汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    CPU

    コメント(6)  
    94343f59

    442: Socket774 (アウアウウー Sac5-tjpR) 2019/06/26(水) 19:43:16.18 ID:leLeZgYEa
    7/7 19:00販売開始
    ソースはツクモのツイッター

     Zen 2アーキテクチャを採用したAMDの新型CPU「第3世代Ryzenデスクトッププロセッサ」と、Naviこと「Radeon RX 5700」シリーズだが、日本国内では7月7日(日)午後7時に販売が解禁されるようだ。ツクモeX.パソコン館が販売の予告を行っている。

    (続きはこちら)
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1192795.html


    454: Socket774 (ワッチョイ 41b1-ZpNJ) 2019/06/26(水) 20:07:40.06 ID:pl0qKNS/0
    >>442
    19時事前会計の22時受け渡しか
    画像の説明文

    コメント(20)  
    AMD-Ryzen-3000

    261: Socket774 (ワッチョイ 91f1-B2Hp) 2019/06/25(火) 02:43:00.50 ID:ZcFoWrLb0
    ――――  以下、Google翻訳  ――――

    AMDのニュースではいつものように、私たちはあなたに新しいAMD Ryzen 5 3600のジューシーなレビューをもたらすためにその公式の立ち上げを期待しています。その製造元によって異なりますが「完全な」互換性と最新のドライバを提供するようにBIOSが更新されていますが、我々は前世代のX470マザーボードでそれをしなければならなかったのは本当です。もちろん、心配しないでください、まもなく私達はまたX570ボードでレビューをするでしょう。

    AMD Ryzen 5 3600

    AMD-Ryzen-5-3600-X470-2

    AMD-Ryzen-5-3600-X470-4

    AMD Ryzen 5 3600プロセッサの性能を分析するために、G.Skill FlareX DDR4 @ 3200 MHzメモリおよびNvidia GeForce RTX 2080 Ti Founders Editionグラフィックスとともに、Gigabyte X470 Aorus Gaming 7 WiFiマザーボードに実装しました。明らかに、私達は新しいRyzen 3000のための「完全な」サポートを与えるBIOS F40、利用可能な最新のものをインストールした、あるいはそう彼らは約束する。さらに、IntelおよびAMD用のすべての軽減策を適用した Windows 10の最新バージョン。

    AMD-Ryzen-5-3600-X470-Tests-1

    AMD-Ryzen-5-3600-X470-Tests-2

    AMD-Ryzen-5-3600-X470-Tests-3

    AMD-Ryzen-5-3600-X470-Tests-4

    AMD-Ryzen-5-3600-X470-Tests-7

    AMD-Ryzen-5-3600-X470-Tests-8

    AMD-Ryzen-5-3600-X470-Benchmarks-1

    AMD-Ryzen-5-3600-X470-Benchmarks-2

    AMD-Ryzen-5-3600-X470-Juegos-1

    AMD-Ryzen-5-3600-X470-Juegos-2

    AMD-Ryzen-5-3600-X470-Juegos-3

    AMD-Ryzen-5-3600-X470-Juegos-4

    20°Cの周囲温度下では、AMD Ryzen 5 3600は、  程度の温度で提供しています40°Cを休止して約75℃あなたは私たちが周りにあるリファレンスクーラーを使用することを考えると、そのストレステスト、本当に良い値で前の世代が達成したものより5℃低い。

    消費に関しては、それがAida64のストレステストで完全な装置のために約125W(ディスクまたはGPUなしで)とグラフが介入するならベンチマークのために約360Wのままに残ることを特に改善したと言いなさい。Ryzen 5 2600とRyzen 7 2700Xを分析したときの消費量の差が55Wだったことを考慮すると、このテスト装置ではRyzen 5 3600とRyzen 7 2700Xの間に65Wの差があることがわかります。7nmプロセスと共にエネルギー効率が向上した。

