汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    マザーボード

    コメント(6)  
    X570

    902: Socket774 2019/01/22(火) 23:33:47.37 ID:Gld+KW4n
    グッバイASMedia

    次世代のX570チップセットは、AMDが自社でシリコンを設計しており、このチップセットは現行のASMediaベースのAM4よりも高いスループットを期待されており、ASMediaのIPから脱却します。この事により消費電力の増加と排熱が必要となります。しかし、チップセットのヒートシンクは見栄え良くするため過剰なほど載せられているので、これはエンドユーザーにとって大きな問題にはなりません。 

    現時点では、AMDのRyzen第3世代プロセッサと組み合わせて使用​​すると、AMDのX570マザーボードがX470 / X370に比べて大きなパフォーマンス上の利点を提供するかどうかは不明です。新しいAM4マザーボードは古いAM4プロセッサと後方互換性がありますが、現時点でAMDの新しいチップセット/マザーボード設計が他の利点を提供するかどうか、特にオーバークロックと高速メモリサポートに関しては不明です。

    AMDが新しいチップセットを直接設計することで、同社はプロセッサとチップセットの設計をさらに統合し、理想的なパフォーマンスレベルを実現し、AMDの最新のZenプロセッサ内の新しいハードウェアを利用できるようになります。これにより、AMDは自社のチップセット設計からより多くの収益を得ることができるようになり、少なくとも次世代部品については、ASMediaに支払う必要がなくなります。

    https://www.overclock3d.net/news/cpu_mainboard/amd_reportedly_drops_asmedia_with_x570_chipset/1

    903: Socket774 2019/01/23(水) 00:04:10.81 ID:EJnx4hRT
    でもX570は消費電力増える予定とか書いてあるしなぁ

    画像の説明文

    コメント(1)  
    b20181226_2

    868: Socket774 2019/01/22(火) 10:03:46.83 ID:CF0SPM7E
    AMD B350チップ採用のRyzen対応エントリーMicroATXマザー
    BIOSTAR「B45M2」

    BIOSTAR Microtech International Corp.(本社:台湾)は2019年1月18日(現地時間)、AMD B350チップセットを採用するエントリーMicroATXマザーボード「B45M2」を発表した。

    b20181226
    b20181226_3

    B45M2
    https://www.biostar.com.tw/app/en/mb/introduction.php?S_ID=934

    (続きはこちら)
    http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2019/0121/291367

    870: Socket774 2019/01/22(火) 10:51:36.94 ID:fJUYHB93
    >>868
    なんかBIOSTARらしい安っぽさがなくて残念だw

    しかし、近頃、スロット3本で微妙にマイクロATXよりは小さいマザーって流行ってるのか?
    このサイズよく見るようになった。

    画像の説明文

    コメント(6)  
    photo_2019-01-20_07-28-27

    28: Socket774 (ワッチョイ 515a-QXpR) 2019/01/20(日) 22:21:57.94 ID:uopdSv+J0
    ここにきてX370やB350じゃryzen 3000シリーズを積めない疑惑が出てる模様
    理由はX370やB350のBIOSのROM容量が16MBで足りないからとのこと

    以下Google翻訳

    古いソケットAM4マザーボードはRyzen 3000のサポートを受けられないかもしれません
    AMDがZen 2マイクロアーキテクチャ上の第3世代RyzenプロセッサとSocket AMシステムとの正式な互換性を宣言しているという事実にもかかわらず、将来のプロセッサが古いマザーボードを含むすべてのプロセッサで動作できることを意味するわけではありません。AMDの代表者らがRyzen 3000プロトタイプのデモンストレーションの後に行われた追加のプレスセミナーで説明したように、300シリーズのチップセットをベースとする最初のSocket AM4マザーボードは、設計の制限により有望なプロセッサからサポートを受けられないかもしれません。

    226a2c0f-s

    35903b18-s

    https://3dnews.ru/981382

    38: Socket774 (ワッチョイ 1333-EYnm) 2019/01/20(日) 23:11:23.24 ID:IYE/XJ1e0
    >>28
    X470のROMが32MB化されたてのも怪しい。
    X370 Taichi 5.1とX470 Taichi 2.00のZIP内ファイルサイズ確認したが、両方16,777,216でぴったり16MB

    画像の説明文

    コメント(5)  
    ryzen

    244: Socket774 2019/01/16(水) 02:00:10.86 ID:vFLszUv+
    James Prior氏:
     確かに発売済みのAM4マザーボードで第3世代Ryzenは利用できる。TDP(Thermal Design Power,熱設計消費電力)も気にしなくていいので,PCケースや冷却システムはそのまま利用可能だ。ただし,既存のAM4マザーボードに第3世代Ryzenを搭載した場合,PCIeインタフェースはGen.3で動作することになる。

     これはなぜか。PCIe Gen.4の信号を通すためにはPCI-SIGの認証試験を受けなくてはならないからだ。

     ただ,Gen.3とGen.4の違いは伝送信号における周波数の違いだけである。コントローラハブからエンドポイントデバイスまで回路等は共通なので,マザーボードメーカーが既存の400シリーズチップセット搭載マザーボードで(PCI-SIGの)PCIe Gen.4認証を通せば,当該マザーボードをGen.4で運用することはできるだろう。
     
