汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    OS

    コメント(3)  
    reiwa

    1: 田杉山脈 ★ 2019/04/22(月) 22:21:11.86 ID:CAP_USER
     日本マイクロソフトによる新元号「令和」に対応するためのWindowsの更新プログラム(パッチ)の配信時期が不透明になっている。2019年4月22日午後の時点で、まだ配信が始まっていない。

    同社は「現在、米国の技術チームが準備を進めているところで、まだ配信時期は確定していない。22日中の配信開始はない。10連休に入る前の26日までの配信開始を目指しているが、間に合わない可能性もある。全製品で同時期に配信せずに、Windows 10/8.1/7などの製品によって配信開始時期を変えることになるかもしれない」(広報)と説明する。

     今後配信する予定のパッチは、Windowsの時刻制御をつかさどる「日付と時刻」を修正して令和に対応する。平成の次が令和だという内部ロジックを実装して、2019年の1月から4月までが平成31年で、5月以降が令和元年と認識させる。かな漢字変換機能も修正して、令和を変換できるようにしたり、令和を全角1文字で表す「合字」を追加したりする。

    (続きはこちら)
    https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/04809/

    2: 名刺は切らしておりまして 2019/04/22(月) 22:24:01.47 ID:juBO/+AM
    日付と時刻修正に米国技術チームが必要なのか
    日本MSの中の人は何やってるの?

    画像の説明文

    コメント(10)  
    Ubuntu 19.04

    1: 田杉山脈 ★ 2019/04/19(金) 15:41:10.36 ID:CAP_USER
    英Canonicalは18日(現地時間)、デスクトップOS「Ubuntu 19.04」をリリースした。

     一般ユーザー向けの新機能としては、高フレームレートやスムーズな起動アニメーション、アイコンの読み込み時間の短縮、およびCPU/GPU負荷低減を図ったデスクトップ環境「GNOME 3.32」の導入が最大の特徴。また、X-orgおよびWaylandでは、高DPI画面向けに100%から200%まで、25%ステップのスケーリングが可能になった。

     開発者向けには、新たにツール「Visual Studio Code」が加わった。また、同じSnapを複数インスタンスにインストールする機能を備えた。

    (続きはこちら)
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1181084.html

    4: 名刺は切らしておりまして 2019/04/19(金) 15:53:09.04 ID:/FR8TVwL
    ウィンドウズなんかやめてウブンツに乗り換える

    そう考えていたときが俺にもありました

    画像の説明文

    コメント(3)  
    Windows 10 October 2018 Update

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/04/09(火) 14:18:40.54 ID:CAP_USER
     「Windows 10」を最新バージョンの「Windows 10 October 2018 Update」にアップデートして使っているユーザーは、USBドライブを取り外すときにまず「安全な取り外し」操作をしなくても済むようになっている。もっとも、面倒がらずにこの操作をしていたユーザーに限っての話だが。

    windows-10-usb-drive-removal-settings

    (続きはこちら)
    https://japan.cnet.com/article/35135473/

    2: 名刺は切らしておりまして 2019/04/09(火) 14:19:27.11 ID:L8SYFqAc
    スマートじゃないもんな

    画像の説明文

    コメント(8)  
    windows10

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [EU] 2019/04/08(月) 13:01:48.26 ID:ghA6QKeh0 BE:422186189-PLT(12015)
    Microsoftは2019年4月4日(米国時間)、Windows Updateプロセスについて重要な変更を発表した。この変更は、Windows Updateエクスペリエンスの向上をはじめ、ユーザーが管理できる範囲の拡大、Windows更新プログラムの品質向上を目的としている。

    Windows更新プロセス自体が破壊的になる可能性があるという明確なフィードバックをMicrosoftが受け取ったため、今回の変更に踏み切ったという。

    Microsoftは2019年4月8日に始まる週から、Windows Insider Programに参加しているユーザー向けにリリースプレビューリングを通じて、Windowsの次期メジャーアップデート「Windows 10 May 2019 Update」の提供を開始する。2019年5月下旬には一般提供を開始する予定だ。

    (中略)

    Windows 10の全てのエディションで、機能更新プログラムと月例更新プログラムの両方について、インストールを最大35日間(1回につき最大7日間、最大5回)、一時的に停止できるようになる。一時停止期間が上限の35日間に達すると、ユーザーは再び一時停止する前に、デバイスを更新する必要がある。

    (続きはこちら)
    https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1904/08/news045.html

    2: 名無しさん@涙目です。(新潟県) [CN] 2019/04/08(月) 13:03:14.61 ID:8jfOKqyH0
    最初からやれや
    ゴミかよ

    画像の説明文