    DDR4 3200(デュアルch)
    R15のマルチ1561、1700Xは超えた

    264: Socket774 (ワッチョイ d338-Rs2c) 2019/06/25(火) 03:05:06.58 ID:rxytvGWP0
    >>261
    これやばない
    cinebenchとか予想通りでしかもゲームベンチバケモンやん

    画像の説明文

    コメント(12)  
    AMD-Ryzen-5-3600

    100: Socket774 (スッップ Sdb3-b/bE) 2019/06/24(月) 21:04:19.24 ID:uV9lGBdUd
    ――――  以下、Google翻訳  ――――
    中国を拠点とするBaiduフォーラムのユーザが、明らかにRyzen 5 3600であるもののCinebench R15ベンチマーク(およびいくつかのCPU Z情報)をリークしました。このリークはVideocardzやApisakのようなものからではありません。実際、Videocardzもほんの数日前に同様の情報を漏らしており、Baiduの漏洩は非常に密接に関連しています。両方のリークが正確である可能性があります。

    Cinebench R15では、Baiduはマルチスレッドテストで3600、シングルスレッドテストで197をリークしました。そのマルチスレッドスコアはVideocardzがリークしたものよりも約9%高くなりますが、それは2つのセットアップ間のクロック速度の違いによる可能性があります。Baiduのリーク者が明らかにしたCPUのZ情報は、いくつかの点を除けばほとんどVideocardzのものと同じです。BaiduのリークはソケットとTDP情報を欠いており、CPUはVideocardzのリークと比較して初期の改訂です。

    D90oZm5VUAMsMEj

    a2dc7b899e510fb3d07ef46dd733c895d0430cf2

    f82fb13533fa828b090c1819f31f4134970a5a2a

    dc33720e0cf3d7ca4582b88cfc1fbe096a63a9e1

    この情報がすべて真実かつ正確であると仮定すると(そしておそらくそうですが)、この特定の3600は、シングルスレッドのパフォーマンスではi7-8700Kと同じくらい高速で、マルチスレッドのパフォーマンスではi7-9700Kより高速です。現在、Baiduリークの3600が予想よりも大幅に上昇しているかどうか(おそらくPBOやハイエンドの冷却が原因で、少なくともCinebenchが3.6 GHzの在庫速度を報告しているのでオーバークロックされていない) Videocardzのリークはあまり良くないパフォーマンスでしたが、どちらの方法でも3600または3600Xがこの種のワークロードでi7 CPUと競合することが予想されます。ただし、特にZen 2が以前のZenのレンダリングよりも優れているため、Ryzen 3000が他のワークロード(ゲームなど)でこのように競合するかどうかを判断するのは困難です。

    3600と3600Xがそれぞれ200ドルと250ドルで入ってくると、8700Kと9700Kがそれぞれ350ドルと375ドルで競争できるかどうかはわかりません。Intelは第9世代のCPUの実行可能性を向上させるために値下げを計画していると噂されていますが、Intelはまだ不足の真っ只中にあるので、値下げを実施するのはあまり意味がありません。しかし、最終的には、購買決定を完全に確定する前にベンチマークと公式レビューを待つことをお勧めします

    https://adoredtv.com/ryzen-5-3600-cinebench-r15-scores-leak-as-fast-as-an-8700k-in-single-thread-test/

    103: Socket774 (ワッチョイ 935a-MFv2) 2019/06/24(月) 21:05:21.69 ID:LYxIM50Z0
    >>100
    やったぜ
    シネベンチに関しては化物だわ

    画像の説明文

    コメント(12)  
    ryzen

    933: Socket774 (ブーイモ MM75-MFv2) 2019/06/24(月) 13:19:39.59 ID:GTtdGW6tM
    ryzen5 3600 メモリー3733MHzのスコア出たな
    シングル5700超えだ


    AMD Ryzen 5 3600

    Definitive 3733MHz R5 3600 Windows 10 Geekbench 4 Run, Scored >5700 SC!! Extrapolation of other SKUs!!

