汎用型自作PCまとめ

当ブログは5ちゃんねるから「自作PC」「ITニュース」「ガジェットネタ」関連の話題をまとめています。偶に「オーディオ」や「ゲーム」「プログラミング」などの雑談も。

    コメント(7)  
    laptop-336373_1920

    1: ジャングルキャット(東京都) [CA] 2021/01/13(水) 10:53:35.11 ID:MjvHW3VQ0● BE:644423549-PLT(20999)
    【ニューヨーク共同】米調査会社IDCは12日までに、2020年の世界のパソコン出荷台数(速報値)が前年比13.1%増の3億260万5千台だったと発表した。3億台を超えるのは14年以来、6年ぶり。新型コロナウイルスの流行に伴い、在宅勤務やオンライン学習で使用するパソコンの需要が高まった。ゲーム向けも好調だった。

    (続きはこちら)
    https://this.kiji.is/721904321381613568

    12: コドコド(東京都) [US] 2021/01/13(水) 11:14:15.64 ID:HeTlByX80
    ノートパソコン10万ぐらいでOffice入り品薄よなぁ

    画像の説明文

    コメント(11)  
    01_l

    1: 田杉山脈 ★ 2021/01/13(水) 20:22:38.33 ID:CAP_USER
    パナソニック株式会社は、モバイルノートパソコン「レッツノート」シリーズの2021年春モデルを22日より発売する。価格はともにオープンプライス。

    SV1
     SV1は、第11世代Core(Tiger Lake)を搭載した12.1型モバイルノート。税別店頭予想価格は21万5,000円前後の見込み。

     Core i5-1135G7またはCore i7-1165G7を搭載し、Intel製CPUの電力制御技術「Intel DDT」を活用した独自チューニング「Maxperformer」と組みあわせることで、従来モデル(SV9)と比べて約1.6倍の性能向上を果たした。一方、高性能化による発熱量の増大に対応するため、内部設計を一新。冷却ファンの枚数増加や冷却ユニットの改良などにより、冷却性能も高めている。

     インターフェイス周りでは、Thunderbolt 4を新たに搭載。Gigabit Ethernetや光学ドライブ、ミニD-Sub15ピンなども装備し、幅広い拡張性を確保する。また、207万画素Webカメラやステレオスピーカー、左右の雑音をカットして声を拾えるアレイマイクなども内蔵し、外部マイクなどがなくても快適なビデオ会議が可能だとする。
     
    (続きはこちら)
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1299894.html

    3: 名刺は切らしておりまして 2021/01/13(水) 20:35:25.17 ID:SmBD/7+p
    12.1型で21万5,000円前後w

    画像の説明文

    コメント(23)  
    vr-4054335_1920

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/01/13(水) 11:22:57.199 ID:ql4Y0SusM

    Mogura VR: パナソニックの眼鏡型VRデバイスがアップデート 解像度5K、6DoF、PCとスマホ両接続に.
    https://www.moguravr.com/panasonic-vr-glass-ces2021/

    マイクロLED 超軽量 5K HDR
    vrの弱点だった網目が見える現象を克服

    買う?



    3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/01/13(水) 11:24:37.038 ID:oFsZwPdi0
    メガナーだから無理

    画像の説明文

    コメント(13)  
    Sony_Airpeak_drone_1

    1: 愛の戦士 ★ 2021/01/12(火) 16:24:16.45 ID:9BavLly/9
    ソニーは、オンラインで開催されている「CES 2021」において、デジタルプレスイベントを配信。世界初のコグニティブ(認知)インテリジェンステレビ「BRAVIA XR」や、フルサイズミラーレスカメラのαを搭載できるドローン「Airpeak」などを紹介した。

    ソニーではSony Squareというページをオープン。同社の様々な製品やサービス、技術を紹介するもので、それらを動画で紹介。デジタルプレスイベントも同ページで配信された。

