいじゃん

    画像の説明文

    コメント(0)  
    dg-sw316_panasonic

    1: ノチラ ★ 2018/03/10(土) 18:56:29.34 ID:CAP_USER.net
    パナソニックは監視カメラ事業の生産部門を売却する方向で調整に入った。外資系投資ファンドを軸に数百億円規模で売る交渉を進める。パナソニックは監視カメラで国内首位だが、海外でのシェアは小さい。主力の生産部門を切り離してソフト面の開発に集中。投資先を選別し、売却資金は企業向けシステムの買収や自動車用電池など他の重点分野に振り向ける。

     すでに複数の投資ファンドを中心に売却を提案しており、4月上旬に1次入…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27936310Z00C18A3TJ2000/

    3: 名刺は切らしておりまして 2018/03/10(土) 19:03:25.86 ID:ATBaMvk4.net
    やっぱインドあたりが買って安い現地生産、
    パテントと主要コアチップは日本から調達、みたいな垂直分業ねらってるんね?

    画像の説明文

    コメント(0)  
    top-5

    1: ムヒタ ★ 2018/03/02(金) 04:04:45.38 ID:CAP_USER.net
    いわゆる「インスタ映え」でデジタルカメラの人気が再び高まる中、インスタ映えを狙う女性ユーザーでも扱いやすくした本格的なカメラが注目を集めています。

    1日から横浜市で始まった最新のカメラや周辺機器などを集めた展示会には、およそ130社が出展しています。

    デジタルカメラは、スマートフォンの普及などにより販売の減少が続いていましたが、このところインスタ映えを狙った若者を中心に人気が復活し、展示会でもインスタ映えを意識した新製品が注目を集めています。

    このうち、キヤノンは、かつて、デジタル一眼レフブームの火付け役となった主力製品の「EOSKiss」で、ミラーレスと呼ばれるタイプを初めて導入しました。

    ミラーレスにすることで小型・軽量化して女性にも扱いやすくしつつ、レンズを交換することでより本格的な撮影を楽しむことができるとしています。

    キヤノンの戸倉剛執行役員は「これまで一眼レフを主力としてきたが、ミラーレスまで幅広い製品をそろえて、市場を引っ張りたい」と話していました。

    一方、オリンパスも、初心者が多い女性向けに、ピントの位置を自動で表示する機能などを盛り込んだミラーレスカメラの新製品を発表しました。

    このほか会場には、手の動きだけでより直感的に操作ができる、カメラつきのドローンなども展示されています。この展示会は、パシフィコ横浜で今月4日まで開かれ、7万人の来場客を見込んでいます。
    3月1日 17時38分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180301/k10011347841000.html

    3: 名刺は切らしておりまして 2018/03/02(金) 04:51:14.66 ID:IU+wFwLE.net
    インスタ蝿が免罪符になってきたな
    業界としてはテコ入れにもってこいだけど、マナーとしてはウザいばかり

    画像の説明文

    コメント(0)  
    1: ノチラ ★ 2018/02/27(火) 14:04:35.98 ID:CAP_USER.net
    ソニーは27日、ミラーレス一眼カメラの新製品「α73」を3月23日に発売すると発表した。被写体を選ばず、幅広い撮影に向き、「ベーシック」と呼ぶ普及機に位置づける。プロや愛好家向けの中上位機種でシェアを高めるソニー。一眼レフに強いキヤノンもミラーレスに注力するなか、新商品投入で地歩を固める。

    top_588x

    「革新的でなく付加価値に欠けるという『ベーシック』の概念を打ち破る商品だ」。27日、都内で開いた説明会で、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズの長田康行シニアゼネラルマネジャーはα73を手にしながら断言した。

     新開発のフルサイズ裏面照射型CMOS(相補性金属酸化膜半導体)イメージセンサーを採用し、2420万画素の高画質や、最大ISO感度20万4800の高感度性能を実現した。薄暗い場所でもノイズの少ない高感度の撮影ができる。画像処理システムも刷新している。

     被写体が動く状態でも瞳を検出・追従してオートフォーカスする機能も搭載した。オートフォーカスした状態で、シャッター音を出さずに1秒間に10コマの高速連写も可能としている。価格はオープンだが、市場想定はボディで23万円前後で、レンズキットで25万円前後としている。

    (続きはこちら)
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27435790X20C18A2X20000/

    5: 名刺は切らしておりまして 2018/02/27(火) 14:12:34.02 ID:mZ8TwsBh.net
    さっさと普及価格でフルサイズ基本にしてくれ

