汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    マザーボード

    コメント(1)  
    b20200526

    365: Socket774 (スプッッ Sd5f-rOMX) 2020/06/25(木) 14:35:09.90 ID:b4sa0jEQd
    BIOSTARのAMD向けmicroATXマザー「B450GT」が発売、保証は最長4年

    BIOSTAR B450GT VER:5.0
     AMD B450チップセットを搭載したmicroATXマザーボード。店頭価格は税込9,988円。

     従来製品の「B450GT3」から電源周りが強化されており、フェーズ数が6フェーズから12フェーズに増強されている。このほか、雷やサージ電流による損傷を防ぐ「Super LAN Surge Protection」や、過電圧発生時にシステムを保護する「OC/OV/OH Protection」などの機能も備える。

    b20200526_1

    b20200526_2

    b20200526_3


    https://www.biostar.com.tw/app/en/mb/introduction.php?S_ID=986
    (続きはこちら)
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1261136.html
    >従来製品の「B450GT3」から電源周りが強化されており、フェーズ数が6フェーズから12フェーズに増強されている。

    税込9,988円で12フェーズは確かに凄い
    ただGT3はUSB3.1 Gen2がType-AとC一つずつあったけどGTは3.1 Gen1しかなくてType-Cもない
    うーんUSBはケチらないで欲しかったな1万円を超えていいから

    497: Socket774 (ワッチョイ 3fe9-Z+WU) 2020/06/25(木) 23:31:55.02 ID:HbwKmaY/0
    だいぶmATX出てきたじゃん
    待ってたやつよかったね

    画像の説明文

    コメント(3)  
    3072_154b644d77b3a9d4268758f2501e896978bec5d5

    155: Socket774 (ワッチョイ 8f33-+bDs) 2020/06/24(水) 11:13:59.49 ID:dUPYAWir0
    BIOSTAR、PCIスロット搭載のAMD B550マザーボード「B550GTA」7月下旬発売

    株式会社アユート(本社:東京都千代田区)は2020年6月24日、BIOSTAR Microtech International Corp.(本社:台湾)のAMD B550搭載ゲーミングマザーボード「B550GTA」など2モデルについて、新規取り扱い開始を発表した。

    3072_80818e6b9c481e5d8a05e06d96ce951d64b99733

    3072_101069d6807faf337f93785ac8d232ca578711d0

    3072_e71ce53fc1393e38ba8d459e9281869e3f7410a3


    B550GTA 市場想定売価税抜17,980円(7月下旬発売予定)
    https://www.aiuto-jp.co.jp/products/product_3072.php
    B550GTQ 市場想定売価税抜16,980円(7月下旬発売予定)
    https://www.aiuto-jp.co.jp/products/product_3071.php
    (続きはこちら)
    PT2おじさんも安心

    169: Socket774 (ワッチョイ 3f5a-Nklq) 2020/06/24(水) 12:01:34.67 ID:wFxv7Aku0
    >>155
    140ドルが税抜その値段はボッタクリでわ?

    画像の説明文

    コメント(13)  
    B550_Steel_Legend

    421: Socket774 (ワッチョイ 0f73-htoQ) 2020/06/25(木) 03:05:03.32 ID:PGFiQzJT0
    AMD B550マザーはASRockの「Steel Legend」やmicroATXマザーが人気
    売れ行きは“ショップの予想以上”

      AMDの新型チップセット「B550」搭載マザーボードですが、売れ行きは順調なようです。

     発売前の時点では、「安価な旧製品が沢山あるので、初回はそんなに売れないのでは」という話が複数のショップから出ていたのですが、上位のX570チップセット搭載モデルよりも安価にPCIe 4.0環境が構築できるからか、一部モデルは早々に売り切れるほどの人気だそうです。


    (続きはこちら)
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/1261280.html

    425: Socket774 (ワッチョイ 3f74-FKcX) 2020/06/25(木) 03:48:03.58 ID:lPB9mWUW0
    >>421
    B550 Steel Legendもトマホも高すぎるんだよなあ・・
    メモリOCはやりやすいと思うけど安いZ490と変わらんやん
    ZEN3出るまでZEN2+B350で頑張るわ