    冒頭、吉田憲一郎会長兼社長CEOは、AIロボティクス領域におけるドローンの新たなプロジェクトとして展開している「Airpeak」(エアピーク)において、フルサイズミラーレスカメラのαを搭載できるドローンを紹介。ソニーの持つイメージング&センシング技術や、リアリティ、リアルタイム、リモートの「3Rテクノロジー」を活用したドローンで、実際に「α7S III」を搭載し、同じくソニーの技術を搭載した自動車であるVISION-Sがオーストリアで公道走行テストを行なう様子を空撮した。

    Sony Airpeak drone_2

    (続きはこちら)
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1299425.html


    17: ニューノーマルの名無しさん 2021/01/12(火) 16:54:19.66 ID:FdHvPE+k0
    また高そうだなー
    業者向けしか出さない気か

    画像の説明文

    コメント(2)  
    Project_Brooklyn

    559: 既にその名前は使われています (ワッチョイ ff7d-9+45) 2021/01/13(水) 11:21:33.92 ID:yNkRNs610
    Razer,話し声をクリアにする機能を備えたゲーマー向けマスクや,収納式有機ELディスプレイ搭載のゲーマー向けチェアを公開

     北米時間2021年1月12日,Razerは,オンライン展示会「CES 2021」に合わせて,アクティブ換気機能搭載マスク「Project Hazel」(プロジェクト ヘイゼル)と,収納式の湾曲型有機ELディスプレイやハプティック技術を搭載するゲーマー向けチェア「Project Brooklyn」(プロジェクト ブルックリン)という2つのコンセプトモデルを発表した。

     いずれもコンセプトモデルであり,このまま製品化されると決まったものではないが,Razerらしいこだわりが見られるものなので,簡単に紹介したい。

    002

    006

    (続きはこちら)
    https://www.4gamer.net/games/023/G002318/20210112117/

    やっぱ光る



    560: 既にその名前は使われています (スップ Sd9f-whS8) 2021/01/13(水) 11:25:44.78 ID:JjD8EJqSd
    マスクも光るんです?

    画像の説明文

    コメント(7)  
    earth-2254769_1920

    1: かわる ★ 2021/01/13(水) 20:32:11.26 ID:y9QVu5TO9
     人間社会がてんやわんやだった2020年だが、どうも足元にある地球もそうだったようで、1960年以降で地球の自転が最高に速い年だったのだそうだ。

     記録が取られるようになってからのこれまでの自転最速記録は、2005年7月5日のこと。この日、1日の平均的な長さである8万6400秒よりも1.0516ミリ秒早く次の日が訪れた。

     しかし2020年は、その記録よりも短かった日が28日もあり、最短記録だった7月19日においては8万6400秒より1.4602ミリ秒短かった。

    地球の自転速度は一定ではない

     地球の自転速度は、大気圧・風・海流・核の動きといったものによって常に変動している。だから大事件が起きているかのように聞こえるが、べつに世界の終わりとかそういうわけではないようだ。

     ただ超正確な原子時計を使って、世の中の時間の基準となる「協定世界時(UTC)」を管理しなければならない人にとっては、少々困ったことであるようだ。

     UTCは国際度量衡局に保管されている原子時計が刻む「国際原子時」を基準にしている。一方、天文学における「天文時」は、地球の自転1周が基準だ。

     そのUTCと天文時が0.4秒以上ズレてしまったとき、UTCは調整されることになっている。

    自転のずれを調整する逆うるう秒の検討

    (続きはこちら)
    https://www.excite.co.jp/news/article/Karapaia_52298282/

    2: ニューノーマルの名無しさん 2021/01/13(水) 20:33:20.88 ID:AQqhxG0n0
    お、おう

    画像の説明文

    コメント(7)  
    r7tqJdsH3b8eG7jR

    694: Socket774 2021/01/12(火) 12:48:19.01 ID:52fSFZPN0
    iBUYPOWER、CES 2021でRevolt 3 MK 3ケースを発表