    画像の説明文

    コメント(0)  
    2563767

    1: ノチラ ★ 2018/02/14(水) 13:54:57.81 ID:CAP_USER.net
    パナソニックは2月14日、8K解像度(3600万画素)で毎秒60フレームを記録できるCMOSイメージセンサー技術を開発したと発表した。動体の撮影でもゆがまない「グローバルシャッター」機能を備え、高速かつ高解像度の撮像が求められる分野への活用が期待されるという。

    今回パナソニックが開発したイメージセンサーは、光を電気信号に変換する部位(光電変換部)に有機薄膜を採用した。従来の裏面照射型CMOSでは光電変換部のシリコン基板が2~3マイクロメートルの厚みを持っていたが、有機薄膜にしたことでこれを0.5マイクロメートルに抑えた。

     厚みを抑えたことで回路部の自由度が増し、8Kの高解像度と60fpsという高フレームレート、広ダイナミックレンジ化、グローバルシャッター(全画素から同時に光を読み出す電子シャッター)機能を同時に実現できたという。

     また、有機薄膜に加える電圧を制御することで、電子的なNDフィルター(光量調節フィルター)の感度を無段階に制御できるという。

    ki_1609376_panasonic01

     この技術を搭載するイメージセンサーのセンサーサイズは明らかにしていないが、パナソニックは以前から、同社のミラーレス一眼カメラが採用するマイクロフォーサーズ規格で8K動画に対応する方針を示していた。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1802/14/news079.html

    5: 名刺は切らしておりまして 2018/02/14(水) 14:02:09.34 ID:iO89eliY.net
    イメージセンサーはソニーに任せておけば良い

    画像の説明文

    コメント(0)  
    1: ノチラ ★ 2018/02/10(土) 04:44:37.64 ID:CAP_USER.net
    201802091413_3

    価格の高い製品がより多く売れると、台数以上に販売金額が伸び、収益性が高まる。ニコンのイメージング事業は、こうした高付加価値路線への転換で復活した。30万円を超える、2017年9月発売のフルサイズ機「D850」がヒットしたからだ。

     ニコンの公式オンラインショップ「ニコンダイレクト」での「D850」の販売価格は税込39万9600万円。ケースや予備バッテリ、メモリカードなどを同時購入したら40万円を超える超ハイエンドカメラだ。

    家電量販店・オンラインショップの実売データを集計した「BCNランキング」をもとに、付属する交換レンズの種類やボディカラーの違いなどを別々にカウントしたレンズ交換型デジタルカメラの機種別販売台数ランキングで、「D850」の順位を振り返ると、発売月の17年9月は20位、10月は41位、11月は39位、12月は23位、直近の18年1月は28位と、ニコンが二度にわたってアナウンスした通り、想定を上回る注文があり、入荷が逼迫したのは確かなようだ。

     順位だけみると、決して高くはない。しかし、17年10月~12月の3か月の合算では、ニコンのカメラ(レンズ一体型のコンパクトデジカメ・レンズ交換型の合計)の中で、販売金額シェアはエントリ向けの「D5600」に次ぐ、13.4%を占めた。ニコンの現行ラインアップの稼ぎ柱の有力な一つだとわかる。
    201802091413_4

    フルサイズ機にこだわる層に向け、画像数を4000万超の有効4575万画素に、画像処理エンジンやAE/AFセンサはフラッグシップ機「D5」と同等に強化し、「高画素で高速連写」というカメラの基本に立ち返った高性能を盛り込んだ「D850」。口コミでも絶賛する声は多く、ハイエンド機種のロングセラーとなりそうだ。(BCN・嵯峨野 芙美)

    *「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。
    https://www.bcnretail.com/market/detail/20180209_50538.html

    2: 名刺は切らしておりまして 2018/02/10(土) 04:53:22.98 ID:0hKfKouE.net
    早くD630出してー

    画像の説明文

    コメント(1)  
    Sony_Alpha_ILCE-735829202_

    1: 記憶たどり。 ★ 2018/02/01(木) 13:19:11.98 ID:CAP_USER9.net
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180201/k10011311291000.html

    去年、国内向けに出荷されたデジタルカメラの台数は、わずかながら前の年を上回り、7年ぶりに増加に転じました。

    デジカメの市場は、スマートフォンに押されて不振が続いてきましたが、いわゆる「インスタ映え」を狙う若者を中心に高機能のカメラを買う人が増えていることが主な要因です。

