汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    スポンサードリンク

    タブレットPC

    コメント(4)  
    1: 風吹けば名無し 2018/10/16(火) 14:59:10.58 ID:ThMWHcns0
    Adobeは、iPad向けのPhotoshopのフル機能版を2019年に発売することを、発表しました。イベントにはAppleのフィリップ・シラー上級副社長も登壇し、新製品への期待を語りました。

    Adobeは、現地時間10月15日から米ロサンゼルスで開催している新製品発表イベント「Adobe MAX 2018」で、Photoshopのフル機能をiPadで利用可能にした「Photoshop CC」を2019年にリリースすると発表しました。

    AdobeMAX2018-013

    https://iphone-mania.jp/news-230079/

    4: 風吹けば名無し 2018/10/16(火) 14:59:49.04 ID:ThMWHcns0
    iPadならフォトショップも使えちまうんだ

    画像の説明文

    コメント(1)  
    windows-tablet-100031208-large

    1: 名無し募集中。。。 2018/10/12(金) 02:08:53.22 0
    Windowsタブレット一台を
    デスクではBluetoothキーボードとマウス使ってノーパソやデスクトップ代わりに使う
    ベッドやトイレや外出先ではタブレット代わりに使う
    これで同期もデータ移動もいらない

    このタブレットで電話さえできればスマホの契約せずに済むんだけどなあ
    (ただし外出先ではネットをテザリングでつないでる)

    画像の説明文

    コメント(2)  
    1: 田杉山脈 ★ 2018/10/10(水) 02:11:25.24 ID:CAP_USER
    gslate_0003

    ニューヨークで開催のMade by Googleイベントより。GoogleがChrome OS搭載タブレットPixel Slateを発表しました。専用の着脱式キーボードが用意されており、2 in 1スタイルでも利用できます。

    12.3型で3000 x 2000px /293ppiのディスプレイは低消費電力液晶を採用、非常に鮮明であるほか、他の12型高級タブレットの中で最も高密度だとGoogleは豪語します。たしかに、Surface Pro 6(12.3型2736 x 1824px /267ppi)や12.9インチiPad Pro(2732 x 2048px /264ppi)に比べて高密度になっています。

    電源ボタンは指紋認証センサーを兼ねており、すばやくロック解除が可能。再考された(reimagined) Chrome OSはタッチスクリーンで簡単な操作が可能なように設計され、ブラウザーは拡張機能を備えたデスクトップ版Chromeを備えるとのこと。

    CPUにはインテルCeleron / Core m3 /Core i5 /Core i7をラインナップし、仕様に応じて4GB~16GB RAM、64GB~256GBストレージを搭載、カメラは前後とも8MP、前面カメラは広角の明るいレンズでビデオチャットに最適化しています。

    (続きはこちら)
    https://japanese.engadget.com/2018/10/09/chrome-os-pixel-slate-core-m3-i5-2018/


    3: 名刺は切らしておりまして 2018/10/10(水) 02:16:56.80 ID:Mh4fLRnK
    Pixel Slateの価格は599ドルからとなっています。
      

      _ノ乙(、ン、)_日本だと10万円近くなりそう…

    画像の説明文

    コメント(1)  
    1: ムヒタ ★ 2018/10/03(水) 07:51:57.00 ID:CAP_USER
    20181003nsurfacepro6-w1280


    Microsoft(マイクロソフト)はイベントにて、新型タブレットPC「Surface Pro 6」を発表しました。

    Surface Pro 6のスタイルは、前モデルの「Surface Pro」とほぼ変わりません。スタンドを立てることで画面を起こすことができ、取り外し式のキーボードを利用して2-in-1スタイルのタブレットPCとして利用できます。

    今モデルではブラックカラーが登場したのが、最大の変更点といえそうです。

    CPUにはIntel(インテル)の第8世代Coreプロセッサを搭載し、メモリは最大16GB。またクアッドコアプロセッサの搭載により動作速度が67%高速化し、それにあわせて冷却能力も強化されています。本体ディスプレイは12.3インチで、重量は1.7ポンド(約0.77kg)。バッテリー駆動時間は最大13.5時間を達成しています。

    Surface Pro 6の価格はCore i5プロセッサを搭載したモデルが899ドル(約10万円)で、10月16日(現地時間)より販売を開始。国内価格や販売時期は、追って発表されることでしょう。

    (続きはこちら)
    https://www.gizmodo.jp/2018/10/surface-pro-6.html

    2: 名刺は切らしておりまして 2018/10/03(水) 07:55:41.83 ID:ON4En3rh
    おいくらまんえんするの

    画像の説明文

    スポンサードリンク
       

    このページのトップヘ