汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    イノベーション

    コメント(7)  
    elon_musk_meuralink

    1: すらいむ ★ 2020/09/01(火) 09:08:59.16 ID:CAP_USER
    イーロン・マスク「頭のFitbit」こと脳埋込みAIチップ「Link」発表。自動手術ロボV2も
    埋込み手術は1時間程度

     イーロン・マスクのAI研究企業Neuralinkが、日本時間8月29日朝にこれまでの成果を発表するライブイベントを実施しました。 このイベントでは人とAIを融合するというマスク氏の構想を実現するための第一歩となる、自動手術ロボット”V2”のプロトタイプが公開。 また脳に1024本もの電極を接続して使う「頭のFitbit」こと「Link 0.9」AIチップのデモが行われました。

     Linkチップは、手術用に頭蓋骨に開けられた穴をフタをするように収まり、患者の体温、血圧、運動状況を監視し、たとえば差し迫った心臓発作や脳卒中についての早期警告を提供するとのこと。

     データは最大10mの距離をMbps単位でワイヤレス通信可能なため、頭からのびるケーブルをどこかの機械につないでおく必要はありません。 電源も内蔵のバッテリーで丸1日は動作し、ワイヤレス充電が可能です。 また、デバイスは永久的なものではなく、不要になれば取り外したり、新しいハードウェアへのアップグレードも可能になっています。

     Neuralinkは、2019年に行った発表の際は、耳たぶの後ろに補聴器のようなチップを納めたデバイスを配置していました。最終的には脳の奥深く、中枢神経がつながる灰白質にまで電極を到達させ、視床下部の機能をチップに監視させることを考えています。

     マスクCEOは今回のイベントで、”3匹の子豚”を紹介しました。
     1匹目はまだなにもされていない健康な子豚。
     2匹目は一度手術を行ったのち、チップを取り外して100%生身の身体に戻った子豚。
     いずれも飼育員から餌をもらってご機嫌な様子。

     そして3匹目は、頭にチップをつないだ状態の子豚です。
     この3匹目のLinkチップは、鼻からの信号をキャッチして外部のコンピューターと通信しており、子豚がなにやらおいしそうなエサの匂いを嗅ぎ取って、該当するニューロンが発火(シナプスの活動電位が発生すること)するたびに「ピロロピロロ…」とコンピューターが音を発してみせていました。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    https://japanese.engadget.com/elon-musk-v2-link-neuralink-034523163.html


    6: 名無しのひみつ 2020/09/01(火) 09:17:25.08 ID:ksXdU4Dk
    ニューロン・マスク

    画像の説明文

    コメント(4)  
    business-5475655_1280

    1: すらいむ ★ 2020/08/28(金) 00:30:50.12 ID:CAP_USER
    Wi-Fiの電波で壁の向こうにいる人の姿勢や動きを3Dモデル化する新技術「WiPose」が登場

     Wi-Fiの電波を用いて、壁の向こうにいる人の姿勢や動作を高い精度で感知できる新技術「WiPose」が発表されました。
     これにより、暗い環境や障害物がある場所など、従来のカメラを用いたセンシング技術が抱えていた欠点を克服することができると期待されています。

     Towards 3D Human Pose Construction Using WiFi
     (PDFファイル)https://cse.buffalo.edu/~lusu/papers/MobiCom2020.pdf

     ニューヨーク州立大学バッファロー校の研究者であるWenjun Jiang氏らが開発した「WiPose」がどんな技術かは、以下のムービーを見ると一発で分かります。

     [MobiCom 2020] Towards 3D Human Pose Construction Using WiFi - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=puU4EvBTPxA

    (以下略、続きと動画はソースでご確認下さい)
    Gigazine 2020年08月27日 16時00分
    https://gigazine.net/news/20200827-wifi-3d-human-pose-wipose/

    4: 名無しのひみつ 2020/08/28(金) 00:33:50.64 ID:27d2fly2
    好きな人の両隣の部屋借りる変態が現れそう

    画像の説明文

    コメント(10)  
    Neuralink

    1: フソバクテリウム(光) [KR] 2020/08/27(木) 11:46:45.23 ID:RXinUbNg0● BE:201615239-2BP(2000)
     SpaceXとTeslaの最高経営責任者(CEO)を務め、世界第4位の富豪とも報じられているElon Musk氏は2月、Neuralinkの新たな進捗を発表すると予告していた。

    Neuralinkは、同氏が創設した、脳とコンピューターを結ぶインターフェースの開発を目指す新興企業だ。

    同氏はこの発表を米国太平洋時間8月28日午後3時からライブでウェブ配信すると、25日にツイートした。

    (続きはこちら)
    https://japan.cnet.com/article/35158725/

    6: デイノコック(SB-Android) [US] 2020/08/27(木) 11:49:31.91 ID:c1CdMCeY0
    (ファミチキ下さい)

