汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    SSD,M.2

    コメント(13)  
    western_digital_and_kioxia_nand_logo_R

    458: Socket774 2021/02/19(金) 17:53:47.56 ID:1tjGiLYA
    キオクシアとWestern Digital、162層積層プロセス採用の「第6世代3D NAND」発表

    キオクシア株式会社(本社:東京都港区)とWestern Digital Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2021年2月18日、162層積層プロセスを使用した「第6世代3次元フラッシュメモリ技術」の開発に成功したことを発表した。


    従来から書込性能は2.4倍向上
    キオクシアとウエスタンデジタル、第6世代の3次元フラッシュメモリ技術を発表
    https://business.kioxia.com/ja-jp/news/2021/20210219-1.html
    https://www.westerndigital.com/ja-jp/company/newsroom/press-releases/2021/2021-02-18-kioxia-and-western-digital-announce-6th-generation-3d-flash-memory
    (続きはこちら)
    https://www.gdm.or.jp/pressrelease/2021/0219/381515


    459: Socket774 2021/02/19(金) 17:55:39.03 ID:1XV43gGd
    TLCで作ってくれるよね・・・?

    画像の説明文

    コメント(22)  
    wd_SN350_logo_1_R

    124: Socket774 (ワッチョイ 1284-GDsi) 2021/02/16(火) 15:11:38.21 ID:xYlDtWWQ0
    Western Digitalは、WD Green SN350 SSDの新しいラインで、その手ごわいSSDポートフォリオを拡大しました。 M.2 2280フォームファクタに準拠したドライブは、240GBから960GBの範囲の容量で利用可能になります。

    SN350は、PCIe 3.0x4インターフェイスに完全にスロットするエントリーレベルのSSDです。 SSDコントローラーのモデルとSN350に使用されるNANDのタイプは不明のままです。 ただし、これらのドライブの耐久性評価が低いことは、Western DigitalがSN350でQLC(クアッドレベルセル)NANDを使用していることを示しています。

    製造元は、SN350 960GB、480GB、および240GBドライブをそれぞれ80TBW、60TBW、および40TBWと評価しています。 参考までに、TLC(トリプルレベルセル)NANDを活用するWD Blue SN550 250GBおよび500GBドライブの定格は、それぞれ150TBWおよび300TBWです。

    SN350のパフォーマンスは容量によって異なるため、ドライブが大きいほど最大のパフォーマンスが得られます。 SN350は、それぞれ最大2,400MBpsおよび1,900MBpsのシーケンシャル読み取りおよび書き込み速度を誇示します。 ランダムなパフォーマンスに関しては、SN350がそれぞれ最大340,000IOPSと380,000IOPSのランダムな読み取り速度と書き込み速度を提供することが期待できます。

    パフォーマンス面では、SN350はSN550よりもそれほど遅れてはなりません。 ただし、SN350は耐久性が低く、SN550の5年間の保証ではなく、3年間の限定保証しか付いていません。

    240GBモデルと480GBモデルはそれぞれ43.99ドルと54.99ドルで販売されていますが、960GBモデルは99.99ドルに戻ります。 SN550と比較して、SN350は、同様の容量で約10ドルから30ドル安価です。

    (続きはこちら)
    https://www.tomshardware.com/news/western-digital-launches-wd-green-sn350-m2-nvme-ssd

    125: Socket774 (ワッチョイ c2d0-dcRn) 2021/02/17(水) 00:21:51.82 ID:vg6V3tH80
    960GBでTBW80 $100って買う奴いるのか?

    画像の説明文

    コメント(13)  
    data-storage-319844_1920_R

    1: 風吹けば名無し 2021/02/13(土) 03:14:04.61 ID:w6HTxH8L0
    買ってええんか

    画像の説明文

    コメント(10)  
    data-storage-319844_1920_R

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/02/11(木) 03:56:51.859 ID:A9rbFgiB0
    手先は不器用なんだが お店で頼んだほうがいいかな?

    画像の説明文

    コメント(15)  
    data-storage-319844_1920

    441: Socket774 (スププ Sd0a-cO0r) 2021/02/02(火) 03:19:30.40 ID:vk2y9VNSd
    SSDってパーテーション分ける意味ってあるの?
    HDDみたいに片方だけ氏んでくれる?