    スモールフォームファクタ (SFF) Revolt 3 MK 3は、さまざまなハイパフォーマンスPCコンポーネントをサポートするように設計されています。穴あきパネルを採用した18.4リットルケースの自然なレイアウトにより、CPUとマザーボード用、電源 (PSU) 用、グラフィックスカード (GPU) 用に別々の通気ゾーンを作成し、コンポーネント間の熱伝達を緩和します。ヒンジ式の内部パネルには最大280 mmのラジエータを取り付け、オプションの80 mm排気ファンを回転パネルの上部に取り付けることで、GPUの熱効率を高めることができます。

    EzVEG5a4PvM38fOg

    478DObSCwsHytT8M

    22rvIiSBfiSQh4xE

    76sWfZuY6RSWXGAa

    Revolt 3 MK 3には、700 W 80 Plus Gold SFX-L PSUが搭載され、ケーブルが事前に配線されているため、組み立てと内部ケーブル管理が簡単です。すべてのシステムI/Oは、プラグイン・ポートに容易にアクセスでき、見苦しい外部ケーブルを管理して見えないようにすることができる大きな切り抜きに送られます。すべての外部パネルを取り外すことができ、iBUYPOWERのRevolt 2で導入された競合製品に特化した機能を維持することで、ユーザーは他のコンポーネントを取り外したりケーブルを調整したりすることなく、グラフィックスカードやストレージデバイスにアクセスして簡単にアップグレードまたは交換することができます。

    マザーボードのGen 1ヘッダーに接続するために2つのType-Aポートが内部的にルーティングされ、Type-Cポートのパススルーがマザーボードの背面I/Oに接続されます。携帯性と利便性のために、付属のキャリングハンドルがケースの上部に組み込まれており、クリーンラインを妨げないように上部パネルと同じ高さに配置されていますが、押すとポップアップします。さらに、ケースの両側にあるポップアウトホルダーは、使用しないときにヘッドセットやその他のアクセサリを掛ける場所をユーザーに提供します。

    垂直に立つRevolt 3 MK 3は、ブラックとホワイトのカラーオプションを備えたモダンなデザインと、フロントパネルの後ろに配置されたコントラストのある交換可能なカラーメッシュがカスタマイズを可能にします。

    Availability
    Revolt 3 MK 3は、iBUYPOWERシステムまたはスタンドアロンケースの一部として、2021年第2四半期末に購入可能になる予定です。

    (続きはこちら)
    https://www.techpowerup.com/277080/ibuypower-debuts-the-new-revolt-3-mk3-case-during-ces-2021
    h1ぽいのが出そう


    695: Socket774 2021/01/12(火) 19:02:07.05 ID:9Kkw0yHD0
    >>694
    いいね

    画像の説明文

    コメント(6)  
    ROG_Swift_PG32UQ

    1: Socket774 2021/01/13(水) 20:20:33.20 ID:CAP_USER
    ASUSは、世界初となるHDMI 2.1準拠の32型4Kゲーミングディスプレイ「ROG Swift PG32UQ」を発表した。出荷は2021年第1四半期末。

     144Hz駆動のIPSパネルを採用し、2基あるHDMI 2.1入力時では4K/120Hz、DisplayPort 1.4接続時では4K/144Hz表示をサポートする。

     G-SYNC Compatibleへの対応も謳われているほか、独自の「Extreme Low Motion Blur Sync」および「Variable Overdrive」技術により残像を抑えた。そのほか、DisplayHDR 600準拠、sRGB比160%およびDCI-P3比98%の広色域、ΔE<2以下の色精度などを実現した。


    (続きはこちら)
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1299529.html

    5: Socket774 2021/01/13(水) 20:32:50.79 ID:vbq3U9FD
    でもお高いんでしょう?