    I've found this in other posts but wanted to key in on it because I believe this is what Ryzen 3000 is capable of under ideal review conditions, and its VERY impressive. Run is in Windows, not Linux, and it uses AMDs sweet spot of 3733 MHz RAM which also shows a 67 ns latency in this test, so it can be used to extrapolate actual optimized scores from other SKUs. This test shows a max frequency of 4.150 MHz, so its not even OC'ed!!

    Using this score to extrapolate, if SC scales linearly with frequencies, here are my predictions for the other SKU Geekbench 4 SC scores--

    3600x/3700x -- 6043
    3800x-- 6180
    3900x-- 6318
    3950x-- 6455

    https://www.reddit.com/r/Amd/comments/c44s1l/definitive_3733mhz_r5_3600_windows_10_geekbench_4/
    https://browser.geekbench.com/v4/cpu/13631495

    934: Socket774 (ブーイモ MMab-Aqsf) 2019/06/24(月) 13:21:53.96 ID:PZeq+TusM
    >>933 そら今までのryzen投げ売りしますわw

    画像の説明文

    コメント(3)  
    Epyc

    893: Socket774 (ワッチョイ f1b1-HDPs) 2019/06/22(土) 15:21:25.88 ID:s48kzCRW0
    Zen2Ryzenより遥かにインテルのダメージデカイだろこれ
    価格破壊なんてもんじゃねえ


    ――――  以下、Google翻訳  ――――
    AMD EPYC Rome 7nm CPU Specs & Prices Leak, 64 Cores Under $10K

    新しい7nm、Zen 2コアアーキテクチャをベースにしたAMDの次世代EPYC Romeプロセッサラインナップの最終的な仕様と価格は漏れています。詳細は、7nm EPYCラインアップの各特定SKUの仕様だけでなく、サーバー市場にとって非常に破壊的に見えるそれらの価格も報告しているPlanet3dNOWを介してRedditから来る。

    エントリーレベルの8コア、16スレッド、およびトップエンドの64コア、128スレッドのバリアントから始めて、合計19のEPYC Rome SKUが言及されています。このチップはEPYCプロセッサ用に設計されたLGA 4094ソケット(SP3)でサポートされ、AMDはすでに次世代サーバーラインナップのためにプラットフォーム全体をアップグレードする必要性を排除する7nm Romeファミリーのアドインサポートを確認しました。

    チップ自体から始めて、主力はEPYC 7742、64コアと128スレッド部分です。最大クロック速度は3.40 GHzです。これは、32コア、64スレッド、最大クロック速度3.20 GHz、ただし180 W TDPで動作するEPYC 7601よりも優れています。EPYC 7742は225W TDPを特長としていますが、コアの数とそのより高いクロック速度を考えると、225Wという数字でさえ非常に印象的です。キャッシュサイズに合わせて、EPYC 7742は256 MBのキャッシュを搭載し、少なくとも128 PCIe Gen 4レーンを搭載する必要があります(それ以上ではないにしても)。

    価格に関しては、EPYC 7742は8,266ユーロまたは9340米ドルの値札でリストされています。EUを拠点とする小売サイトのVAT税率は21%なので、それ以外の場合、価格は6878.50ユーロ、つまり7,774米ドルになります。発売時のEPYC 7601 'Naples'の価格は4200米ドルだったので、これはより速いクロック速度でコアとスレッドの数が2倍になった場合の2倍未満の増加です。

    数ヶ月前に発表されたIntelの56コア、112スレッドのXeon Platinum 9282は、TDPが400W、最大ブースト周波数が3.8GHzである。このチップの価格は25,000ドルから50,000ドルの間になると予想されている(Anandtechに言及)。そう、ええ、あなたは両方の旗艦の間の価格、ワット数とコア/スレッドの数の違いを見ることができます。