    画像の説明文

    コメント(32)  
    os_windows7_logo

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/01/27(水) 00:17:34.501 ID:vvGYg/cM0
    そもそもSSDを追加できるのかは知らない

    画像の説明文

    コメント(12)  
    data-storage-319844_1920

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/01/22(金) 18:53:34.141 ID:6dHLxg9p0
    何かある?

    画像の説明文

    コメント(8)  
    memory-stick-1267620_1920

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/01/23(土) 16:39:20.617 ID:56zujOysM
    外付けSSD120GBの使い道ある?
    メリットはちょっとだけ早いかな~程度

    画像の説明文

    コメント(39)  
    269dfa8f

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/01/20(水) 08:16:20.618 ID:ejwVt3L60
    スーパー俺「シャットダウンせずにずっと着けっぱでいいじゃん」

    オタクくん「」
     

    画像の説明文

    コメント(15)  
    data-storage-319844_1920

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/01/15(金) 00:11:40.198 ID:dBacrhjq0
    とりあえず500GB買うのだ

    画像の説明文

    コメント(9)  
    m.2_sse_logo_29434

    1: 雷 ★ 2021/01/18(月) 09:02:51.00 ID:GclKkHWo9
     ここ数年、CPU、GPU、ストレージと、PCの性能を決定付けるパーツの高性能化が急速に進んでいる。その一方で、PCで取り扱うデータも大型化。とりわけ動画分野においては、カメラの高性能化に伴って4Kや8K解像度のデータが身近になり、加えて撮影後に色調などを柔軟に調整できるRAW形式での収録に対応した機材が増えた結果、動画編集PCに求められる性能も急速にハードルが上がりつつある。
     4K RAWといったリッチな映像コンテンツを20万円台の一眼カメラで撮影できるようになったが(RAWでない4K動画ならスマホでも撮影できる)、編集するPCの性能が足りなくては容易に作品に仕上げることはできない、というわけだ。
     動画編集PCでは、まずCPU性能とメモリサイズに注目するユーザーが多いと思う。もちろんそれは間違っていないのだが、GPUとストレージ、つまりSSDの性能も大事だ。CPU、メモリ、GPU、SSDのどれか一つでも性能が不足すると、とたんに編集作業が重くなることが多い。しかしながら、とくにストレージ性能に関してはスムーズな編集作業を行なうための基準が、なかなか見えてこないのではないだろうか。
     そこで今回は、M.2タイプのSSDでは現在最高クラスの性能を誇る「Samsung SSD 980 PRO」を使って、“ドライブ単体”と、“ドライブ4本を使ってのハードウェアRAID”という環境で、動画編集作業の快適さにどの程度の違いが出るかをテストしてみた。

    (略)

    RAID 0で最大読み出し速度27,000MB/sオーバーを達成
     ここからは、ベンチマーク結果から4台のSamsung SSD 980 PROでRAID 0アレイを構築した場合の性能を見ていく。
     ベンチマークソフトには、最大速度を計測できる定番の「CrystalDiskMark 8.0.0」とアプリケーションの起動や操作などをシミュレートすることによってストレージの体感性能を計測する「PCMark 10 Full System Drive Benchmark」を使用した。また、Iometer 1.1.0を使用し、読み出し開始位置が40GB単位で異なる複数タスクによる同時読み出し時の速度計測も行なっている。
     最大速度を計測するCrystalDiskMarkの結果は、RAID 0構築時が最大速度読み出し速度(SEQ1M Q8T1)が21,719.2MB/s、書き込み速度が18,745.7MB/sであった。この速度は、Samsung SSD 980 PROを1台で使用したときの読み出し速度の約3倍、書き込み速度の4倍弱である。

     理論値から考えるともう少し読み出し速度が出てもよさそうだが、Blocksizeを初期値の512KBから変更するなどしてテストを繰り返してもこれ以上は伸びなかった。そこで、Iometerを使用して256KB QD32 2タスクのシーケンシャル読み出しを行なってみたところ、ほぼ理論値の「27,804.3MB/s」を計測した。

    2012_samsung_hwr00_s

    4台のSamsung SSD 980 PROでRAID 0アレイを構築した場合の結果。最大速度は読み出し21719.2MB/s、書き込み18,745.7MB/sと4倍には到達していないが十分速い 

