汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題を5ちゃんねるからまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    スポンサードリンク

    Webブラウザ

    コメント(0)  
    1: ニライカナイφ ★ 2018/04/18(水) 20:12:45.03 ID:CAP_USER9.net
    ◆Amazonが容量わずか2MBの軽量版インターネットブラウザ、その名も「Internet」をリリース

    Amazonが、ファイルサイズがたったの2MBクラスというAndroid向け超軽量ブラウザアプリ「Internet」をリリースしていたことが判明しました。
    このアプリは通信帯域が限定される地域向けに提供されるものとのことで、記事作成時点ではインド国内のユーザーが利用できるようになっています。

    Internetは2018年3月にリリースされていたアプリで、とにかく軽量であることが最大の売りとして打ち出されています。
    896b4_88_cbf549850f155945f953dfeda2fc3d80

    アプリのホーム画面には常にニュースが表示されるようになっている模様。
    またタブ表示をサポートし、各タブにはサムネイル画像を表示させることで目的のタブを探しやすくなっています。
     
    8840b_88_1c5a4c7416d19a21d74a7b925c39a50f

    自動でフルスクリーン画面を表示するようになっているほか、ウェブサイトによるユーザーのトラッキングをシャットアウトする「プライベートモード」を搭載してプライバシー面にも配慮がなされています。

    c2a03_88_a6339907b946651c68970101e060c6e0

    (続きはこちら)
    http://news.livedoor.com/article/detail/14595057/

    3: 名無しさん@1周年 2018/04/18(水) 20:13:47.16 ID:x/u1NG8Z0.net
    この名前ありなのか?

    Amazonetとかじゃいかんかったのか?

    画像の説明文

    コメント(0)  
    index

    1: ガーディス ★ 2018/04/02(月) 13:29:03.38 ID:CAP_USER9.net
    Q-Successは3月29日(ドイツ時間)、「Flash usage is down to 5% of all websites, down from 28.5% seven years ago.」において、Flashを使っているWebサイトの割合が5%まで減少したと伝えた。7年前は、Flash Playerを使っているWebサイトの割合は28.5%だったことから、Flashを利用しているサイトは年々減ってきている。

    Flash Playerは脆弱性が頻繁に見つかっている。Flash Playerの脆弱性はサイバー攻撃に悪用されることが多く、ブラウザベンダーにとって懸念材料になっていた。こうした状況を受けてか、Adobe Systemsは2017年8月にFlashのサポートを2020年に終了すると発表。それまでに代替技術へ移行するように呼びかけを行っている。

    Flashは登場当時は画期的な技術として高い人気を集めた。しかし、HTML5やJavaScript2、CSS3などの技術が成熟するにつれ、Flash Playerに見つかるセキュリティ脆弱性の方が問題視されるようになった。Adobe Systemsは繰り返しFlash Playerの修正を施してきたが、解決するには至っていない。すでにFlashに変わる技術はWeb標準規約として策定されており、今後はこうした標準技術を使って実装することが推奨されている。

    https://news.biglobe.ne.jp/it/0402/mnn_180402_5226580647.html

    6: 名無しさん@1周年 2018/04/02(月) 13:31:51.94 ID:Vu2OChrK0.net
    毎週のようにアップデートしてなかったか?

    画像の説明文

    コメント(0)  
    download-internet-explorer-1

    1: 名無しさん@涙目です。 2018/03/22(木) 12:41:30.37 ID:COc/hAbY0.net BE:323057825-PLT(12000)
    Microsoftの最新のアップデートに存在する、IEの深刻なバグが発見された。セキュリティ研究家のマヌエル・カバレロ氏が発見したこのバグを悪用すればIEのアドレスバーに入力した全ての情報を、攻撃者が閲覧できる。このIEのバグはどれほど深刻なのだろうか?

     MicrosoftはIEを新しい「Microsoft Edge」ブラウザに置き換える予定だ。これは同社の戦略だが、顧客のWebブラウザのセキュリティを向上させるためでもある。だが、Windows 10にIEがインストールされていることも考慮に入れると、このブラウザが完全にお役御免となるまでには長い時間がかかるだろう。大抵の場合、ユーザーが新しいソフトウェアをインストールするのは、新しいシステムを導入する場合だけだからだ。

    既存システムのサポートをいつまで実施するかは、Microsoftやその他のソフトウェアベンダーにとって継続的な課題の1つである。そんな中で発見されたのが冒頭のバグだ。IEのアップデートにバグがあり、そのバグによって悪意あるWebページはIEのアドレスバーに入力したテキストを読める、つまり一種のURLトラッキングが可能となっていた。この思いがけない不具合の原因は、IEのアドレスバー内のテキストがlocation.hrefのようなHTTP環境変数として保存されるためだ。location.hrefは、現在表示されているWebページの情報を持つlocationオブジェクトのプロパティで、URLの取得と設定ができる。悪意あるWebページはLocation.hrefに保存されているデータをいつでも参照、保存、利用できる。