    CPU Lineup Specifications and Prices

    https://wccftech.com/amd-epyc-rome-server-cpu-7nm-zen-2-price-specs-leak-64-cores-under-10k/

    894: Socket774 (アウアウエー Sa23-F2Fz) 2019/06/22(土) 15:22:09.82 ID:IbUohxr3a
    https://wccftech.com/amd-epyc-rome-server-cpu-7nm-zen-2-price-specs-leak-64-cores-under-10k/

    シングルソケット専用のを抜粋:
    EPYC 7702P 64 / 128 3.35 GHz 256 MB 200W $4,955.03
    EPYC 7502P 32 / 64 3.35 GHz 128 MB 180W $2,581.77
    EPYC 7402P 24 / 48 3.35 GHz 128 MB 180W $1,403.70
    EPYC 7302P 16 / 32 3.30 GHz 128 MB 155W $929.70

    画像の説明文

    コメント(3)  
    9700

    459: Socket774 (ワッチョイ 01b1-0BNU) 2019/06/22(土) 01:00:37.96 ID:hN/IyVD40
    TDP65Wの8コアCPU「Core i7-9700」が入荷、価格は43,800円

      第9世代Core i7シリーズに属する「Core i7-9700」の店頭販売が始まった。店頭価格は税抜き43,800円。販売ショップはオリオスペック。


    (続きはこちら)
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1191994.html
    きたね

    461: Socket774 (ワッチョイ b1e5-mDEe) 2019/06/22(土) 01:07:36.81 ID:qwa25V/50
    >>459
    これいいな

    同じ65Wで価格も大体同じ
    9700 vs 3700X 楽しみだぜ

    画像の説明文

    コメント(15)  
    intel_logo

    370: Socket774 (アウアウクー MM0d-OgYB) 2019/06/21(金) 16:44:23.61 ID:p2z5ia9iM
    ――――  以下、Google翻訳  ――――
    インテル、デスクトッププロセッサの価格を最大15%削減

    マザーボードプレーヤーからの情報筋によると、Intelは第8世代と第9世代のデスクトッププロセッサの価格を10〜15%引き下げる計画で、すでに下流のPCとマザーボードのパートナーに通知している。

    Intel、ついに値下げを決断か?
    15%の大幅割引

    377: Socket774 (スプッッ Sdb3-6Ypt) 2019/06/21(金) 17:05:24.93 ID:vUemzGE+d
    >>370
    これを待ってた
    よくやったぞRYZEN

    画像の説明文

    コメント(10)  
    intel_logo

    279: Socket774 (スップ Sdf3-n3rI) 2019/06/21(金) 07:36:13.25 ID:iLa7//gmd
    インテル、オーバークロックしてぶっ壊してもCPU保証するサービス始めるってマジ?

    Intel Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2019年6月17日(現地時間)は、第9世代Coreプロセッサに対応する自動オーバークロックツール「Intel Performance Maximizer」を発表した。

    an3MDxt

    なお対応プロセッサは、Core i9-9900K/KF、Core i7-9700K/KF、Core i5-9600K/KFで、万が一オーバークロックによってCPUが破損した場合に、1回限りだが交換を可能にする保証プラン「Performance Tuning Protection Plan」も提供されるという。

    (続きはこちら)

    280: Socket774 (ワッチョイ 2b41-ajKL) 2019/06/21(金) 07:41:44.93 ID:kz5HsXYM0
    >>279
    CPUよりマザーとか他のパーツが先に逝きそう

    画像の説明文

    コメント(22)  
    ryzen

    371: Socket774 (ブーイモ MMb3-MFv2) 2019/06/20(木) 17:14:36.89 ID:I20d/U7DM
    待望のryzen5 3600のCPUZスコアが出ました
    シングル500と少しです
    適当にIntelと比較すればだいたい分かってきますね


    cpu-z-1

    3600-2

    画像の説明文

    コメント(0)  
    intel

    177: Socket774 (ワッチョイ ab0c-4UnQ) 2019/06/20(木) 02:29:02.70 ID:x1STwrH/0
    インテルは14nm Rocket Lakeをサムスンに製造委託しない
    https://www.tomshardware.com/news/intel-samsung-14nm-rocket-lake-cpu-chipset,39678.html

