汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    Microsoft

    コメント(6)  
    Microsoft_Store

    1: 田杉山脈 ★ 2020/06/27(土) 14:04:50.41 ID:CAP_USER
    米マイクロソフトは26日、すべての直営店を閉鎖すると発表した。米国を中心に約80店を運営してきたが、今後は修理などに対応する一部の施設を残して撤退する。クラウドサービスが事業の中核となるなかで、直営店を持つ意義が薄れていた。新型コロナウイルスによる店舗の休業も戦略転換を後押しした。

    マイクロソフトによると、同社は米国、オーストラリア、カナダ、プエルトリコ、イギリスに83の直営店を持つ。コロナの影響で全店を休業しており、大半をそのまま閉鎖する。ニューヨークやロンドンにある店舗の一部は「(修理などの)サービスを提供する拠点につくり変える」(同社)という。

    直営店の閉鎖に伴い、2020年4~6月期に約4億5000万ドル(約480億円)の費用を計上する。小売事業に携わっていた従業員はオンラインでの顧客サポートなどに移るという。人員削減をするかどうかは明らかにしていない。

    (続きはこちら)
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60889670X20C20A6000000/
    4: 名刺は切らしておりまして 2020/06/27(土) 14:11:45.54 ID:UtQ9GszO
    直営店なんてあったのか。

    画像の説明文

    コメント(5)  
    Surface_go_2

    960: [Fn]+[名無しさん] 2020/05/06(水) 22:04:12.92 ID:MZxv1+ge
      Microsoftは5月6日(米国時間)、2018年に発売したSurface Goの後継となる「Surface Go 2」を発表したこと。初代Surface Goは、10型PixelSense Displayを搭載し、LTEオプションが用意されていることなどが特徴になっており、本体重量が522gと軽量になっていることが特徴になっていた。

     今回発表されたSurface Go 2ではそうしたSurface Goの大枠を維持したまま、CPUに第8世代Core mとなるオプションを用意し、前世代に比べて64%性能が強化されているほか、ディスプレイは10.5型へとやや大型化されるなどの強化が図られている。米国などでは本日より予約が開始され、5月12日より販売が開始される。価格は399ドルから。

     日本マイクロソフトによれば、Surface 2 Goは5月12日から販売開始予定で、一般消費者向けモデルは税別59,800円から、LTEつきモデルは税別97,800円からとなっている。

    (続きはこちら)
    963: [Fn]+[名無しさん] 2020/05/06(水) 22:12:07.51 ID:PASsuv5Q
    おま国価格やねぇ

    画像の説明文

    コメント(5)  
    Microsoft_365_logo

    1: 田杉山脈 ★ 2020/05/01(金) 23:48:22.94 ID:CAP_USER
    マイクロソフトは新型コロナウイルス感染拡大の中でのテレワーク需要の高まりに対応して、中小企業向けクラウドサービス「Microsoft 365 Business Basic」の新規加入者につき、最初の6ヶ月間を無料で利用できるようにしています。

    この無料キャンペーンは、4月23日にコミュニティWebサイトで発表されたもの。海外向けのみならず、日本向けにも提供中です。具体的にはまず年間契約のサブスクリプションを申し込むと、最初の6ヶ月間は無料となるかっこうです。その期間が経過した後は、規定通り1ユーザーあたり月額540円が課金されます。

    「Microsoft 365」は旧「Office 365」を改名したクラウドサービス群です。月額課金型で文書作成やコラボレーションに必要なアプリのパッケージを共通としており、その中で「Microsoft 365 Business Basic」は中小企業向けと位置づけられます。上位の「Microsoft 365 Business Standard」との違いは、Windows PCと Mac用のデスクトップ版 Officeアプリがないということ。

    (続きはこちら)
    https://japanese.engadget.com/jp-2020-05-01-microsoft-365-business-basic.html
    4: 名刺は切らしておりまして 2020/05/01(金) 23:51:07.35 ID:R2p2sWJq
    何気にクラウド化してマイクロソフト使いやすい