    画像の説明文

    コメント(4)  
    amd_ryzen

    809: Socket774 2020/06/20(土) 14:28:44.82 ID:6rkB01zb
    第3世代Ryzen対応の「AMD B550」マザーが発売、計19モデル入荷
    購入者向け特典もあり

      AMDのメインストリーム向けチップセット「B550」を搭載したマザーボードが各社から発売された。

     20日(土)の発売解禁時点で、ASUS 8モデル、ASRock 5モデル、GIGABYTE 3モデル、MSI 3モデルの計19製品の販売が始まっている。店頭価格は税込13,980~41,800円。


    (続きはこちら)
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1260373.html

    706: Socket774 (オイコラミネオ MM63-k6wC) 2020/06/20(土) 10:58:50.69 ID:OkG/tBt5M
    やっぱ地方は発売日に売ってねーな


    画像の説明文

    コメント(11)  
    B550_VISION_D

    487: Socket774 2020/06/17(水) 14:44:21.35 ID:ixkmzDZd
    ギガバイトも価格発表

    日本ギガバイト株式会社(本社:東京都千代田区)は2020年6月17日、AMD B550チップセットを搭載するSocket AM4マザーボード「B550 VISION D」など計8モデルについて、国内市場向け取り扱い開始を発表。6月20日より順次発売を開始する。


    (続きはこちら)
    https://www.gdm.or.jp/pressrelease/2020/0617/352229

    B550 VISION D 市場想定売価税込33,000円前後
    B550 AORUS MASTER 市場想定売価税込42,000円前後
    B550 AORUS PRO AC 市場想定売価税込24,000円前後
    B550 AORUS ELITE 市場想定売価税込19,000円前後
    B550I AORUS PRO AX 市場想定売価税込22,000円前後
    B550M AORUS PRO 市場想定売価税込16,000円前後
    B550M AORUS ELITE 市場想定売価税込13,000円前後
    B550M S2H 市場想定売価税込12,000円前後

    493: Socket774 2020/06/17(水) 17:15:58.69 ID:/QaqRP63
    >>487
    masterが4万越えるとは思わなかった

    画像の説明文

    コメント(5)  
    a01

    1: 雷 ★ 2020/06/17(水) 22:31:52.02 ID:58TifG4/9
    ASUSは9日、オンラインでAMDと共同でカンファレンスを開催し、日本では6月20日より順次発売される予定の「B550」チップセット搭載マザー製品について解説を行なった。

     B550チップセットは4月末に、エントリー向けのRyzen 3 3100、Ryzen 3 3300Xとともに発表されたチップセット。Ryzen 3 3100/3300Xは、低価格ながらPCI Express 4.0に対応するという特徴があったが、これまでメインストリームを担うB450チップセットでは対応できなかった。B550チップセットと組み合わせることで、ようやくその特徴を活かせる。

    ROG STRIX B550-F GAMING(WI-FI) (約2.5万円)
    ROG STRIX B550-F GAMING-WI-FI

    https://www.asus.com/jp/News/grijq7zgapgfie7h
    グローバル版商品詳細ページ

    (続きはこちら)
    2: 不要不急の名無しさん 2020/06/17(水) 22:32:36.39 ID:Gbd/ymeA0
    海外だとひらがなもカッコいいんだろうか

    画像の説明文

    コメント(5)  
    asrock_b550

    299: Socket774 (ワッチョイ 6396-E0Y3) 2020/06/16(火) 22:00:50.18 ID:J0AAuXI00
    ASRock,ゲーマー向け含むB550チップセット搭載マザーボード計10製品を国内発売

     2020年6月16日,ASRockは,AMDの新型チップセット「AMD B550」を搭載したマザーボード計10製品を,6月20日より順次国内販売すると発表した。製品ラインナップと発売日,メーカー想定売価は以下のとおり。このうち,ゲーマー向けブランド「Phantom Gaming」からは,「B550 PG Velocita」と「B550 Phantom Gaming 4」,および「B550 Phantom Gaming-ITX/ax」の3製品が登場する。