    IEで新たに見つかった“情報流出バグ” Edgeに切り替えるなら今か?
    Microsoftのインターネットエクスプローラ(IE)のアップデートにバグがあり、ユーザーがIEブラウザのアドレスバーに入力した情報が攻撃者に露見してしまうことが分かった。
    http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1803/22/news03.html

    2: 名無しさん@涙目です。 2018/03/22(木) 12:43:35.89 ID:s0JKZQje0.net
    IEはとっとと滅びてくれ

    画像の説明文

    コメント(2)  
    chrome-03_story

    1: サーバル ★ 2018/03/07(水) 12:49:51.67 ID:CAP_USER9.net
     かつては考えられなかったことが、米国時間2月15日に現実になった。Googleの生命線であるオンライン広告を、「Chrome」ブラウザがブロックするのだ。

    提供:Stephen Shankland/CNET
     これは、何億人ものユーザーが既に広告ブロックツールをインストールしている流れに向かって、Chromeが明確な一歩を踏み出したことを示す。すべての広告をブロックするブラウザの拡張機能には遠く及ばないが、この動きは非常に重要だ。ChromeブラウザはPCとスマートフォンの両方のウェブブラウザ市場を支配しているのだから。StatCounterによると、ウェブページの約56%はChromeで閲覧されているという。

     Chromeの広告ブロックの取り組みは、広告で埋め尽くされていたり、不愉快な広告で質が低下したりしているサイトをウェブから取り除くことを目的としていると、Chromeのウェブプラットフォーム担当プロダクトマネジャーを務めるRyan Schoen氏は語った。既にその効果の兆候が見えている。Googleが同社の標準に準拠していないとして警告した企業の約42%が、サイトを改善して広告を再表示するようになったのだ。警告を受けて改善した企業には、Los Angeles Times、Forbes、Chicago Tribuneなどが含まれる。

     「われわれはウェブを、企業が繁栄し、収益を上げられる場にしたいが、同時に、ユーザーが良い体験を得られる場所にもしたい。この取り組みで、ウェブのエコシステムに適したバランスを取り戻したい」とSchoen氏は語った。

     GoogleやFacebookのようなウェブサイトはオンライン広告がもたらす収益によって成長し、ユーザーは無料でそれらのサイトを利用できる。広告はサービスの急拡大を支える。Facebookの場合、ユーザー規模は20億人以上にまで拡大した。だが、「ただより高いものはない」というように、無料でウェブサイトを利用できる代償に気づいたユーザーからの、広告に対する反発が起きている。

     広告には幾つかの欠点がある。広告のせいでウェブサイトの表示は遅くなり、スマートフォンのバッテリが消費される。ユーザーのオンラインでの行動をトラッキングし、ユーザーの興味に合う広告を表示するために役立つプロフィールを構築しようとする。うっとうしいこともある。さらに、ユーザーのPCを、サイバー攻撃や暗号通貨の不正なマイニングの道具に変える導管の役割を果たすことさえある。

    (続きはこちら)
    https://japan.cnet.com/article/35114834/2/


    3: 名無しさん@1周年 2018/03/07(水) 12:50:42.19 ID:EoDOUl1P0.net
    期待してる

    画像の説明文

    コメント(3)  
    Quantum-Feature-640x353

    1: ノチラ ★ 2018/02/06(火) 08:51:51.69 ID:CAP_USER.net
    Net Applicationsから2018年1月のデスクトップブラウザのシェアが発表された。2018年1月はChromeとEdge、Safariがシェアを増やし、Internet ExplorerとFirefoxがシェアを減らした。Chromeは長期にわたり成長傾向を継続しており、Webブラウザにおいて強い影響力を持ちつつある。

    Firefox QuantumのリリースでGoogle Chromeと同等もしくはそれ以上の高速化を実現したFirefoxだが、シェアの増加に結びつかない状態が続いている。Safariもシェアを増やしているが、これは2018年1月はMac OSがシェアを増やしたことに連動した結果と考えられる。

    001

    003


    1 Chrome 61.41% 60.57% ↑
    2 Internet Explorer 11.84% 12.36% ↓
    3 Firefox 10.85% 11.02% ↓
    4 Edge 4.67% 4.61% ↑
    5 Safari 4.18% 4.00% ↑
    6 Sogou Explorer 1.64% 1.79% ↓
    7 Opera 1.60% 1.56% ↑
    8 QQ 1.20% 1.47% ↓
    9 UC Browser 0.71% 0.76% ↓
    10 Yandex 0.62% 0.58% ↑
    https://news.mynavi.jp/article/20180206-580926/

