汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    通信

    コメント(13)  
    ethernet-490027_960_720

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/13(月) 16:49:06.765 ID:0KZ0+EU+M
    ネットで検索して出たとこに電話したら8万近くするって言われたけどNTTに電話したら15500円でやってくれるらしいから頼んだから特に質問はないよ

    画像の説明文

    コメント(0)  
    HAPS_MOBILE

    1: ムヒタ ★ 2019/04/25(木) 13:20:32.10 ID:CAP_USER
     ソフトバンクは4月25日、Google親会社のAlphabetと協業し、通信基地局の代わりになる無人航空機を成層圏に飛ばす事業を始めると発表した。山岳部や離島、発展途上国など通信ネットワークが整っていない地域でも、安定した通信環境を構築できるという。

     ソフトバンク子会社のHAPSモバイルと、米Alphabet子会社のLoonが協業する。HAPSモバイルは、成層圏を飛行する無人航空機「HAWK30」を開発している。Loonは高度数千メートルを飛行する機体と通信システムを開発済みで、既に3000万キロ以上を飛行、世界で数十万ユーザーが接続した実績がある。

    (続きはこちら)
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1904/25/news088.html

    7: 名刺は切らしておりまして 2019/04/25(木) 13:28:57.95 ID:ETiljJP3
    白い犬が宇宙を回るCMでも作るのか

    画像の説明文

    コメント(1)  
    ONLINE_Storage

    1: 田杉山脈 ★ 2019/04/13(土) 21:11:07.45 ID:CAP_USER
    2019年3月の半ば、オンラインストレージサービス「Dropbox」が、無料プランで同期可能なデバイス数を3台に制限したことが明らかになった。

    ビジネス上の判断に口を挟む余地はないが、もともとDropboxは、無料プラン(2GB)と有料プラン(1TB)とで容量に大きな開きがあり、他社によくある500GB前後の中規模のプランがないため、TB単位の容量が必要でないユーザにとっては、なかなか有料契約に踏み切りにくいのも事実だ。

    一方このような問題とはまったく別に、最近はオンラインサービスを一社に集約するのではなく、適度に分散させることでデータ漏洩やアカウントBAN(アカウントが強制的に停止されること)のリスクを回避しようとする風潮ができつつある。

    特にDropboxの競合に当たるオンラインストレージサービスは、幅広い分野でサービスを展開している企業の一サービスであることが多く、万一別サービスで利用停止などの措置を食らうと、巻き添えで使えなくなる危険が高い。身に覚えがあれば自業自得だが、最近は誤認によるアカウント凍結も少なくないのが厄介だ。それゆえDropboxからそれらにスイッチするという選択肢も、少々ためらうところがある。

    上記のような事情を踏まえ、仮にDropboxを除いた独立系のオンラインストレージサービスで、無料プランに台数制限がないという条件ならば、どんなサービスが候補に挙げられるだろうか。今回は、実際にサービスをある程度使い込んだ上で、検討に値すると筆者が判断した3つのオンラインストレージサービスを紹介する。

    (続きはこちら)
    https://news.mynavi.jp/article/20190413-dropbox/

    3: 名刺は切らしておりまして 2019/04/13(土) 21:26:59.36 ID:RSKdoB9m
    独立サービスはいつ消し飛ぶか分からんぞ

    画像の説明文

    コメント(1)  
    satellite-1820064_960_720

    1: 田杉山脈 ★ 2019/04/05(金) 21:23:13.06 ID:CAP_USER
    米アマゾン・ドット・コムが人工衛星を使ったブロードバンド通信サービスへの参入を目指していることが明らかになった。3000を超える通信衛星を打ち上げて地球のほぼ全域をカバーする計画だ。イーロン・マスク氏が率いる宇宙開発ベンチャーの米スペースXなども同様の構想を表明しており、米有力企業による宇宙開発競争が熱を帯びてきた。

    米連邦通信委員会(FCC)が通信衛星の運用を監督する国際電気通信連合(ITU)に提出した資料を基に、米ネットメディアなどが報じた。「プロジェクト・カイパー」と呼ばれるアマゾンの計画では、上空600キロメートル前後の低軌道に計3236基の周回衛星を配備し、地球上のどこにいても高速で遅延の少ないインターネット接続サービスを受けられるようにするという。

    (続きはこちら)
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43377630V00C19A4EA3000/

    7: 名刺は切らしておりまして 2019/04/05(金) 21:32:01.55 ID:8NX3YmQH
    事業所は宇宙だからどこにも税金払わんぞ

    画像の説明文