    画像の説明文

    コメント(9)  
    LG_UltraFine_OLED_Pro_32EP950

    155: Socket774 2021/01/13(水) 01:11:34.94 ID:SaGz9QsV
    LG UltraFine OLED Pro 32EP950発表、LG初の有機EL採用4K PCディスプレイ

    今年はバーチャル開催になった家電見本市CES 2021より。LGはテレビの新ラインナップに加えて、PC向けディスプレイの新製品も発表しています。

    なかでも注目のひとつは、31.5インチ4Kの有機ELパネルを採用した LG UltraFine OLED Pro (32EP950)。LGは有機ELテレビでは強力なラインナップを揃え各社にもパネルを提供していますが、PC向けではIPS液晶パネルの製品を展開してきました。


    https://japanese.engadget.com/lg-ultrafine-oled-pro-035510261.html
    今どきのOLEDってどうなの、焼け付きの解消とかされたんだろうか。。。



    156: Socket774 2021/01/13(水) 02:37:12.65 ID:Syg8ejPs
    気になるね。
    しかし32インチの製品が続々と増えてきのはうれしいね。
    つい一年前とか絶望的だったもんな

    画像の説明文

    コメント(3)  
    AMD-Ryzen-Threadripper-Pro_logo

    8: Socket774 2021/01/13(水) 08:37:26.15 ID:4AcMpTlxM
    AMDは、Ryzen Threadripper PRO 3955WX、3975WX、3995WXワークステーション・プロセッサを間もなく大手小売店から個人顧客向けに発売すると発表した。Threadripper PROチップは、16コアから64コア、32スレッドから128スレッドの処理能力を提供し、128のPCIe 4.0レーンをサポートしている。また、EPYCの「Milan」シリーズもティーズされている。

    Ryzen Threadripper PRO 3955WX、3975WX、3995WXは、2020年7月に(3945WXとともに)OEM専用パーツとして発売され、Lenovo ThinkStation P620のようなデバイスでは、これらのAMDワークステーション・プロセッサの巨大なSMT能力を活用していました。しかし、Team Redは、デスクトップPCのビルダーが自分のDIYプロジェクトのためにこれらのチップを入手できるようにすることを決定したようです。Threadripper PRO SKUは、2021年3月に店頭に並ぶ予定です。

    利用可能なシリーズは、16コア、32スレッドのRyzen Threadripper PRO 3955WXから始まり、合計72MBのキャッシュを持ち、3.9GHzから4.3GHzのクロックレートで処理できる。次は、32コア64スレッド、144MBのキャッシュ、3.5GHz~4.2GHzのクロックレートを持つRyzen Threadripper PRO 3975WXです。この特定の製品スタックのトップには、64コア、128スレッド、288MBキャッシュ、クロックレート2.7GHz~4.2GHzのワークステーションを駆動するRyzen Threadripper PRO 3995WXがある。3つのパーツともTDPは280Wで、最大2TBのECC UDIMM、RDIMM、LRDIMMの8チャネルメモリをサポートしている。

    このニュースの上に、AMDはまた、コードネーム "Milan "を持つ第3世代EPYCサーバープロセッサのティールを行いました。2つの32コアのEPYC 7003チップは、2つの28コアXeon Gold 6258Rプロセッサを搭載したIntelサーバーを、天気予報関連のベンチマークで破壊することができました。どうやら、AMD Milanの部品は、約68%もIntelチップを上回っていたようです。今後のZen 3ベースのサーバープロセッサの詳細は、今年の第1四半期の後半に明らかにされる予定で、64コアのSKUも含まれているはずだ(そして、おそらくそれ以上のものも含まれているだろう)

    (続きはこちら)
    https://www.notebookcheck.net/AMD-Ryzen-Threadripper-PRO-3955WX-3975WX-and-3995WX-to-go-on-store-shelves-soon-EPYC-Milan-processors-vanquish-Xeon-Gold-chips-in-forecasting-comparison.514812.0.html
    Threadripper PROは3月から一般販売だそうで

    Zen3のスリッパはしばらく出ないのかな?



    9: Socket774 2021/01/13(水) 08:39:27.55 ID:aEn7G6uOp
    >>8
    またZEN2のままなのか?