    (続きはこちら)
    https://www.4gamer.net/games/416/G041614/20200616034/
    301: Socket774 (JP 0H7f-Fj/h) 2020/06/16(火) 22:01:50.36 ID:vs93++Y1H
    >>299
    完全にX570と食い合う値段設定で草生える

    画像の説明文

    コメント(6)  
    amd_ryzen

    100: Socket774 2020/06/13(土) 16:29:04.75 ID:tdNbzHsK
    AMD  550チップセットベースのマザーボードのほとんどすべての主要メーカーの価格が明らかになった。B550ボードは第3世代Ryzen CPU以降をサポートしており、以前のB450ボードよりも新しい機能や強化された機能が搭載されていますが、価格も高くなっており、その中にはX470を上回るものもあります。

    AMD B550マザーボードの価格が発表-ASUS、MSI、ASRock、ギガバイトモデルはB450よりも高いが、追加機能が多い
    AMDの500シリーズマザーボードの主な機能の1つは、PCIe Gen 4.0のサポートです。Gen4のサポートを主要なセールスポイントとは考えていない方のために、500シリーズでは、より高いメモリ周波数のサポート、より優れた冷却設計、より強力なVRM、I/Oの増加など、多くの新機能が追加されています。

    しかし、すべての機能が追加された500シリーズのマザーボードは、以前のX470やB450と比較すると高価です。さらにAMDは、既存の400シリーズボード上で次世代Ryzen 4000 「フェルメール 」デスクトップCPUを含むサポートを開始することで、ユーザーが新しいマザーボードシリーズが提供しなければならないより優れた機能や電力供給を望まない限り、現在のマザーボードを使い続けることは間違いないだろう。

    AMD-Ryzen-4000-Zen-3-Vermeer-Desktop-CPU-AM4-Compatibility-Chart

    AMDは、このような制限の緩和に関係なく、ユーザーが500シリーズチップセットに移行することも推奨しています。AMDが長い間AM 4ソケットをサポートしてきたことを考えると、500シリーズのチップセットへの投資が大いに役立つことは間違いない。

    そうは言っても、Momomo_USは全ての主要なマザーボードメーカーからの公式価格のリストを掲載しており、私たちがB 550マザーボードに支払う金額を正確に記載しています。すべての主要メーカーのAMD B 550マザーボードの価格を以下に示します。

    (続きはこちら)
    各社B550ママン、びっくりするくらい高いみたいだね
    X570の置き換えって感じになるらしい

    103: Socket774 2020/06/13(土) 16:59:23.54 ID:QL2tA5TJ
    B550マザーは出たばかりの時買うのは価格的に意味なさげ
    次世代チップセットが出る前後に、ハイエンドチップより大暴落するだろうから、その時は美味そう

    画像の説明文

    コメント(14)  
    amd_ryzen

    38: Socket774 (ワッチョイ f30c-fUiM) 2020/06/11(木) 08:07:30.56 ID:/+qt6OKL0
    b450買うかb550待つか悩む

    画像の説明文

    コメント(17)  
    ssd_pcie_gen4

    698: Socket774 (ワッチョイ c173-YCwk) 2020/06/09(火) 01:46:52.22 ID:mJw6dtt00
    Gen4有効活用してる人何%くらいだろ

    画像の説明文

    コメント(15)  
    motherboard-885177_1280

    373: Socket774 (ワッチョイ 2a7a-hcDt) 2020/06/06(土) 23:28:24.64 ID:Fbu5kFRB0
    てか何のために高級マザーを買うんだ?