    980_RAIDx4_1G_cry3_s

    Iometerによるシーケンシャル読み出しの速度。ほぼ理論値の「27804.3MB/s」を計測。TxBENCHを使用して4TBのデータをRAWで書き込み、Iometerで、読み出しサイズ256KB、QD32のタスクを二つ作成して計測 

    IOMeter256KBT2_SEQ-Read_s

    (続きはこちら)
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/sp/1296662.html

    4: ニューノーマルの名無しさん 2021/01/18(月) 09:08:19.65 ID:m3+UDyNw0
    動画の処理書き出しは確かにSSDにしたらかなり処理早くなったんでオススメだけど高いよねえ

    画像の説明文

    コメント(4)  
    Optane_SSD_logo

    184: Socket774 (ワッチョイ) 2021/01/17(日) 21:59:00.63 ID:TexlPGCB0
    デスクトップPC用のOptane SSDはすべて廃止

    Intelは、消費者市場向けの 「Optane」 のみのSSDをすべて廃止すると発表した。驚くべきことに、これらのドライブは 「Optane」 のみの代替品にはならないと同社は述べており、熱心に開発を進めてきたデスクトップPC向けの 「Optane SSD」 の終焉を告げたようだ。

    インテルはOptane Memory M10、800P、900P、905Pの各SSDの製造を終了し、デスクトップPC向けのOptane専用ファミリ全体が終了した。インテルの900Pおよび905Pの販売中止通知には次のように記載されています。

    「インテルは、クライアント市場セグメントの移行製品として、新しい大容量Optane Memory SSDを提供しません。インテルは、ソリッドステートストレージを搭載した新しいOptane Memory H20にクライアント市場向けに注力します。」

    M10および800Pシリーズの販売中止通知は、Intelの顧客にもOptane Memory H20ドライブを勧めている。H20ドライブには、QLCフラッシュとペアになったOptaneメモリが同一デバイスに搭載されています。これらのキャッシュ・ドライブは、Optane専用ドライブ(彼らは同じレベルにさえいない)ほど高速ではなく、主にラップトップおよびOEM市場向けに設計されています。

    インテルの販売中止期間も信じられないほど短く、販売中止が発表された時点で、あるいは800Pシリーズで見られるように、販売中止の数日前にはすべてのドライブが提供されなくなりました。

    Discontinuation_Posted

    全モデルの最終注文は2021年2月26日に発送されます。Intelは最近、(3D XPoint)サーバ向けの新しいOptane SSD P5800Xを発表した。この新しいドライブは、第2世代Optaneを初めて市場に投入するものであり、Intelがエンタープライズ市場向けにエキゾチックなメモリを使用することに引き続きコミットしていることを示している。現時点では、第2世代のOptaneがデスクトップPCに搭載されることはなさそうだ。

    製造中止になったドライブの一覧は、デスクトップPCのすべてのフォームファクタとファミリにわたっています。次に、製造中止になったドライブの一覧を示します。

    ・Optane Memory 900P and 905P - AIC - 280GB, 480GB, 960GB and 1.5TB
    ・Optane Memory 900P and 905P - U.2 - 280GB, 480GB, 960GB, 1.5TB
    ・Optane Memory 905P - M.2 - 380GB
    ・Optane Memory M10 - M.2  - 16GB, 32GB, 64GB
    ・Optane Memory 800P - M.2 - 58GB, 118GB

    Intelは、NAND事業をSKハイニックスに売却するための複数年にわたる取り組みを開始しているが、Optaneのメモリ事業とIP事業は維持するとしている。IntelとMicronが共同で設計したエキゾチックな3D XPoint技術が他のメモリメーカーには提供されておらず、Intelは利益率の高いエンタープライズ市場向けに差別化された製品を提供していることを考えると、これは驚くべきことではない。

    (続きはこちら)
    https://www.tomshardware.com/news/intel-kills-off-all-optane-only-ssds-for-consumers-no-replacements-planned

    コンシューマ向けOptane終了

    サーバー向けは継続
    コンシューマ向けもNANDとのハイブリッド製品は継続

    個人的には絶望



    188: Socket774 (スプッッ) 2021/01/18(月) 00:17:08.20 ID:CLZOBFpHd
    >>184
    第二世代の発表もエンタプライズ用だけだったしな…

    画像の説明文