    画像の説明文

    コメント(11)  
    murata_378163

    1: HAIKI ★ 2020/08/18(火) 21:57:43.18 ID:CAP_USER
    村田製作所は2020年度下期に量産を始める全固体電池について、補聴器などに採用される見通しを明らかにした。
    ロボット向けなどの位置制御機器や、工場などで環境データを収集するIoT(モノのインターネット)機器などにも採用される予定。
    同社はさらに容量が現状比20―30%高いタイプの開発を進めていることも明かした。高容量タイプは長時間利用前提のワイヤレスイヤホン向けで21年の早い段階に量産したい考え。

    続きはソース元で
    https://newswitch.jp/p/23393

    2: 名刺は切らしておりまして 2020/08/18(火) 21:59:33.57 ID:3cMajKBg
    まだまだ小さいな

    画像の説明文

    コメント(13)  
    laptop-3174729_1280

    1: 三毛(光) [ニダ] 2020/07/27(月) 13:54:08.04 ID:+QaqwDTT0● BE:201615239-2BP(2000)
    マクセルは、空中に表示されたスイッチやアイコンをタブレット端末のように操作できる
    非接触HMI「Advanced Floating Image Display(AFID)」を開発。2021年を目途に市場投入を目指す。

    YWUUVic


    (続きはこちら)
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1267459.html


    12: ラグドール(埼玉県) [GB] 2020/07/27(月) 13:58:56.14 ID:RoCSlmak0
    未来キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

    画像の説明文

    コメント(8)  
    elon_musks_873915

    1: しじみ ★ 2020/07/16(木) 05:38:03.26 ID:A9wng6vb9
     イーロン・マスク氏は今週、Twitterで自身が2016年に創業した脳コンピューターインターフェイス企業であるNeuralink(ニューラリンク)の最新状況に関する報告を8月28日に行うと発表した。Neuralinkのインターフェイスは、人間が高度な人工知能に歩調を合わせるのを助けるという明確な目的に向けて開発されている。最後にNeuralinkからの情報が発表されたのはおよそ1年前のことだ。そのとき発表されたのは、外科手術ロボットを使って極細の糸を人間の脳に埋め込んで、外部のコンピューターユニットへ接続し、最終的には両者の接続をワイヤレスにして最大限の自由度と柔軟性を提供したいというビジョンだった。

     2019年7月には、マウスだけでなく類人猿さえも使ったそのテクノロジーのテストを成功裏に実行できたことを公表した。そして、もしそのときのことを覚えているなら、同時に翌年、つまり2020年、今年には、人間の最初の被験者を対象にテストを実施すると発表していた。

     共同創業者でCEOであるJared Birchall(ジャレド・バーチャル)氏が率いるNeuralinkは、サンフランシスコに本社を置き、カリフォルニア大学デービス校と共同研究を進めている。同社の当初の目標は、この技術を利用して患者の運動や日常機能に影響を与えている神経障害を緩和することだが、最終的には、コンピューティングデバイスと、思考の速度で相互作用できるように、人間を本質的に「アップグレード」することも狙っている。

    原文
    https://techcrunch.com/2020/07/09/elon-musk-sets-update-on-brain-computer-interface-company-neuralink-for-august-28/

    (続きはこちら)
    https://jp.techcrunch.com/2020/07/10/2020-07-09-elon-musk-sets-update-on-brain-computer-interface-company-neuralink-for-august-28/

    36: 不要不急の名無しさん 2020/07/16(木) 06:12:01.95 ID:1G8ErIDN0
    SFを地でいってるな

    画像の説明文

    コメント(13)  
    528x396

    1: ごまカンパチ ★ 2020/07/13(月) 21:47:20.32 ID:x9ijjiOQ9
      東京大学と大日本印刷(DNP)は7月13日、皮膚に貼り付けられる薄型・伸縮自在の「スキンディスプレイ」をフルカラー化したと発表した。
    スマートフォンとBluetoothで接続し、カラフルな画像などを離れた場所からディスプレイ上に送信、表示できる。
    「従来は単色しか表示できなかったが、駆動回路を簡略化・小型化することでフルカラー化を実現した」と、研究チームの染谷隆夫教授(東京大学)は話す。

    利用者は、遠隔地にいる友人や同僚からハートマークや「いいね」マークを送ってもらい、肌の上に表示することで、温かみのあるコミュニケーションができるという。
    東大とDNPは「遠隔コミュニケーションでの感情伝達を補う効果を期待している」としている。

    連続稼働時間は約30~40分で、9000色以上の表現が可能。
    12×12個(144画素)のマイクロLEDチップを厚さ約2mmのゴムシートに等間隔で埋め込んでおり、ユーザーの皮膚の形状に合わせて貼り付けられる。
    130%の伸縮を約100万回行っても電極が壊れないという。

    l_dy_da_02


    (続きはこちら)