    画像の説明文

    コメント(9)  
    amd_ryzen_logo

    321: Socket774 2020/06/07(日) 00:34:29.31 ID:9sHDpzOs
    mATX & Mini-ITX A520 Chipset Motherboards
    For AMD Ryzen 3000 ‘Matisse’ & Ryzen 4000 ‘Renoir’ Desktop CPUs

    大多数のユーザーは、予算のRyzen PCビルダーにとって優れたオプションと見なされていたB450オプションよりも大幅に値上げしたAMDのB550チップセットベースのボードの価格に失望しています。 AMDは、A150チップセットをマザーボードベンダー向けに導入して、150ドルの米国価格でより手頃な価格のオプションを設計し、Ryzen 3000 'Matisse'およびRyzen 4000 'Renoir'デスクトップPCビルドの予算に最適なオプションにする予定です。

    ASRockは、AMD Ryzen 3000およびRyzen 4000デスクトップCPU向けの手頃な価格のA520チップセットベースのmATXおよびMini-ITXマザーボードをいくつか用意しています
    価格は100ドルの米国の価格タグに近づくいくつかのボードでそれほど悪くはありませんが、それらが誇る機能は、同様の価格で優れた仕様を誇るB450ボードで提供されるものと同じではありません。 比較のために、 B450 AORUS Eliteの価格は約$ 109 USで、これはB550M AORUS Elite、つまりATX B550 AORUS EliteのmATXバリエーションであり、価格は$ 159です。 B550 AORUSラインナップの最もエントリーレベルのオプションは、94ドルのUS B550M DS32です。これは、機能の点でB450 AORUS Eliteに正直にさえ近づきません。 B550インカネーションのフルATX AORUS Eliteの価格は159 USドルで、B450 AORUS Eliteより50ドル高いプレミアムです。

    AMD-AM4-ASocket

    ただし、B450チップセットベースのマザーボードでは生産が停止し、ベンダーは代わりにB550シリーズに重点を置いているため、B450シリーズでは不足が生じ、その結果、これらのボードを販売している小売業者による深刻な価格変動が見られます。 最高のB450マザーボードの1つと見なされているMSIのB450トマホークは、現在、 NeweggやAmazonなどの主要小売店で350ドル以上の価格です。 この価格の高騰はユーザーの選択に影響し、PCビルド用の新しいB550マザーボードだけが残ります。

    AMD-A520-Chipset-Specifications

    AMDがリリースしたいくつかの主要なCPUの発売と今後数か月の計画があります。 AMD Ryzen 3 3000シリーズクアッドコアプロセッサはエントリーレベルのゲーミングPCに最適ですが、AMDの今後のRenoir Ryzen 4000デスクトップAPUラインナップは間もなく発売されます。 予算が終了したこれらのオプションをいくつかのユーザーが待ち望んでいたため、A520チップセットマザーボードは、新しい予算のRyzen PCビルドに最適なオプションになる可能性があります。

    ASRockは、2020年第3四半期に発売予定のmATXとMini-ITXの両方のフレーバーで新しいA520シリーズマザーボードを準備しています。EECにリストされているのは、 Videocardzから報告されたASRockから期待できるA520マザーボードです 。

    ・A520M Pro4
    ・A520M Pro4 R2.0
    ・A520M Pro4 R3.0
    ・A520M-HDV
    ・A520M-HDVP
    ・A520M-HDV R2.0
    ・A520M-HDV R3.0、
    ・A520M-HVS
    ・A520M-HVS R2.0
    ・A520M-ITX / ac
    ・A520M / ac
    ・A520M-HVS R3.0

    ASRockの作品には12枚のA520マザーボードが搭載されているようですが、もっと期待できます。 A520はPCIe Gen 4ネイティブサポートを備えていませんが、Ryzen 3000/4000 CPUとペアリングされている場合でも、A320マザーボードよりも堅牢なI / O機能セットを提供しています。 AMDはエントリーシリーズマザーボードの400シリーズのラインをスキップしましたが、A520は100米ドル未満の価格であるA520チップセットで再びセグメントを開くことができます。

    https://wccftech.com/amd-budget-asrock-a520-motherboards-leak-am4-ryzen-3000-ryzen-4000-cpu-support/
    322: Socket774 2020/06/07(日) 00:58:42.57 ID:kwH6R8vS
    A520はPCIE4.0が一つも無いという残念仕様。

    画像の説明文