    2: 名刺は切らしておりまして 2018/02/06(火) 08:59:41.82 ID:UpqvWwZk.net
    アドオンが使えない

    画像の説明文

    コメント(3)  
    yu_firefox1

    1: 名無しさん@涙目です。 2018/01/25(木) 16:59:57.17 ID:wrZbnNCu0.net BE:887469819-2BP(2000)
    Fast and Private with Opt-In tracking Protection
    https://www.youtube.com/watch?v=pDZXaegVuUE


    「Firefox Quantum」(バージョン58)公開 さらに高速化、多数の脆弱性修正

    Mozilla Foundationが、「Firefox Quantum」と呼ぶWebブラウザの初のアップデート「バージョン58」を公開した。画像処理機能強化でさらに読み込みが速くなり、Android版ではPWA機能が追加された。
     
    2018年01月24日 12時36分 公開
    http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1801/24/news087.html


    3: 名無しさん@涙目です。 2018/01/25(木) 17:09:09.78 ID:+nbh0KM00.net
    使えないアドオンがあるんだけどどうすればいいの?
    仕方ないから旧ver使ってる

    画像の説明文

    コメント(2)  
    514315-the-best-browsers-of-2016

    1: ノチラ ★ 2018/01/23(火) 12:41:18.22 ID:CAP_USER.net
    fossBytesに2018年1月20日(米国時間)に掲載された記事「10 Best Web Browsers For Windows To Access Your Favorite Sites In 2018」が、これからWebブラウザをいろいろ試してみようというユーザーに向けて、オススメのWebブラウザ10選を紹介した。Webブラウザはインターネットを利用する主要なツール、かつ、最も技術開発が進んでいるソフトウェアの1つ。

    紹介されているWebブラウザは次のとおり。

    Google Chrome - 総合トップのWebブラウザ。Windows、Linux、macOS、Android、iOS、Chrome OS対応
    Mozilla Firefox - Chromeの代替候補のベスト。Windows、Linux、macOS、Android、iOS、*BSD対応
    Microsoft Edge - Windows 10向けベストブラウザ。Windows 10、Xbox One、Android、iOS対応
    Opera - 仮想通貨の不正マイニング(クリプトジャッキング)対策がとられているブラウザ。Windows、macOS、Linux、Android、iOS対応
    Chromium - Chromeのオープンソース代替候補。Windows、Linux、macOS、Android、*BSD対応
    Vivaldi - 高いカスタマイズ性を持ったブラウザ。Windows、macOS、Linux対応
    Torch Browser - Torrentダウンロード向けブラウザ。Windows対応
    Maxthon Cloud Browser - Windows、macOS、Linux、Android、iOS、Windows Phone対応
    Safari - Appleファン向けブラウザ。macOS、iOS対応
    UC Browser - 中国で開発された高速ブラウザ。Windows、Android、iOS対応

    主要ブラウザとしては、デスクトップ、スマートフォン、タブレットデバイスのどの領域においても、Google Chromeが高いシェアを占めている。Google Chromeのシェアは増加傾向を続けており、今後も高いシェアを維持すると見られる。
    https://news.mynavi.jp/article/20180122-574715/

    8: 名刺は切らしておりまして 2018/01/23(火) 12:52:34.46 ID:K14J2AuJ.net
    いろいろアレコレ面倒だからChromeでいいです
    火狐はちょっと軽く・速くなっただけで、トータルで不便になった

    画像の説明文

    コメント(0)  
    jXyCaaQ

    1: ノチラ ★ 2018/01/21(日) 09:49:33.00 ID:CAP_USER.net
    Mozillaは2018年1月17日(米国時間)、「Making WebAssembly even faster: Firefox’s new streaming and tiering compiler - Mozilla Hacks - the Web developer blog」において、来週公開が予定されている「Firefox 58」に新しい2層コンパイラが導入されると伝えた。新たなベースラインコンパイラはこれまでのコンパイラよりも10倍から15倍もコードを高速にコンパイルするとしている。

    Mozillaはいち早くWebAssemblyの基礎技術の開発に取り組み、Firefoxに技術を取り込んできた。この成果物はFirefoxを高速なWebブラウザにする一因となっており、Firefox 58でさらに高速化が進むことになる。

    Mozillaは昨年11月、さまざまな高速化技術を取り込んだFirefoxを「Firefox Quantum」として公開した。公開当時、将来のFirefoxリリースでさらにいくつかの高速化技術を取り込むとしていた。

    FirefoxがChromeと同等、または処理内容によってはChromeを凌駕するところまで高速化されたことによりシェアの増加が予測された。しかし今のところ、Firefoxのシェアは減少を続けており、増加には結びついていない。今後のリリースでFirefoxのシェアがどのように推移するかが注目される。
    https://news.mynavi.jp/article/20180119-573205/

    5: 名刺は切らしておりまして 2018/01/21(日) 09:59:06.22 ID:9igpXOAJ.net
    高速高速って
    結局糞重くなるし使わなくなったわw

    画像の説明文

    スポンサードリンク
       

    このページのトップヘ