汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    スマートフォン

    コメント(12)  
    iphone_se

    1: 風吹けば名無し 2020/01/27(月) 13:28:55.68 ID:sdSVzR/b0
     Appleが小型で低価格帯のiPhone新機種を2020年2月から製造開始し、翌3月にも発売する可能性があることが分かった。

     低コストの機種は、価格競争が激しく急成長している新興市場、とりわけインドでのAppleの競争力向上に貢献する可能性がある。インド国内では、200米ドル(約2万円)を切るAndroid端末に押され、iPhoneの売れ行きがあまり芳しくないのだ。

     Appleは、2020年に2億台以上を出荷するという目標を設定し、売上を成長軌道に戻すことを目指している。iPhone SEの後継機種は、そのために重要な役割を果たすだろう。

     今回リリースされる低価格のモデルは、明らかに中国やインドといったローエンド市場を掌握する目的で発売される予定のため、全世界には行き届かない可能性もありうる。ハイエンドのiPhoneが人気の日本に、果たして出荷されるかも気になるところだ。

    (続きはこちら)
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200126-00010004-realsound-ent

    2: 風吹けば名無し 2020/01/27(月) 13:29:16.54 ID:sdSVzR/b0
    おとなしく11買うしかないんか?

    画像の説明文

    コメント(6)  
    iphone-4408926_1280

    1: 風吹けば名無し 2020/01/23(木) 11:02:03.08 ID:kXuezqrP0
    米ブルームバーグ通信は21日、米アップルが価格を抑えた「iPhone」の新機種を3月に発表すると報じた。
    新機種の価格は明らかではないが、米メディアの報道ではアップルが2016年に発売した「SE」(米国での価格は399ドルから)と同水準になると見込まれている。

    ブルームバーグによると、アップルの生産委託先である台湾の鴻海(鴻海)精密工業などは20年2月にも廉価版iPhoneの量産を始めるという。
    画面の大きさは17年に発売した4.7インチの「8」シリーズとほぼ同じとなる見込み。安価な液晶パネルを使うことで価格を抑えると見込まれている。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54729990T20C20A1000000/

    2: 風吹けば名無し 2020/01/23(木) 11:02:34.62 ID:kXuezqrP0
    名前はiPhone SE2かiPhone 9

    画像の説明文

    コメント(12)  
    iphone-410324_1280

    1: 田杉山脈 ★ 2019/12/31(火) 22:10:53.38 ID:CAP_USER
    Appleの最新モデルであるiPhone 11 Proは税別10万6800円から、Samsungの折りたたみ式スマートフォンであるGalaxy Foldにいたっては税別24万5520円からと非常に高価です。ハイエンドモデルのスマートフォンは10万円超えと非常に高価ですが、メディアでも多数取り上げられているため、あたかも大きな需要があるかのように感じるもの。しかし、実際のところは高価な端末を一般消費者は求めていないことが如実にわかる調査結果が公開されています。

    市場調査企業のNPDによると、アメリカでは一般消費者の「1台のスマートフォンを使用する期間」が年々長くなっているとのこと。いわゆる機種変更までの期間が年々遅くなっているということで、AppleやSamsungといったスマートフォンメーカーの端末は年々売れなくなっており、これはメーカーにとって大きな課題となっています。

    NPDによる最新の消費者意識調査によると、ますます多くのスマートフォンユーザーが「スマートフォンの機種代金に1000ドル(約11万円)以上費やしたくない」と回答するようになっており、スマートフォンの機種代金に1000ドル以上を支払ってもいいと回答したのは、調査対象のうちわずか10%未満だったそうです。つまりこれは、スマートフォンメーカーのフラグシップモデルとしてメディアの注目を集めるiPhone 11 ProやGalaxy S10といった端末は、消費者の選択肢から除外されつつあるという現状を示しています。

    大多数の消費者が1000ドル以上のハイエンドのスマートフォンを敬遠していますが、アンケート調査に参加した消費者が使用している端末の上位10機種のうち、39%が1000ドル以上のハイエンドスマートフォンだったそうです。なお、アメリカの人口の実に29%が上位10機種のスマートフォンを利用しているとのことなので、まだまだハイエンドスマートフォンユーザーは多数存在することがわかります。

    (続きはこちら)
    https://gigazine.net/news/20191230-smartphone-high-end-demand-drop/

    3: 名刺は切らしておりまして 2019/12/31(火) 22:16:53.43 ID:+/Mz7L+z
    新陳代謝も早いし買い替えのサイクル考えたらそうもなるだろう

    画像の説明文

    コメント(5)  
    iphone-410324_1280

    1: 風吹けば名無し 2019/12/30(月) 10:47:04.48 ID:iXRqTe2nd
    スマートフォンのストレージ容量の最低ラインは128GBであるとの共通認識が広がりつつあるとされていますが、あるアンケート調査では、64GBで十分との意見が大半を占めたことが明らかになりました。

    Apple製品の情報に特化したメディアiMoreが2019年12月にiPhoneユーザーを対象に行ったアンケート調査で、59.03%が64GBのiPhoneを使用しており、それで十分だと感じている、と回答したことがわかりました。

    32.97%が、128GBがストレージ容量の最低ラインであり、なるべく多くのストレージがあったほうが良い、と答えたことが明らかになりました。

    (続きはこちら)
    https://iphone-mania.jp/news-270704/
    2: 風吹けば名無し 2019/12/30(月) 10:48:05.26 ID:iXRqTe2nd
    余らせてもしゃーないしな

    画像の説明文