    5: 不要不急の名無しさん 2020/07/13(月) 21:48:33.31 ID:yNXrl/7J0
    ライブで使えそう

    画像の説明文

    コメント(15)  
    galaxy-3528123_1280

    1: しじみ ★ 2020/06/22(月) 19:31:36.04 ID:CAP_USER
    ■量子スピンのテレポーテーション

    電子を使った量子テレポーテーションを実証するために、研究者たちはハイゼンベルグ交換相互作用の原理に基づいて最近開発された技術を利用しました。

    個々の電子はS極とN極をもつ棒磁石のようです。この極の方向は「量子スピン」状態とも呼ばれます。

    そして特定の種類の粒子が同じ量子スピン状態を持っている場合、同じ場所に存在できないという性質があります。

    つまり、同じ量子状態の電子は互いに重なり合って存在できないのです。そのため電子の状態は前後で逆のスピンになるように入れ替わります。

    研究者たちはこの手法を使用して電子ペアを分散させ、スピン状態をテレポートさせることに成功したのです。

    41467_2020_16745_Fig1

    ニコル氏は「私たちの仕事は、光子無しでも量子テレポーテーションが実行できることを示しています」と述べています。

    この結果は、光子だけでなく、すべての物質のスピン状態を含む量子テレポーテーションに関する将来の研究への道を開くことでしょう。

    また、半導体量子ビットの有用性と可能性を示すものとなりました。

    この研究は6月15日、「Nature Communications」に掲載されました。

    Conditional teleportation of quantum-dot spin states
    https://www.nature.com/articles/s41467-020-16745-0
    (続きはこちら)
    https://nazology.net/archives/62998
    44: 名無しのひみつ 2020/06/22(月) 20:42:20.94 ID:cI5QnxcW
    テレポーテーションって名称ほどのことじゃないんだけどな

    画像の説明文

    コメント(29)  
    fugaku_comp

    1: 夜のけいちゃん ★ 2020/06/23(火) 00:15:14.25 ID:+XZLIbJw9
     世界のスーパーコンピューターの性能を比べる専門家のプロジェクト「TOP500」は22日、最新の計算速度ランキングを発表し、理化学研究所計算科学研究センター(神戸市)の新型機「富岳」が世界一に輝いた。

    計算速度は毎秒41京5530兆回で前回王者の米国のスパコンを大きく引き離した。

    日本勢の1位は昨年に運用を終えた理研の「京」が2011年に達成して以来9年ぶり。理研によると、富岳はその他3部門でも1位となり世界初の“4冠”達成となった。

    (続きはこちら)
    https://this.kiji.is/647813747223479393
    2: 不要不急の名無しさん 2020/06/23(火) 00:15:35.08 ID:pMzEfr0U0
    2番じゃだめよ

    画像の説明文

    コメント(6)  
    computer-2930704_1280

    1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/05/25(月) 15:55:57.94 ID:CAP_USER
    オーストラリアのモナッシュ大学など3校の共同開発により、通信速度が44.2Tbpsに達する光学チップが開発されました。この通信速度は、単一の回線の転送速度としては世界新記録とのことです。

    Ultra-dense optical data transmission over standard fibre with a single chip source | Nature Communications
    https://www.nature.com/articles/s41467-020-16265-x

    Recording the world's fastest internet speed from a single optical chip - Scimex
    https://www.scimex.org/newsfeed/australian-researchers-record-worlds-fastest-internet-speed-from-a-single-optical-chip

    Engineers Successfully Test New Chip With Download Speeds of 44.2 Terabits Per Second
    https://www.sciencealert.com/this-optical-chip-could-allow-us-to-download-1000-high-definition-movies-per-second

    Researchers claim new internet speed record of 44.2 Tbps - The Verge
    https://www.theverge.com/2020/5/22/21267321/broadband-internet-speed-record-australia-researchers-micro-comb-fiber

    オーストラリアのモナッシュ大学、スウィンバーン工科大学、ロイヤルメルボルン工科大学の研究チームが共同開発した「光マイクロコーム(optical micro-comb)」の写真が以下。サイズは短辺5mm×長辺9mmで、一緒に映っている2オーストラリアドル硬貨(直径20.5mm)の半分未満の長さしかありません。

    Micro-comb-image-RENDERED

    研究チームが開発した光マイクロコームは、80の個別のレーザー光を単一の信号発生装置に置き換えることにより、同時に複数の周波数の光でデータを送信できるようにしたもの。研究チームが実際に光マイクロコームを使用して、オーストラリアのメルボルンに敷設された長さ76.6kmの光ファイバー回線で通信速度をテストしたところ、データ転送速度は44.2Tbpsに達しました。これは、HD画質の映画1000本、4K映像をサポートする容量100GBのUltra HD Blu-rayディスク50枚分に相当するデータを1秒間で転送できる速度とのことです。

    file-20200522-102651-1ctdq2n_m

    (続きはこちら)
    https://gigazine.net/news/20200525-micro-comb-optical-chip/
    5: 名無しのひみつ 2020/05/25(月) 15:59:16.74 ID:BSflNV/1
    人生が足りない

