Ice_Lake-SP_Xeon_CPU

873: Socket774 (ワッチョイ 4173-p0wA) 2020/08/18(火) 10:01:24.69 ID:1COSrX+B0
IntelはHotChips 32で次世代Xeon CPUファミリーの詳細を発表しました。今年後半に発売されるIce Lake-SP CPUは、新しいチップアーキテクチャ、改良されたI/O、強化されたソフトウェアスタックなどの新機能を搭載し、Intel初の10nmサーバーラインアップを提供する予定だ。

Intel Ice Lake-SP 'Next-Gen Xeon' CPUs Detaileds - Feature 10nm+ Sunny Cove Cores & Advanced Capabilities
Intel Ice Lake-SPは、Whitleyプラットフォームで今年後半に正式に発表される。このプラットフォームは、シングルおよびデュアルソケットサーバーに拡張される予定だ。発表会でIntelは、28コアのIce Lake-SP CPUを例として披露し、Cascade Lake-SPよりもIce Lake-SPが提供する強化された機能を実証した。

Intelは、展示された28コアCPUがIce Lake-SPファミリーで利用可能な最も高いコア数であるか、あるいはより高いコア数のバリエーションがあるかどうかを確認していない。以前の噂では、より高いコア数を指しているので、この28コアのダイは、単にスタックのトップ第2世代Xeon CPUの今日利用可能な比較のために使用される可能性があります。

Intel-Sapphire-Rapids

Intel Ice Lake-SPの「次世代CPU」CPUアーキテクチャ

詳細については、Intelは、来月発売されるTiger Lake CPUに採用される10nm++プロセスではなく、10nm+プロセスでIce Lake-SP CPUを製造していることに言及している。Ice Lake-SPファミリーは、14nmのXeon CPUが採用しているSkylakeアーキテクチャと比較して、最大18%のIPC増加を実現するSunny Coveコアを使用する。

Intel-Ice-Lake-SP-Xeon-Server-CPU_HotChips-32_1

Sunny Coveアーキテクチャでは、一般的にCascade Lakeや強化されたSkylakeコアに加えて、以下のようなさまざまな改良が加えられています。

・改良されたフロントエンド:より高いキャパシティと改良された分岐予測機能
・より広く、より深いマシン:より広い割り当てと実行リソース+より大きな構造体
・TLB、シングルスレッド実行、プリフェッチの機能強化
・サーバーの強化 - より大きなミッドレベル・キャッシュ(L2) + 2つ目のFMA

インテルはまた、サニーコーブサーバープロセッサ専用の新しいSIMD命令の範囲を追加しました。これは、強化されたソフトウェアとアルゴリズムのサポートとともに、Cascade Lakeと比較してコアあたり最大8倍の性能向上を可能にします。

Xeon

(続きはこちら)
https://wccftech.com/intel-unveils-ice-lake-sp-xeon-cpu-family-10nm-sunny-cove-cores-28-core-die/
Ice Lake-SPのHigh Core Countは28-core
https://twitter.com/phobiaphilia/status/1295361974797131776


874: Socket774 (アウアウエー Sa4a-hf0Q) 2020/08/18(火) 10:03:47.07 ID:y29Pmx5Ia

875: Socket774 (ワッチョイ 7939-aLF2) 2020/08/18(火) 10:28:18.72 ID:gpLpNPVe0
>>874
なにこれ
なんか気持ち悪いな


881: Socket774 (ワッチョイ c273-QlkZ) 2020/08/18(火) 15:16:55.66 ID:IixuER9O0
>>874
下に突き出した2コアが非対称で気持ち悪いね
SKL-XとかCLX-Xの時は6×5の配置だったのに


876: Socket774 (ブーイモ MM6d-wIfw) 2020/08/18(火) 10:41:01.27 ID:0UEL0LP9M
レイアウトの最適化はSkylake-SPの時から兆候があってその流れな気がする

そもそもコア数からして28個とか2のべき乗じゃないし、コスト圧力が透けて見える


881: Socket774 (ワッチョイ c273-QlkZ) 2020/08/18(火) 15:16:55.66 ID:IixuER9O0
>>876
2の冪乗にする意味はないよ
メッシュ最短化の観点で言えば平方数(からメモコンのタイルを引いた数)がベストなはず


877: Socket774 (ワッチョイ 4962-p5K4) 2020/08/18(火) 11:05:29.27 ID:hWewHv4K0
CPUコア以外にメモコンやIO系への接点もあると考えると、メッシュで使いやすい形に配置されてるんじゃないかな


879: Socket774 (アウアウエー Sa4a-4pDA) 2020/08/18(火) 11:30:20.11 ID:HzxPzJLpa
>>877が正しそう
E2YKYPOh2LbQVubk

灰色のスペースはアクセラレーター? よくわからん
"28 core example"だからマルチチップ版も売れるなら作るじゃろ

他にもメモリインテンシブなアプリとかできちんと性能を出せるように
結構チマチマしたとこで改良を積んで稼いでるっぽい
UkIy4qHqiE1saSA4

6BQNJDvtbVOleuXE

Gzhyvqtq1vUEm5AV

TbLTL6k35KlAkeN8

"Core Frequency Transition block time"がCascade Lakeの12usから
0us未満へ削減というのはかなり実戦的な改良だと思った(こなみ)

元記事
https://www.techpowerup.com/271091/intel-xeon-scalable-ice-lake-sp-28-core-die-detailed-at-hot-chips


878: Socket774 (ワッチョイ dd58-LJ8u) 2020/08/18(火) 11:25:49.89 ID:G1Ck2lxj0
ZEN2も中心にコアねーしな


880: Socket774 (ワッチョイ 3173-s47K) 2020/08/18(火) 11:36:16.95 ID:kSG3CEU80
6コアのWestmere/Gulftownはどうだっけ?と思ったら
01

3+3になっててL3も分割されてる