    画像の説明文

    コメント(3)  
    Teams_Logo_112893

    1: ムヒタ ★ 2020/04/12(日) 08:49:02.94 ID:CAP_USER
     米Microsoftは4月9日(現地時間)、「Office 365」のチームコラボレーションサービス「Microsoft Teams」のビデオ通話で、背景画像をアップロードし、設定できるようにしたと公式ツイートで発表した。現在ロールアウト中で、Linux版についてはまだサポートの予定はない。

     公式ヘルプページにはまだ設定方法が追加されていないが、紹介GIFを見ると、ビデオ通話の「その他のオプション([・・・])」画面の背景ぼかしアイコンを有効にすると、あらかじめ用意しておいた背景画像一覧から背景を選べるようだ。

    (続きはこちら)
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2004/12/news015.html
    10: 名刺は切らしておりまして 2020/04/12(日) 11:35:39.86 ID:50sms/tL
    顔自体も映さないでアバターとかにしてほしい。


    画像の説明文

    コメント(3)  
    microsoft_365

    1: ムヒタ ★ 2020/03/31(火) 08:39:10.79 ID:CAP_USER
       「Microsoft 365」というこの新しいサービスは、「Office」のサブスクリプションサービスをさらに魅力的なものにしようというMicrosoftの試み。同サービスには従来の「Office 365」に加えて新たに「Microsoft Editor」などの機能が追加されているが、これはユーザーの入力を追跡し、その内容に応じて、それよりもわかりやすく簡潔な別の単語を提案するもの。またMicrosoftでは、写真および動画アプリを開発するAdobe、瞑想アプリのHeadspace、子供のネット活動を監視するアプリのBarkといった企業と提携し、ユーザーがそれらの企業のアプリやサービスの一部を利用できるようにした。Microsoft 365は4月21日から利用可能で、料金はこれまでと変わらず、個人プランで月額6.99ドル(約754円)、6人までのファミリープランで月額9.99ドル(約1078円)となる。

     Microsoftの検索、デバイス、「モダンライフ」イニシアチブ統括バイスプレジデントのYusuf Mehdi氏はMicrosoft 365について、同社では仕事と生活の間をつなぐこのサービスが人々を惹きつけるだろうと考えていると述べている。

    (続きはこちら)
    https://japan.cnet.com/article/35151600/
    14: 名刺は切らしておりまして 2020/03/31(火) 09:12:41.13 ID:ifr5719U
    Surface go 2の発表だと思ってたよ、期待させやがって

    画像の説明文

    コメント(1)  
    office-4906312_1280

    1: 次郎丸 ★ 2020/03/30(月) 12:06:11.05 ID:jhNqWjfu9
    MS、テレワークに「バーチャル給湯室」導入 ― チームが協力し続けられるように

    新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、Microsoft(マイクロソフト、MS)の開発チームはテレワーク(リモートワーク)でも協力的な環境を維持できるよう、「バーチャル給湯室」など直接業務には関係ない取り組みをしている。公式ブログ「Microsoft Japan Blog」などで明らかにした。

    「Office 365」などテレワークの基盤となる製品を開発するMSだが、自社でテレワークを進めるにあたって、システムや機器、セキュリティをどう整えるかといった技術的な側面のほかにも解決しなければいけない課題を挙げている。「チームの生産性を維持」だ。公式ブログでは次のように述べる。

    「リモートワークになると、誰かの座席に立ち寄ったり、廊下を歩いたり、グループでランチしたりといったことができなくなります。つまり、チームが簡単に離れ離れになってしまう」

    一見するとささやかな困りごとのようだが、MSは真剣に対処法を導入している。次のような内容だ。

    ・Microsoft Teamsのカルチャーチャンネルを用意し、バーチャル給湯室としてたむろする場に使う
    ・バーチャルランチやコーヒーブレイクを実施
    ・チームメイトと確認の電話をする際は外を散歩する
    ・「犬の鳴き声」や「子どもがウロウロ」といった項目のある電話会議用ビンゴボードを用意する

    Microsoft Teams はOffice 365などに含まれるビジネスチャットアプリケーション。MSとしては自社製品を推奨するが、基本となる機能はSlackなどほかの同様のアプリでも代替できる。

    (続きはこちら)
    https://internetcom.jp/205788/microsoft-introduces-virtual-hot-water-supply-room

    9: 名無しさん@1周年 2020/03/30(月) 12:11:45.60 ID:Smvw9sYE0
    バーチャルお茶くみ

    画像の説明文

    コメント(2)  
    crisp-2640743_1280

    1: みつを ★ 2020/03/26(木) 09:17:23.42 ID:i2in2/oH9
    ビデオ会議からポテチを食べる音を消す技術、マイクロソフトが開発

    コッソリ食べてもバレないぞ!