    「カメラ映像機器工業会」のまとめによりますと、去年1年間に国内向けに出荷されたデジタルカメラは、352万1425台で、わずかながら前の年を1000台余り上回りました。デジカメの市場は、スマートフォンのカメラの性能が向上するのに伴って急速に縮小してきたため、出荷台数が増加したのは7年ぶりになります。

    また、国内向けの出荷額も1023億3600万円と前の年を8.3%上回って、4年ぶりに増加しました。これは、“インスタ映え”という言葉に代表されるように、若い世代を中心に、工夫を凝らした写真をインターネット上に投稿する人たちが増えていて、スマートフォンのカメラよりも細かい設定ができるコンパクトカメラや、レンズの交換ができる「ミラーレス」と呼ばれるカメラなどの販売が持ち直したことが主な要因です。

    カメラ映像機器工業会では「レンズ交換ができる比較的高い価格帯のカメラを求める人が増え、出荷台数だけでなく、出荷額も押し上げている。この傾向はことしも続くのではないか」と話しています。

    2: 名無しさん@1周年 2018/02/01(木) 13:20:34.06 ID:FrKhtI1C0.net
    ここで調子に乗って設備増設とかしたらあかんで

    画像の説明文

    コメント(1)  
    1_l - コピー

    1: trick ★ 2017/10/30(月) 12:38:37.94 ID:CAP_USER.net
    スマホの台頭でニコンの中国コンデジ製造工場が操業停止 - PC Watch
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1088797.html

    2017年10月30日 12:31

     株式会社ニコンは30日、連結子会社であるNikon Imaging (China)(以降NIC)の操業を停止することを取締役会で決議した。

     ニコンは2002年6月に中国江蘇省無錫市でNICを設立し、デジタルカメラ、デジタルカメラ用ユニットの製造を行なってきたが、近年はスマートフォンの台頭により、コンパクトデジタルカメラ市場が急速に縮小し、NICの稼働率が著しく低下し、操業の継続が困難になった。

     2016年11月に発表した「構造改革プラン」における、グローバル規模での生産体制最適化に関する施策について議論を重ね、慎重に検討したが、結果としてNICの操業停止を決定した。

     今後、NICの解散および精算に向けた諸手続きを開始する予定で、決議次第改めて通知するとしているが、現時点で70億円程度の一時費用を見積もっている。

     なお、上海市にある映像事業の販売子会社、Nikon Imaging (China) Salesの業務には影響せず、変更はないとしている。

    5: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 12:45:13.16 ID:GHlJQnUq.net
    とっとと日本に帰ってこい!
    画像の説明文

    コメント(1)  
    img_25d629c8482e3612212a4d014f383933717412

    1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:323057825-PLT(12000).net
    そして最後の最後にお披露目されたのが、Clipsという4.9センチ四方の小さなカメラでした。本体の厚みは1.2センチ程度です。同梱されているクリップ付きのケースに装着すれば、テーブルの上の何かや、手すりなどに留めることができます。

     そして、まったく新しいタイプのカメラとしてGoogle Clipsを紹介しました。

    この最初の製品は、子供を持つ親や、ペットを飼っている人をターゲットにしてデザインしました。子供の自然な笑顔、最初に歩いたとき、最初のいたずらなど、多くのことを捉えることができます。Clipsにはシャッターボタンがあります。しかし、それはこのカメラにとって重要なことではありません。自分もその瞬間を楽しみながら、これまでに撮ることができなかった写真を逃さずに撮ることができるカメラを作るために、我々は、ソフトウエアから始めて、機械学習を活用して、このカメラを徹底的に見直しました。その機能のすべては、カメラのコアであるAIエンジンから始まります。

     ClipsはAIエンジンによって、ユーザー、家族、友人、ペットなど特定の対象を認識して、さらに重要だと判断した瞬間の前後を、7秒間の動画に自動的に記録します。

     これまでにも、一定の間隔で自動的にシャッターを切る、ライフログカメラと呼ばれる製品がありました。例えば、襟元にクリップして使うスウェーデンのナラティブ社のClipは、30秒に一回シャッターを切り、1日に約2000枚の写真を記録します。しかし、Google ClipsはAIがシャッターチャンスを捉えるのです。形も名前もそっくりなので、私も最初は驚きましたが、ライフログカメラとはコンセプトも機能もまったく異なるチャレンジングな製品でした。

    日本メーカーに出して欲しかったカメラ
    http://wedge.ismedia.jp/articles/-/10782

    16: 名無しさん@涙目です。 2017/10/13(金) 11:10:09.57 ID:MM+MZW/O0.net
    ひらめいた

    画像の説明文