    画像の説明文

    コメント(12)  
    Triton300-SE_PT314_29

    1: Socket774 2021/01/13(水) 12:16:38.28 ID:CAP_USER
    AMDがノートPC向け新世代CPU「Ryzen 5000」シリーズを発表

     新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行を受け、史上初めての完全オンライン開催となった世界最大の家電・テクノロジー見本市「CES 2021」で、AMDが新たなモバイル向けCPU「Ryzen 5000 Series Mobile Processor」シリーズを発表しました。
     同シリーズはデスクトップPC向けのRyzen 5000と同じZen 3アーキテクチャを採用しており、リサ・スーCEOは「これまで製造された中で最も強力なPCプロセッサ」と表現しています。

     Ryzen™ Mobile 5000 Series Processors with Radeon™ Graphics | AMD
     https://www.amd.com/en/products/ryzen-processors-laptop
     AMD’s 7nm Ryzen 5000 mobile processors promise 2021’s best gaming notebooks - The Verge
     https://www.theverge.com/2021/1/12/22225474/amd-ryzen-5000-series-mobile-processors-ces-2021
     AMD Launches Ryzen 5000 Mobile: Zen 3 and Cezanne for Notebooks
     https://www.anandtech.com/show/16405/amd-launches-ryzen-5000-mobile-zen-3-and-cezanne-for-notebooks
    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    https://gigazine.net/news/20210113-amd-ryzen-5000-series-mobile/

    4: Socket774 2021/01/13(水) 12:28:57.57 ID:Jn4HaNFw
    お高いんでしょう

    画像の説明文

    コメント(23)  
    Intel-11th-Gen-desktop-Rocket-Lake-S-1-1480x1036

    491: Socket774 2021/01/13(水) 23:48:34.92 ID:s/J3YSiQ0
    TrendForceのプレスリリースでは、調査の結果、TSMCがIntelの次世代エントリーレベル、ミッドレンジ、ハイエンドCPUを5nmと3nmのプロセスノードで量産すると発表している。Intelは、非CPUチップのいくつかをサードパーティのファウンドリにアウトソーシングすることをすでに発表しているが、今回の大きなニュースは、同社が最大の製品ラインアップであっても外部ファブへの移行を計画していることを裏付けるものとなっている。

    Intelの次世代Core i3 CPUはTSMCの5nmプロセスノードで生産され、2022年下半期にはハイエンドとミッドレンジCPUはTSMCの3nmノードで生産される。

    2021年下期のAlder Lake以降、Intelは次世代CPUの量産ラインアップのプライムパートナーとしてTSMCに移行するようだ。プレスリリースによると、IntelのCore i3 CPUは、TSMCで作られた最初の量産ラインアップとなり、同社の5nmプロセスノードを利用することになるという。大量生産とは、ハードローンチを意味するものではなく、2022年頃にはこれらのチップを入手することになるかもしれないことに注意してください。とはいえ、Alder Lake CPUは、10nmのEnhanced SuperFinプロセスノードを利用しながら、高性能化に注力していく。

    しかし、Intelは2022年下半期までにミッドレンジとハイパフォーマンスのラインナップ全体をTSMCに移行させる計画だ。次世代プロセッサは、TSMCのより先進的な3nmプロセスノードを採用し、Alder Lakeのラインアップの後継となる。これらがモビリティパーツになるのか、デスクトップパーツになるのかは不明だが、今後の展開を見る限り、Intelは両セグメントの量産にTSMCを利用する可能性がある。

    (中略)

    Intel-Xe-GPU-Cadence-Overview

    Intelは以前、DG1、Tiger Lake、SG1(サーバー用に設計されたDG1のフレーバー)をIntel 10nm SuperFinプロセスで内製することを確認していた。ゲーマー向けのIntel Xe HPG GPUは、外部のファウンドリプロセスで製造されることになるが、これはおそらくTSMC(2021年のタイムラインを考えると、おそらく7nmプロセス)だろう。

    (続きはこちら)
    TSMCで作るらしいじゃん



    492: Socket774 2021/01/13(水) 23:49:30.97 ID:daOBu7M7d
    TSMCでGPUを作るとか言う自作板的には1年前の情報が出たことの方がでかそうじゃない?

    画像の説明文