    画像の説明文

    コメント(5)  
    1

    1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/05/15(金) 14:22:21.20 ID:CAP_USER
    シリコンを発光させて半導体チップに組み込む技術の開発に、オランダの研究チームがこのほど成功した。極小のシリコンレーザーからなる光子回路を半導体チップに組み込むことで、過熱させることなくデータの高速伝送と消費電力の低減が可能になるという。大規模な実装が可能になれば、光ベースコンピューティングの実用化に向けた大きな一歩になる可能性を秘めている。

    いまから50年近く前、インテルの共同創業者のゴードン・ムーアは、半導体チップに搭載されたトランジスターの集積率が18カ月ごとに2倍になると予測した。「ムーアの法則」として知られるこの有名な“予言”は、しばらくは的中した。

    1970年代初頭にインテルが初のマイクロプロセッサーを発表したとき、このプロセッサーにはわずか2,000超のトランジスターしか搭載されていなかった。それが今日では、iPhoneのプロセッサーには数十億個のトランジスターが搭載されている。だが、すべての物ごとには終わりがあるように、ムーアの法則も例外ではなかった。

    ■光るシリコンでチップの高速化が可能に

    最新のトランジスターは、コンピューターの“脳細胞”として機能するが、その大きさは原子数個分の長さしかない。トランジスターを詰め込みすぎると、電子の渋滞、過熱、奇妙な量子効果など、多くの問題を引き起こす可能性がある。

    その解決策として、チップ内部のデータ伝送を電子ではなく光子に置き換えるために、電子回路の一部を光学的結合にする方法がある。ただし、問題がひとつある。半導体チップの主な材料であるシリコンは発光できないのだ。

    ところが欧州の研究チームが、ついにこのハードルを乗り越えたという。オランダのアイントホーフェン工科大学の物理学者エリック・バッカーズが率いる研究チームは、発光できるシリコン合金ナノワイヤーを成長させた詳細について記した論文を、4月に『Nature』に発表したのだ。

    このテーマは物理学者たちが何十年もかけて取り組んできた課題である。バッカーズの研究室では、すでにこの技術を使って、半導体チップに組み込める極小のシリコンレーザーを開発した。従来の電子チップに光子回路を組み込むことで、半導体チップを過熱させることなく、データの高速伝送と消費電力の低減が可能になる。機械学習などのデータ集約型の用途に、とりわけ有用だと考えられるという。

    Science_siliconlight_228596

    続きはソースで
    https://wired.jp/2020/05/14/after-50-years-of-effort-researchers-made-silicon-emit-light/
    42: 名無しのひみつ 2020/05/15(金) 23:09:52.80 ID:IlNbPy9I
    フォトカプラみたいな感じ?

    画像の説明文

    コメント(8)  
    potato-chips-1133291_1280

    1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/05/13(水) 12:52:52.70 ID:CAP_USER
    鏡というものは、自分では直接見ることができないものを見る際の助けになる。ハイウェイで後ろから追い越していくクルマや、自分の顔にできた嫌な吹き出物といったものだ。そして光沢のある物体にちょっとしたコンピューター処理を施すことで、ほぼ何でも鏡のように使えることが、このほど明らかになった。

    ワシントン大学のコンピューター科学者のチームが発表した最新の研究によると、金属で表面処理を施したスナック菓子の袋から反射される光を利用して、周囲の環境を比較的信頼できる状態で画像として復元できたという。研究チームは論文で次のように説明している。

    「注目すべきことに、光沢のあるポテトチップスの袋を撮影したイメージには、袋が置かれている部屋の詳細な画像を再構築できる程度に十分な手がかりがある。そこには部屋の照明や窓の位置、窓の外に見える物の配置などについての情報が含まれている」

    この論文は、ワシントン大学のパク・チョンジュン、アレクサンダー・ホリンスキー、スティーヴ・セイツの研究チームによるもので、6月にオンライで開催されるカンファレンス「Computer Vision and Pattern Recognition Conference」の資料に掲載される。

    今回の研究は仮想現実(VR)や拡張現実(AR)の技術的な障害を解決する助けになる。だが、一部の専門家らは、この研究の潜在的な利用(と悪用)の可能性はそれをはるかに上回ると指摘している。

    続きはソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d969a241e956c1f4cf2820d630943ff545ff4f61
    32: 名無しのひみつ 2020/05/13(水) 16:52:04.67 ID:PQnlBLfx
    CSIで見た

    画像の説明文