     その認証をコストをかけて通すかどうかはマザーボードメーカーごとの判断次第だが,アフターサポートの難しさもあるため,一部の例外ケースを除き,コンシューマ向けマザーボードメーカーは既存のAM4マザーボードのGen.4認証を通すことはないと考えている。PCIe Gen.4の環境が欲しいというユーザーは2019年夏に投入予定の新世代AM4マザーボードを選択したほうがいいと思う。

    (続きはこちら)

    やはりマザボは入れ替えか

    245: Socket774 2019/01/16(水) 02:01:51.12 ID:KITTiv3c
    >既存のAM4マザーボードに第3世代Ryzenを搭載した場合,PCIeインタフェースはGen.3で動作することになる

    まあしょうがない

    画像の説明文

    コメント(4)  
    zen2-am4

    567: Socket774 2019/01/10(木) 20:06:04.19 ID:/Ae8Pr71
    やはりマザボ買い替え確定か

    【詳報】AMD、PCIe 4.0に対応した第3世代Ryzenプロセッサを今夏投入
    ~Core i9-9900Kを上回る性能を発揮し、より低消費電力とアピール

     CES 2019の会期2日目にあたる1月9日(米国時間)、米AMD社長兼CEOのリサ・スー氏が基調講演に登壇し、同社の戦略や新製品などについて説明した。

     この中でスー氏は、同社が開発してきた7nmプロセスルールで製造されるZen2に基づいた第3世代Ryzenプロセッサを、2019年半ばに投入すると明らかにした

    (続きはこちら)
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/1163917.html
    I/Oのダイには、PCI Express Gen 4 (4.0)のコントローラが含まれており、マザーボードが対応していれば、PCI Express 4.0を利用することができる。

    568: Socket774 2019/01/10(木) 20:11:27.41 ID:c+gg9LFz
    >>567
    そりゃさすがに
    pcie4.0に拘らないならBIOSで旧マザーでも使えるんじゃね

    画像の説明文

    コメント(5)  
    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/12/26(水) 14:52:08.12 ID:CAP_USER
    1_o

    B250 MINING EXPERT

     PC市場で一世を風靡した仮想通貨マイニング需要の終了に伴い、一部マイニング向けマザーボードの価格が大幅に下落した。

     例として、PCI Expressスロットを19基備えたASUSの「B250 MINING EXPERT」は、2017年12月発売当初は17,000円前後だったのに対し、今はAmazonで3,980円で販売されている。もっとも、同マザーボードは第6/第7世代のCPUまでしか利用できず、現行の第8/第9世代Coreプロセッサは非対応のため注意が必要だ。

    (続きはこちら)
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/todays_sales/1160206.html

    2: 名刺は切らしておりまして 2018/12/26(水) 14:53:59.07 ID:YO4D6BUb
    文字通り掘り出し物

    画像の説明文

    コメント(5)  
    581: Socket774 2018/12/26(水) 12:24:56.73 ID:JYrUrFn8
    20181207064933_35452

    SUPoXブランドを展開するEPoX(本社:中国深セン)は2018年12月25日(現地時間)、Coffee Lake/Kaby Lake/Skylakeの3世代のCPUに対応するIntel H110チップ搭載MicroATXマザーボード「H311M-D4」を発表した。

    20181207064533_89631
    20181207064535_69587
    20181207064536_10661

    spec

    H311M-D4
    http://www.supox.cn/product_view.php?id=575&bid=1
    (続きはこちら)
    http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2018/1226/288520
    >SUPoXブランドを展開するEPoX(本社:中国深セン)は2018年12月25日(現地時間)、
    >Coffee Lake/Kaby Lake/Skylakeの3世代のCPUに対応するIntel H110チップ搭載MicroATXマザーボード「H311M-D4」を発表した。
    中国メーカーすげえ

    588: Socket774 2018/12/26(水) 17:28:54.18 ID:21x3mSmW
    >>581
    どっかのYoutuberがこれで9900k動かさないかな

    画像の説明文

    コメント(4)  
    43: Socket774 2018/12/14(金) 15:39:33.99 ID:UPKbPWtZ
    売価5千円台のRyzen対応MicroATXマザーボード、BIOSTAR「A320MH」

    2427_93d70c380f378401b104294c6fb69c0cc26f1a32

    BIOSTAR Microtech International Corp.(本社:台湾)国内代理店の株式会社アユート(本社:東京都文京区)は2018年12月14日、AMD A320チップセットを採用するエントリー向けMicroATXマザーボード「A320MH」について、新規取り扱い開始を発表した。即日販売が開始され、市場想定売価は税抜5,480円。

    2427_bafe2f1d6680a2e805c0caa068f0ac3008ce4d46
    2427_0e8d1f42e1fa91d4955332d3dc43c7c3260010ab

    A320MH 市場想定売価税抜5,480円(発売中)
    https://www.aiuto-jp.co.jp/products/product_2427.php
    (続きはこちら)
    http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2018/1214/287194
    なんかすごくBIOSTARらしくていいと思う

    45: Socket774 2018/12/14(金) 19:54:40.41 ID:qfT8x9AB
    >>43
    サイズのケース MONOBOX-ITX に収まりそうな良い奥行き長だ
    ケースの冷却が良くて2600Xか2400Gでoc運用したいが
    板がocに耐えれそうもない造りなのが何とも悲しいじぇ

    画像の説明文