    リモートワークで自宅作業中、ポテトチップスやらスナック菓子やらをガサガサ、パリパリと食べていると…突然のビデオ会議が勃発! そんな緊急事態に役立つのが、Microsoft(マイクロソフト)で開発中の「Real-time noise suppression」。リアルタイムに騒音を抑制する技術です。

    人工知能が余計な騒音を識別&除去し、人が話す音声のみをクリアに送信することが可能となります。

    このデモを行なったのは、Microsoftの通信部門で主任プログラム・マネージャーを務めているロバート・アイクナー氏。動画の後半から機能をオンにすると、見事に声だけになりました。

    (続きはこちら)
    2: 名無しさん@1周年 2020/03/26(木) 09:17:47.94 ID:OpZpmZVp0
    ノーベル賞ものだな

    画像の説明文

    コメント(6)  
    Microsoft_Teams

    1: ムヒタ ★ 2020/03/20(金) 06:15:04.90 ID:CAP_USER
    米マイクロソフトは19日、職場向け協業アプリ「Teams(チームズ)」の利用者数が18日時点で4400万人になったと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で世界的に在宅勤務が広がり、直近1週間だけで1200万人増えたという。他社のビデオ会議やチャットの利用も急増しており、アクセス障害への対策が新たな課題となりつつある。

    マイクロソフトはチームズの3周年に合わせて利用状況を開示した。2019年11月時点の世界の利用者数は1日あたり2000万人だったが、20年3月11日までに3200万人に拡大。18日時点では4400万人に達し、従来の4カ月分の増加が1週間で一気に押し寄せた格好だ。1200万人は米国の労働力人口の約7%にあたる。

    背景には、新型コロナによって在宅勤務を余儀なくされる人が急増している現実がある。フランスやスペインは感染対策として住民に不要不急の外出を禁じ、米国でも西部カリフォルニア州のサンフランシスコ市や近隣自治体が同様の措置を取り始めた。13日にトランプ大統領が国家非常事態宣言を出して以降、従業員に在宅勤務を指示する米国企業は一段と増えている。

    (続きはこちら)
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57048850Q0A320C2000000/
    6: 名刺は切らしておりまして 2020/03/20(金) 06:43:42.85 ID:Qap6/7ey
    在宅勤務始まってからめちゃくちゃ使い始めた

    画像の説明文

    コメント(5)  
    printer-933098_1280

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/03/04(水) 14:40:54.90 ID:CAP_USER
     アプリケーションのクラウド化や仮想デスクトップの導入などによって、PCをネットワークに接続すれば、それだけでアプリケーションが簡単に利用できるようになってきました。

     これによって企業の情報部門は、社員がさまざまな業務アプリケーションをいちいちインストールしなければならない、という手間を大幅に削減できました。

     しかしプリンタ周りについては、プリンタサーバを導入し、ユーザーのPCそれぞれにプリンタドライバをインストールしてもらうなどの面倒な手間がいまだにかかります。

     そうした課題を解決するため、米Microsoftはクラウドベースのプリントソリューション「Microsoft Universal Print」を発表しました。
    Announcing Universal Print: a cloud-based print solution - Microsoft Tech Community - 1204775(英文)
    https://techcommunity.microsoft.com/t5/windows-it-pro-blog/announcing-universal-print-a-cloud-based-print-solution/ba-p/1204775

     Universal PrintはプリンタをActive Directoryによって組織全体で統合管理し、集中してモニタリングやコンフィグレーションの設定などが可能になるとともに、PCにいちいちプリンタドライバをインストールしなくても、クラウド経由でオフィスのプリンタに印刷させることができるようになります。

    l_sh_pri_01

     また、Universal Print対応のプリンタであればプリンタサーバは不要となり、ネットワークに接続するだけで利用可能。現在Microsoftはキヤノンと共同でUniversal Print対応プリンタを開発しているところです。

