intel_logo

101: Socket774 (ワッチョイ 5973-ED79) 2020/03/18(水) 07:10:21.92 ID:Mvc99+ce0
IntelがシングルソケットとデュアルソケットのCooper Lakeを廃止

Intelのサーバ製品『Cooper Lake』は、当初考えられていたほど広くリリースされることはない。
Intelの 「Cooper Lake」 シリーズプロセッサは2019年にリリースされる予定で、Cascade LakeとIce Lakeをつなぐ暫定的なCPUシリーズとして機能する予定だった。さらに、これらのプロセッサは「次世代Intel DLBoost」機能を提供し、ユーザーにBFLOAT16アクセラレーションを提供する。

さて、現在2020年で、Cooper Lakeはどこにも見当たらず、一部の報道では、Intelが同シリーズを事実上打ち切ったと主張されているが、これはいささか真実かもしれない。

Cooper Lakeはまだ2020年前半にリリースされる予定で、ソケットあたり56コア、BFLOAT16(AVX512_BF16インチ)アクセラレーションを提供するが、そのリリースは当初の期待ほどには普及しないだろう。Intelは「クーパーレイク社の製品の納入を市場の需要に最も適したものに絞り込む」と主張しているが、実際にはCooper Lakeが役に立つのはごく一部のIntel顧客だけだ。

Serve The Homeに話を聞いたとき、Intelは次のような情報を発表した。

-インテルは、データ・センター・プラットフォームに最適なシリコン・ポートフォリオを提供できるよう、製品ロードマップを常に評価しています。
-最近の第2世代Xeon Scalable製品の拡張が引き続き成功していることに加え、10nmのIce Lakeプロセッサに対するお客様の需要があることから、市場の需要に最適なCooper Lake製品の提供を絞り込むことにしました。
-インテルの次期Cooper Lakeプロセッサーは、Cedar Islandプラットフォームでサポートされます。このプラットフォームは、最大8ソケットまで拡張可能な標準およびカスタム構成をサポートします。
・クーパーレイクは2020年前半に出荷予定です。
-今日の大手AIイノベーターを含む顧客は、業界初のbfloat16命令処理サポートを含む、Cooper Lakeの強化されたDL Boostテクノロジーに特別な関心を持っています。我々は、トレーニングと推論のユースケースのためのディープラーニングをサポートする市場において、特定の顧客セグメントとAIの使用による技術と処理能力に対する強い需要を期待している。
-Intelの次期10nm Ice Lakeプロセッサは、次期Whitleyプラットフォームに搭載される予定です。
-Intelは10nmのIce Lake CPUの出荷に向けて順調に進んでいる。

この情報から、Intelの 「Cooper Lake」 シリーズのプロセッサは4ソケットと8ソケットのサーバに限定され、Intelのローエンドサーバ製品からCooper Lakeが排除されることが分かった。Intelの「シーダーアイランド駅」はデュアルソケットやシングルソケットのシステムにまでは及んでおらず、Cooper Lakeの潜在的なユーザーベースを大きく制限している。

ほとんどのサーバはシングルソケットまたはデュアルソケットプロセッサを使用しているため、Cooper LakeはCPU市場の大部分で使用できません。とはいえ、Cooper LakeはIntelが支配的な分野に注力しており、AMDは現在、EPYCシリーズプロセッサで3つ以上のソケットをサポートしていない。BFLOAT16命令のサポートも、特定の顧客に人気がある。

また、Intelの 「Ice Lake Xeons」 が2020年後半にリリースされる予定であることも考慮に値する。

16170620393l

Cooper Lakeは死んだのか?しかしCooper Lakeは、IntelのCPUラインアップの中で、当初の予想よりはるかに小さな部分を占めることになる。これはIntelにとって世界の終わりというわけではないが、同社がリリース目標やプラットフォームのコミットメントを達成していないことを示す新たな例となっている。このため、インテルはOEM/ODMからは信頼できないように見えます。

Intelは現在、 「Ice Lake Xeons」 を予定通りにリリースする必要があり、2020年後半のリリースを目標としていることから、同社は現在の 「Zen2」 プロセッサだけでなく、AMDの 「Zen3」 アーキテクチャに対抗する必要がある。Ice Lakeが驚異的なパフォーマンスと効率性を実現しない限り、Intelは厄介な状況に置かれることになる。


「“Cooper Lake”はその需要に最も適した狭い範囲での供給となる」
Intelは第2世代Xeon Scalable processorの拡充を行った。また顧客からは10nmプロセスの“Ice Lake”の需要が高い。そのため、“Cooper Lake”については、需要が最も合う市場に向けた狭い範囲での供給とすることを決定した。

102: Socket774 (ワッチョイ 8bc0-koeg) 2020/03/18(水) 07:43:06.01 ID:fA5PoetD0
ペーパーローンチ宣言か


103: Socket774 (ササクッテロラ Sp85-kpRp) 2020/03/18(水) 08:00:55.68 ID:tXqgIpkGp
・"Cooper Lake”は投入範囲(3ソケット超orAI分野)が狭まる
・"Cooper Lake”のプラットフォームは“Cedar Island”。 8ソケットまで対応。2020年上半期予定
・2ソケット向けのプラットフォームは“Whitley”で“Ice Lake”が2020年後半に投入

105: Socket774 (ワッチョイ 8b34-W/ZL) 2020/03/18(水) 18:56:53.44 ID:OdAaDWPx0
10nmに関しては良い兆候?