    インテルの生産能力の限界(記録的な需要による)と米中貿易戦争の影響により、
    インテルとサムスンは14nm Rocket Lakeの製造委託交渉を進めているとSE Dailyが報じた。
    しかし大規模プロセッサの設計には数年かかること、アウトソーシングによって明らかにされる
    インテルの知的財産の量を考えると、この報道は疑わしいものに思えました。
    インテルは現在、自社の半導体ノードに沿って14nmプロセッサを設計しています。これは
    インテルの14nmチップがインテルの製造プロセスに特化していることを意味します。
    インテルは10nmノードの遅延とAMDの復活から厳しい教訓を得て、新しいマイクロアーキテクチャを
    異なるノード間で移植可能なものとして設計しています。Sunny Coveは複数ノードで使用可能なものと
    して設計された最初のものです。しかしインテルはこのコアを10mノードでデビューさせると発表している。

    つまりサムスンがインテルのプロセス技術を使って14nmウェハを製造することは全くありそうもない。
    インテルがサムスンのプロセスに合わせてプロセッサの設計を変更しても、
    インテルの14nmほどの性能を発揮できない可能性もあります。
    我々の情報筋によると、インテルとサムスンは交渉を行っているが、それはシンプルな設計のもの、
    例えばチップセットのようにCPUより遥かにアウトソーシングしやすいものに焦点を当てている。
    インテルは世代ごとに新たなチップセットを製造するので、小さなチップが会社のウェハ出力と
    パッケージングとテストの多くを占めてしまう。この部分をサムスンに委託することで、
    インテルは自社の生産能力を利益率の高い製品に集中させることができます。
    また、インテルは韓国の施設を利用することで、中国の関税を回避することができます。

    178: Socket774 (ワッチョイ 5134-Im5L) 2019/06/20(木) 06:32:51.23 ID:XLiBbtOg0
    >>177
    ありがとう。SunnyCoveのクロックがいまいち上がってこないのは、
    10nmプロセスの完成度の低さだけではなく、設計手法を変えたせいもあるのかね?

    画像の説明文

    コメント(1)  
    amd-apu-3000

    205: Socket774 (ワッチョイ b6a8-rww9) 2019/06/18(火) 23:20:05.69 ID:8ujxs/010
    うそやろ、4400G来年の8月かよ。

    ――――  以下、Google翻訳  ――――
    非公式AMDロードマップ
    新しい噂に基づいて、私たちは私たち自身の非公式ロードマップを適応させ、「美化」しました。通常、2020年3月から4月までの間に "Renoir"を予想することはなかったでしょうが、とにかく最後のものは仮定にすぎません。たとえば、PCI-Express 5.0のサポートは2020年の終わりまでにはありそうにないでしょう。これはソケットの変更、および2021年の早い時期の "Zen 4"世代のDDR5メモリと同時に起こる可能性があります。

    しかし、それは現在PCI Express 4.0よりも遅れているIntelに戻り、それに応じて2019年のIntel Interconnect DayでPCI Express 5.0そしてさらには6.0への迅速な実装を促進し始めました。後者のための最終的な仕様さえありません。

    Planet3DNow_Inoffizielle_AMD_Roadmap_2019

    Planet3DNow_Inoffizielle_AMD_Roadmap_2020

    https://www.planet3dnow.de/cms/47272-amd-roadmaps-mobile-apu-renoir-bereits-zum-jahreswechsel/

    208: Socket774 (ワッチョイ 4ea1-jya6) 2019/06/18(火) 23:26:45.21 ID:HNEAb0wu0
    4400Gも4コアか

    画像の説明文