    (続きはこちら)
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2003/04/news105.html
    5: 名刺は切らしておりまして 2020/03/04(水) 14:47:11.82 ID:xaF1rgog
    情報が漏れないかな

    画像の説明文

    コメント(11)  
    microsoft_defender_logo

    1: 田杉山脈 ★ 2020/02/25(火) 17:32:23.83 ID:CAP_USER
    マイクロソフトは、Linuxに対応したマルウェア対策ソフトウェア「Microsoft Defender ATP for Linux」のパブリックプレビューを発表しました。

    同社はWindows用のMicrosoft Defender ATPに加え、Microsoft Defender ATP for Macもすでに提供しています。新たにLinux対応を行うことで、Windows、Mac、Linuxという主要なデスクトップOSのエンドポイントセキュリティをカバーすることになります。

    下記はLinux対応の発表文からの引用です。

    Today, we’re announcing another step in our journey to offer security from Microsoft with the public preview of Microsoft Defender ATP for Linux. Extending endpoint threat protection to Linux has been a long-time ask from our customers and we’re excited to be able to deliver on that.

    本日、私たちが提供するセキュリティについてさらに大きな一歩を踏み出すことを、Microsoft Defender ATP for Liunxパブリックプレビューとして発表します。エンドポイントにおける脅威からの保護をLinuxにまで拡張することは、多くのお客様から望まれていたことでした。これを発表することができて大変うれしく思います。

    Microsoft Defender ATPとは、Windows 10に搭載されている Windows Defenderのマルウェア対策やアンチウイルス機能に加えて、それぞれのマシンの情報をクラウド上で統合し、セキュリティインシデント情報の一元管理と分析などを行うエンドポイントセキュリティ対策の統合基盤となっています。

    (続きはこちら)
    https://www.publickey1.jp/blog/20/linuxmicrosoft_defender_atp_for_linux.html

    3: 名刺は切らしておりまして 2020/02/25(火) 17:46:21.29 ID:1Coin7fh
    Windows系のウィルスもLinuxサーバー上で手軽に検出できたりしたら便利かな。

    画像の説明文

    コメント(22)  
    Microsoft_logo

    1: 名無しさん必死だな 2019/11/02(土) 12:18:30.56 ID:y8rGjPIVM
    アップルのマウス
    Apple-Magic-Mouse-2

    マイクロソフトのマウス
    AP8LuQaWY7hv8nBFZayaAM-480-80

    ソニーのコントローラー
    games

    マイクロソフトのコントローラー
    Xbox-One-Controller

    なんか絶望的にセンスがない

    画像の説明文

    コメント(4)  
    windows7

    1: 田杉山脈 ★ 2019/10/03(木) 00:25:53.23 ID:CAP_USER
    米MSが方針転換、法人向けWindows 7のサポート期限を有料で2023年まで延長

     米マイクロソフトは2019年10月1日(現地時間)、Windows 7のサポートに関する方針を転換し、法人の利用が多いWindows 7 Professional/Enterpriseの全ユーザーに対して2023年1月まで有料の延長サポートを提供すると発表した。

     Windows 7のサポートは2020年1月14日に終了する。それ以降は不具合やセキュリティー脆弱性に対応するための更新プログラム(パッチ)を提供しないのが原則だ。従来はWindows 7のボリュームライセンスを契約している大企業に限って、2023年1月まで有料で延長セキュリティーアップデート(ESU)を提供する方針だった。

    (続きはこちら)
    https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/06114/

     それによれば、Windows EnterpriseとWindows 7 Proで料金が分かれており、前者が1年目で1デバイスあたり25ドル、後者が50ドルとなっている。これが2年目にはそれぞれ50ドルと100ドル、3年目には100ドルと200ドルという形で倍々ペースで増え、最終的にESUは終了する。1デバイス単位からの契約が可能で、対象デバイスには1年間のパッチ提供が保証される。サポートが終わったOSの維持がいかに大変なのかが分かるだろう。

    (続きはこちら)
    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/spv/1902/13/news080_0.html

    2: 名刺は切らしておりまして 2019/10/03(木) 00:27:30.33 ID:AMQw68sE
    これはぼったくれそうだな

    画像の説明文