106: Socket774 (ササクッテロラ Sp85-kpRp) 2020/03/18(水) 19:23:50.91 ID:Zw/QLW5Sp
>>105
10nm製品も2021年までの命だけどねw

107: Socket774 (ワッチョイ 8b34-W/ZL) 2020/03/18(水) 19:32:19.35 ID:OdAaDWPx0
それは7nm次第かもね。
まずは、10nmが一応アテに出来るところまで仕上がったらしいことを祝おう。

613: Socket774 (ワッチョイ 8bc0-koeg) 2020/03/18(水) 10:46:59.60 ID:fA5PoetD0
56コアは出ないだろう、完全にペーパーローンチで誰も買えない代物だぞ

614: Socket774 (オッペケ Sr85-t1ZY) 2020/03/18(水) 10:50:33.11 ID:NSAfDpeTr
淫ちゃんの56コアってicelake-SPニコイチじゃなかったっけ?

620: Socket774 (ササクッテロ Sp85-kpRp) 2020/03/18(水) 13:49:38.57 ID:VHWCj2Thp
>>614
56コアは14nmクーパーレイクの方だ。
10nmアイスレイクSPは40コアだ、

615: Socket774 (ワッチョイ 8bc0-koeg) 2020/03/18(水) 12:09:12.41 ID:fA5PoetD0
iceじゃなくて14nmの何とかLakeのニコイチ
カタログだけに存在する幻の存在だけど。

616: Socket774 (オッペケ Sr85-t1ZY) 2020/03/18(水) 13:22:23.66 ID:14viM3/Sr
>>615
オンボ仕様の400wでペーパーロンチのやつ?

618: Socket774 (ワッチョイ 8bc0-koeg) 2020/03/18(水) 13:43:00.17 ID:fA5PoetD0
>>616
その後CooperLakeでソケット仕様で一般向けにも56コア出すよ(だから早まってEPYCに移行したらあかんで)
と散々マーケティングしてたが、やっぱりというか予想通りというか、CooperLakeは一般には売らへんよ、とこの度晴れてペーパーローンチ宣言

621: Socket774 (ササクッテロ Sp85-kpRp) 2020/03/18(水) 13:51:33.87 ID:VHWCj2Thp
>>618
クーパーレイクはペーパーロンチでは無く、既に契約済みのグーグルやフェイスブックなどの限定ユーザー向けの出荷だね。

622: Socket774 (ササクッテロ Sp85-kpRp) 2020/03/18(水) 13:52:52.78 ID:VHWCj2Thp
まあ、クーパーレイクは一般向けに市販しない事は事実だけどな。

623: Socket774 (オッペケ Sr85-t1ZY) 2020/03/18(水) 14:12:46.23 ID:14viM3/Sr
ほーん。
その一部顧客もEPYC買ってるだろうから試し買い程度の量だと思うけどね。

628: Socket774 (オッペケ Sr85-t1ZY) 2020/03/18(水) 16:10:53.62 ID:14viM3/Sr
クパァレイクとアイスレイクってプラットフォーム互換じやなかったっけ?

630: Socket774 (ササクッテロラ Sp85-kpRp) 2020/03/18(水) 17:31:39.28 ID:wkxTUy9lp
>>628
クーパーレイクの市販が無くなったので、その計画(2ソケット環境用クーパーレイク)はキャンセルされた。

629: Socket774 (ワッチョイ 8bc0-koeg) 2020/03/18(水) 16:52:14.51 ID:fA5PoetD0
そもそもXeon scalableの顧客はPCベンダーじゃないからな

631: Socket774 (ベーイモ MM8b-koeg) 2020/03/18(水) 17:34:22.55 ID:64w7BFqfM
需要がなくなったので売るのやめるわって、GFが7nm撤退する時と同じ言い草でワロス
需要が無くなったのはそもそもお前かいつまでたっても製品出せないからだろうがと

633: Socket774 (オッペケ Sr85-t1ZY) 2020/03/18(水) 17:39:42.34 ID:14viM3/Sr
>>631
いつまで経ってもそばが来ないから、もうピザ取って食ったからいらんわって感じか。

634: Socket774 (ササクッテロラ Sp85-kpRp) 2020/03/18(水) 17:45:55.08 ID:Zw/QLW5Sp
>>633
良い例えだw

643: Socket774 (ワッチョイ 5133-W/ZL) 2020/03/19(木) 01:07:18.49 ID:yeC/gmtd0
56コアだしたところでスリッパにかなわんから
スリッパが存在しない4way以上という別世界でひっそりとだすだけってことだろ
ZEN4あたりでスリッパも4way以上対応して128コア4wayでintel阿鼻叫喚になりそうだけどな

645: Socket774 (ワッチョイ d9b1-t1ZY) 2020/03/19(木) 01:12:53.83 ID:WXZCaWFg0
EPYCが駆逐してしまったXeonプラチナムが既に4wayだったんじゃ?w

646: Socket774 (ワッチョイ 5133-W/ZL) 2020/03/19(木) 01:31:21.53 ID:yeC/gmtd0
56コアの話ね
基板直付けの2wayじゃなくてソケットで対応する場合に56コア2ソケット対応でだしても勝てんから
56コアは4ソケット以上対応の超限定でだすって意味にとらえたんだが

647: Socket774 (ササクッテロラ Sp85-kpRp) 2020/03/19(木) 08:50:44.13 ID:vwHyK/VDp
>>646
その通りだよ。一般向けに市販はされないけど。

649: Socket774 (ブーイモ MMcb-b+cI) 2020/03/19(木) 08:57:15.58 ID:ZHOKGc6JM
IceLakeのXeonがどうか次第かな

でもIceLakeノート向けに出てるには出てるけどぶっちゃけトップ3大メーカー+MS+Apple以外のOthersメーカーで見ないから相当数が無いと思われるからXeonも少なそう